FC2ブログ
2019.02.08

奈良_温泉地温泉 湯乃谷 千慶


「なぁ、せっかくやから、新しく温泉地に出来た全室離れの、
あの宿いってみーひん?」


普段、鄙びた宿か野湯しか興味のない友人から突然の誘い。
それが、このお宿を訪れたきっかけでした。

2017年にオープン以来、十津川らしからぬラグジュアリーな佇まいに
気になっていたのですが、なかなか足を踏み入れにくく、
今回やっと行くことができましたヾ(*´∀`*)ノ

・・・と言っても、お泊りではなく、
入浴つきランチプランですが(笑)

こちら、十津川温泉郷 温泉地温泉街の最奥にあり。
周りは険しい山に囲まれた一軒宿でございます!
P1040640-2_201902081625288a6.jpg


いらっしゃいませ~。お待ちしておりました。遠いところ、ありがとうございます。」
こちらが恐縮してしまう程、気持ちの良い対応をしてくださるのが、オーナーの妹さん。温泉地温泉に生まれ育ったという生粋の十津川っ子。玄関で私たちの到着を待っていてくださいました。
P1040763.jpg


そして何より驚いたのが、この内装!まるで、お洒落な雑誌で特集されている「大人な宿」を絵に描いたような空間なのです。暖炉、デザインが施された照明、ちょっとしたお洒落なジュース・・・備品に至るまでCOOLーーー。
P1040641_20190208162530f73.jpg


そして、更に驚いたのは、全室離れだということ(と、と、十津川じゃない異空間💦)お部屋にも露天風呂がついているのですが、もちろん、こちらはお泊りのお客様だけ。ということで、男女別の大浴場に案内されました。
P1040646_20190208162531b4e.jpg


【露天風呂】
神々しくって、険しい温泉地の山々を臨む露天風呂。「秘境」という言葉がどの温泉地よりも似合う、この地ならではの静かな入浴時間に心が癒されます。お湯は泉湯と同じ源泉ですが、源泉地が近いこともあり鮮度はとてもいいです。
P1040749-2.jpg

P1040720_20190208162532244.jpg
※温泉地温泉1号2号混合源泉、泉質:単純硫黄泉、泉温:52.7℃、成分総計:236mg/kg


【内風呂】
仄かな硫黄臭とするすべの感触の素晴らしさ、この広いお風呂を貸し切りで過ごせる贅沢さを噛みしめながら入浴です。
P1040722.jpg


【ダイニング】
お風呂上りは、総木造のダイニングへ。なんと、バーカウンターもあります。秘境のバーというGAP、何かそそられるなぁ(。>ω<。)ノ
P1040752_20190208163152f65.jpg


女将いはく「紀伊半島の美味しいもん全部集めました」ってテーマのランチ!先付からびっくりの「熊野牛の煮込み」が柔らかすぎて美味しかった♡それと、お味噌汁も丁寧にとられたお出汁の味がして、繊細そのものでした。食材の厳選、味付け・・・・何もかもが「丁寧」という言葉に集約できるかと。
P1040755.jpg


「子供の頃から慣れ親しんだ温泉地のお湯は日本一やと思てます。
そやから、≪このお湯を使わない手はない≫と、兄がお宿をはじめました。」

案内してくださったオーナーの妹さんが、
お宿を始めたきっかけを教えてくださいました。

「わらびお共同浴場」や「つるつる乃湯」など、十津川の魅力が詰まった施設が閉鎖される中、
「千慶」さんが出来たことで、これまでとは違った層のお客さんが十津川を訪れ、
温泉郷としての認知度がもっともっと、上がってくれればいいなぁと思いました。


*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
明日から東京戻りまーす!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「温泉地温泉 湯乃谷 千慶」
住所:吉野郡十津川村武蔵714-2
TEL:0746-62-0888
スポンサーサイト
Posted at 18:23 | 奈良の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2019.02.06

野菜蒸しの湯。


綺麗な景色、美味しいごはん、絶景温泉・・・

いつも、インスタ映えな女子旅で締めようと思うのですが、思わぬ出会い(野湯や自家泉などなど)があったりすると、わたしの場合、そうはいかないようで(;^_^A

湯めぐりの途中、出会った自噴の温泉。岩の割れ目から、結構すごい湧出量のお湯(約37-38℃)が出ていました。

この界隈の方は、野菜蒸しに使ったりもされるそう。野菜蒸し用途以外、このお湯を使うことはないみたいです。
P1040764.jpg


温泉が溜まっている場所。どうやら、底からお湯が湧いているようで手を入れると温かかったです。・・・・とは言え、人間が浸かるような豊富な湧出量には見えず、染み出したような少量の温泉にはさほど興味が向かない私。「まぁ、よくあるチョロチョロだね。」なんて、言いながら見学だけ済ませて、さっさと次の目的地へ行こうと思ったのです。
P1040768-2.jpg



「その時 !!!!」




源泉が溜まっている場所から大きなパイプをつたって、結構な量のお湯が捨てられているじゃないですか!Σ( ̄。 ̄ノ)ノしかも、タライに溜めたら即効で満杯になりそうな勢い。パイプの下には湯溜まりができていました。
P1040773.jpg


「せっかくなので、浴びちゃえ!」
という訳で、本日も想定外の寄り道をしてしまいました('◇')ゞ しっかりとした硫黄臭とつるすべの感触。冷鉱泉でないだけでも、有難いと思っていたのですが、泉質も素晴らしいものでした。
P1040826-2.jpg


何も手を加えられていない「源泉」は、
様々なアロマや感触があって奥深い。
私はやっぱり、そういう原始的なお湯が好きだなぁ+.(*'v`*)+

改めて思いました。

この日は、春一番が吹く温かい一日だったり、
温泉そのものも、適度に温かくて心地よかったです。

この源泉を見て、心のボルテージが上がった方、
暖かくなったら、一緒にどうですか(^^♪

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

Posted at 20:25 | 奈良の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2019.02.03

奈良_上湯温泉 河原の露天風呂(再訪)



やっと行ってきましたー☆

上湯温泉 河原の露天風呂(#^.^#)

十津川温泉郷の数ある露天風呂の中でも群を抜く絶景だったのですが、

数年前の大雨で湯舟が崩壊し、ずっと閉鎖状態でした。

が、一昨年、再開!!!

首を長~~くして待っていた再訪でした☆☆☆

(ちなみに、前回訪問は2011年。なんと8年も経ったんですよ↓時間こわっ!)
【前回訪問】上湯温泉 河原の露天風呂
P1040535.jpg


エントランスや湯船の位置などは全く変わっていなかったのですが、一番変わっていたのは男女混浴の絶景露天風呂が、な・な・な、なんと!男性用になっていたこと。個人的にはちょっぴり残念でした。(女子だって、この広大で素晴らしい景色を満喫したいのだぁ)。ただ、お優しいオーナーさんのご配慮もあり、人が少ない時には混浴にしてくださる場合もあるということでした。
P1040633_20190203185014443.jpg


ドーンッ!」と、河原に突き出すように設置された巨大湯舟っ💛リニューアルして何度も他人のSNSで外観を見ていたので、大体の広さは予期していたけれど実際見てみると、想像していたよりも広く開放的な印象でした。
P1040619_20190203190101045.jpg


その開放感と緑の美しさは、日本全国数ある河原の露天風呂の中でも上位に入るのだと確信しています♡特に春の季節は鶯の声を聴きながら湯浴みができたり、風情もあるんです
P1040567.jpg


素晴らしいのは、それだけじゃない。重曹泉らしいつるつるした肌ざわり、上品な硫黄の香り、乱舞する湯の花・・・・奈良県出身のわたしが言うのも何ですが(笑)浴感も最高のオール5の優等生くんなのです。
P1040557.jpg
※源泉名:上湯温泉河原の露天風呂、泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉、泉温:76.6℃、pH:8.6、湧出量:124ℓ/分


約80℃ある源泉はすぐ近くの河原からパイプをつたって運ばれてきます。源泉地からの距離も近く、お湯がほんとーに新鮮なのです(^^♪気持ちよかぁ。。
P1040625.jpg


川の音とお湯が流れる音。それしか聴こえないの。時がゆっくりと流れていく感じ。いつ来ても思うのです、このひと時が最高に幸せな時間だなだと。同じ県内からでもアクセスが遠いと言われる秘境「十津川温泉」、その最奥にある「上湯」だからこそ味わえるとっておきの静寂です。
P1040612_201902031854227cd.jpg


帰りに管理人の乾さんと写真を撮っていただきました。わたしの横にいらっしゃるのが管理人さん。十津川温泉生まれの十津川温泉育ち!地元愛に溢れる方で、崩壊している湯舟を自ら再建してくださいました。まさに救世主!ありがたいです。
P1040531.jpg


温泉地温泉も、十津川温泉も、大好きなのだけれど、
この露天風呂がないと、なんだか寂しい気分でした。
(まるで人気アイドルグループにリーダーが居ないような。)

とにかく、復活に感謝です(^^♪


*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「上湯温泉 河原の露天風呂」
住所:奈良県吉野郡十津川村出谷220
TEL:090-5009-9041(乾さん)

Posted at 22:47 | 奈良の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2019.01.27

兵庫_鍬谷温泉 きすみのの郷(再訪)



温泉ファンのよく使う用語の一つに「今田系」
(廃業、期間限定など諸事情により一時期しか浸かることができない温泉)

というものがありますが、事実、温泉は浸かれる時に浸かっておかなきゃ
そのチャンスを逸してしまうもの。


2009年に行って以来、休業に入ってしまったこちらもそうでした。
(実際には、老人会の方が内輪だけで薪で湯を沸かして入っておられた時期もあるようですが。)
【前回訪問】鍬谷温泉

もともとは地元の老人会の方々がプレハブ小屋で、薪で温泉を沸かしたり、手造りのお惣菜を販売されていた「超 秘湯」でした。決して地元専用という訳ではなく、一般の方も入浴ができたので全国の秘湯ファンが足繫く通いました。
しかしながら、諸事情あり、廃業に追い込まれ約8年間もの間休業されていたのです。

なんと、その超秘湯が市によってリニューアルされたという事で昨日行ってきました。
P1040474.jpg
※以前の影も形もないほどきれいになった鍬谷温泉エントランス


源泉を囲う建物も新しくなっていました。
P1040525.jpg


さてさて、エントランス入ってすぐは食事処兼休憩処になっています。プレハブ小屋時代に比べて随分綺麗になったけれど、地元の方々が話しながらお蕎麦を嗜む姿を見ていると、以前のほのぼのとした雰囲気を思い出します。
P1040500_2019012717310122b.jpg


【旧鍬谷温泉休憩処(2008年撮影)】
当時は広い和室に簡易テーブルのみ。お風呂上りに地元のおばあちゃんがつくってくれたお惣菜を買って食べました。これぞ秘湯の世界です。
P1030948-2.jpg


待望の浴室へ。


「うわっ!立派になったなぁ(;^_^A」
湯船も随分と変わって石造りの立派なものになってました。肝心のお湯ですが除鉄され透明になったお湯が加温循環されているようです。本来の微白濁で金気臭がする特徴は濾過されてなくなっていました。
P1040512.jpg


【旧鍬谷温泉湯舟(2008年撮影)】
ちなみに、懐かしい旧鍬谷温泉の木箱湯船だよ(2008年撮影)♪この湯舟におばあちゃん達と肩を並べて入ったの。距離が近いから、同浴の方とも仲良くなれる!秘湯の魅力がいっぱいでした。
P1030960.jpg


確かに湯舟も浴室も快適になっていたけれど、やっぱり「秘湯が好きで、温泉の個性そのままの方が好きな私」にとっては、今の鍬谷温泉より昔の姿のほうが惹かれました。(そっか。。。。( ;∀;)もう、あのお湯には触れることは出来ないんだぁ。)変わり果てた姿にちょっとガッカリしていた矢先、偶然、湯舟で一緒だったお母さんに、いいことを伺いました。

「ここのお蕎麦が美味しくって有名だと聞いてね、息子に連れられてきたの!」
「え!?そうなんですか♪」

P1040520.jpg


早速、気持ちを切り替えて、食い意地全開モードへ食堂へ💛♪(o・ω・)ノ))どうやら、小野の駅前で長年人気店として営業してらっしゃる人気蕎麦屋さんがこちらの温泉施設に入られたようです。私は季節限定の「ひな御膳」をいただきまーす。柚を練りこんだ蕎麦にお塩を付けて食べると、ほんわり柚子の風味があってシャキシャキで美味しかったぁ。
P1040506.jpg


「以前の鍬谷を知ってる人は、なんか物足らん・・・って言いはんねんよ。
今のスタッフは全員、昔の鍬谷は知らんのやけど。」

お蕎麦に喰らいついている私にお蕎麦屋さんのお父さんが話しかけてこられました。
ちなみに、旧鍬谷時代に運営されていた老人会の方々は、リニューアル後殆どお見かけすることがなくなったそうです。

確かに、昔のあの秘湯の雰囲気と含有物そのままの白濁湯を求めてこられていたお客さんにとっては少しパンチがないと感じるかもしれません。

が!!
何より、この柚子蕎麦が美味しすぎてリピートする方は絶対にいるなと確信しました(#^.^#)
そして、わたしも近々、また食べにいきまーす。

ごちそうさまでした!

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「鍬谷温泉 きすみのの郷」
住所:兵庫県小野市下来住町山寄659
TEL:0794-88-8426
Posted at 18:20 | 兵庫の温泉 | COM(4) | TB(0) |
2019.01.24

熊本_弓ヶ浜温泉 湯楽亭(源泉視察ver.)




お風呂あがり
P1040309_20190124170109288.jpg

あまりのお湯の良さに、湧き上がったばかりのホヤホヤの源泉を一目見てみたい!
と、ダメ元でご主人に頼んでみると、快くOKしてくださいました。

「新しい源泉は九州の横綱クラスやって言われたけん。はっはっはっ!」

西郷さんのような端正な顔立ちと優しい笑顔が特徴のご主人が、
そう言いながら私を掘削地へと連れていってくださいました。
長靴を履いてカメラをもって準備万端!

いや~、わくわくしますよね、この瞬間ヽ(≧∀≦)ノ



【①露天風呂と内湯で使用している赤湯の源泉】※平成30年掘削

P1040444.jpg
※写真:赤湯 内風呂

P1040426.jpg
※写真:赤湯 露天


「ブホッ!ジョワジョワジョワーーー」
P1040261.jpg


レバーを引くないなや、ガスと泡が一気に噴射です!たちまち、物凄い炭酸臭が鼻をつきます。金気っぽい香りも漂ってきます。
P1040264_201901241404313d9.jpg


源泉温度が50℃あるので湧出して間もなく、温泉に含まれる炭酸ガスは気化してしまうのだと思いますが、さすが湧きたて。両手ですくうと手のひらに蛙の卵みたいな炭酸の泡がついていました。
P1040267_201901241404320f0.jpg


「すごい!すごい!すごい!!!」
止まらないガス臭と泡の凄まじさに、驚きの言葉しか出ず(;^_^Aもう、興奮を隠せません。
P1040277_20190124143616025.jpg



【②未利用 白湯の新源泉】※平成30年掘削

赤湯で大興奮している私に苦笑いなご主人が一言。

「・・・お、おんせん、お好きなんですね。
実はもう1つ使用していない源泉もあるんです。」


「え!ほほほほ、ほんとですか?」

その源泉とは、内湯にある白湯と同じ系統の無色透明の源泉らしいのです。
P1040458.jpg
※写真:白湯


ただし、現在浴室で使用している白湯の源泉は既存の源泉(昭和52年掘削分)で、新しい源泉は未だ使用していないそう。
P1040289_201901241417131ba.jpg


赤湯の新源泉からわずか数メートル先にあるレバーを引いた瞬間、少しモール色をした35℃の源泉が一気に噴出しました。ご主人はモール泉かと推測されていましたが、鉱物臭は特に感じず(金気味と金気臭が強い)、独特のつるつる感も余りなかったです。まぁ、いずれにしても新鮮で素晴らしいお湯であることは間違いなく(#^.^#)夏に子供用プールに溜めて浸かりたい感じ。
P1040281_20190124141712f24.jpg


源泉を見せていただいて、わたしが一番驚いたこと。
それは、数十メートル先の湯舟で味わうお湯と、
掘削地のお湯の個性がほぼ同じぐらい色濃く味わえることでした。
敷地内湧出で配湯の距離は短いとは言え、この鮮度には感激でした。

掘削から配湯まで、何も語らずとも、
その背景にご主人の拘りやご苦労があったことが簡単に想像できました。

そして、温泉が紛れもなく生き物で、
日々その形を変えていくことを改めて目の当たりにしたような気がします。


*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「弓ヶ浜温泉 大洞窟の宿 湯楽亭」
熊本県上天草市大矢野町上5190-2
TEL:0964-56-0536

Posted at 17:09 | 熊本の温泉 | COM(0) | TB(0) |