--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.09.17

群馬_草津温泉 草津ホテル




草津温泉は私にとって7年ぶりと、かなりご無沙汰でしたので、
今回、お泊りするお宿を選ぶときは、かなり悩みました。

草津温泉は旅館の数も多い分、湯治滞在型の旅館~ちょっとオシャレなお宿まで
バリエーションも広く、決めるのが結構大変です

ひとり泊・素泊まりができ、旅館や浴室に趣のあるお宿・・・
自分の中の優先順位を整理して、最終的にこちらに決めました。

「草津ホテル」さんです。
大正2年に洋館のホテルとして創業したので、名前は「ホテル」となっていますが、
実際訪れてみると、木造3階建て、瓦屋根の大変風情のある純和風旅館に良い意味でギャップを感じます。
P1130454.jpg


草津ホテルさんは、食事やホスピタリティの面でも大変評価が高く、以前から2食付きでゆっくりと泊まりに来たいなぁと思っていたお宿さんだったのですが、残念ながら、現在、お宿の厨房が補修工事中で素泊まりのみの提供でした。まぁ、次の日、香草温泉に行く予定のわたしにとって、素泊まりができることはちょうど良かったのですが。
P1130443.jpg


純和風の建物の中に、カフェのようなくつろぎスペースがあったり。レトロとモダンが混ざったような空間でした。宿泊者はこちらのスペースに腰かけて珈琲を飲むことができます。こういう雰囲気好きだなぁ~。
P1130432.jpg


カフェスペースの横にある足湯の蛙さん「ゲロゲロ・・・草津へよこそケロ~。」
P1130437.jpg


蛙さんに誘われて・・・夕暮れ時、虫の声を聴きながら足湯を楽しみました。9月に入ったばかりだけど、草津の風は涼しく、長袖を羽織ってないと肌寒く感じるほどでした。(7年前に訪れた時は確か雪だったかなぁ~)
P1130435.jpg


早速、夜はお風呂でまったり♪
まずは大浴場「琥珀の湯」に浸かりましたが、なんだろう、ここ最近で一番落ち着くことができた温泉です。草津温泉の源泉の中でも比較的温度が低めの「西の河原源泉」を引いており、湯船では40℃前後の適温の湯を楽しめるんです。肌ざわりは優しく馴染みやすく、こちらの広~い湯船の隅で体育座りをしたまま、1時間ぐらいボ~っとお湯に浸ってました。それこそ頭を空っぽにして!
P1130345.jpg
※源泉:西の河原源泉、PH2.0、泉質:酸性・含硫黄ーアルミニウム・硫酸塩・塩化物泉、泉温:49.5℃


中浴場の「賽泉の湯」です。ステンドグラスが埋め込まれたガラス製の壁と温泉の成分が付着したコンクリート製の湯船が、長い歴史を物語り、全体的にレトロな雰囲気が漂っていました。源泉は西の河原から2か所引き湯しているせいか、ピリピリした感覚はなく、丸みのある肌ざわりでした。
P1130417.jpg


ガラス製の壁の向こう側には、同じ形の湯船がもう一つあります。こちらの湯船には西の河原から1本の源泉が引かれ、感触はぴりぴりとした酸性泉らしいものでした。
P1130398.jpg


温泉の析出物で黄色や緑に彩られた湯口。こういうのを見ると、「濃い温泉に来たぞっ」って、嬉しくなっちゃいますね。
P1130423.jpg


外に出ると、ひとり用の小さな露天風呂もあります。本当はもっと大きな露天風呂が大浴場の横にあるのですが、男女入れ替え制のため、日の当たるうちに写真におさめることが出来ませんでした。
P1130416.jpg


貸切の家族風呂もあります。源泉は西の河原源泉1本です。
P1130349.jpg
P1130354.jpg


夜、夕食をとるお店を探しながら、ふらっとライトアップの湯畑を訪れてみました。紫やブルーのライトに照らされた湯畑や周辺は、昼間見る湯畑とはガラリと雰囲気が異なり、神秘的な雰囲気に包まれます。本来湯畑を撮影しようと思ってはいなかったのですが、あまりに綺麗だったので足を止め、必死でシャッターを切ってました。
P1130362.jpg


今回の群馬遠征で再確認したこと。

草津のお湯はやっぱり良いなぁ~ということ。

それと、草津の街が以前より更に魅力的に変わっていたこと。

この2点でした♪

改めて、この至福の時間に感謝.

。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

スポンサーサイト
Posted at 19:49 | 群馬の温泉 | COM(1) | TB(0) |
2017.09.13

フジテレビ『全部揃えてみます。』


金曜プレミアム 『全部揃えてみます。』

フジテレビ 9/15(金)19:57~21:49 O.A.

【URL】http://www.fujitv.co.jp/b_hp/zenbusoroetemimasu/

大湯沼(秋田)


いろいろとご縁あり、こちらの番組の温泉パートを監修させていただきました!

冒頭で私もちょこっとだけ出演してますので、よろしければ観てみてください。

離島や山奥の絶景野湯が紹介されます

番組スタッフさん、短い時間に僻地ロケ、大変そうでしたが、その甲斐あって、
普段あまりテレビで取り上げられないような素敵な野湯が出ます。

わたし自身も本編が楽しみです~。

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

2017.09.10

群馬_香草温泉


三段滝温泉から香草温泉まで沢に沿って下るのにかなり苦労しました。

双方は同じ沢筋にあり、地図で見ると距離はそこまで遠くないのですが、
ただ、標高差や険しさが半端ないのと、沢の両端にあるV字の崖の斜度が急で、
滝を巻こうとしても足を滑らしそうになるんです。

正直道中はカメラで撮影するほどの余裕は、なかったです^^;
写真のように、急な谷をひたすら下っていくとご想像ください。
P1130465.jpg


5-6mぐらいある高い滝の脇を岩につかまりながら慎重に下さっていく・・・道中はその繰り返しでした。「どう下りようか・・・」と、考えているだけで、時間は刻々と過ぎていき焦りも感じます。
P1130466.jpg


何度か高い崖を下り、そろそろ疲労もピークに達してきたころ(出発してから約3時間)、突如、目の前に湯気が見えてきました。「香草上の湯」です。一瞬これで険しい道のりは終わりかと思い、顔がほころびました。・・・が、しかーし!最も難関だったのは、この「香草上の湯」の崖を下るポイントだったのです。神様は簡単に絶景温泉に辿り着かせてくれませんでした。
「ちょ・・・ちょっと待ってよ~
P1130475.jpg
※上から下をのぞいた図。ここが一番つらかったです。


結局、藪をこぎながら滝を大きく巻き、何とか到着。河原に下りると、湯気の中に、ブルーの美しい滝つぼと乳白色の湯だまりが見え、もう、大興奮でした!滝と温泉の色のコントラストが本当に本当に綺麗で。まさに、感動の一瞬でしたよ(*'▽')
P1130479.jpg


辺り一帯は硫化水素の香りが漂よっています。先人が造った湯船でしょうか?腰まで深さもあり快適に入れそうです。温度は約50℃ありましたので、沢水を注ぐ工事だけしました。
P1130489.jpg


源泉が湧いている岩の切れ目。
P1130551.jpg


「はいったどー!」
やっとこさ、沢の水を混ぜ香草温泉((」*´∇`)」(」*´∇`)」上の湯)に入湯。
先入観ってだめですね。今まで想像していた香草温泉は浅くて快適さは望めないと思っていたのですが、意外や意外!快適でした。ただひとつ驚いたのは、その酸性度!傷口という傷口がぴりぴり沁みるのです。
P1130566.jpg
※pH1.58(ご参考)、泉温:49.6℃


このお湯、ぴりぴりするけど、やめられない・・・
P1130577.jpg


滝つぼから、3分ぐらい下ると、河原にもう一つの湯船がありました。香草温泉(No.9の湯船)です。51.3℃。滝つぼの脇湯船より高めです。
P1130591.jpg
※pH1.58(ご参考)、泉温:51.3℃


この湯船、深さはそこそこあったので、沢の水で適温に調節すると最高に気持ちよく、1時間ぐらいまったりしていました。道中が険しかった反動でしょうか?それとも、念願の香草温泉に浸かれたから?ここで入浴していた時、この上ない幸せを感じてしまいました。もう叫んじゃいそうなぐらい嬉しかった この喜びがあるから、野湯探訪はやめられません(^^♪
P1130607.jpg


香草上の湯から、少し下ると源泉が染み出しているポイントがあります。これが香草下の湯(別名No.3の湯船)です。お尻を浸けるぐらい。まともには入浴はできません。温泉の成分と藻でできた緑と白色のグラデーションが特徴的でした。
P1130658.jpg


すぐ横には、もうもうと温泉の水蒸気をあげる「天然のサウナ」がありました。洞窟の中には噴泉球みたいなものがあり、天井から温泉がしたたり落ちています。いやー、香草は神秘的です。全て温泉が造った自然の産物ですから。これを直に見ることができただけでも、来た甲斐がありました。
P1130670.jpg


「あー!なんて素敵なんだ。香草☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」
理想すぎて、思わず、心の声が漏れてしまいそうです。


香草温泉に毒水橋から上がってきた場合は、最初の難関になる25mの滝です。この滝は右巻きにロープをつたって崖を登るらしいのですが、私はご存知の通り、上から険しい道を乗り越えてきたのと、崖下りなので全く難関には感じませんでした。というか・・・8割の体力を三段滝温泉から香草上の湯までで吸い取られてしまったと言うのが妥当です、はい(。-_-。)
P1130689.jpg


ま、道が険しかろうが、行ければいいんです。私は温泉をゲットできれば、それで大満足なんです。
P1130703.jpg


結局、朝から出発して草津国際スキー場近くの登山道へ出たのは夕方。7.5km、標高差793mの沢下りは、結局6時間かかり幕を閉じました。服も泥だらけだし、割と疲れた・・・でも、何とも言えない達成感に包まれていました。きっとこれがアドレナリンになり、次の目的地への活力になるんでしょう
P1130720.jpg

香草のはちゃめちゃ旅は、この夏の最高の思い出になりました。

あ、もしこの記事を見て香草へいかれる方がいらっしゃったら
下(つまり草津温泉側)の登山道から行くことを強くお勧めします★


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



2017.09.03

群馬_白根三段滝温泉



「やった!噴火警戒レベルが下がった♪」
インターネットの告知を見るなり万遍の笑みを浮かべる私。
この日をどれだけ楽しみにしていたことか・・・

今年、噴火警戒レベルが2から1に下がり、立ち入れるようになったエリアに
私がかねてから行きたかった野湯がありました。

その行きたかった野湯とは、
「白根三段滝温泉」です。

白根三段滝温泉は、香草温泉 上の湯(標高1736m)がある沢の更に上流、標高1911mにあるワイルドな湯滝のこと。
P1130215_20170903163215f10.jpg


沢筋を歩くこと22分。河原の一か所からほんわりと湯気があがっているのが見えます。「あ、あったー
P1130217.jpg


「着きました。念願の白根三段滝温泉♡」
この滝つぼのすぐ上流や、滝つぼの脇には、いくつもの源泉が湧き出ており、沢水と混ざって34℃のぬる湯になっています。ちょうど夏場や秋にかけて快適な入浴を楽しめる野湯です。
P1130278.jpg


滝つぼは深さも湯量も十分にあり、お湯にまみれて遊ぶことができます♪香草温泉ほどではありませんが、口に含むとほんのりと甘酸っぱい味。お湯の色も香草とは異なり、笹濁りっぽいです。
P1130290.jpg
※少し金気臭がし、キシキシした感触です。


湯滝は名前の通り、3段になっているのですが、この1段目の滝つぼが一番快適でしたよ。
P1130276.jpg


「インスタ映え」しそうな、ビジュアル良しの野湯に、終始大興奮でした。
(快適さ、見た目・・・バランス的にも大満足です。)
P1130308.jpg


この日の次の日、
白根三段滝温泉から香草温泉まで沢に沿って下ってみることにしたのですが、
想像以上に道が険しく・・・というか道がなく、とにかく大変でした。

その道中もレポします♪

続く。

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

2017.08.27

福島_磐梯熱海温泉 元湯


やっとブログを書けるタイミングになりました。。

「あー、、、書きたい!」
って思っていても、関東に移ってからは何かと忙しく、思うように更新ができません(涙)
ストレスがたまると、余計に書きたくなるもんです。

来週は数年前より行きたかった野湯いってきます

昨日、「MAMMUT」のヘルメットと沢靴を購入!
このごろは、野湯行きを糧に生きてます皆さんも、週末に大好きな温泉に行くことだけを考えて、平日を乗り切りましょう。

そうそう、お盆に渋い温泉に行って来ました。
福島の磐梯熱海温泉 元湯

磐梯熱海温泉は、二十数軒の旅館さんが建っているのですが、その多くが団体向けの大型旅館の印象。その中でも元湯は、その「わびさび」というか「めちゃくちゃ鄙びた感」というか、他とは一線を画する雰囲気を放ちながら路地裏にひっそりと建っており、どうしても通り過ぎることが出来ない存在なのです。

P1130148.jpg

元湯は現在日帰り温泉ですが、もともと温泉旅館だったそうで、建物の側面には、「元湯旅館」と書かれた古い看板がありました。「いや~。渋い!」思わず叫んで興奮しながら撮影しちゃいました。こういう今存在しているのも貴重なほど古い建物を見ると、いつか耐震問題とかで取り壊される日が来るのだろうか・・・なんて、余りに素敵だからこそ色々嫌なこと考えちゃいます。ちなみに、ここは元湯の源泉地です。
P1130143.jpg


夏らしく手造りの風鈴でしょうか。こんな粋は計らいにも目を奪われます。
P1130151.jpg


「いらっしゃい。何名さん?」
新聞を読みながら、何気なく対応してくださる番台のお父さんもいいです。
P1130134.jpg


「おーい!天井に蜂の巣があるんだよ。危ないからどうにかしないとな。」
なんて、上を見上げながら話す常連さんどうしの会話もほのぼのとしていて、なんか、いいのです。
P1130115.jpg


湯船は低温と高温と2つありますが、メインは低温のほう。元湯のすぐ脇にある源泉と神社からの引き湯のブレンドで温度は32℃です。前情報で「ぬる湯」だとか「ぬるめで気持ちいい」と聞いていたので、(せいぜい36~38℃ぐらいだろうなぁ)と、勝手なイメージを持っていたわたし。湯に浸かるなり、身体がひんやりしてびっくりしました。
P1130068.jpg
※単純温泉、源泉温度:30℃ 昭和42年の分析書なので参考まで。つるつる感なし。香りなし。


「うーん、ちょっと冷たいけど、この時期本当に気持ちいい!」
最初は冷たく感じるものの、しばらくすると、快適な温度に感じてきます。身体をクールダウンさせてながら、まったりしていると次々と常連のお母さんたちがやってくるのです。そして、お母さんたちはおもむろに持参した2ℓのペットボトルを取り出し、湯口から温泉水を採取しています。しかも、ほぼ全員!どうやら、こちらの温泉で炊いたご飯が最高なんだそう
P1130091.jpg


ほら、あのおばあちゃんは、このもう94歳なのよ!お若いでしょう。」
ある常連のお母さんが、白髪の可愛らしいおばあちゃんを紹介してくださいました。おばあちゃんは、昔からこちらの温泉に通い続けていらっしゃるらしく、94歳のいまでも毎日自分の足で身体を癒しに来られるらしいのです。この温泉では、老いも若いも関係ありません。みんな湯船に腰をかけ、お湯に戯れ、会話を楽しみます。共同浴場の良さってこういうことなんだろうなぁ。
P1130071.jpg


錆びついた蛇口。
かすれた看板。
P1130081.jpg


愛くるしい古い脱衣所までもが遺産級。
P1130111.jpg


お母さんたちとの会話や長い歴史を感じる内装・・・
その全てがわたしにとって魅力的で、濃い~入浴じかんでした。

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「磐梯熱海温泉 元湯」
住所:福島県郡山市熱海町熱海4丁目22
電話:024-984-2690

Posted at 18:41 | 福島の温泉 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。