FC2ブログ
2018.12.04

兵庫_石上温泉 さざれ石の湯




「定年後、家内と農業を始めてね、
農業用水に使おうと井戸を掘ってたら突然、
湯気が上がって温泉が湧いたのよ。」

と、話すご主人。


世の中には、知恵とお金を絞って地下1000m級をザクザクと掘っても、なかなか源泉に当たらない人もいれば、もともと温泉を掘る予定じゃないのに、偶然温泉を掘り当てる人もいらっしゃる。

ご主人の場合は、まさに後者の「運が強い人」の方だろうなあー。

色々なご縁があり、週末は兵庫県三木市の広大な田畑の中に湧く個人宅の温泉に浸からせていただきました。

写真はご夫婦が暮らすご自宅。農業をやりながら家庭のお風呂で温泉を楽しまれてます。

車が一台通るのもやっとの秘境ですが、近畿地方だとは思えないほど田畑が広大で美しく、現実生活を忘れてしまうような素敵な場所です。
P1020029_20181202203821eb9.jpg


「ゴゴゴゴ・・・・」
ご主人がレバーを開けると物凄い音を立てながら湧きたての源泉と共に仄かな硫黄臭が漂ってきます。(成分表は別の場所にあり未確認ですが)メタケイ規定の冷鉱泉だそうです。
P1010877.jpg


一度タンクに溜めずに直接地表からあがる源泉は香りがしっかりと感じられ、うっすら乳白色がかった新鮮なもの。加温する場合は一旦貯湯槽に溜めるので香りが飛んでしまうんですね。
P1010882_201812041410089fc.jpg


この日はセーターを羽織ってても寒いぐらいの気温。いっくら、温泉好きと言えども非加熱源泉を浴びるのはさすがに風邪を引きそうなので、あらかじめ用意した高野槙風呂に加熱・非加熱両方の源泉を同時に投入してみました(^^♪
P1010988_201812022200085c7.jpg


気持ちよすぎて・・・「ハイ、にっこりはん!」
この源泉、加温すると更にツルツル感が増し気持ちいいです。微白濁と滑りのあるテクスチャーはまるで「高保湿化粧水」でした。
P1010951-3.jpg


香りは非加熱源泉から。つるつる感は加熱源泉から。それぞれの特徴が合わさって、最高のお仕事をしてくれます(^^♪
泡つきはそこまでないですが、浴感は私の好きな高知の郷緑温泉に似ていました。
P1010946.jpg
※分析書未掲載のため泉質は不明。※掘削深度30m、泉温:14.1℃(実測)


「いつか、目の前の畑を活かして、温泉付きの市民農園を開きたいんだ。」
ご主人が密かに抱いている、夢を教えてくださいました。
P1020020.jpg


そんなご主人の話を聞きながら
相槌を打つ、幸せそうな奥様の笑顔。

未だそのライフステージにたどり着いていませんが、
私も、いつか「セカンドライフ」を迎えたら、
大好きな温泉と自然に囲まれて、こんな生活を送ってみたい・・・・

そんな期待をそっと抱かせてくれる
素敵なご夫婦と幸せすぎる時間でした


*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
一昨日東京から帰ってきました(^^)/
しあわせな関西時間。

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



「石上温泉 さざれ石の湯」
住所:兵庫県三木市
(個人宅なので、詳細は割愛しますね。)
スポンサーサイト
Posted at 14:53 | 兵庫の温泉 | COM(1) | TB(0) |
2018.12.02

山形_蔵王温泉大露天風呂(再訪)




超・久々の蔵王ーー!!ヾ(*´∀`*)ノ



先日、日本温泉地域学会が山形であったため、
ついでに蔵王大露天風呂に立ち寄ってみました♪

この日は本年度営業のLast Day。
次の日から冬期閉鎖になるため、山形に行くならどうしても来たかった場所なのです。

蔵王温泉大露天風呂と言えば、最後に訪れたのが7年前の晩秋。
赤や黄色の紅葉のトンネルにつつまれた幻想的な坂道をくだって
脱衣所まで辿り着いた思い出で、情景が強烈に頭に焼き付いてます。

「東北ってすげ~っ(鼻息フーン)」って。

触れるものすべてが今まで以上で
そりゃー、もう感激しました。

その時のブログはこちら→前回訪問
P1010816-2.jpg
※エントランス。この時点でなつかしさに興奮。


今回は11月末ともあり紅葉のピークは終わっていたのですが、このライトアップされた階段が綺麗で♡必死でカメラのシャッターを押してました。
P1010849.jpg


よしずで囲われているのは男性用露天風呂。湯気がゆらゆら。。。
いいですね~(#^.^#)
P1010845_20181202152009774.jpg


女性用露天風呂です。女性用露天風呂は男性用に比べ高い位置にあり、すぐ横の川に流れる源泉の川を楽しむことができますそれが野湯好きにとっては最高のご褒美(^^♪この時ばかりは「女性に生まれてきてよかったーーーっ(笑)」て。
P1010834.jpg
※馬滝源泉、泉温:50.8℃、pH:1.9、泉質:酸性ー含硫黄ー硫酸塩・塩化物泉、成分総計:2,355mg/kg


源泉の湯の川です。岩づくりの露天風呂から1段下りるだけで、こんな風に、限りなく自然と一体化できるのがいいでしょ。ほぼ野湯のビジュアルに大興奮
P1010828.jpg



最近、ゆっくりと温泉に浸かることができない私にとっては、
涙が出るほど有難い至福の1湯でした。
P1010824-2.jpg
※入浴写真は、閉鎖後、冬支度中に撮らせていただきました。ありがとうございます。




山の空気。
温泉の香り。
川のせせらぎ。

それぞれが気分を高揚してくれる。

わたしの場合、どんな特効薬よりも
自然美溢れる「温泉」に浸かることが一番効くんだんぁ+゚。*(*´∀`*)*。゚+



*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



「蔵王温泉大露天風呂」
山形市蔵王温泉荒敷853ー3
TEL:023-694-9417
営業時間:6:00~19:00(※最終受付 PM18:30)
料金:550円


Posted at 15:57 | 山形の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2018.10.20

北海道_雄阿寒温泉 ラビスタ阿寒川



「泊まっていただいたお客さまに、この温泉宿のどこが良かったか尋ねると、
大抵の方が部屋からの景色だって、おっしゃるんです。
で、その次にお料理なんですよ。どんなにレシピを工夫しても、
お部屋にはかなわないですね~あはは。」


と、嬉しいやら悔しいやら、、、微妙な顔つきで
食事の説明に来てくださった料理長がおっしゃっていました。

その料理長の言葉はまんざらでもなく。
ここに泊まった人ならそう思うのだろうなぁと、なんとなく納得。

北海道で2泊お世話になったラビスタ阿寒川さん。
P1010645.jpg

(よくこんな所にホテルを造ったなぁ)と感心してしまうような手つかずの原生林にあります。ここに在るのはと野生動物たちだけ。まるで彼らのテリトリーに人間たちがお邪魔しているといった感覚です。
P1010638.jpg


料理長が話していた、眺望重視のお部屋がこちら。大きなガラス張りの窓からは、阿寒川の美しいせせらぎを朝から晩まで楽しむことができます。贅沢なのは、夜はライトアップしてくださるから朝とは違った阿寒川を眺めることができるのです。そして夕方には宿の庭に遊びにくるエゾシカも。・・・もう、本当に飽きないのです。
P1010155.jpg


お部屋のお風呂からの眺めも最高でした。わたしが一番リラックスできた場所でもあります。お湯はほんのりアブラ臭のする琥珀色のモール泉。あったかい温泉に浸かりながら窓を開けると、河原でお風呂に浸かっているかのように間近で響くせせらぎと共に涼しい秋の風が頬をなぜ、もう、なんとも言えない幸せな気持ちに♥
P1010687_201810201711585a7.jpg
※源泉名:雄阿寒温泉(広大1号泉、広大2号泉の混合)、泉質:単純温泉、泉温:53.9℃、成分総計:1069mg/kg 


大浴場の露天風呂は阿寒川の河原にせり出すような好立地にあり、目の前は森の緑一色!リアル森林浴状態です。阿寒川に自然に湧く温泉を利用されているそうです。
P1010261.jpg


湯舟からの眺望が気になる方に、湯舟目線写真です☆視界だけとったら野湯に浸かってるみたいね。うん。
P1010301_20181020173150456.jpg


さらさらと、オーバーフローするお湯はヾ(*´∀`*)ノ北海道クオリティ!
P1010305.jpg


樽風呂は少しぬるめの一人用。大自然を独り占めできる特等席でもあります♪
P1010269_20181020172815acf.jpg


このホテルが建つ前に実在した「雄阿寒温泉ホテル」は、渡辺淳一さんの小説『阿寒に果つ』でヒロインの女性が泊まったとされる有名なホテルなんだそうです。なんだか、有難味が増した気分
P1010242.jpg


貸し切り風呂は全部で3つあります。運がよければ2mぐらい先に野生のシカが遊びに来ます。わたしの入浴した時も来てくれました(^^。まさか、ここで”シカ見風呂”ができるなんて・・・!思わぬプレゼントに興奮しちゃいました。
P1010232.jpg


そして、夕食、美味しかったー♡ラビスタさんでは2泊したのですが、2泊目の方がお品がゴージャスになります。2泊目に食べた牛しゃぶが忘れられないわたしです
P1010601.jpg


あ、忘れてた!もう1つ忘れられない1品が。「ウニごはん」なるもの。新鮮なウニと私の大好きなゆめぴりか蘭越米が絶妙なハーモニーを奏でていました。うーん、料理長!お部屋の眺望といい勝負ですよ。ほんと、この美味しさ(^^♪
P1010613_20181020180715b3a.jpg


最後に、わたしが好きな館内の一角。



こんな何気ない廊下のスペースからも阿寒川と緑が見渡せるのも、こちらのお宿さんの特徴だと思いました。
P1010652_20181020182052213.jpg


1日中、どこに居ても。
ずっ~と自然と対話できる。
北海道の大自然をリアルに、そして、間近で。

これって、こちらのお宿さんの大きな魅力なのかなぁって思います。
心から癒された、釧路旅でした。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「雄阿寒温泉 ラビスタ阿寒川」
北海道釧路市阿寒町オクルシュベ3番1
TEL:0154-67-5600
2018.10.02

\テレビ出演のお知らせ/NHKごごナマ



\テレビ出演のお知らせ/


明日10月3日(水)15:08〜16:00 O.A.

NHK「ごごナマ 」に生出演します。

『にっぽんコレに夢中!』というコーナー
で、秋にオススメの秘湯を紹介します。

お時間ある方、観てねーー
前半は群馬の温泉の特集です。


【追記】
生放送無事おわりました!船越さんとスタジオで。船越邸にはスリッパでお邪魔しました♡
C8922146-A337-4360-8EED-47870BB87BAF.jpg

【ごごナマHP】
https://www4.nhk.or.jp/gogonama/x/2018-10-03/21/409/2710539/



*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

2018.09.23

北海道_阿寒川沿い野湯群(ウェンフラの湯他)



「え!!何これ!知らなかった!!」


この温泉との出会いは昨年の秋、偶然観ていたBSのテレビ番組でした。

テレビの画面から目の飛び込んできたのは、
川の脇から物凄い量の温泉が湧出し、
見たこともないような巨大な噴泉丘が姿を現し湯気を上げる様子
それはもう、温泉好きには堪らない魅惑のシーンの連続で衝撃的な映像でした。

もちろん、わたしの♨触覚はすぐさま反応し、
次年度の北海道行きを決定したのです。
(相変わらず、温泉に関してのフットワーク軽いわたし 笑)

そして・・・・・
先週、念願の阿寒川行きを決行してきました
写真に写りこむ3本の赤い筋見えますか?実はこれ温泉なんです。
P1010322_201809230805433dc.jpg


阿寒川流域では、岸の至るところから温泉が湧出しています。湧出量10桁以下のチョロチョロのお湯から、ぼこぼこと音をたてながら湧く大量のお湯まで。その種類はいろいろ。とにかく、その源泉数の多さに目を奪われます。
P1010474.jpg


20分ぐらい川沿いを歩くと・・・
P1010318.jpg


川の中から湯気をあげながら温泉が湧いている場所も。源泉は70℃ぐらいの高温なので、川の水との温度差が激しくなかなか浸かるのは難しいですが、その光景は神秘的で見るだけでも心躍ります。
P1010330.jpg


ここにも。無数の気泡が出ている、湯だまりがあります。とっても高温。徐々に足元がぬかるんできます。
P1010332_2018092310045307c.jpg


そして、30分ぐらい。周辺に鉱物臭のような香りが強く漂いはじめたころ。つ、ついに会えました。
「うおぉぉぉー、ラスボス来たーーーヽ(≧∀≦)ノ」 その噴泉丘は想像よりも大きく、カラフルで印象的!!
P1010345_20180923082846777.jpg


噴泉丘のてっぺんからは75℃の源泉が湧くお釜があり、湧き出た温泉は丘を這うようにして川に流れ落ちていました。そして川の水と混ざりあい一帯が40℃弱の生暖かい温度になっています。これはもう噴泉パラダイス♪(以下動画)
http://video.fc2.com/content.php?kobj_up_id=201809233nHSmtVV
P1010376.jpg


やっと出会えた感動で、すぐさま服を脱ぎ捨て・・・イザ、入湯です(*^^*)温泉の香りはそれほど強くはないですがクレゾール系のアブラ臭。香りも個性的です。
P1010420-2.jpg
※ウェンフラの湯、源泉温度約75℃、湧出量1200ℓ/分(推定)、金気臭、アブラ臭



噴泉丘のすぐ横には、別の源泉が湧いていました。ウェンフラの湯のように湧出量は多くないものの、小さな穴からボコボコと音をたてながら高温の温泉が出ており、その熱さで周辺の川の中では鰻の赤ちゃんやエビが蒸し上がっていました。(以下動画)
http://video.fc2.com/content.php?kobj_up_id=20180923YNhMzQGA
P1010363_20180923084228c8d.jpg


蒸し上がった鰻さん。温泉の熱さを物語っています。
P1010360_20180923091843f3e.jpg


で、やっぱり、ここでも湯浴み。この一帯、川の底からも高温の温泉が気泡となって湧いているんです。だから、浸かっているとお尻が火傷しそうになり(笑) 「ぎゃ・・熱っ!冷!!」なんて叫んでました。
P1010434-2.jpg


川の至るところから湯気を上げ自噴する温泉。
「綿あめ」のような甘い香り漂うカツラの木の群生。
秋の陽光に輝く阿寒川の水面。

すべてが想像を絶するほど美しく、そして、壮大で、
普段、温泉にしか興味がない私でも、その自然の神秘に目を奪われてばかり。

今回は、北海道、いや、阿寒川の自然の素晴らしさを再認識する旅となりました。
この感動を一緒に味わってくれた仲間に、心から感謝です。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+