FC2ブログ
2020.01.23

鑓温泉までの雪中行軍。


先日、関東エリアで放送された「雪の白馬鑓温泉」

オンエアでも少し触れられていましたが、天候の関係で、温泉へは小日向のコル(途中の休憩ポイント)で雪中キャンプをし、2日目に辿りつきました。

どんな厳しい雪道よりも「雪中キャンプ」が不安だったのですが、1泊2日で歩くと普段見ることのできない美しい景色をたくさん臨め、気づいたらのめり込んでました。



【1日目の昼】
小日向コルを少し超えた地点で一面が凍った真っ白の池と出会いました。思わず記念にパチリと記念写真♪この時は、みんな元気元気!パワー全快でした。
P1080983.jpg
※白馬ガイド 妙子さん(左)、加藤くん(右)



【1日目の夜】
結局、1日目は天候の悪化が懸念され2100mの温泉までは登らず、途中の小日向コルでテント泊。コンロで温めてはいるものの、外はマイナスの寒さ。。。テントの中ではフリーズドライの味噌汁やカップラーメンが身体をあたためてくれました~。温泉のない場所でのキャンプ😭不安そうにしてる私に、地元白馬のガイドさんや技術さんたちがずっと励ましてくれて有難かったー。温泉屋、山屋さんが頼もしく見えました( ´艸`)
P1080992.jpg



【2日目の朝】
朝5時に出てやっとサンジロあたりまで到着。夜明けが遅いのでヘッドライトの光りを頼りにしながら、ひたすら歩きました。吐く息は白く、目の前は真っ暗・・・水曜スペシャルじゃないけど、まるで探検しているみたいでした(笑)
P1080997.jpg



山の尾根のあたりが朝日に照らされてオレンジ色に見えた瞬間。(やっと夜が明けたー!なんて長い夜なんだ。)って嬉しさが込み上げてきました。それもそのはず、昨日テントを張ったのが15時ごろ。それから半日以上も真っ暗なコルに滞在してたんだから。
P1080999_2020012317281660d.jpg



山の急斜面を慎重に慎重に、歩いていた時雲の間からご来光が^^本当は温泉でご来光を愛でたかったけど、いや、贅沢は言いません!安全にここまで辿り着け、美しい光を臨むことができたことだけでも感謝でしょ!
P1090005-2.jpg



ご来光をバックにちょっと休憩☕
CFB0B518-729B-45CC-BD8B-B96C6F616390.jpg


さぁー、もう一息!この斜面を越えたら鑓温泉への最後の関門(大きな雪渓)
IMG_1880.jpg



最後の関門到着!あとはこの雪の急斜面を登るだけ。温泉はこの上で私たちが来るのを待ってます!こんな足場の悪い中をカメラを持って先回りする山岳カメラマンさん(ブルーのシャツ)には終始圧倒されました。世の中にはスゴイ人たちがいるものです。
P1090021.jpg



傾斜があるのと、雪の層が思いのほか厚く、湿っているので脚がとられ思うように前へ進まない。息も荒くなってきました。(もう温泉はすぐそこ)心の中で何度も自分に言い聞かせながら歩く、歩く。
P1090018.jpg



P1090024.jpg



着いたーーー!
P1090029_20200123172259c08.jpg

P1090034_20200124165708a2e.jpg


誰も手をつけない時期の鑓温泉は、藻が生えてグリーン色に見え、更に秘湯感がマシマシ。雪に埋もれながらも、物凄い量のお湯を湯舟から斜面へと溢れさせ、自然の湯滝をつくっていました。実に5か月ぶり!雪の中の”憧れの温泉”は、前回と全く異なる姿に見えました。
P1090045_2020012317241417e.jpg



入浴です!マイナスの外気温では、45℃の高温が適温に感じるのにはビックリ!ずっと寒いところに居ると身体がおかしくなっちゃうのかしら??
IMG_1900-2.jpg



みんなでドローンでの空撮✨。達成感よりも、なんだか感謝の気持ちが溢れてきました。危険な斜面のトラバースでは、ロープを張ってくれたり、テントで楽しい会話をしてくださったり(いや、本当に楽しかったんです。テントの宴)・・・周りのスタッフさんに助けられました。
IMG_1975_20200123172037b23.jpg


ほんまに、ほんまに、来れて良かったー。雪の鑓温泉!
それに尽きるかな、感想は\(^o^)/

撮影日:2019年11月22日






*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

スポンサーサイト



Posted at 21:38 | 長野の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2020.01.12

【TV出演】 『99%の人が行かないニッポン』



【日時】
2020年1月19日(日)13:15-15:00

【番組名】
日本テレビ 『99%の人が行かないニッポン』


【URL】
http://www.ntv.co.jp/svf/20200119.html



タレントの加藤涼くんと険しい雪道を乗り越え、長野県の白馬鑓温泉に行きます!

なんと、ロケは11月末。
はっきり言ってめっちゃ過酷でした😝💦

でも、「一生分の美しい」を見た気分。それぐらい、素晴らしい景色でした✨
よろしければ、ご覧くださいませ〜🙇‍♀️


IMG_1884.jpg



*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

2020.01.02

山梨_玉川温泉


*+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:

新年、あけましておめでとうございます。
2020年もどうぞ宜しくお願いします♥♡
以下、昨年、アップしきれなかった山梨の温泉を。

*+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:

圧巻の湯量とその鮮度で温泉ファンを唸らせる甲府の温泉。
その中でも特に印象に残った温泉が、ここでした。

「玉川温泉」

長閑な田園風景の中にポツンとある銭湯チックな簡素な建物。
見通しの良い玄関からは、青空を背景に富士山がくっきりと見えます。
生粋の関西人の私にとっては、ちょっと感激な景色でした。
P1090332.jpg


で、一見何の変哲もないこの温泉施設の何が印象的だったのかと言いますと。。。

まずは、この滝のように洗い場を流れる1⃣温泉の量!!。茶色く変色している床の上をざぁざぁと波打って流れているのは全部、湯舟から溢れたお湯だったりするのです。この豪快さに驚愕Σ(・□・;)どちらも毎分119ℓのドバドバかけ流し。手前の湯舟がジェットバスだそうで気泡の関係で少し白濁しています。奥の湯船はモール系の黄色っぽい色です。
P1090342.jpg
※源泉名:玉川温泉、ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、泉温:40.5℃、pH:8.1、湧出量:119ℓ/分、成分総計:1216mg/kg


「ごぼっ、ごぼっ・・・」と物凄い音をたてて、お湯が入っては出ていきます。浴室の扉を開けた瞬間、思わず(甲府の温泉は洪水が基本か?)と、ぼそっと口ずさんでしまいました。
P1090359.jpg


感激の余り、お湯を見てニタニタしてる私を横目に常連さんはいつものようにお湯に浸かり、いつものように挨拶をしながら湯口周辺のスペースに腰を掛けられます。
P1090351.jpg



それともう1つ・・・印象に残ったことがあるんです。

『おねえちゃん、写真撮っていきなよ。みんな、凄いって言って(温泉の写真)撮っていくよ。』 私が温泉好きで、わざわざ他府県から来たという事を話すとお母さんたちから撮影をお勧めしてくださるのです。こんなの初めて・・・・笑。でも有難いな。
P1090346-2.jpg


その後も、お母さんたちとの会話は盛り上がり、“お母さんたちが日頃通っている甲府のお勧め温泉”まで教えてくださいました。湯巡りをしていて、地元の方から自分の知らない良い温泉を教えてもらうことが多々あるのでこういう情報収集は大事。興味津々でした( ..)φ
P1090339.jpg


ついつい話がそれちゃいましたけど、何が言いたいかと言いますと・・・
2⃣常連のお母さんたちのあたたかく、オープンなお人柄
それが私の中で、大変印象に残った魅力だったということです^^

温泉って、施設によって常連さんのキャラクターが驚くほど分かれるもの。
常連さんの多い入浴施設において、私のような他府県からの入浴客は、
なかなか地元のコミュニティに入れないものです。

だから、玉川温泉さんのような常連さんのホスピタリティに溢れる温泉施設って、
すごく、すご~く貴重だなって思うのです。

お湯よし、人よし、な温泉でした。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


『玉川温泉』
住所:山梨県甲斐市玉川1038-1
TEL:055-276-3462
営業時間:10:00〜21:00

Posted at 16:17 | 山梨の温泉 | COM(4) | TB(0) |
2019.12.30

今年も1年、ありがとうございました!



今年も、もう終わりなので、1年を振り返っての「総括」ならぬ

「温括」を♨


今年は少しだけ次男の子育てが落ち着いてきて、課題だった数か所の野湯に行くことができました。
5月から始まり11月まで、悪天候が著しく多かった7月を除けば、ほぼ各月、山に行ってました。

中でも、印象に残ったのは以外のお湯たち✨



【5月】長野 湯俣温泉 
私が写真を撮ってる川のずっと先に温泉が湧く川があるのです。そこは、温泉の成分で一帯が黒色や緑色に変色していたり幻の湯滝も。この時は雪解け水で川が増水状態で全然遡上できず😢1回で行けちゃったらワクワク感が半減しちゃうしね。来年こそはそれらを見に行きたいです。
IMGP4672.jpg

P1060338_201912301851141d9.jpg



【6月/11月】長野 白馬鑓温泉 
ま、、、まさか年に2回も鑓温泉に行くことになるとは思ってもいませんでした(^^ゞしかも、どちらも小屋閉鎖後の・・・(笑)でも、新緑と雪景色どちらも独り占めできてラッキー💛来年は、白馬鑓温泉小屋に泊まることを目標としてみよう♪♪
P1060781_20191230192233dcf.jpg
※6月 雪渓登りにかなりビビりながら、漸く会えた絶景露天。

IMG_1897_20191230184241dfa.jpg
※11月 ピューピュー風が吹いててやや怖かった。。。



【9月】北海道 金花湯 
まぁ、本当に見た目も美しく、快適な野湯でした。金花湯ってね、長年の憧れ♨だったから、もっともっと手の届かない難所だと思っていたの。けど、実際行ってみると林道が補修されていたり、案外、さらっと行けてしまったので、私の中は「秘湯」という存在から少し遠くなったような気もしました。でも、感動は半端じゃなかった。青空をそのまま映し出したかのように真っ青なお湯は、遠く遥々飛行機と車を乗り継いで、やっと、たどり着いた私を心底、満足させてくれました♪
P1070869-2.jpg

P1070965.jpg



【12月】仲間とのふぐっ! 
そして、年末は、毎年恒例のふぐ会🐡@大阪。気の合う仲間との話は尽きません(;^_^A この時来ていた仲間の一人が3000湯突。今年は300湯近く浸かったんだそう。いや~すごい。私はというと、当然ですが、色々な制約の中で動いているので、年間300湯はおろか、自分の好きな「自然の温泉」に偏りがちです。しかし、来年は旅館や日帰り温泉などの施設系もしっかり見ていきたいと思いました。自分のペースでごゆるりと。
IMG_2394.jpg

きびだんごも、おいしゅうございました♡
IMG_2384.jpg


という訳で、みなさま。
今年もありがとうございました♨


*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

Posted at 19:26 | 日常のこと | COM(4) | TB(0) |
2019.12.19

山梨_6年ぶりに・・・



こう何年も湯めぐりをしていると、忘れられない1湯って、誰にもあるんだと思います。
わたしの1湯は、6年前、山梨で出会った♨。

予めリストアップしていた数か所を廻って、さぁ帰ろうとハンドルを切った矢先、
どーーーしても気になっていた温泉を思い出し、「ラスト1湯」という事で立ち寄ってみたのです。

そこは営業温泉ではなく個人の方が持つ温泉。

もちろん、入れていただけるかどうかも分からないままダメ元で伺ってみると、
ちょうどご家族の方が使用されていない時間だったようで有難くも浸からせていただきました。

そのラスト1湯が、また、ひっくり返りそうなぐらい素晴らしかったのです。
北海道で愛してやまない標茶の濃厚モール泉を彷彿する、、、、
いや、それをも上回る濃厚なモール泉が、表面に泡を立てながら溢れているではありませんか!

仲間と湯舟に浸かりながら、ひたすらニンマリ(* ´艸`) 
しあわせすぎて笑いました💛

そんな思い出の詰まったお湯を素通りできず、再訪してみました。
P1090275_201912172015299dd.jpg



強い硫黄の香りと鉱物臭が織り交ざった贅沢なアロマに、仄かな金気臭。42℃の心地良い温度、放物線を描いた大量の湯を噴出する塩ビパイプ・・・もう、笑顔にならずにはいられませんでした。
P1090270_20191217202000df0.jpg



そして、やっぱり今回も、笑顔♪♪ヾ(*´∀`*)ノはしゃいでます、ハイ。
P1090301_201912172015319a8.jpg



湯口が塩ビ管って、魅力的ですよね。
P1090308.jpg



前回もそうなんですが、この湯に浸かると気持ちよすぎて次の目的地に行けなくなっちゃうんです。
P1090321.jpg


言うまでもありませんが、
山梨の温泉は、本当に素晴らしいと思います。(改めて)

奈良田の強烈アンモニア臭に、
佐野川のあわあわ。
甲府周辺の良質モール泉に
湯村のぬる湯大量かけ流し・・・・

わくわくするようなお湯がいっぱい♡
せっかく関東に住んでるんだから、もっともっと山梨の温泉と出会いたいです。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

Posted at 20:24 | 山梨の温泉 | COM(0) | TB(0) |