2017.01.09

島根_忍原峡鉱泉



島根に行ったのは、ここへ行くことが目的でした

広島駅からレンタカーを借り大雨の中、約2時間運転。
「楽しみに待っちょるよ~」
と電話口で言ってくれた地元の方を待たせないようにと半ば焦りながら走りました。

この細い路地を通るのは、約2年ぶり。
初訪問で温かく迎え入れてもらった時の懐かしい思い出が蘇り、うれしくなりました。
P1020511.jpg


P1020512_2017010821022567a.jpg
※忍原峡の古びた木製の見取り図。


川もこの通り増水して濁流になってます。雨は横殴りに近いし、車から降りて1分もしないうちに靴がぐしょぐしょ。
もう少しの辛抱。。。この濁流の先には温かい温泉と人たちが待っているからヽ(´∀`)ノ
橋


漸く、トタン造りの浴舎にたどり着くと、既に宴は始まっていたようで中から笑い声が聞こえてきます。その賑やかな声を聞いて、ドアを開ける前から、にやにやが止まらない。
外観

「お久しぶりです!」
中では地元の方5名がおいしそうなすき焼きを囲んでおられました^^
「この雨の中、よう来たな。さあ座って、食べなさい。」
つい2日前に、急きょ伺うことを決めたので、まさか、こんなご馳走を用意してくれているなんて・・・温かい。
すき焼き

まずは冷えた体を温泉で温めます。
口に含むとシュワシュワっと炭酸が弾け、塩辛さと金気っぽい味♪
う~ん、何というか、塩分たっぷりのサイダーって感じかな
忍原鉱泉

コンクリートの無機質な浴室に裸電球、それと使いこまれた古びたバスタブは、私の好みど真ん中で、いつ来ても魅了されてしまいます・・・
P1020564.jpg

「ワシはこの風呂の何がいいか分からん。」って、地元の人は謙遜しながら言うのに対して、「このお風呂が、いいんです!」とわたし。なんか、きっと、変な人だと思われてるんだろうなぁw
P1020595_201701081950446ba.jpg

浴舎から2kmぐらい山奥に入ったところに湧く温泉を、地元の人たちは、その昔、五右衛門風呂に溜めて楽しんだそうです。そんな地元の方の思い出が詰まった温泉なのです。
忍原鉱泉2


最後に皆で記念写真を撮っていただきました
昔からこの地に湧く温泉、そして、その温泉を大事に守ってきた人たち。こうやって、時間を共に過ごしていただけることは、私にとってこの上なく有難い時間です。
皆で

幸せなひと時でした。
・・・でも、日帰り島根はちょっとキツイ('◇')ゞ笑


温泉ボタンを↓押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


「忍原峡温泉」
※地元の方数名で鍵を管理されている温泉です。普段は鍵が閉まっています。

スポンサーサイト
Posted at 09:24 | 島根の温泉 | COM(5) | TB(0) |
2017.01.05

島根_瀬戸ヶ島温泉 青海荘


ちょっと用事があって、島根へ。

「さあ、どこを廻ろうか?」

久々の島根。

「神様の言うとおり~♪」


な~んて、何となく考えながらパッキングしていると、
以前から行ってみたいと思っていながら、浸かるチャンスがなかったお宿さんが浮かびました。
早速、電話で入浴兼お昼ごはんを予約。

青海荘

海辺の建つ割烹旅館。
浜田という立地なので、観光客というよりも
工事の方の長期滞在や出張目的の利用が多いそうです。
P1020609.jpg


「雨の中、よくお越しくださいました。さ、お風呂に入って!うちは塩湯ですから、よく温まりますよ。」
この日、朝から暴風雨で、約束の時間に大幅に遅れて到着したのにも関わらず、気を遣って声を掛けてくたまさる女将さん。(なんて、あったかいんだろ
P1020683.jpg


女将さんが沸かしてくださった塩湯は、成分総計3万越えの強塩化物泉。
食塩だけでなく、マグネシウムやカルシウム、硫酸イオンなど他の成分もぎっしりと詰まった濃厚なお湯です。
P1020628.jpg
※源泉名:浜田瀬戸ヶ島温泉、泉質:ナトリウムー塩化物強塩泉、泉温:18.5°C、成分総計:33,055.4mg/kg(Mg1090mg、Ca2+1930mg、So42- 2560mg)


「うう~、効くぅ
浸かって数分で汗が噴き出てきます。循環ろ過ですが、貸し切り状態で利用させていただいたこともあり鮮度も良かったです。海のきわきわにある浴室の外からは強い潮風が吹き付ける音が終始聞こえます。こんな悪天候で寒い日は、あったかい温泉に入ることの喜びをしみじみと感じられますね(*´∀`*)
P1020682_20170104213424285.jpg


湯口からは、勢いよく塩湯が注がれます。「注がれます」、、というよりも「噴射」というほうが合ってるかも。口に少し含むと苦りのような味で塩辛い。
P1020663.jpg

個人的には、豆タイルの浴室も独特の味わいがあって好き。
P1020632eo.jpg

湯上がりは、個室で遅めのランチをいただきました。
P1020688.jpg

「お刺身だけは、この辺りで幾らでも獲れるから新鮮なのよ。」
お部屋で女将さんがご説明してくださった通り、お刺身に入れてあったブリやサーモンはとろけるような柔らかさ。
美味しかったぁ。ごちそうさまでした♪
P1020693.jpg

島根日帰りひとり旅。
暴風で車は横揺れしたし、ワイパーが追い付かないほど激しい雨に見舞われ、
ちょっと心細かったけど、体の芯から温まる塩湯とおかみさんのお料理が一際幸せに感じました。

はあ、ほっこりん。

「瀬戸ヶ島温泉 青海荘」
住所:浜田市瀬戸ヶ島104-3
TEL:0855-22-0571
料金:素泊まり4000円~

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを↓押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*   
Posted at 10:31 | 島根の温泉 | COM(4) | TB(0) |
2017.01.02

静岡_ステンバスの湯2


静岡の湯めぐり

続いてはステンバスの温泉。
山の中に無造作に置かれた小さなステンバス。
塩ビ管から温泉がなみなみに注がれていました。

P1020099.jpg


寄ってみると、湯の中に細かい湯の華が。
P1020114.jpg


という訳で、ちょっと入ってみましたw
すごいぬるぬる感で、ローション風呂に入っているような感覚です。
image.jpg


あけましておめでとうございます。
2017年度も、至福温泉日記、よろしくお願いします。


2016年は環境が大きく変わり
これまでみたいにあっちこっち飛び回ることが難しい年でした。
全国の温泉を巡るようになって約10年、これまでで一番お家に居てたのかもしれません。

そんな中、うれしいこともありました。
それは、ずっとずっと念願だったことでした。

今年の春までには、今まで積み重ねてきた温泉巡りを
ひとつの「形」にできそうです。

ブログの更新が、今、なかなか頻繁にできないのは反省ですが
その分、おもしろいものを作りたいと思います

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを↓押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*   
Posted at 11:24 | 静岡の温泉 | COM(6) | TB(0) |
2016.12.31

静岡_赤石温泉 白樺荘


今年のクリスマスイヴは、奥静岡の白樺荘で1泊してきました(^^♪


新静岡ICを下りてから、対向車とすれ違えないぐらいの細いぐねぐね道を、
永遠2時間運転し、やっとこ、着いた山奥のお宿さん。

東京からは、トータルで5時間かかりました。
同じ静岡でも、伊豆とは桁違いの山深さです。。
P1020407.jpg


白樺荘さんの館内は、木造でシンプルな造り。「旅館」というより、ちょっと綺麗な「山荘」って印象です。
こんな山奥の静かな場所で、クリスマスイヴっていうのも、なかなかいいじゃない^^
P1020401.jpg


私が白樺荘さんへ来て楽しみにしていたのは・・・この家族湯!大浴場は循環併用のかけ流しなのですが、家族湯は完全な放流式です。お宿さんが余裕のある時に、予め頼んでおくと、蛇口を出しっぱなしの状態でお湯を張っておいてくださいます。
P1020332.jpg


見てください、うっすらエメラルドグリーンなのが分かりますか何も加えない100%ピュアなお湯は、常にエメラルドグリーン
P1020353.jpg


それと、にゅるにゅるの肌ざわり。何というか・・・油膜が張っているみたいな感触です。硫化水素臭もかなり強めです。奥静岡では、以前行った梅ヶ島温泉のお湯の良さに感激しましたが、赤石温泉のお湯も素晴らしいものでしたよ。
P1020304.jpg
※源泉名:井川赤石1号温泉、泉質:単純硫黄泉、pH:9.5、成分総計:674mg/kg


蛇口もしっかり錆びちゃってます。この黒さが、濃厚さを物語っていていいですね。
硫化水素イオンの含有量も1kgあたり、12.6mgとなかなか。
P1020380_20161231205841937.jpgP1020388.jpg

湯船に溢れるお湯を眺めながら、入浴できるのは幸せです(⋈◍>◡<◍)。✧♡
P1020161.jpg

家族風呂の露天風呂から外を見てみると
雲がかかった山々、湖・・・山の奥地でひとり入浴していることを改めて気づかせてくれる眺めに癒されますP1020347r.jpg

ちなみにね、こちらは女湯の大浴場です。ほとんど透明ですが、朝の張りたてのお湯はもっとグリーン。
「常連さんの中には、このグリーンの一番湯を楽しみに泊りにくる方もいるんですよ。」白樺荘のスタッフの方が教えてくれました。
P1020226.jpg

大浴場の露天風呂は、内湯と比べて狭い分、お湯がにゅるにゅるでグリーンがかっていました。
でも、やっぱり、私は家族湯が一番感動したなぁ。
P1020225.jpg


湯上がりは、食堂らいちょうで。。
P1020285.jpg


キンキンに冷えたビール。
うっめ~ヽ(´∀`)ノ
P1020253.jpg


素泊まり1泊4000円。
決して豪華ではないけど、かけ流しのにゅるにゅる温泉と、自然の美味しい空気を満喫。
私にとっては、最高のクリスマスイヴでした

ありがとう。

「赤石温泉 白樺荘」
住 所 静岡県葵区田代1110-5
電話 054-260-2021
営業時間:
日帰り入浴:4月から11月まで10:00~18:00、12月から3月まで10:00~17:00
定休日 毎週火曜日
料金 510円

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
今年も1年ありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*   
Posted at 22:55 | 静岡の温泉 | COM(7) | TB(0) |
2016.12.14

秋田_駒ヶ岳温泉





駒ヶ岳温泉 

水沢温泉や田沢湖高原温泉の近くですが、ここだけ独自源泉となるようです。

観光客で賑わう乳頭温泉とは一風雰囲気が異なり、原生林に囲まれた静けな温泉。
ドコモですらほぼ圏外・・・という山深さなんです。

6年前に宿泊し、その落ち着いた雰囲気と湯量の豊富さに
いつか、もう一度泊りにきたいと思っていたところでした。

あ、そうそう。
前回訪れた時は、ちょうど外来入浴の湯殿、露天風呂の建設工事中だったんで、それを見れるのも楽しみで♪
P1010765.jpg

まずは、渓流沿いの貸し切り露天風呂へ。
前回来た時も、紅葉の時期で湯船のすぐ脇を流れる渓流と原生林に心から癒された思いでです。
P1010748.jpg


【貸し切り露天風呂】※宿泊者専用
懐かしの露天風呂、ご対面~。
仄かに硫黄の香りの中に漂う石膏臭を楽しみながら、「やっぱいいよな~」と、お湯の良さを噛みしめます。こてこての硫黄泉も好きだけど、ちょっと吸いつくような硫酸塩の感触も好き。貸し切り露天風呂は豊富な湯の華が楽しめるのも最高です!
P1010694_20161213205643a00.jpg
※源泉名:秋田駒ヶ岳温泉、泉質:含硫黄ーカルシウム・マグネシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉、泉温:52℃、pH:6.5、成分総計:2320.4mg/kg

P1010702.jpg

そして湯船からは、この近距離で絶景~~(*´∀`人 ♪
駒ヶ岳温泉の渓流は、流れも穏やかで、せせらぎが優しいから本当に癒されます。
「来たゼ!東北~
紅葉

貸し切り露天風呂のもう1つは岩で組まれた露天風呂です。
まあ、同じお湯なんですが(;'∀')・・・川の上流か少し下流かで景色がちょびっとだけ異なるんですねw
P1010755_20161213212327410.jpg

【大浴場】※外来入浴のお客さんも浸かることのできるお風呂。
早速、増設された大浴場へ。ロビーから渡り廊下を通った奥に立派な浴舎が建っていました。そうそう、この建物は以前、ビニールシートに囲まれていて、全く見れなかったんだよね。
湯小屋

高い天井とどっしりとした梁・・・重厚感のある木造浴室は青森の蔦温泉とか、湯治宿のお風呂を連想させる造りでした。これだけ広い内湯なのにも関わらずお湯がフレッシュ。薄っすら白濁し青みを帯びているような・・・お湯の色も素敵でした。
P1010716.jpg

しかし、これだけの湯量のお風呂がほぼ貸し切りで入れるなんて、あたりまえですが、都会とは桁違いの温泉力を感じます。
内湯2


新しくできた露天風呂も、宿泊者専用の貸し切り露天風呂に負けず劣らずのリバービューでしたよ♡夕方になると地元のお母さんたちがぽつぽつ入りに来られていましたが、常連さんは露天風呂よりも内湯がお好みのようで露天風呂は終始無人でした。
P1010677.jpg

夕食にいただいた、駒ヶ岳温泉さんの名物のお蕎麦。
これが、また麺シャキシャキで美味しい~(*’U`*) 
P1010739.jpg


普段、私は、同じ場所に2回以上行かない派なんですが・・・
再訪して「あ~、やっぱりお湯がいいなあ♪」なんて、再認識できるのも再訪の特権なのかなぁと。
顔にバシャバシャ浸したくなるぐらい、ピュアーでフレッシュなお湯でした。

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*   

「駒ヶ岳温泉」(こまがたけおんせん)
住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野80-68
TEL:0187-46-2688
営業時間:9時~19時
料金:500円
Posted at 09:03 | 秋田の温泉 | COM(8) | TB(0) |