2017.05.21

岩手_須川高原温泉


須川高原温泉

栗駒山の中腹に建つ豪快な自噴の宿です。
溶岩石の間のいたるとこから温泉が自然湧出しており、その湯量は一目見ても凄いのが分かります。。
雪解け水が多い5月のこの時期、1年の間で湯量が最も増えるそうで、
ちょうとタイミングよく行くことが出来ました。

今回、宿泊させていただき、1日堪能しましたが、それはもう大迫力でした!
P1080563_20170521081218bc7.jpg
※さすが標高1126m!小雨が降ったり晴れたり、天気が目まぐるしく変わりました。


まずは須川高原温泉の看板でもある露天風呂の「大日湯」へ。
宿舎とは別棟に脱衣所があります。
P1080385_201705210823366c9.jpg


これ、本当にすごいのですが・・・
宿舎から大日湯に行くまでの道の脇に、大量に温泉が流れる用水路のようなものがあります。
実はこれ、全て源泉からの「余り湯」。水路を通って捨てられるそうです。
適温、ドバドバ・・・思わず、ここに浸かってみたいという気を起させる豊富さです。
P1080547.jpg


うわーヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
脱衣所の扉を開けてびっくり!
目の前にはプールほどの広い湯船があり、その裏にある山からザブンザブンと音をたてながらお湯が運ばれているのです。温泉のしぶきか霧がわからないような水蒸気が舞っており、もう「自然さながら」というか「自然むき出し」の状態。
P1080492_20170521081215618.jpg
源泉名:須川温泉、泉質:酸性・含硫黄・鉄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉、泉温:50.5℃、pH:2.2、成分総計:3,120mg/kg


お湯は酸性の硫黄泉。酸性泉特有のキシキシ感はなく、逆にすべすべしているように感じました。
P1080471.jpg


山側から「これでもか!」と言わんばかりの勢いで木製のパイプをつたって運ばれてくる様は、まるで「お湯の生産工場」です。余りにお湯の量が多いので、源泉から湯船に注がれるまでの間にお湯が下にこぼれまくり。湯船の下もこぼれたお湯でお風呂みたいになっている訳がわからない凄さ。
P1080413.jpg


山側からお湯が運ばれてくるポイント。一応、ここが湯口です。
P1080458.jpg


湯船からもオーバーフローしており、つまり、源泉かけ流し+源泉からの捨て湯・・・
うんうん、豊富な訳ですね(^_^;)
P1080454.jpg


内湯の大浴場にも入りました。こちらのお湯、すべすべ感が一番強く感じました。また、ラッキーなことにお掃除後の一番湯に入れていただけたので、お湯がもう、何というか、この上なく新鮮で・・・お湯に浸かった瞬間、「きもちいいっ〜!」って、思わず叫んでしまいました。こんないいお湯、今まで入らなかった自分を悔やみます。
P1080640_20170521091605315.jpg

横には露天風呂もありますよん。
P1080587.jpg


〜須川源泉ツアーへ〜

「よし、源泉のある場所に連れてってやろうか!?」
帰りがけ、湯守さんの有難い提案に飛びついた私。裏山にある源泉を案内していただくことになりました。実は、この山の斜面に「ちび釜」「大釜」「神釜」と3つのお釜(源泉槽)があり、その3つのお釜から、お隣に建つ「栗駒山荘」の供給分も含めて毎分15000ℓものお湯が運ばれているんだとか。しかも、この3つのお釜の他にも、岩の間からいくつも湧出しているポイントがあると伺って、更にその湯量に感動しました。
P1080671.jpg
※写真は大釜。ここから中浴場と露天風呂にお湯が供給されています。


鳥居のたもとにあるのが「神釜」です。
P1080649.jpg


釜のサイズは、それほど大きくないのですが、ここの源泉だけで、大浴場と貸し切り風呂(この時は工事中)にお湯を供給しています。
P1080655.jpg


一番小さいのが、こちらの「ちび釜」。露天風呂の温度調整のためにお湯を使っているそうです。
P1080667_201705210904009ed.jpg


湯守さんは、山と温泉が好きなこちらの男性。お客さんと出会って話すことが、この仕事の一番の醍醐味なんですって。今回詳しくお話しを聞けて大変勉強になりました。O友さん、ありがとうございました(^^♪
P1080683.jpg


「須川高原温泉」
住所:岩手県一関市厳美町祭畤山国有林
TEL:0191-23-9337

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
スポンサーサイト
Posted at 21:06 | 岩手の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2017.05.18

宮城_アブラ臭と豪快な自噴泉


先週末は八丈島に行く予定で、早朝に空港まで行ったものの・・・
強風のため全便とも欠航
島モード全快の軽装とリュックサック姿で、途方に暮れていたわたし。

「せっかくの週末なのに、おとなしく帰るなんて・・・涙」


半泣きで、出発ロビーに立ち、数分考えこんだ末、
気持ちを切り替え、進路を東北に変更♪♪

その潔い決断が良かったのか、偶然行った東北で素敵な野湯に出会いました。
山の中に人知れず湧く自噴泉。


物凄い湯気をあげ、高温で大量のお湯が川へと流れ落ちていきます。
源泉から川にかけては、析出物のドームなっていて見ごたえがありました。
P1080833.jpg


源泉が流れて出来た、黒い鱗状の析出物。
まさに自然がつくった芸術品なわけで、、こういうのテンションを高めてくれます。
P1080836.jpg


地表からボコボコと音をたて、70℃近くある湯が湧き出る源泉は地獄そのもの。
その温度の高さや湧出量にも驚きましたが、注目すべきは匂いです!
クレゾール臭(病院の薬品臭)のような強烈な香りが辺り一帯を覆います。
今まで様々な野湯に行きましたが、こんな特殊な香りがするのは今回がはじめて。
「アブラの森」と名付けてみます
P1080825.jpg
動画を撮ってみたよ。見てね↓
【動画】アブラ臭と自噴泉


何と小さな噴泉塔もあるじゃないですか
噴泉塔の先端からは、熱々の源泉が噴き出しており温泉の成分で鱗模様になっていました。実は、わたし・・・これが噴泉塔だと気づかず、ついつい手をついてしまい火傷しそうになりました
P1080844.jpg


いてもたってもいられず、早速、源泉と川の水が混ざるポイントを探しました。
70℃の源泉と冷たい川の水を混ぜ、適温の湯船にするのですが、これが、なかなか難しい・・・
P1080848.jpg


「冷たい・・・いや、熱い!」
を繰り返し叫びながら、漸くお湯にありつけました。かなり、プリミティヴな入浴を楽しんだという感じです。
P1080852.jpg


しかし、しつこいようだけど、温泉の香りは本当に強烈なんです。
アブラ臭がお好きな方だったら、この森が病みつきになるはず。
nhk_20170518232643a80.jpg



地表から高温のお湯が煮えたぎる様は、
見とれてしまうほど圧巻で、
東北の温泉力を改めて感じさせてくれる光景でした。

・・・鼻にツンとくる、香りもね。


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
2017.05.16

NHKに出演します!



★テレビ出演のお知らせです★


NHKさんに著書 『わたしのしあわせ温泉時間』について取材していただきました!

首都圏ではまだ放送するか未定ですが
下記の県では、ほぼオンエアされるようです

とっても観てみたいのですが、私はエリア的に観れるかどうか・・・
どなたかお優しい方!オンエアどんなだったか教えてくださ〜い


◆番組名  :NHK報道局「各局配信ソフト:いまほん」

◆放送日時:5/19配信分(予定)(5/22~5/26) ※配信期間は1週間。

◆放送エリア: 
-地方局:「610ローカルニュース」
 月、火、水、木、金 (午後6:10~午後7:00の時間帯)
 山形・福島・水戸・長野・甲府・金沢・福井・富山・松江・徳島・高松・熊本・沖縄
 ※上記の局はほぼ放送されます。

-首都圏:「ひるまえほっと」 
 主に配信日翌週の金曜日 午前11:05~午前11:54の時間帯 
 ※放送があれば5/26(金)の予定です。

nhk.jpg
※先週末は雨のなか東北に行ってきました♪またルポしますね。


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
2017.05.12

イベントのお知らせ


★イベントのお知らせです★

「わたしのしあわせ温泉時間」 出版記念トークイベントやります(^^)/

題して・・・・


「絶景秘湯×恋する世界一周 ~わたしが命がけで絶景を見にいく理由〜」

【場所】高円寺パンディット
【時間】6月17日(土)17:30~20:30
【料金】1800円(※オリジナルタオル付き)
【出演】金裕美(トーク)、窪咲子(ゲスト)、よねざわいずみ(MC)


★解像度高★
↓↓↓
【URL】お申し込み&詳細はコチラから


本に載ってる温泉のエピソードをはじめ、載せれなかった秘湯、ちょっと笑える裏バナシなどなど。
それと、場所は秘密ですが・・・・ 
6月に行く野湯の速報レポートも(時間が許せば)あるかもです(^^♪

ゲストにトライベルライターとして仕事をしながら、これまでに68か国を訪れた窪咲子ちゃんを迎え
「この夏行きたい世界の絶景スポットの紹介」や「世界一周時のエピソード」など色々聞いちゃいます。

MCのよねざわいずみさんは、2013年にJR・私鉄駅訪問を達成したスゴイお方なのです!!Wikipediaみてね。
もちろん、温泉やB級グルメもめちゃめちゃ詳しく、MCと言いつつも、いずみさんの喋りとツッコミが今から楽しみです

温泉が好き、秘湯が好き

な方はもちろん、

単純に旅が好き な方。

酒のつまみに、綺麗な写真を観ながら女子トークでも聞いてやろうかっ!

って、方も大・大・大歓迎です(^^)/
30人定員のライブハウスなんで、和気あいあいと盛り上がりましょ。
お待ちしておりまーす。


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
2017.04.26

神奈川_強羅温泉 太陽山荘



ふふふ( *´艸`)

久々に硫黄チャージに行ってきました♪
箱根 「強羅温泉 太陽山荘」



国民宿舎と聞いていたので、もっと無機質な外観を想像していたのだけど、
行ってみてびっくり!!

登録有形文化財に指定されている伝統的木造建築でした。
P1070246.jpg


どどんっ!
P1070248_201704261107171b5.jpg


「いらっしゃい。はじめて?お風呂は向いの別棟にあるから、そこまで下駄に履き替えて行ってね。朝一お湯を張り替えたばかりだから、ちょっと熱いかもよ。」
朝から数人の従業員のお母さんたちが、庭を掃いたり、館内の拭き掃除に大忙しでした。だからでしょうか?中もぴかぴかっ。
P1070247.jpg


お風呂のある別棟です。
P1070301.jpg



天窓にオシャレな石造りの壁・・・古い日本建築の外観からは、想像もできないモダンな造りです!それにしても、ブルーのお湯とのコントラストが綺麗な浴室だこと。朝一の静かな浴室の貸し切りに思わず、嬉しくなっちゃいました♪
P1070250.jpg



衝撃を受けたのは、お湯のつるつる感です。酸性の硫黄泉・・・と言うと、何となくキシキシした感触を想像していたのですが、造成泉の恩恵でしょうか?以前に浸かった大涌谷の源泉と比べて随分お湯が滑らかに感じました。口に含むと、しっかりとした苦みと酸味があり「効く〜!」って感じ。
P1070281.jpg
※源泉名:大涌谷蒸気造成混合泉3号線と箱根登山鉄道株式会社5号、6号井蒸気造成泉の混合泉、泉質:酸性・ナトリウムーカルシウム・塩化物・硫酸塩泉、泉温:56.3℃、pH:2.3


硫黄臭がしっかりと香り、湯面には白い湯の花がたくさん浮いていました。大涌谷からの引き湯らしいガツン系の硫黄泉は、湯切れ状態のわたしを幸せにしてくれます。
P1070271.jpg


かけ流し量もそこそこあり、常に湯船は新鮮なお湯でうまってます(^^)/美しい色と言い、浴感と言い、浴室の佇まいと言い・・・箱根のなかでも、かなりお気に入りの湯となりました。
P1070292.jpg


箱根探訪、もうちょっと続きます★

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

「強羅温泉 国民宿舎 太陽山荘」