2016.11.13

秋田_硫黄取り沢の湯(撮影篇)


またまた、2年ぶりに来てしまいました!


硫黄取り沢の湯


今年の野湯シーズン、ぎりぎりのタイミングでしたが、
急遽、秋田入りをし、11月初旬の晴天の日に決行。

今回は撮影が目的だったので、温泉写真家の大黒敬太さんとモデルのたかはしちあきちゃんと一緒でした^^
アプローチは、前回アップしているので割愛しますね。
硫黄取り沢の湯

硫黄取り沢は、深さもありゆったり浸かれて、温度(40℃)も適温なので来るたびに昇天してしまいます。かなり強い酸性で、口に含むとグレープフルーツみたいに酸っぱい。
P1010832.jpg

まずは、一番、お気に入りの湯滝で写真を撮っていただきました。ワイルドな湯気とガレ場。そして、美しいお湯の色・・・改めて見て、臨場感が違うなぁと実感。これだけワイルドに温泉が撮れたら楽しいだろうなぁ。ほんとに凄いです。
硫黄取り沢_cut


ちあきちゃんと二人で撮ってもらいました。
2しょっと


その後、30分の山登りを経て鬼ケ城火口湖へ。山の中腹から湯ノ沢を見下ろすと、自分が浸かっていたとは思えないぐらい小さく見えます。
P1010824.jpg


エメラルドグリーンに輝く、溶岩ドームです。
鬼ケ城3

相変わらず、ガスが濃い~
対岸の岩肌からは、危なそうな硫化水素の水蒸気がぶんぶん噴き出しています。ちなみに、温度は水みたいに低かったです。ここへ浸かるなら夏に来なきゃ無理だな('◇')ゞ
鬼ケ城火口湖


私が好きな硫黄取り沢で、撮影していただいて本当に幸せな一日でした。
ありがとうございました!
詳細は、改めて、ご報告します♪

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
スポンサーサイト
2016.11.08

秋田_一本松温泉たつこの湯(野湯)



今月は急きょ秋田に用事でいってきたりと、多忙な月でした('◇')ゞ
(コメントのご返信が遅くなってすみません。1つ1つご返信させていただきますね。)

秋田からは昨日帰ったのですが、ちょうど乳頭に泊まっていたので・・・

「そうだ、あそこへ行こう!」

と、いつもながらの思い付きで近くの野湯へ。


【朝8:30 黒湯駐車場スタート】
この日の秋田は気温0℃と極寒で、登山道の脇にある草には霜がおりていたり、
パラパラと雪が降ったり、野湯に行くにはぎりぎりなタイミングでした。
でも、その寒い気温のおかげで、ある恩恵があったんです(何かは後で^^)
P1010501.jpg

乳頭温泉の源泉地の脇にある登山道を歩きます。山肌の所々からもうもうと煙があがり荒々しい景色です。このあたりは川沿いに温泉が湧いていたりするんですよ。
P1010504.jpg

見てください、この霜・・・寒さが伝わりますか^^;
歩いているうちに、手袋をしていても指先の感覚がなくなってしまいます。
霜

川を2回横切り、約30分(距離1.45km/高低差131m)歩くと・・・
ありました目的の温泉です。


【朝9:00 一本松温泉到着】
乳白色ブルーに輝く「一本松温泉 たつこの湯」
たつこの湯と言うと、もう少し小ぶりなサイズの湯船を想像する方が多いと思うのですが、いつの間にか大きく立派になっていました。おそらく4-5人は余裕で入れるのではないでしょか?とにかく、野湯にしてはかなり快適なサイズです。
P1010528.jpg

早速、温度を測ってみると・・・「あ、あれ。まさかの適温♡」
夏場にくると、川の水を引いて混ぜないと熱くてとてもじゃないけど入れない熱々の源泉が、この日の低い気温で40℃まで下がっていたのです。ラッキー♡思わぬ恩恵を受けました。
P1010541.jpg


湯船の底は粘土状の泥が沈殿しており、足を入れると埋まっていく感じです。そして、泥の間からはぷくぷくと源泉が湧いて気泡が出てきます。源泉が湧いている部分はかなり高温で、足が火傷しそうになります。野湯に行くと往々にして環境設備工事(温度調整、深さ調整など)が必要だったりするのですが、何も手を加えないで快適に入れるのは幸せですね。
たつこ入る3

快適につき、1時間まったりコース決定ヾ(・∀・)ノ
たつこ入る2R


ほら、私が入ると徐々にお湯がグレー色に変わりました。いわゆる泥湯ですね☆彡これはこれで、お湯に丸みが出て肌に心地いいです。
グレーに


泥を体に塗って遊ぶのも、また楽し♪
どろ


お湯は他の乳頭温泉の宿とは異なり塩味や苦みはなく、ほんのり硫黄の香りがする優しい硫黄泉に感じました。1時間ぐらい浸かっていても湯あたりもしませんでした。
P1010630_2016110814331618a.jpg


私が入っている湯船のすぐ上には、もっと小さな湯溜まりがあり35℃ぐらいの温いお湯が底から湧いていました。ただ、この気温で浸かると凍えそうなので、観察だけで華麗にスルー。
P1010647.jpg

湯溜まりは、かなり浅いです。落ち葉がいっぱい。
P1010558.jpg


予想もしていなかった一本松温泉の適温入浴。
行きと帰りは寒さで辛いですが、その分、温泉のあったかさが身に染みます。
野湯は行く時期によって感じ方が違うなぁ~としみじみ思いました。

久しぶりにパワーチャージしたゾ (*≧∪≦)

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
2016.10.14

北海道_虎杖浜温泉 富士の湯温泉ホテル


レトロでちょっと怪しい雰囲気の温泉旅館が立ち並ぶ虎杖浜温泉。
登別温泉から遠くないけれど、観光地的な雰囲気を感じさせない温泉地です。

中華料理「北京飯店」さんの地下の温泉に下る薄暗い浴室、
「ホテルほくよう」さんの時が止まったかのような浴室の雰囲気も印象に残っています。
どちらもお湯は最高でした。

北京飯店P1290208.jpg
※左写真:北京飯店さん、右写真:ホテルほくようさん(2013年訪問)


こちらの温泉もそんなレトロな雰囲気漂うお宿のひとつ。
そんな雰囲気に惹かれて寄ってみることにしました。

「富士の湯温泉ホテル」
P1350963_20161014105958966.jpg
※レトロな外観。

このドアのフォントも昭和の香りぷんぷんで、好感度大でした。こういうドアや廊下を見ると何かぐっときて写真を撮りたくなります。
P1350960.jpg


富士の湯ホテルさんで良かったのは、この大きな広い露天風呂です。浴槽は全部で3つあり、モール泉が入っているのが2つ、49℃の熱めの単純泉が埋められているのが1つ。手前の小さな浴槽では非加熱で何も加えていないモール泉が源泉かけ流しで味わえます。
P1350942_20161014105957dcb.jpg
泉質:単純温泉、泉温:49.3℃、湧出量:350ℓ/分(自噴)、pH:8.4、成分総計:713mg/kg ※昭和44年の分析書なのでご参考まで。


このウーロン茶のような濃い色あいのモール泉、色も美しく見ごたえがありますが、手ですくってみるとかなりヌルヌルとした肌ざわりで独特の腐敗臭(モール臭)とともに薬品のような香りもし、良い浴感です。
P1350940.jpg

私が浸かっている浴槽は、冷泉のモール泉と熱い単純泉をブレンドしてあるようで適温でした。それにしても、虎杖浜のこの日の空は綺麗だったな~
富士の湯

湯は浴槽の淵からドバドバと溢れ、鮮度も絶好調です(^^♪
P1350931.jpg

内湯です。
49℃の単純泉が豊富にかけ流されています。無色透明で無臭、とっても優しいお湯なのでモール泉ほどの浴感はないですが、塩ビ管からは暴力的にお湯があふれています。いや、いや感謝です。
P1350945.jpg

P1350949.jpg


*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

2016.10.13

福島_高湯温泉 静心山荘


『す、すみません。
坂の途中でハンドルを取られて動けなくなってしまいました(T_T)。』



急なアイスバーンの坂道で車が180度回転して立ち往生。
スタッドレスを付けていたので自信満々で運転していたのですが、こういうことがあるんですね。

慌ててお宿まで駆け寄って、ご主人に助けていただいた色んな意味で、絶対に忘れられないお宿。

高湯温泉 静心山荘さん。
P1040148.jpg

坂を上った先にあるのは、山小屋風の建物。こんな雪深い日にも関わらず、中へ入ると常連の湯治客さん達が中で食事を楽しまれていました。「お騒がせしましたと、お詫びしつつ中へ。
P1040089.jpg

食堂は石油ストーブで暖められていて、変な汗をかきつつも冷え切った身体に心地いい。中に入った瞬間、救われたような気持ちになりました。
P1040143.jpg

長く続くとたんの階段の先には・・・
P1040140.jpg

総木造の湯治場らしい湯船しかも、静心山荘さんの源泉(独自源泉)は、高湯温泉にある他のお宿さんよりも、ぬるめで何とも言えない心地よさでした。また、細かい無数の湯の華が舞う乳白色の湯も大変気持ちがいいです。
P1040092.jpg
源泉名:湯花沢1番 静心山荘、泉質:酸性ー含硫黄ーカルシウム・アルミニウム・硫酸塩泉、泉温:43.8℃、pH:2.7、成分総計:1723mg/kg(Al3+ 29.0mg、SO42- 554mg、H2S 85.9mg★特記)

白い湯の華♪ほわっと
P1040117.jpg

天井は高く、湯抜きもあり、湯小屋ならではの味、風情が感じられる造りです。
P1040105_201610071307207dd.jpg

P1040132.jpg
※男性用の内湯。女性風呂と対称になっています。

窓から外を見ると、大きなツララがぶらさがり目の前の山は一面真っ白。
P1040121.jpg


中~大規模のいわゆる純和風旅館が立ち並ぶ高湯温泉街で
まるで、山の中で篭って湯治しているような気分にさせてくれる
趣のあるお宿さんでした。 

次は高原荘さんに行ってみたいな。

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

Posted at 13:12 | 福島の温泉 | COM(7) | TB(0) |
2016.10.10

大分_別府温泉(別府温泉まつり篇)



年に1回の別府温泉まつり。

この日だけは、一般の共同浴場に加え、地元の組合専用の温泉も開放してくださります。
わたしも2014年、2015年と2年連続で訪れました。
なかでも、特にお湯が良かったり、風情があったり・・・心に残った温泉をいくつかアップしますね

◆堀田温泉:長命泉
瓦屋根に湯抜き・・・昔ながらの湯小屋らしい素敵な外観。こちらも組合泉です。お湯の質も含めて、すごく記憶に残った一湯でした。
P1410047.jpg

このあたり、噴気造成泉で浴舎の前にも煙がモウモウとあがっていました浴舎の前にある噴気を利用した窯で地元の方がタケノコを蒸しておられましたよ。こういう光景に出会えるのも九州ならでは。
P1410048.jpgP1410050.jpg

黒っぽい析出物が付着した浴槽と薄っすら緑色がかり白濁したお湯は硫黄泉でしょうか。しっかりとした硫化水素臭や微弱の金気臭もします。ここはお湯も浴室も魅力的で心に残っています。
長寿泉


◆亀川温泉:内竈温泉
長閑な集落にあり僅か20軒ほどで管理されている組合泉です。2015年度はこちらに入りたくて別府温泉まつりを訪れました。お湯良かったのと地元の方がとても親切でお優しくお話ししながら入りました。
P1440415.jpg

P1440450_2016101021180851e.jpg

透き通った湯に、重曹のようなつるつる感・・・純粋に気持ちいいお湯でした。掘削深度は200mぐらい、泉温は76℃ぐらいあるそうですが、浴槽の中では41℃~42℃と適温になっていました。
内竈


◆アパート専用の温泉(番外編)
こちらは開放の温泉施設ではなくアパートの住人の方専用の温泉ですが、知り合いの方のご紹介で入れていただきました。コンクリートの掘っ立て小屋のような外観で、浴舎のすぐ横にある櫓(やぐら)付近からはもうもうと噴気が上がっており、外壁やパイプまで温泉の析出物で覆われていました。この湯小屋はかなり素敵で素通りできませんでした
P1410161.jpg

コンクリート造りの浴室は脱衣所一体型となっています。無臭で口に含むと塩味が強く熱めの湯は自家源泉だそう。有難い貰い湯をさせていただきました。ありがとうございます。
P1410166_201610101334272b2.jpg


*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

Posted at 21:20 | 大分の温泉 | COM(3) | TB(0) |