FC2ブログ
2019.06.02

宮城_オレンジ色の湯ツボ



見てください、この気泡!


大地から絶え間なくぷくぷくと・・・・(´ω`人)
P1060228_201906021609401ae.jpg


実は、この川一体に温泉が湧いているんです。酸化すると見事なオレンジ色になり、川自体も鮮やかに彩られていました。
P1060233.jpg


で、早速「湯壺」の掘削&大掃除です。驚いたのはその見事な湧出量!シャベルで掬って泥やお湯をかき出しても、そ次から次へとポコポコとお湯が湧いてきて、ものの数分でオーバーフローする程溜まっちゃう。これには感動でした。
P1060113.jpg


この季節心地よく感じる温度にもご注目♪
P1060101.jpg


で、早速INN---ヽ(≧∀≦)ノ
ちょうど160cmの私が腰を掛けると胸の上まで湯面がくる深さです。お湯は微かに炭酸味があり強い金気臭を発しています。蛙さんなど自然の生き物たちも入浴してて、一瞬戸惑いましたが・・・まぁそんなワイルド感もよし。
D6819248-248D-4E46-AF41-71AF50A1C221.jpg


この日、日帰りで来たのだけど、掘ったり、浸かったりで時間が刻々と経ち、気づいたら帰りの電車に間に合わなくなってしまってました。それほど夢中にさせてくれる、やっぱり野湯はいいですね。特に自分で掘る温泉は達成感も味わえるから大好物です♪
P1060209-3.jpg


一緒に環境整備をしてくださった、諸先生方!
ありがとうございました。

わたしのGW終盤。
めっちゃ、楽しかったです

いつかドンキで買った浮き輪も活躍させますぞ。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「宮城 オレンジ色の湯ツボ」
野湯なので住所割愛します!
スポンサーサイト
2019.06.02

長野_湯俣温泉(噴湯丘へ!)




湯俣温泉に来たら是非見ておきたいもの。


・・・それは国の天然記念物でもある「噴湯丘」ではないでしょうか?
ただし、噴湯丘に到達するためには1つのハードルが。

それは、雪解け水があふれ流れの激しくなった湯俣川を渡渉しなくてはならないということ。

実は当日まで知る由もなく「湯俣川の上流の別の野湯に行こう」と偶然持ち備えていた
「沢靴と沢スパッツ」をここで使うことになるのでした。


「ええ、こんな激流を渡らなきゃならないの!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ?」

急流の対岸にドデーンと鎮座する天然記念物の姿(写真の湯煙【動画】勢いのある源泉が出ている辺りね)は、私にとって近くて遠いものに映るのでした。
P1060407.jpg


一瞬、「この流れの速さじゃ溺れちゃうよー」って思ったのですが、「いや、待て。噴湯丘に行かずして帰れない!」と、自分を奮い立たせて、渡渉に挑戦してみたのでした→【動画】渡渉@湯俣川
IMGP4717.jpg


水面が腰の上までくる深さのところが幾つもあり、しかも、水圧が強いのでまるで誰かにタックルされているみたいに立っているのがやっとの状態でした。足が水圧に勝てても、手が流されそうになったり。
IMGP4580 - コピー


漸く対岸への渡渉成功!
憧れのデッカイ「スライム」・・・・じゃなかった(笑)、噴湯丘とご対面です\(^o^)/
IMGP4608_20190526134551605.jpg

P1060442-2.jpg

P1060439.jpg


噴湯丘の周りは、対岸から眺める様子と全く印象が違いました。一言で言うと、まるで「あの世」!大きな噴湯丘から流れ出る70℃ぐらいのお湯が砂漠のような広大な大地に大きなお湯の行けを形成しているんです。辺りは湯気が静かに漂っていて、この世のものだと思えないような光景でした。動画で見てみてね。→【動画】湯俣温泉噴湯丘
P1060475_20190601161643dc5.jpg


川沿いには、間欠泉ではなく常時激しい勢いでお湯が噴き出す源泉もありました。もちろん、浴びることなんてできませ~ん。熱々ですから。でも今まで見たことのない生き物のような物体、一見の価値はあります。→【動画】源泉から湯が噴き出す
P1060480.jpg


大きな天然記念物の下で入浴ショットぱちり!
ちょうど、ここだけ温泉と沢水との出会いになっていて適温でした。湯俣のお湯は嗅覚で感じていたより、さらっとしていてほぼ無味に近いものでした。身体を埋めるとふわっと沈殿物が舞ってブラック温泉に♪
P1060498-4.jpg


噴湯丘、無事に行けてよかったー。
このでっかいスライムさんに会えたことは、今回の旅の一番の達成でした。

河原の温泉も含めて、「浸かって気持ちがいい~」っていうより、
「地球ってすごい!」「♨ってすごい!」
っていう、自然のダイナミックさを目の当たりにした旅でした。

「(渡渉するなら)次くるときは9月や10月の渇水期にしよう。」
って反省も含め、大変唯意義な時間でした。

でもね。

私が本当に本当に見たいのは、湯俣川の上流5km先に流れる
硫黄沢との出合いにある温泉!温泉の白い滝!!

まだ見ぬ大自然のお湯たちに会いたいという欲求は高まるばかりです。
時間がふんだんにあればなぁ~


「湯俣温泉 噴湯丘」
所在地:長野県大町市平高瀬入国有林
※晴嵐荘さんという一軒宿が最寄りのお宿さんです。
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



2019.05.26

長野_湯俣温泉(河原の湯)


そうだ!湯俣に行こう!」


半年前から目指す予定で準備を行ってきた残雪の「白馬鑓温泉」を諦め、
同じく長野県にある「湯俣温泉」に行先を変更したのは出発の3-4日前のこと。

4月に降った雪のせいで残雪の状態が不安定になり、
表層雪崩の危険もあるというので雪山装備に慣れない
私は悩んだ末、どうしても諦めなければならなかったのです。。

(ちなみに、雪山装備購入だけで二桁は行きましたから本心は決行したかった ( ;∀;))

で、兼ねてからの課題でもあった湯俣に気持ちを100%置き換えたのでした。
まぁ、よく考えたら「5月の湯俣」だって雪解け水で増水ぎみだし、
グッドコンディションな季節とは言えないのだけど。



【5月11日 AM 11:45】
ちょっと遅めのスタートで七倉山荘をタクシーで出発!七倉山荘から高瀬ダムまでは一般車は入ることができないんです。だからピストン走行のタクシーさんを利用(*‘∀‘)
P1060251.jpg


【5月11日 PM 12:00】
高瀬ダムからはずっと歩き。まずは3つのトンネルの中をくぐっていきます。
P1060256-2.jpg


ちなみに・・・トンネルの中にも温泉が湧いているところが💛温度は30℃前後。
「うひょひょー♪誰かビニールプールはもってない!?」
P1060260_201905260812550b7.jpg


暗くて・寒くて・長ーい、トンネルは退屈でしたが、トンネルを出ると眩しいほどのエメラルドグリーン色に染まったダム湖!!遠くには雪をかぶった北アルプスの尾根が見え、日本じゃないような壮大な光景に心が弾みます。
P1060265_2019052518475869f.jpg


今日はテント泊なので、60mℓのリュックを担いでます。。(いや~、重い!山屋さんに怒られるかもしれないけど、歩き始めから重さでやられそうに。。)
P1060276_20190526080730dea.jpg


途中、季節外れの桜が咲いていました。なんか、この時期に桜って、得した気分。。。
P1060646-2.jpg


【5月11日 PM 15:30】
写真撮ったり、お弁当食べたり・・・なんやかんやスローペースで湯俣温泉に到着。川を渡った最奥に、一軒宿の「晴嵐荘」さんが見えてきました。ただし、晴嵐荘さんは昨年の豪雨で被害を受け、現在は休業中。私がテント泊する理由はこれでした。

P1060404_20190526130514c06.jpg

ちなみに、手前は豪雨で崩壊した吊り橋。これが直らないと晴嵐荘さんへは渡渉しなきゃなんないようです。
P1060305.jpg


「さあ、日が暮れる前に温泉ダー!!!」
晴嵐荘から15分ぐらい川沿いを上流へ歩くと、河原に自然に湧き出た温泉が幾つもあり、モウモウと湯けむりをあげていました。これぞ、パラダイス!!!辺り一帯は硫黄臭が漂い、やっとこさ温泉に来た気分を味わえた嬉しさでテンションMAXなのでした。。
P1060349_20190526083835c43.jpg


激熱で浸かれなかったけれど、少し緑色っぽい色をした湯だまりもありました。(これ、環境整備して川から水を投入したら気持ちいいだろうなぁ・・・。じゅるじゅる。)
P1060316.jpg


念願の湯俣温泉河原の湯に浸かったよー(´ω`人) 1つ前の写真にあった緑色の湯だまりから少し下流に向かうと、超A級の絶景温泉がありました。遠くに見える白い雪帽子をかぶった尾根!この時期ならではの新緑!!こんなご褒美はなかなかないでしょ!?
P1060578_201905260835456a0.jpg
※実測40℃、微硫黄臭、無色透明(時間が経つと薄緑色に変色)、無味


黒っぽいお湯が自噴する湯だまりも。
P1060324.jpg


この一帯は高温の源泉が川底から自噴していて、川の水と混ぜて浸かるのですが、足やお尻が「熱!」、「冷た!」、「熱!」・・・・の状態になっちゃうんでサンダルを履いて入湯 でも、いいねぇ~、絶景は♥♥♥
P1060326-3_20190526082945ac9.jpg
※実測42℃(ところどころ高温)、強硫黄臭、黒っぽい湯の花、無味


ブラック温泉(仮称)に入湯ーー♨ 動画も観てね→【動画】湯俣温泉_河原の湯
44F55D2E-A22D-463E-8276-54CDCB93814E.jpeg


思う存分温泉を満喫した後は、晴嵐荘付近に設置したテントに戻って夕食♪すいとんとチーズフォンデューをいただいきました♪5月と言えど、標高1400m程のこの地の夜は気温10℃を下回る寒さ!そんな時、このあったかメニューがたまらなかったです。
P1060389.jpg

P1060393.jpgP1060396_20190526091428a96.jpg


さぁ、翌日は噴湯丘を目指しますぞ(o‘∀‘o)*:◦♪
後編へつづきまーす。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「湯俣温泉」
所在地:長野県大町市平高瀬入国有林
※晴嵐荘さんという一軒宿が最寄りのお宿さんです。
2019.04.14

鹿児島_霧島温泉 旅行人山荘(再訪)





「森の中で、人間と自然が共存しているホテル」

宿泊をさせていただいて、
こんな言葉が一番に浮かびました。

ここでの主役は鹿たち、小鳥たち、木々や花。
「主役が人間」じゃない、そんな非日常が魅力なんです。


「旅行人山荘」さん


わたし、このお宿さんが好きでね。家族を連れての再訪です(^^)/
色々迷ったんだけど、霧島の自然の素晴らしさを感じてもらうには、やっぱり、ここしかないかなぁと。
P1050794_20190413220428124.jpg


P1050769_201904141208125f5.jpg

P1050771_20190414120813f51.jpg
※広大な敷地の中に3つある貸し切り露天風呂へは、専用の散歩道を通っていきます。自然を愛でながら。



【赤松の湯】
旅行人山荘さんで過ごす時間は、まるで「おとぎの国」。森の中にたどり着くまでの小道を歩くと、野生の鹿2匹が迎えてくれました。3年前に泊まった時は、野生の鹿に会えることをリピーターさんから聞いたのだけど結局会えず・・・(涙)だから、すごく感激しちゃいました。
P1050749_20190413225943099.jpg
※写真の向かって右と左端に野生の鹿さん、見えますか?



ちなみに!!!

鹿は入浴禁止ですぞ^^
P1050774.jpg


原生林に囲まれながら、ひとり、静かに、小鳥のさえずり、それと、お湯が流れる音を聴く・・・・「ふぁ~至福
P1050763-2.jpg


動画も撮ってみたよ。
至福の時間を一緒にどうぞ♪
↓↓↓↓↓
【動画】赤松の湯


朝の肌寒い気温に熱めの湯、身体が一気にシャキッと温まります。で、心地のいい硫黄のアロマ・・・・もう1分、1分が愛おしくて、45分の貸し切り時間があっという間に過ぎてしまうのが現実です。心の叫びは(もっと時間長くして~)でした。
P1050816-2.jpg



【錦江の湯(上)/大隅の湯(下)】※男女別浴場】
次にお気に入りなのが、男女別の浴場です。今回わたしが感動でしたのは湯舟から見上げる「満点の星空」!標高が高い分、星がとっても近く、美しく見えるんです。その輝き方も数も都会で見るのとは格段に違います。
P1050857-2.jpg
※源泉名:丸尾温泉12・13・14・15号 混合泉、泉質:単純硫黄泉、泉温:62.4℃、pH5.5、成分総計:259.8mg/kg、微硫化水素臭、酸味なし


毎回思います(あぁ星空って、どうして上手く撮れないんだろう。。。)ってね( ;∀;)
P1050843.jpg



【客室露天風呂】
そして、再訪で一番たのしみにしていたのがお部屋の露天風呂です(^^♪この露天風呂、大変人気でなかなか予約がとれなかったんだけど、奇跡的にキャンセルが出て泊まれることになりました。24時間かけ流しっぱなし!新鮮なお湯を思う存分堪能。
P1050828-2_20190413195710a5b.jpg


夕方、露天風呂に浸かっていたら、鹿の群れが餌を食べにデッキの真下にやってきたんです。思わず、カメラ取り出してパパラッチですよ!
P1050831.jpg

動画を撮ってみたよ^^↓
【動画】お部屋の露天風呂から野生のシカを眺める♪



やっぱり、自然が好きで、自然にパワーをもらいながら、
不調の時を乗り越えてきた私は、こういうお宿さんが好きだなぁと。
特に旅行人山荘さんは、自然と共存している感じがすごくいい。

再訪して、より、このお宿さんの魅力を

もっと、もっと、もっと体感した気分です★

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



「霧島温泉 旅行人山荘」
住所:鹿児島県霧島市牧園町高千穂字龍石3865
TEL:0995-78-2831

2019.04.12

熊本_人吉温泉 翠嵐楼



同じ温泉地で2度、3度と泊まることって、よくありますが、その際、感じるのが「同じ温泉地でも泊まるお宿さんが違えば(その温泉地に対しての)印象が大きく変わる」ということです。

今回、約8年ぶりに再訪した人吉温泉もそうでした。

お世話になった「翠嵐楼」さんが私に与えてくれた人吉の印象は、お湯が素晴らしいことは言うまでもありませんが、「球磨川が物凄く美しく、気持ちを和ませてくれる人吉には無くてはならない存在」ということ。

それはきっと、「すぐ横が球磨川で、館内のどの窓から外を覗いても川を臨むことができる」という絶好のロケーションからきているのかもしれません。
P1050274.jpg


お部屋やロビーは近年リノベーションされていて、清潔感があり、大きな窓から景色を楽しむことができます(^^♪特に素晴らしかったのがロビーデッキからの球磨川の景色!ゆっくりと流れる時間を愛でることができます。
P1050271.jpg


この写真はお部屋から。ちょうど桜の花も咲いていて、河川敷で犬の散歩をする人たちやお弁当を頬張る家族の姿も見られます。まったり、ゆったり。川のせせらぎを聴きながら。
P1050337.jpg



【第一号源泉 御影の湯】
私がなぜこちらのお宿さんにお世話になろうと思ったかというと・・・究極の理由は温泉(#^.^#)ほぼ一目惚れでした♥
P1050288.jpg
※分析書の掲示なし。


3つの自家源泉のうち、半地下にある「御影の湯」は、明治43年湧出で“人吉で一番の歴史を誇る湯”と言われているんです。当時のまま受け継がれた御影石の湯舟と高い天井は、古さと重厚感に溢れ写真で見た時から忘れられませんでした。
P1050282-2.jpg


お湯は、いわゆる「人吉温泉らしい」鉱物臭漂う特徴ではなく、殆ど香りのない無色透明の優しい湯。肌ざわりはすべすべとし、上質さが伝わります。何より、この小ぶりな湯舟に相当な湧出量でお湯が溢れているので、鮮度がいいのです。
P1050297.jpg


この広い浴室(2階建てぐらいの天井の高さ)にポツンとある湯舟に浸かるのが、また贅沢な気分です♪
P1050292-2.jpg



【第三号源泉 翠山展望露天】
正直、御影の湯がツボに入り過ぎて、他の温泉にゆっくりと浸かることが出来なかったのですが、3Fにあるこちらの露天風呂からも・・・・
P1050316.jpg
※ナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉、47.3℃、pH8.5、143ℓ/分、成分総計:1078mg/kg


ほら、球磨川の絶景が本当に飽きないの。この景色!ずっと眺めていたい。
P1050318.jpg


【第二号源泉 貸し切り露天 みどりの湯】
朝はこちらの露天風呂💛木漏れ日と小鳥の声を楽しむことだできます。わたしは「うぐいす」の声に耳を傾けながら浸かりました。
P1050351.jpg


こちらだけ、唯一、モールっぽい色や香りを楽しめます。お湯は無論新鮮。「(午前中乗る予定だった)電車に乗り遅れてもいいや」って思うぐらい心地の良い時間でした。
P1050308.jpg
※分析書の掲示なし


今回はB&Bで宿泊しましたが、朝食も美味しかったぁ。
P1050349.jpg


「また1つ、人吉で好きなお湯処、見つけた♪」って気分です。

以前訪れた時は、新温泉や堤温泉など古めかしい共同浴場を中心に巡り、随分と魅了されました。

それ以来、「人吉で浴室の風情お湯の質どちらも追及したいなら共同浴場」という思い込みがありましたが、

「御影の湯」と出会って、その印象が覆ったという感じです


そして、部屋の窓を開けた時、球磨川から吹く爽やかな風とせせらぎが心地よかったこと。

きっとこれからも忘れないんだと思います。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「人吉温泉 翠嵐楼」
住所:熊本県人吉市温泉町2461-1
TEL:0966-23-2361
Posted at 08:35 | 熊本の温泉 | COM(0) | TB(0) |