FC2ブログ
2019.10.06

北海道_千走川温泉 千走川温泉旅館


「クマ?この辺りはいないよ。大丈夫、俺だってみたことないから。」


と、大らかな人柄がにじみ出るような口調で話すご主人。
金花湯に行く前日の夜、このご主人の力強いお言葉にどれだけ勇気づけられたでしょうか?

クマが島牧村に多いのか少ないのか・・・?その真相は分かりませんが、かなりビビッていた私にとっては「おまじない」のような効果がありましたし、結果的に合わなかったので感謝感謝です(笑)

ご主人が営む宿が、
「ちはせ川温泉旅館」さん。

おっとり、優しいお父さんが一人で営む山奥の一軒宿。
今回1泊お世話になりました。
P1080037-3.jpg


あ、大事な従業員を紹介し忘れてた!「はやてくん♡」お父さんに似て優しい性格の柴犬くん。
P1080047.jpg


実は私、ちはせ川温泉の訪問は2回目なんですけど、前回は日帰り、しかも夕方暗くなってから訪れたので、お湯以外は印象が薄かったのが正直なところでした。しかし、今回訪れて感じたのは、ちはせ川温泉旅館さんは絶対泊まらなきゃダメだ♡ということ。

ご主人の「愛」の詰まったおもてなしとスマホも絶えず圏外の秘境感・・・どちらも備えている宿だから、私的にはドンピシャだったわけです(*≧∪≦)


2014年訪問時】
5年前の9月!見てくださいこの暗さ。湯舟、わたしのGF7ちゃんでも撮れなかった(涙)
P1490404-2.jpg
※ちはせ川温泉の露天風呂だよ


【今回訪問時】
で、今回は快晴~ヾ(*´∀`*)ノこの露天風呂、本当の原生林の中にちょこんとあるから、昼も夜も静かなんです。湯舟から森をぼ~っと眺めていると、鹿とか猿とか飛び出してきそうな感じ。本気でリラックスしたい方にはもってこい💛
P1070682-2.jpg



それと、なんと言っても、この炭酸カルシウムの析出物!!!鱗模様が湯舟や床を覆っています。お湯を下から投入しているので、鮮度も抜群に良いのです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
P1070674.jpg



温泉カメラマン大黒敬太さんにパシャリと撮っていただきましたm(__)m ありがたや。
36F908FB-6DFD-4942-A9D4-77095A772C16-5.jpg
※泉質:カルシウムー炭酸水素・塩化物泉、泉温:39.2℃、pH:6.6、成分総計:5416mg/kg(特記:1kgあたり CO2:794.6mg、Ca2+:170mg、HCO32-:2161mg)塩味、微炭酸味、キシキシ感。



この露天風呂で夕食後、2時間ぐらい話しながら浸かったんだぁ。「9月なのに、外は寒いね(;^_^A」とか言いながら・・・。お湯に浸かって温まったら、満点の星空と森を眺めながら少しクールダウン。極上の癒し時間だったなぁ。
P1070686.jpg



こちらが内湯です。この内湯が凄かったのが、朝一に氷砂糖のようなシャリシャリのカルシウムの膜が湯面を覆っていたこと!膜を割って遊んでみました。
P1070688.jpg


夕飯は前述したように、北海道らしい海鮮たっぷりのボリューム満点料理!これだけ食べれて7千円台ってすごすぎる・・・(;^_^)この夜は翌日行く金花湯の話で盛り上がり(まぁ、殆ど雑談ですが)ちょっと興奮ぎみ♪
P1070656.jpgP1070648.jpgP1070651.jpgP1070659-2.jpg
※毎朝地元の漁師さんに買い付けにいく新鮮な魚介類。



「温泉宿はね、経営しようと思うからいけないんです。都会はそれでいいんだけど、僕らみたいな田舎の温泉宿は農家の傍らが基本。せっかく来てくださったんだから、泊まってお風呂に入ってって貰おうって精神だけでやってますよ。」

山奥で一人、温泉旅館を20年もの長い間経営されてきた事に単純に凄いなぁと感じたわたし。ご主人に、その秘訣を尋ねたところ意外な返答が返ってきました。

それで納得。

クマの話や豪勢な夕食。
翌朝お弁当としてにぎってくれたおにぎり🍙
金花湯から戻ってきた時、入れてくださった温かいお風呂

(ぜ~~んぶご主人なりのオモテナシだったんだなぁ)と。
泊まってみないとわからない魅力って、ホントあるもんです。


*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



「千走川温泉旅館(ちはせがわおんせんりょかん)」
住所:北海道島牧郡島牧村字江ノ島
電話番号:0136-74-5409
スポンサーサイト



2019.10.04

北海道_小金井沢温泉 大判小判の湯



姉さん、事件です
金花湯から帰ってきて、浮かれながら記事をアップしていた矢先、


なななななんと!


スマホを紛失してしまいましたぁ(涙)
先週の土曜日から約1週間、スマホの捜索と新規購入しかやっていません。

おかげで、金花湯のログ(GPSアプリで記録した時間や行程)
すべて、飛びましたぁ(涙)

まぁ、その分、いいことが待ってるなんてポジティブに考えます😿
気を取り直して小金井沢温泉「大判小判の湯」をご紹介します。

「大判小判」と呼んでいるのは、大きな丸い湯舟(源泉が湧出している)が大判、そして、小さな丸い湯舟(大きな湯舟から温泉が流れ落ちた先)が小判のことです。大判が小判よりも少しだけ高い位置にあり、落差で源泉が流れ落ちるシステムになっています。写真は「小判の湯」。ここで溜まった湯は更に下の河原へと掛け捨てされる訳です。
P1070936.jpg
※写真:小判の湯(実測42℃、薄い乳白色ブルー、硫黄臭)



サイズは小さいけどね、森の緑、川のせせらぎ、そして、硫黄臭漂う乳白色ブルーのお湯・・・こちらもメインの金花湯の湯に負けないぐらいの一級野湯です。浸かると忽ち湯の華が待って乳白色が濃くなるのも素敵。
P1070938-2.jpg



温度が低くてなかなか長時間浸かる事ができない野湯が多い中、どの湯舟も一番気持ちいい40℃強の温度で保たれているんだから、小金井沢流域の野湯は超絶スバラシイ!(ここを知らないのは、お酒の楽しみを知らないまま生きているよりも、ウンと損!)そんな気持ちになりましたのよ。
小判の湯



こちらは「大判の湯」。湯舟の奥にある岩壁から源泉が湧いています。43℃と熱めで気持ちいいのですが、足元は湯ノ花や浮遊物で「底なし沼」となってます(;^_^A 「蛇が居たらどうしよぅぅぅ💦」正直ちょっと、怯えながら入浴♨
P1070988.jpg
※写真:大判の湯(実測43℃、薄い乳白色ブルー、硫黄臭)


結局、朝早く出発し、泊まっていた「ちはせ川温泉」さんに戻ったのは夕方でした。(夕焼け、綺麗だったなぁ~。)なんか、一気に緊張感がほぐれて身体が疲れたって感じで。残り1日北海道に滞在する予定だったんだけど、「もう帰ってもいいかな。」と思っちゃうぐらい、「やり終えた感」に浸っていた私でした(;'∀')
P1080050.jpg


「改めて、金花湯、行けて良かったぁ!」

色んな人のサポートがあって、今回も最高のお湯と出会うことができました。

事前の情報をくださったマチカネさん、
美味しいをおにぎり🍙を用意してくださった、ちはせ川温泉旅館のご主人、
一緒にワイルドな湯旅に出かけてくれた仲間の皆さん、

この場を借りて、ありがとうございました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

今年の訪問は、
湯俣温泉(5月)⇒白馬鑓温泉(6月)⇒中ノ沢源泉(8月)⇒金花湯(9月)と、素敵な野天風呂のオンパレードでした♪野湯のシーズンも残り少なくなってきた中、最高の締めをすることができて胸がいっぱいです。


さぁ、次、どこいこ?笑


*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



「小金井沢温泉 大判小判の湯」
住所:北海道島牧郡島牧村
2019.09.30

北海道_小金井沢温泉 鳳凰の湯



個人的に金花湯のメインの湯船よりも、裏方的存在だけど「秘密基地」みたいなプライベート感があって、ウットリ好きになってしまったのはココでした。


「鳳凰の湯」


金花湯の湯船のすぐ脇にある獣道から河原へと降り、下流へ徒歩2-3分渡渉した所にある野湯です。この露天風呂の情報を事前にネットで探していたのですが、実際、湯舟がどこにあるのか?河原へはどうやって降りるのか?など詳しい情報が載っていませんでした。

で、色々ヒアリングしてみたところ、やっとその場所が特定できたのでした。

河原への下り口は、有志の方によってロープまではられていたり、「渡渉」と言っても、ものの数分の距離で、しかも水量も多くないので登山靴でも大丈夫なので金花湯にいった際は、セットで是非いきたいところです。

P1070915.jpg
※小金井沢の河原から金花湯を見上げる絵。この位置の下流に「鳳凰の湯」があります。



下流に数分渡渉すると見えてくる、析出物に覆われた巨大な岩。
まるでトトロがで出来そうな森の中の不思議物体です^^
P1070930.jpg



この不思議物体をよじ登ると・・・・
素敵な湯舟になっていました+゚。*(*´∀`*)*。゚+しかも、41.9℃(実測)適温なのですよーー♪
P1070941.jpg
※鳳凰の湯は、金花湯のメインの湯船と違って透明でした。



硫黄臭が漂う新鮮なお湯に浸かり、目の前は滝つぼと眩しいほどの森の緑・・・(ああ、幸せ♡)初めて然別峡温泉の野湯(メノコの湯)に浸かった時に感銘を受けた、ありえない贅沢なシチュエーションでの湯浴みを思い出しました。これこそ、本州では絶対に味わえない、北海道ならではの秘湯の醍醐味なんだと思います。
P1070965-2_20190930131618eea.jpg



余談ですが、この温泉で、名前だけ存じ上げていた温泉ファンの方とお会いしました。22kmの林道を越え、しかも本州からの訪問で、しかも平日にお会いするなんてミラクルでかなり驚きましたΣ(・□・;)その方とお話ししながらまったりと入浴★★
P1070958-2.jpg



このブログを書いているのは訪問日から15日以上経った9/30ですが、
それでも、未だ、この温泉たちに出会った衝撃と興奮が冷めません。

それだけ、しあわせな時間だったんだなぁと改めて実感。
そして、また行きたい・・・(既にw)

次は、鳳凰の湯から見渡せる位置にある野湯「大判、小判の湯」をご紹介します。
もったいぶってごめんね。でも、一気に書くのはもったいないから(;´・ω・)


Thank you for the information マチカネさん♨



*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



「小金井沢温泉 鳳凰の湯」
住所:北海道島牧郡島牧村
2019.09.28

北海道_小金井沢温泉 金花湯



ヒグマにおびえながら歩いていく温泉、
川を渡渉してたどり着く温泉、

これまで、数々の北海道のワイルドな温泉を訪れ、
その1つ1つに、たどり着いた時の計り知れない感動を味わってきました。

中でも、この温泉はたどり着いた時の「達成感」が一番強烈だっと言えます。

「小金井沢温泉 金花湯」

これまでに何度となく(いつかは行きたいなぁ。。。)と思っていた、ある種憧れの存在でしたが片道22kmと林道がとてつもなく長いことと、熊が多いエリアという事でずっと後回しになっていました。

そんな中、最近、長年勤めた会社を退職した事もあり、やっと「温泉」とじっくりと向き合える時間ができ、「節目となるような温泉に行きたい!」とチャレンジしたのが、この「金花湯」でした。トカラの温泉へ行こうと思った時もそうでしたが、難易度とか工程を考えると「今しか行けない温泉」ってあるんですよね。


【金花湯 17th, September, 2019 】
P1070743_201909282225262c7.jpg

Thank god for the bright sunny weather !!
気持ちいい程の秋晴れ!「ありがと~太陽 (´;ω;`)★★」


人が10人ぐらいゆったりと入れそうな広い湯舟(深さもゆったり。)!そして、青空と白い雲の絵の具を混ぜ合わせたようなミルキーブルーの幻想的な色°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°これだけ、愛おしいと思った温泉はあるのかしら?
P1070847_20190928120550ed4.jpg
※味:塩味、強い苦み、硫化水素臭(塩味と苦みの効いた ゆで卵汁。)、※源泉温度:42.6℃(実測)



ミズアブの幼虫や枯葉は多少浮かんでいたものの、野湯とは思えないほど綺麗に保たれているところを見ると、この長い林道を越えやってくる愛好家も少なくないのだろうなぁと感じました。それにしても、この温泉、見惚れるぐらい美しい。
P1070875-3_20190928121102404.jpg


「あ~、し・あ・わ・せ~♪」 
P1070888.jpg


湯船目線で撮ってみたよ。湯舟から溢れる湯は、約10mの高さの崖をつたって、隣に流れる「小金井沢」へと流れ落ちます。
P1070898.jpg


崖には、カルシウムや二酸化炭素ガスなどの温泉成分によってできる石灰華(温泉の析出物)がコッテリと蓄積しており、その形を丸く変形させていました。まるで、トルコの世界遺産「パムッカレ」みたいです。
P1070819_2019092812463525e.jpg


温泉が流れ落ちる崖の下は、こんな感じ。(すごいなぁ~。)こういう光景を見ると、自分が住んでいる国の自然の壮大さ、美しさが改めて実感できます。「秘湯めぐり」はこういう自然の原点を愛でる事ができるから楽しい。
P1070923.jpg


「まぢで、帰りたくない・・・(≧∇≦)。」
P1070867-3.jpg


冒頭でも触れましたが、適温、超絶・美しいブルー、ゆったり広い湯舟・・・どれをとっても人間を究極の「快楽の世界」へと導く一級の野湯でした。ありがとう、金花湯~~。
P1070825-3.jpg


で、楽しみはここから。
すぐ下の川沿いに湧く、美しい野湯たちに会いにいきます♪

つづく。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



「小金井沢温泉 金花湯」
住所:北海道島牧郡島牧村
2019.08.15

栃木_福渡温泉 不動の湯




眩しいぐらい鮮やかな緑の木々。

マイナスイオンたっぷりの渓谷。

息を切らせながら、私はとある温泉へと遊歩道を歩いていました^^
P1070331.jpg


お盆初日の金曜は、観光客の姿も殆どなく、
川では釣りを楽しむ人々や、浅瀬ではしゃぐ家族連れの人々の姿だけ。
「平和だなぁ。。」
P1070328.jpg



遊歩道を5分ほど歩くと、たどり着いた温泉は「福渡温泉」。かつては年中無休開放されていた無人の混浴温泉だったのですが、モラルに反するような数々のトラブルがあり2015年に閉鎖され、以降は、地元の方が常駐してくださることを条件にお盆など、期間限定で開放されるようになりました。
P1070309.jpg



今年は8/9から8/18までの開放です。偶然、温泉旅館さんのSNSでこの露天風呂の開放予定が告知されているのを目にし、ラッキーしも偶然帰省していた那須から駆け付けることができました(その方に感謝!)
P1070311.jpg



以前に訪れたのは2013年。その時は大勢の常連男性で浴槽が占拠されていて、とても浸かり辛く、早々と撤退したのですが、なんとNO GUESTS!!(開放を心待ちにしているファンは多いだろうし、混雑は覚悟しなきゃな。)と、今年も撤退覚悟でやってきたのですが・・・いや~、温泉神が降りてきたようでした。いや、降りてるに違いないっ!
P1070242.jpg



「今日も3人しかお客さん来てないんだよ。
みんな、限定開放されてること知らないのかなぁ」
首を傾げるお兄さんにすかさず、駆け寄って一言!!

「す、すみません!シャッ・シャッターを押してもらっていいですか!?」
いきなり、駐在している地元のお兄さんにお願いしてみると何とOKをいただけました。
P1070313.jpg



興奮ぎみに撮った1枚がこちら(*‘∀‘)
きらきらと森の緑、渓谷のせせらぎ、蝉の鳴き声、神々しいぐらいの空間です。自然の1つ1つがこのお風呂のために最高の演出をしてくれるようにも感じます。その姿は、過去に訪れた時の印象と180℃違う「真の秘湯」とも言えるものでした。
P1070264-2.jpg



人肌より少し温かい、ぬるめの温度が気持ちいいです。湯口からお湯を掬うと、ほんのりと金気臭がし、口に含むとお出汁のような味がします。温泉ってシチュエーションが大事なのですよね、過去に訪れた時、こんなに良い湯だとは思いませんでした。
P1070297.jpg



不動の湯も、今や有料(大人500円)にはなったけれど、これだけ開放感が抜群で、景色やお湯もいい無料の野天風呂って、北海道レベルじゃないと、本州では滅多にないよなぁ~と改めて、そのグレードの高さを実感しました。
P1070295-2.jpg



P1070337.jpg



「地元の人が段々と使わなくなったけど、俺がちっちゃいころは、
よくこの温泉に入ったもんだよ。川で遊んで、身体が冷えたら温泉でまた温まる・・・。
懐かしい思い出がいっぱいだよ。

通年で営業するなら、誰か人を常駐させないといけないんだよね。
だから、当面は未だ限定開放で俺らが管理していくしかないかなぁ。」


昼食のラーメンをすすりながら、管理人小屋で話すお兄さんの表情は寂しげに映りました。
地元の方にとってこの温泉が非常に身近な存在だったんだなぁと。
そのことが、ひしひしと伝わってきたからかもしれません。


*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



「福渡温泉 不動の湯」
住所:栃木県那須郡塩原町下塩原
営業期間:お盆期間のみ(?)
料金:500円
Posted at 21:58 | 栃木の温泉 | COM(2) | TB(0) |