--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.20

わんこ と うさぎのシャンソニエ

フランス滞在中、ずっと一緒だったワンコちゃん。
この子はBagの中に忍ばせて、メトロにもデパートにもマルシェにだって一緒。
P1080960_R_R.jpg


可愛い雑貨や洋服をたくさん取り揃えているデパート「Merci」へ!
wanko.jpg

さあ。どんなものがあるかな?
P1090003_R.jpg

こんなアンティークっぽい、机や椅子があったり。
P1090005_R.jpg

お花もほら。ビニール製の花瓶!お洒落☆
P1090009_R.jpg


夜はメトロ12番線。映画アメリの舞台ともなった
モンマルトル駅へ。
P1090056_R_R.jpg



ゴッホなど、有名な芸術家達が通ったという、
シャンソンバーがあるんです。

「Au Lapin Agile」(オ・ラパン・アジル)

日本語で「跳ねうさぎ」という意味。

うさぎが片手に酒ビンを持って飛び跳ねている看板が目印だよ。
P1090062_R_R.jpg


名物チェリー酒をいただきながら、生のシャンソンを聴く。
(私は呑めないので、One Sip ね!)

昔の芸術家の私生活は、こんなだったのかぁ。。
イキやね。
P1090073_R_R.jpg



そんなパリでのひと時でした。

それより、大変なことが!!

時差ボケで眠れなーーい。。
P1090100_R_20100821034959.jpg

下の2つのボタンをぽちっと押していただけますか
ブログランキングに参加しています♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Posted at 02:31 | その他旅行 | COM(0) | TB(0) |
2010.08.19

ノルマンディー地方へ。

お盆休暇に妹を訪ねてフランスにいってきました。
そこで撮った写真を幾つか。




世界遺産にもなっている巡礼地「モン・サン・ミッシェル」

海の上に浮かぶ孤島。
モンサン1_R





修道院の周りは全て海で囲まれているため、

昔の巡礼者達は、引き潮を見計らって海を歩いたそうです。
P1020558_R.jpg




モン・サン・ミッシェルに向かう途中。

モンパルナス駅からレンヌ駅までの区間を高速で走るTGV(テージェーベー)の車窓から2枚。

Millet(ミレー)の絵画「落穂拾い」をイメージするような田舎の農村風景でした。
車窓1_R




この写真を撮った直後、雨が降ったり天気には恵まれなかったものの、

綺麗な鱗雲が見れたからラッキー。
車窓2_R






本日無事に日本に帰ってきました。

同時に。

残暑お見舞い申し上げます。

YOOMI

下の2つのボタンをぽちっと押していただけますか
ブログランキングに参加しています♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


Posted at 21:15 | その他旅行 | COM(0) | TB(0) |
2009.09.24

Bonsoir From Paris

パリに行きました。

妹が留学しているということがなければ、縁がなかったかもしれない国。

ヨーロッパ圏は初めての訪問で、日ごろ国内の温泉巡りが多い私にとっては強い刺激を受けた旅でした。


まずは王道、オルセー美術館です。モネ、ゴーギャン、ゴッホとか。。。
皆がよく知っている芸術家の作品が並んでいます。
P1000637_R_20090924234043.jpg

ゴーギャン「タヒチの女」です。
P1000627_R.jpg

ゴッホ「自画像」(渦巻く青い背景の中の自画像)です。
彼の最後期の自画像と言われ、度重なる神経発作により精神病院へ入院していた時代に制作された作品だそうです。
P1000600_R.jpg



映画「アメリ」の舞台にもなったモンマルトルの丘です。
上に見えるのはサクレ・クール寺院。
今では観光地化されて、多くの観光客で賑わっていたり、途中でクレープ屋さんがあったり、駅からここまでの道はまるで原宿にも見えました。
P1000766_R.jpg


カミーユ・ピサロなど有名な画家たちが、このモンマルトルの安価な宿に移り住み風景画を描いたそうです。丘の上には、宿やお土産屋さん、カフェが密集している場所があり、画家の卵(?)たちが自分達の絵を描いては売っています。小さいサイズで1つ20ユーロぐらいから。

パリでは画家に限らず、一般人でも平日に外で絵を書いたり、楽器を弾いたりしている光景が多く見られました。日本みたいに会社勤めが必ずしも主流じゃないようで、芸術家など自由業に温かい町のように写りました。フランス人は生き方上手なのかな。
P1000774_R_20090924234146.jpg


これが最大に感動した夜のエッフェル塔+イルミネーションです。
夜10時になると5分間だけイルミネーションが点灯し、まるでクリスマスツリーのようにパリの街を照らします。ここから眺める風景が一番いいそうで、周りの人たちもビールを飲みながら、カップルで・・・束の間の光の芸術を楽しんでいました。
IMG_0317_R.jpg


セーヌ川に架かる橋です。ここに居るとエッフェル塔が間上に見えます。
妹の親友JON君と一緒に手書き風シリーズ26ピース
彼は中国からここパリに移り住み6年間ファッションの勉強をしているのだそう。
revised_IMG_0337_R.jpg


夜は、現地のグルメ事情に精通している彼のお勧めフランス料理店
FRENCH CUISINE「PRAMIL」へ。

地下鉄14号線「Temple」駅から歩いて5分ぐらいの大通りを少し入ったところです。

ここは、観光ガイドブックにもあまり載っている訳でもなく口コミのみで人気が出たんだそう。
ファッション業界からの常連は多いみたいで、いわゆる「業界人が通う隠れ家レストラン」なんだって。(妹談・・・)


日本で言う
「ぎ・・・六本!」みたいなことかな?

店構えも中もビストロっぽくて綺麗だし敷居が高そうにも見えるんだけど、
お値段もコース30ユーロぐらいからなので、安心して入れます。
IMG_0360_R_20090924222840.jpg

コースは前菜、メインディッシュ、デザートから一つずつ自分の好きなものを組み合わせてオーダーできるので、これがまた良い食事

サラダは断然海老とほうれん草のサラダをお勧めします☆
フランスのほうれん草だからなのか、シャキシャキ変わった食感が美味しいです。

メインは、子牛のポアレとマッシュドポテト。お肉はフワフワで超~いけます。
IMG_0355_R.jpg

デザートは大好物4種類チーズの盛り合わせ太陽2
フランスではチーズをデザートのように食べるんだって聞いてたけど、本当なんだ。
日本では食べれないような変わった種類のチーズも味わえて・・・てへっ
C'est bon!
IMG_0358_R_20090924223113.jpg

ブログランキングに参加しています
下のボタンを2つクリックしてね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

restraurant ''PRAMIL'' cuisine francaise
Adress: 9, rue du Vertbois 75003 Paris
Phone: 01 42 72 03 60(左記の番号にフランスの国番号必要。)
Metro: Repaublique / temple / Arts et metiers
Posted at 21:52 | その他旅行 | COM(6) | TB(0) |
2009.08.23

群馬県_念願の湯釜見物へGO・GO

長野旅行2日目。
満山荘の裏にある「山田牧場」と「万座温泉界隈」の散策風景をお届けします。

P1000489_R.jpg

「おら腹減ったわ~」(牛1)
「人間達は写真ばっか撮ってないで、何か食い物ほしいよなぁ」(牛2)
P1000487_R.jpg

「牛の塩やり場、と水のみ場・・・」牛は塩が好物なのかなぁ?確かに塩は美味しいけど。
P1050611_R.jpg


【山田牧場の朝】
下のリンクをクリックしてね。動画にチャレンジしたよ。みてね。


はい。ちーず!
P1050608_R.jpg

山田牧場の横には、こんなスイス風の宿もあります。
P1050589_R.jpg

パワーアップ☆キノコもありますマリオあかきのこ
P1050597_R.jpg

山ぶどう・・・みたいな不思議な植物も咲いています。
P1050591_R.jpg


とにかく、朝の牧場周辺は、和やかで自然に触れ合うにはぴったりの環境でした。
散策完了。

次は、2日目最大の目的 群馬県の白根山にある「湯釜」を見に移動ですくるま湯釜とは、(釜あげうどんとかの釜じゃないよ)白根山の山頂にある直径約300mのエメラルドグリーンの火口湖のこと。PHが1.0前後で、「世界でもっとも酸性度が高い湖」と言われているんだって。入ったらもれなく湯タダレしまくり・・・なんだろうね。

今年の冬万座温泉に旅行したときに湯釜へ行くための「志賀草津高原ルート」が冬期通行止めで行くのを断念した場所なんです。って訳で夏なら大丈夫だろうと、2日目は必ず湯釜へ!って決めていたんですよ。


長野県から山越えし、群馬県の万座温泉→湯釜というルートを辿ります。

万座温泉で活火山の噴気活動が間近に見られるスポット「空噴」。
地面から滲みこんだ雨水や地下水が、噴火口跡である空吹から水蒸気となって、硫化水素ガスと共に吹き出しているのだそうです。
P1050650_R.jpg


硫化水素は危険だろうけど、硫黄臭はたまらなく好き。
P1050651_R.jpg

昨年の冬に泊まった「湯の花旅館」さん!※猿のこしかけ風呂で有名。
スキー場の中にあるため雪険しく、その時はスノーモービルで宿まで行ったんだ。
夏の顔は(冬と少し違っていて)浴室からお客さんの話し声が聞こえたり、崖の下から見上げる宿の佇まいも緑に包まれて大らかな様子でした。
P1050659_R.jpg


白根山に着いたよー!標高2000m以上の高さ。めっちゃ空気が薄く感じる。
P1050663_R修正

ここから湯釜まで20分ほど歩いていきます。
とにかく霧が多くて多くて、これで湯釜綺麗に見えるのかな??
P1050661_R.jpg

・・・と懸念は的中。


湯釜の生中継スクリーンを見ると、霧で真っ白じゃあーりませんか!
がびーんアップロードファイル


・・・て事であきらめの早い私は、湯釜まで歩くのをやめ、
ハイビジョンスクリーンで皆で一緒に「湯釜」を見ることになりました。
記念にパシャっと一枚。

2回目のアプローチまたしても断念。
ちゃんちゃん♪
P1050670_R.jpg

ブログランキングに参加しています
下のボタンを2つクリックしてね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


「草津白根山 湯釜」(くさつしらねさんゆがま)
住所:群馬県吾妻郡草津町
アクセス:
(電車・バス)JR長野原草津口駅→JRバス白根火山行きで1時間、終点下車、徒歩すぐ。
(車)関越道渋川伊香保IC国道17・353・145・292号2時間
営業時間: 登山道解放9~16時
※最寄の白根レストハウスから徒歩20分だから、それも計算して行かないと見れないのだ。
休業日:11月上旬~4月下旬は通行止め
Posted at 18:34 | その他旅行 | COM(6) | TB(0) |
2009.05.04

マイナスイオン☆ト☆ヒカリヲアビテ。

山の中をひたすら歩きます。
ちょっと人の気配がなくて心細いハイキングコースです。
やまの中


色とりどりの小ぶりの花が道端に咲いています。白いのは高山植物かな?
はなはな


ひたすら歩き続けます。。
ろーど



幻の滝を探して波

目指すは国立指定公園でもある「赤目四十八滝」です。
綺麗な空気を吸って、滝を見て・・・だけではなく、
ここはちょうど良いハイキングコースなんです。滝と滝の間の道は険しい崖を上ったり降りたりするので、ふくらはぎが痛くなるちょっぴりハードなハイキングです。


道中のお土産やさん。
寝てばっかりいるグウタラ犬に、お婆ちゃんが話しかけます
「こら、はよ起き!お姉ちゃんたちに挨拶しなさい。」・・・と。
毎日こんな美味しい空気を吸いながらごろ寝できるなんて贅沢なわんちゃんだわWW

犬とお婆ちゃん




「へこき饅頭」??薩摩芋の生地でアンコやクリームを包んだお菓子、赤目の名物らしいです。
生地がさつまいも→屁こき??
ネーミングはさておき、味は、芋の甘みが混ざったふんわり生地が期待以上に美味しいデス! 
Yummy~~pig
へこきまんじゅう

さてさて、腹ごしらえした後に、本格的に公園内へ入ります。
滝のある公園内に入るには、「日本サンショウウオセンター」を通り抜けなければなりません。
あまり、爬虫類は得意じゃないんですが、せっかくなのでデザインがイカシタリーゼント、サンショウウオsamaを撮影しました。
さんしょううお


ふふぁ~。大自然に囲まれると人間がちっぽけに見えますよね~。
あさせ

私も橋の上でポーズ!大樹の間から木漏れ日が差していて、なんかトトロの世界です(笑)
自然とわたし霊蛇滝です。
霊蛇滝
次の滝。
滝1
またまた滝。
滝2


小さいお魚が見えますか?上流から流れる水は透き通っていてキラキラしてるんです。
さかな
・・・と比較的「花より団子」の私の場合、この辺りでそろそろランチタイムです。
涼しいエリア

昼食は、きんぱっ
きんぱ




食った食った。
公園内の道はまだまだ続くのですが、山の中は携帯電話もつながらないので日が暮れないうちに公園の入り口に引き返しました。



帰りの夕焼け。
夕焼け

パワーチャージの旅終了。
七福




皆さんも行ってみてね♪



Posted at 00:16 | その他旅行 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。