--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.01.09

島根_忍原峡鉱泉



島根に行ったのは、ここへ行くことが目的でした

広島駅からレンタカーを借り大雨の中、約2時間運転。
「楽しみに待っちょるよ~」
と電話口で言ってくれた地元の方を待たせないようにと半ば焦りながら走りました。

この細い路地を通るのは、約2年ぶり。
初訪問で温かく迎え入れてもらった時の懐かしい思い出が蘇り、うれしくなりました。
P1020511.jpg


P1020512_2017010821022567a.jpg
※忍原峡の古びた木製の見取り図。


川もこの通り増水して濁流になってます。雨は横殴りに近いし、車から降りて1分もしないうちに靴がぐしょぐしょ。
もう少しの辛抱。。。この濁流の先には温かい温泉と人たちが待っているからヽ(´∀`)ノ
橋


漸く、トタン造りの浴舎にたどり着くと、既に宴は始まっていたようで中から笑い声が聞こえてきます。その賑やかな声を聞いて、ドアを開ける前から、にやにやが止まらない。
外観

「お久しぶりです!」
中では地元の方5名がおいしそうなすき焼きを囲んでおられました^^
「この雨の中、よう来たな。さあ座って、食べなさい。」
つい2日前に、急きょ伺うことを決めたので、まさか、こんなご馳走を用意してくれているなんて・・・温かい。
すき焼き

まずは冷えた体を温泉で温めます。
口に含むとシュワシュワっと炭酸が弾け、塩辛さと金気っぽい味♪
う~ん、何というか、塩分たっぷりのサイダーって感じかな
忍原鉱泉

コンクリートの無機質な浴室に裸電球、それと使いこまれた古びたバスタブは、私の好みど真ん中で、いつ来ても魅了されてしまいます・・・
P1020564.jpg

「ワシはこの風呂の何がいいか分からん。」って、地元の人は謙遜しながら言うのに対して、「このお風呂が、いいんです!」とわたし。なんか、きっと、変な人だと思われてるんだろうなぁw
P1020595_201701081950446ba.jpg

浴舎から2kmぐらい山奥に入ったところに湧く温泉を、地元の人たちは、その昔、五右衛門風呂に溜めて楽しんだそうです。そんな地元の方の思い出が詰まった温泉なのです。
忍原鉱泉2


最後に皆で記念写真を撮っていただきました
昔からこの地に湧く温泉、そして、その温泉を大事に守ってきた人たち。こうやって、時間を共に過ごしていただけることは、私にとってこの上なく有難い時間です。
皆で

幸せなひと時でした。
・・・でも、日帰り島根はちょっとキツイ('◇')ゞ笑


温泉ボタンを↓押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


「忍原峡温泉」
※地元の方数名で鍵を管理されている温泉です。普段は鍵が閉まっています。

スポンサーサイト
Posted at 09:24 | 島根の温泉 | COM(6) | TB(0) |
2017.01.05

島根_瀬戸ヶ島温泉 青海荘


ちょっと用事があって、島根へ。

「さあ、どこを廻ろうか?」

久々の島根。

「神様の言うとおり~♪」


な~んて、何となく考えながらパッキングしていると、
以前から行ってみたいと思っていながら、浸かるチャンスがなかったお宿さんが浮かびました。
早速、電話で入浴兼お昼ごはんを予約。

青海荘

海辺の建つ割烹旅館。
浜田という立地なので、観光客というよりも
工事の方の長期滞在や出張目的の利用が多いそうです。
P1020609.jpg


「雨の中、よくお越しくださいました。さ、お風呂に入って!うちは塩湯ですから、よく温まりますよ。」
この日、朝から暴風雨で、約束の時間に大幅に遅れて到着したのにも関わらず、気を遣って声を掛けてくたまさる女将さん。(なんて、あったかいんだろ
P1020683.jpg


女将さんが沸かしてくださった塩湯は、成分総計3万越えの強塩化物泉。
食塩だけでなく、マグネシウムやカルシウム、硫酸イオンなど他の成分もぎっしりと詰まった濃厚なお湯です。
P1020628.jpg
※源泉名:浜田瀬戸ヶ島温泉、泉質:ナトリウムー塩化物強塩泉、泉温:18.5°C、成分総計:33,055.4mg/kg(Mg1090mg、Ca2+1930mg、So42- 2560mg)


「うう~、効くぅ
浸かって数分で汗が噴き出てきます。循環ろ過ですが、貸し切り状態で利用させていただいたこともあり鮮度も良かったです。海のきわきわにある浴室の外からは強い潮風が吹き付ける音が終始聞こえます。こんな悪天候で寒い日は、あったかい温泉に入ることの喜びをしみじみと感じられますね(*´∀`*)
P1020682_20170104213424285.jpg


湯口からは、勢いよく塩湯が注がれます。「注がれます」、、というよりも「噴射」というほうが合ってるかも。口に少し含むと苦りのような味で塩辛い。
P1020663.jpg

個人的には、豆タイルの浴室も独特の味わいがあって好き。
P1020632eo.jpg

湯上がりは、個室で遅めのランチをいただきました。
P1020688.jpg

「お刺身だけは、この辺りで幾らでも獲れるから新鮮なのよ。」
お部屋で女将さんがご説明してくださった通り、お刺身に入れてあったブリやサーモンはとろけるような柔らかさ。
美味しかったぁ。ごちそうさまでした♪
P1020693.jpg

島根日帰りひとり旅。
暴風で車は横揺れしたし、ワイパーが追い付かないほど激しい雨に見舞われ、
ちょっと心細かったけど、体の芯から温まる塩湯とおかみさんのお料理が一際幸せに感じました。

はあ、ほっこりん。

「瀬戸ヶ島温泉 青海荘」
住所:浜田市瀬戸ヶ島104-3
TEL:0855-22-0571
料金:素泊まり4000円~

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを↓押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*   
Posted at 10:31 | 島根の温泉 | COM(4) | TB(0) |
2016.06.11

島根_鳴滝温泉


島根は大田市にある温泉宿
「鳴滝温泉」さん。

宿は控えめでお優しいお母さんお1人がメインできりもりされており、
普段は地元農家のおじいちゃん、おばあちゃんが休憩に来られたり、湯治目的で農閑期に長期滞在されるそうです。
お母さんお1人なので、あくまで地元の常連さんメインで受付されています。

ちょうど島根の湯巡りをしていた時、わたしたちは「休憩」ということでお昼ごはんをかね伺いました。
鳴滝温泉

お宿は割と大きな道路沿いにあるのですが、どう見ても田舎の親戚のお家のような雰囲気。温泉宿だということは分からないほど、ひっそりとしています。でも、その雰囲気がわたしにとって絶妙に和みました。
P1430984.jpg

源泉は20℃ぐらいの鉱泉なので、私たちが到着するまで予め薪を焚いて
お風呂を沸かしておいてくださいました。
P1440053.jpgP1440052.jpg


鉱泉は一旦、タンクに溜められた後、鉄分などの成分を濾してから浴槽に注がれるそうで、
白いポリバスに入れられていた湯は想像していたのと異なる透明、無臭でした。肌触りは軟水のように柔らかかったです。
P1440014.jpg

大田近辺の温泉は鉄分が入った茶色い塩化物泉が多いので、ふと疑問に感じお母さんに伺ってみたところ、前述のようにお話ししてくださいました。
入るR

もう一つの湯船です。こちらは使われていませんでした。
P1440011.jpg

お昼は、お母さんと娘さんの手造りのお料理をいただきました。ボリュームもあって、心をこめてつくって
くださった田舎料理は残さずペロリ。特に写真のお魚「バットウ(クロメバル)」が美味しかったです。
P1430991.jpg

お母さんの心のこもった手料理と薪で沸かしてくださったホカホカの温泉に癒されるお宿でした。
それにしても、鳴滝温泉のろ過前の源泉はどんなだったのか気になるところです。


 おまけ

帰りに「鳴滝温泉」から比較的近くにある用田温泉(跡)に寄ってみました。もともとこの場所には、温泉宿があったのですが今は宿が廃業し源泉槽だけが残った状態になっています。鳴滝温泉も源泉はこんな赤茶けた色をしているのでしょうか?
IMG_3049.jpg
※竹やぶの斜面には鉱泉が流れ落ち、辺り一面赤茶けた色に染まっていました。


コンクリートの四角い枡の中を開けてみると、薄いオレンジ色がかった鉱泉が溜まっていました。
gensen_20160609213141101.jpg
写真提供:Thanks!! なおじゅんさん。


源泉槽に刺さっているパイプからもドバドバと鉱泉が漏れ山の斜面に流れ落ちていっていました。
口に含むと金気味とエグ味を感じます。
P1440070.jpg

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「鳴滝温泉」
住所:島根県大田市大田町大田ロ1000
TEL:0854-82-1054
料金:(休憩)1500円~
※日帰り入浴のみは不可
Posted at 15:03 | 島根の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2015.03.10

久々に♪小屋原温泉 熊谷旅館

小屋原温泉 熊谷旅館に行ってきました

思い起こせば、前に熊谷旅館さんに泊まったのはもう7年前になります。
大好きな親友とは初めての「島根旅行」で訪れたのは、この熊谷旅館さんで 
2人でレンタカーに乗って山の中の一軒宿へやってきました。

ひっそりとした湯治場風の浴室や、浴槽や床を彩る茶色い析出物に衝撃を受け
こちらのお母さんと娘さんが作られる「手打ちのお蕎麦」が美味しかったことを
記憶しています。

小屋原温泉を始めとする島根の秘湯は、温泉が更に好きになったきっかけを
与えてくれた場所だったんですよね。

P1440018.jpg
※外観。横の川のせせらぎが綺麗だったなぁ。


2人入ればいっぱいの小さな浴槽に38℃弱のぬるめの湯がふんだんに掛け流されていて
鮮度がよいので、なんだか身体全身清められているような気分。
お湯の印象は正直、随分前なので飛んでしまっているところもありましたが
やっぱり、良い湯だなぁと思う。
P1430951_201503102229514d6.jpg


炭酸ガスの細かい泡。
お湯に浸かって1分もしないうちに体を覆います。
P1430981.jpg



P1430955.jpg


炭酸味、出汁味、金気臭のある湯。浸かると清涼感もありました。
当時は含二酸化炭素と記していたのですが、今の分析表を見ると泉質が
「ナトリウムー塩化物泉」とされていました。
P1430996_20150310223823e7b.jpg
※源泉名:小屋原温泉、泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:37.8℃
pH:6.0、成分総計:7350mg/kg(CO2 759mg/kg)


温度のわりに浸かっているとじわじわ身体がぬくもってくるのがいいです。 
P1430990_20150310224909b1f.jpg

最近、ちょっと悲しいことがありましたが
やっぱり島根に行くと元気をもらえます。

また小屋原温泉にまた泊まりにいきたいな

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
「温泉ボタン」を押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

「小屋原温泉 熊谷旅館」
住所: 島根県大田市三瓶町小屋原1014-1
TEL:0854-83-2101
営業時間: 要確認
Posted at 23:19 | 島根の温泉 | COM(12) | TB(0) |
2015.03.08

島根_湯谷温泉 弥山荘

島根の温泉津温泉から川本町方面へ車で40分ほど走ったところにある
日帰り温泉施設「湯谷温泉 弥山荘」

こちらも、名前こそ余り知られてはいませんが、なかなかの浴感を楽しめます。
特に、2012年4月にリニューアルオープンされ源泉掛け流し浴槽や壷風呂が
新設されたということで、以前から行ってみたかった温泉です。
P1430855.jpg

近くには下谷温泉など過去に営業していた湯治場などもありますが
現在は閉鎖されており、この辺りで温泉は弥山荘さん1軒だけとなっています。
P1430791.jpg

さてさて!
弥山荘さんの信楽焼きの掛け流し壷風呂です。
淡い黄褐色で18℃の源泉が40℃ぐらいに加温され注がれています。
施設の方によれば、成分が濃いので少しお水で割っているらしいのですが、
それでも薄い金気臭と炭酸味がしてしっかりと浴感を楽しめるのがいいです。
P1430819.jpg


湯量も多く、壷でまったりと寛いでしまう気持ちよさです。
P1430831_20150308141404165.jpg

炭酸ガスは規定値近くあるのですが、
泡などは付かず、割りとさっぱりと優しい浴感です。
P1430825_20150308154350eff.jpg


3つに仕切られた浴槽。手前の浴槽には壷風呂と同様に40℃弱のぬるめの源泉が
掛け流されています。わたしは、こちらで地元の常連さんとお話ししながら長湯しました。
P1430812.jpg
※源泉名:湯谷温泉、泉質:ナトリウムー塩化物泉、微炭酸臭・微金気臭
成分総計:7850mg/kg(CO2: 916mg、Na+:1650mg、Cl-3660mg)


半透明の黄褐色の湯は、窓からの光に照らされてキラキラ。
美しい色ですね休日のお昼間から、まったりこのお湯に浸かれるのはシアワセ。
P1430805.jpg
※湯気がもくもくで余り見えないのはごめんなさい

P1430827_20150308141433258.jpg

湯上りに源泉を見せていただいましたが、微量の炭酸味とほんのり金気臭。
浴槽の湯とそれ程特徴が変わらなかったので、それほど希釈されていないことが
分かりました。それにしても、またもや源泉が未利用のまま捨てられているのは凄い
P1430839.jpg

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
「温泉ボタン」を押してね
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

「湯谷温泉 弥山荘」
住 所:邑智郡川本町大字湯谷
TEL:0855-72-2645
営業時間:10:00~20:00
料金:510円
Posted at 16:04 | 島根の温泉 | COM(7) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。