2017.09.17

群馬_草津温泉 草津ホテル




草津温泉は私にとって7年ぶりと、かなりご無沙汰でしたので、
今回、お泊りするお宿を選ぶときは、かなり悩みました。

草津温泉は旅館の数も多い分、湯治滞在型の旅館~ちょっとオシャレなお宿まで
バリエーションも広く、決めるのが結構大変です

ひとり泊・素泊まりができ、旅館や浴室に趣のあるお宿・・・
自分の中の優先順位を整理して、最終的にこちらに決めました。

「草津ホテル」さんです。
大正2年に洋館のホテルとして創業したので、名前は「ホテル」となっていますが、
実際訪れてみると、木造3階建て、瓦屋根の大変風情のある純和風旅館に良い意味でギャップを感じます。
P1130454.jpg


草津ホテルさんは、食事やホスピタリティの面でも大変評価が高く、以前から2食付きでゆっくりと泊まりに来たいなぁと思っていたお宿さんだったのですが、残念ながら、現在、お宿の厨房が補修工事中で素泊まりのみの提供でした。まぁ、次の日、香草温泉に行く予定のわたしにとって、素泊まりができることはちょうど良かったのですが。
P1130443.jpg


純和風の建物の中に、カフェのようなくつろぎスペースがあったり。レトロとモダンが混ざったような空間でした。宿泊者はこちらのスペースに腰かけて珈琲を飲むことができます。こういう雰囲気好きだなぁ~。
P1130432.jpg


カフェスペースの横にある足湯の蛙さん「ゲロゲロ・・・草津へよこそケロ~。」
P1130437.jpg


蛙さんに誘われて・・・夕暮れ時、虫の声を聴きながら足湯を楽しみました。9月に入ったばかりだけど、草津の風は涼しく、長袖を羽織ってないと肌寒く感じるほどでした。(7年前に訪れた時は確か雪だったかなぁ~)
P1130435.jpg


早速、夜はお風呂でまったり♪
まずは大浴場「琥珀の湯」に浸かりましたが、なんだろう、ここ最近で一番落ち着くことができた温泉です。草津温泉の源泉の中でも比較的温度が低めの「西の河原源泉」を引いており、湯船では40℃前後の適温の湯を楽しめるんです。肌ざわりは優しく馴染みやすく、こちらの広~い湯船の隅で体育座りをしたまま、1時間ぐらいボ~っとお湯に浸ってました。それこそ頭を空っぽにして!
P1130345.jpg
※源泉:西の河原源泉、PH2.0、泉質:酸性・含硫黄ーアルミニウム・硫酸塩・塩化物泉、泉温:49.5℃


中浴場の「賽泉の湯」です。ステンドグラスが埋め込まれたガラス製の壁と温泉の成分が付着したコンクリート製の湯船が、長い歴史を物語り、全体的にレトロな雰囲気が漂っていました。源泉は西の河原から2か所引き湯しているせいか、ピリピリした感覚はなく、丸みのある肌ざわりでした。
P1130417.jpg


ガラス製の壁の向こう側には、同じ形の湯船がもう一つあります。こちらの湯船には西の河原から1本の源泉が引かれ、感触はぴりぴりとした酸性泉らしいものでした。
P1130398.jpg


温泉の析出物で黄色や緑に彩られた湯口。こういうのを見ると、「濃い温泉に来たぞっ」って、嬉しくなっちゃいますね。
P1130423.jpg


外に出ると、ひとり用の小さな露天風呂もあります。本当はもっと大きな露天風呂が大浴場の横にあるのですが、男女入れ替え制のため、日の当たるうちに写真におさめることが出来ませんでした。
P1130416.jpg


貸切の家族風呂もあります。源泉は西の河原源泉1本です。
P1130349.jpg
P1130354.jpg


夜、夕食をとるお店を探しながら、ふらっとライトアップの湯畑を訪れてみました。紫やブルーのライトに照らされた湯畑や周辺は、昼間見る湯畑とはガラリと雰囲気が異なり、神秘的な雰囲気に包まれます。本来湯畑を撮影しようと思ってはいなかったのですが、あまりに綺麗だったので足を止め、必死でシャッターを切ってました。
P1130362.jpg


今回の群馬遠征で再確認したこと。

草津のお湯はやっぱり良いなぁ~ということ。

それと、草津の街が以前より更に魅力的に変わっていたこと。

この2点でした♪

改めて、この至福の時間に感謝.

。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

スポンサーサイト
Posted at 19:49 | 群馬の温泉 | COM(1) | TB(0) |
2017.04.07

群馬_猿ヶ京温泉 料理旅館樋口



猿ヶ京温泉 料理旅館樋口さん。



先日、記事にアップした猿ヶ京住民センターの前に建つ1日5組限定のお宿さん。
こじんまりしていますが、日帰り入浴もできます。


「ちょっと待っててね~。お風呂の準備するから。」

女性の従業員の方が、掃除機片手に対応快く迎え入れてくださいました。
朝のお掃除中だったみたいです。
P1040912.jpg


そう言われて通されたのは、大きなガラス窓があるロビー。
「おお。赤谷湖が目の前!」
P1040909.jpg


木造の味わいのある湯船を貸し切りで使用できます。お湯は村有1号泉という源泉。向かいにある住民センターとはまた源泉が異なります。樋口さんのお湯の方がまったりと丸みがあり、温度もかなり低め、その分まったり長湯できます。一部循環のかけ流し併用かと思われますが鮮度もなかなかでした。
P1040856.jpg
※源泉名:村有1号泉(猿ヶ京温泉)、泉質:カルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉、泉温:59.7℃、pH:7.6、成分総計:1550mg/kg



「うわ、きれい〜★★」
そして何よりこのLAKE VIEW!目の前に広がるエメラルドグリーンの赤谷湖の景色に、思わず見惚れてしまいました。
P1040884.jpg


窓から吹く涼しい風と共に、赤谷湖を眺めるのは最高の気分です♪何時間でも入っていられるなぁと感じれるお湯でした。
P1040876.jpg


湯船は比較的あたらしいものですが、湯口に付着した白い温泉の成分や苔のようなものを眺めながら、猿ヶ京の温泉の濃さを味わうのもまたいいです
P1040868.jpg


この日は2日間連泊されているお客さんもいらっしゃったそうですが、この景色を眺めながらゆっくりと温泉に浸かれるなら、そりゃ身も心も癒されるだろうなぁ・・・湯に浸かりならがふと考えた私。わたしは連泊しないほうですが、その方の気持ちがわかるような気がしました。
P1040873.jpg



群馬の♨の魅力にだんだんと惹かれてきたかな。
よし、つぎは片品村へ行くぞ〜!


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

「猿ヶ京温泉 料理旅館 樋口」
住所:群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1167-1

Posted at 11:17 | 群馬の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2017.04.05

群馬_ありがたい一湯。



『あの〜、こちらの温泉に入れていただくことはできますでしょうか?』

『いいよ。今は誰も入っていないし、よかったらゆっくり浸かっていきなさい。
最近は皆、自宅に温泉を引いているから、わざわざ入りにくる人が少なくなったんだよ。』

『ほんとですか!ありがとうございます



管理されているお父さんの優しいお言葉に甘えて、入れていただいたその浴舎は、
約14軒の住民の方で利用されている浴舎は、民家のなかに隠れるように建っていました。

今回はご厚意で入れていただいたのですが、
感謝の気持ちをこめて200円を料金箱に入れておきました。
P1040971.jpg


『し、しぶい!!なんて素敵な浴室なんだろう』
床は長年使いこまれた床は少しひびが入っており、温泉の成分で赤茶けた色に変色しています。飾りけのないシンプルなコンクリート製の浴室ですが、そういう使いこまれた「証」が「味わい」となっていて・・・見ているだけで思わず嬉しくなってしまいました。
P1040913.jpg


お湯は加水も加温もされていないピュアな硫酸塩泉。昼間はあまり人が入らないようで、43℃ぐらいの熱めの湯がこんこんと掛け流された状態でした。ちょっぴり熱いけれど、湯船に浸かりながら思う存分幸せを感じたくて、のぼせながらも仄かな石膏臭を楽しみました。住民の方数人だけで使われているだけあり、手が加えられていないというか、とても新鮮です。
入る1


塩ビ管の湯口からは常時がお湯が出ています。
いつもの癖で、ついつい微かな温泉の香りをかぎたくなってしまいました
P1040941_201704051251090bf.jpg


さらさらと波打つ床。
P1040962.jpg


大分の別府や長野の諏訪などでは、地元の方の生活に根付いた浴場は少なくなく、過去に私も見たり入れていただいたりしましたが、群馬にもこういう温泉文化があり、それに触れたことだけでも貴重な経験ができたと思います。
P1040923.jpg


『ちょっと待ってて。ほら、のど乾いただろ?これ持って帰りな!』

帰りがけ、お父さんにご挨拶をしようとご自宅に寄るとジュースを数本手渡してくださいました
思いがけない温かいプレゼントに感激してしまったわたし。

『わぁ、ありがとうございます。』

おふろに入れていただいたうえに、お土産までもたしていただいて・・・
お父さんの優しさにどっぷりと触れ、群馬の温泉が更に好きになった一日でした


*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚
ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!!


にほんブログ村
*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

Posted at 13:24 | 群馬の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2017.04.03

群馬_湯檜曽温泉 林屋旅館



みなかみの湯めぐりで、最もこころに残ったのがこちらのお宿でした。
湯檜曽温泉の湯量の豊富さをひしひしと感じさせてくれた衝撃的な湯で。

「湯檜曽温泉 林屋旅館」さん。

湯檜曽温泉自体は山奥の小さな温泉地。
廃墟のホテルや古い建物も周りにあり、少し寂れた雰囲気もありますが、
こちらのお宿さんは一際新しく綺麗で存在感がありました。
P1050038.jpg


「うちの温泉はね、熱い源泉とぬるい源泉を混ぜて最適な温度に調節しているの。水も一滴もいれていないし、温めてもないの。だからね~、とっても気持ちいいのよ。先日なんか2時間も3時間も浸かってたお客さんだっていたから(笑)♪」

そう説明をしてくれたのは、70歳代の大女将さん。この女将さんがまたすごいんです!会えばびっくりのつるつる玉子肌で、お湯に入る前から「私が証明です。」と言わんばかりのエビデンス!!私も思わずご本人に直接「綺麗ですね」って言っちゃいました。
P1050033.jpg


まあ、何というのでしょうか。浴室を一言でいえば、楽園?天国?よどみのない鮮度バツグンのお湯が豪快に溢れる様もさることながら、カラータイルがあしらわれたレトロモダ〜ンな浴室もまた素晴らしいのです心地良さをとことん追求され尽くしたおふろです。
P1040976.jpg
※湯檜曽温泉 林屋の湯、泉質:単純温泉、泉温:41.4℃、pH:7.9、成分総計:360mg/kg、無色透明無味無臭、お湯がやわらかい。


普段、内湯にはそれほど触覚がはたらかない私も大興奮でした。
P1040984.jpg


大女将の旦那さんにあたるご主人が、若いころスキー選手だったことから造られた「スキージャンプのタイル画」。これがまた浴室の雰囲気に何ともマッチしています。この浴室、昭和初期に造られたものだというからビックリ!今も昔も変わらずオシャレだと感じられるデザインを考案した当時の建築家の方はすごいなぁと。
P1050004.jpg


浴室の横の流れる川の音をかき消すかのように、激しく音をたてながらお湯が注がれていくのも一見の価値があります。毎分150ℓの湯がこれだけ大きな湯船から豊富に溢れるんです。
P1050003.jpg


弱アルカリ性の単純温泉で肌あたりがすこぶる優しいです。温度も少しぬるめだから、ここで2時間も3時間も浸かっていたくなる人の気持ちがわかります。まさに、昇天です。
P1040987.jpg


窓の外にある渓流からは涼しい風。身も心も完全にリラックスモードです。
「湯檜曽温泉って、こんなに素晴らしいんだぁ~!」
P1050006.jpg


更にドバドバ天国を味わいたい方は、こちらへ。小浴場もおすすめ(^^♪♪
P1050027.jpg

これまで、幾度か群馬の湯を巡りましたが、みなかみの温泉は、万座、草津方面に比べてお湯の個性が控えめなこともあり、それほど強いインパクトを感じたことは余りありませんでした。(数年前に峰温泉に行った時以来でしょうか)しかし、林屋旅館さんの湯に浸かって、その考えは一転しました。

湯使い・浴室の雰囲気ともに思わず息をのむほどの素晴らしいお宿さんでした。

ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!!


にほんブログ村


「湯檜曽温泉 林屋旅館」
住所:群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽124
TEL:0278-72-3508

Posted at 13:54 | 群馬の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2017.04.01

群馬_猿ヶ京温泉 猿ヶ京住民センター


「猿ヶ京住民センター」

有名な猿ヶ京温泉街のなかのだだっ広い田園にポツンと1軒建つ、地元の方メインの共同浴場です。
組合の方で管理されているお湯なのですが、組合員外のお客さんも300円支払って入ることが出来ます。
念のため、浴舎にいらっしゃった地元の方にお断りをし入れていただきました。

共同浴場には看板もなく、「温泉」とは大々的にうたっていないので
辺りの道を車で何周か走り、ようやく見つけたという感じです(;'∀')

でも、なんだか、そのひっそり感が逆に温泉への期待や好奇心をくすぐるんですよね。
P1040853.jpg


料金箱にお金を入れてっと・・・・♪
P1040849_20170401174625216.jpg


「うわぁ、いいなぁ~。(じゅるる・・・)」
扉を開けた瞬間、感激で一気に目が覚めました。浴室は、長野県の山田温泉の共同浴場を思い出させる昔ながらの共同浴場の造り。一言で言うと、正統派な共同浴場って感じです。
P1040796.jpg


壁や天井が全て木でできており、真上には立派な湯抜き・・・お湯に浸かっているとき何度も見上げては、その木の香りや趣を楽しみました
P1040833.jpg


手を加えられていない熱めの硫酸塩泉が惜しみなく湯船に注がれ、その鮮度や気持ちよさに思わず寝そべり全身をお湯を浸したくなっちゃいます。ちょっとお肌がキシキシとする肌ざわり。主に地元の方が使われる温泉は、使用する人数が限られるため、大抵どこの温泉地に行っても、殆ど手が加えられておらず、そのお湯の素性や良さが感じられるように思います。
P1040829.jpg

P1040811.jpgP1040804.jpg


朝から、誰もいない共同浴場で鮮度バツグンのお湯に浸かるシアワセ・・・余りの気持ちよさに考えていたことが吹っ飛び、頭の電源が「OFF」の状態になっちゃいました(*ノωノ)
P1040827.jpg


どのアングルでも栄えます、この浴室
P1040839.jpg
※源泉名:共有泉湯島、泉質:ナトリウム・カルシウムー硫酸塩泉、泉温:55.5℃、pH7.6


決して古いわけではないのですが、
趣のある浴室・・・
新鮮なお湯・・・・

共同浴場の良さを改めて感じさてくれる、
ありがたい、ありがたい朝湯でした。



ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!!


にほんブログ村


猿ヶ京温泉 猿ヶ京住民センター」
温泉街のなかにあります。

Posted at 17:51 | 群馬の温泉 | COM(4) | TB(0) |