FC2ブログ
2018.09.23

北海道_阿寒川沿い野湯群(ウェンフラの湯他)



「え!!何これ!知らなかった!!」


この温泉との出会いは昨年の秋、偶然観ていたBSのテレビ番組でした。

テレビの画面から目の飛び込んできたのは、
川の脇から物凄い量の温泉が湧出し、
見たこともないような巨大な噴泉丘が姿を現し湯気を上げる様子
それはもう、温泉好きには堪らない魅惑のシーンの連続で衝撃的な映像でした。

もちろん、わたしの♨触覚はすぐさま反応し、
次年度の北海道行きを決定したのです。
(相変わらず、温泉に関してのフットワーク軽いわたし 笑)

そして・・・・・
先週、念願の阿寒川行きを決行してきました
写真に写りこむ3本の赤い筋見えますか?実はこれ温泉なんです。
P1010322_201809230805433dc.jpg


阿寒川流域では、岸の至るところから温泉が湧出しています。湧出量10桁以下のチョロチョロのお湯から、ぼこぼこと音をたてながら湧く大量のお湯まで。その種類はいろいろ。とにかく、その源泉数の多さに目を奪われます。
P1010474.jpg


20分ぐらい川沿いを歩くと・・・
P1010318.jpg


川の中から湯気をあげながら温泉が湧いている場所も。源泉は70℃ぐらいの高温なので、川の水との温度差が激しくなかなか浸かるのは難しいですが、その光景は神秘的で見るだけでも心躍ります。
P1010330.jpg


ここにも。無数の気泡が出ている、湯だまりがあります。とっても高温。徐々に足元がぬかるんできます。
P1010332_2018092310045307c.jpg


そして、30分ぐらい。周辺に鉱物臭のような香りが強く漂いはじめたころ。つ、ついに会えました。
「うおぉぉぉー、ラスボス来たーーーヽ(≧∀≦)ノ」 その噴泉丘は想像よりも大きく、カラフルで印象的!!
P1010345_20180923082846777.jpg


噴泉丘のてっぺんからは75℃の源泉が湧くお釜があり、湧き出た温泉は丘を這うようにして川に流れ落ちていました。そして川の水と混ざりあい一帯が40℃弱の生暖かい温度になっています。これはもう噴泉パラダイス♪(以下動画)
http://video.fc2.com/content.php?kobj_up_id=201809233nHSmtVV
P1010376.jpg


やっと出会えた感動で、すぐさま服を脱ぎ捨て・・・イザ、入湯です(*^^*)温泉の香りはそれほど強くはないですがクレゾール系のアブラ臭。香りも個性的です。
P1010420-2.jpg
※ウェンフラの湯、源泉温度約75℃、湧出量1200ℓ/分(推定)、金気臭、アブラ臭



噴泉丘のすぐ横には、別の源泉が湧いていました。ウェンフラの湯のように湧出量は多くないものの、小さな穴からボコボコと音をたてながら高温の温泉が出ており、その熱さで周辺の川の中では鰻の赤ちゃんやエビが蒸し上がっていました。(以下動画)
http://video.fc2.com/content.php?kobj_up_id=20180923YNhMzQGA
P1010363_20180923084228c8d.jpg


蒸し上がった鰻さん。温泉の熱さを物語っています。
P1010360_20180923091843f3e.jpg


で、やっぱり、ここでも湯浴み。この一帯、川の底からも高温の温泉が気泡となって湧いているんです。だから、浸かっているとお尻が火傷しそうになり(笑) 「ぎゃ・・熱っ!冷!!」なんて叫んでました。
P1010434-2.jpg


川の至るところから湯気を上げ自噴する温泉。
「綿あめ」のような甘い香り漂うカツラの木の群生。
秋の陽光に輝く阿寒川の水面。

すべてが想像を絶するほど美しく、そして、壮大で、
普段、温泉にしか興味がない私でも、その自然の神秘に目を奪われてばかり。

今回は、北海道、いや、阿寒川の自然の素晴らしさを再認識する旅となりました。
この感動を一緒に味わってくれた仲間に、心から感謝です。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

スポンサーサイト
2017.12.10

源直で湯をあじわう会♨




ただいま、関西に帰省ちゅうです。


親しんだ景色を眺めながら
(やっぱり、生まれた土地はいいなぁ)なんてしみじみ。
日1日1日をかみしめながら過ごしております♡

大好きな仲間からスペシャルなイベントに誘われ、いってきました。
イベントって言うのか、実験なのかな?(;'∀')

「源直で湯を味わう会」(勝手に命名)

普段タンクに溜められてから湯船に注がれる温泉を、湧き出た直後に直接湯船に注ぎ味わうという趣旨です。
温泉は地表に湧き出た瞬間から空気に触れ、徐々にエイジングし、香りや肌触りが変わってしまうもの。
だから、タンクに入る前の温泉って、新鮮なのはもちろん、おもしろいんですね。
トラックに溜める


うっすら硫化水素臭と、炭酸水素塩のぬるつき感、マンガン由来の黒っぽい色。そして、少し泡つきもありました。個性たっぷりの「湯」にずっと感動しっぱなし(*''▽'')
はいる2
※泉質:ナトリウム・炭酸水素塩ー塩化物泉、泉温:35度(外気温2℃ぐらい。あがると超絶寒いです。)
※特別出演:Tさんの軽トラと檜風呂。


俯瞰(ふかん)の絵。
お気づきかもしれませんが、実はこういうロケーションです(笑)
ふかん


湧出直後の「なま源泉」を味わう機会はなかなかないので、
今回はとっても貴重な機会でした。

ありがとうございました!

。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



2017.09.10

群馬_香草温泉


三段滝温泉から香草温泉まで沢に沿って下るのにかなり苦労しました。

双方は同じ沢筋にあり、地図で見ると距離はそこまで遠くないのですが、
ただ、標高差や険しさが半端ないのと、沢の両端にあるV字の崖の斜度が急で、
滝を巻こうとしても足を滑らしそうになるんです。

正直道中はカメラで撮影するほどの余裕は、なかったです^^;
写真のように、急な谷をひたすら下っていくとご想像ください。
P1130465.jpg


5-6mぐらいある高い滝の脇を岩につかまりながら慎重に下さっていく・・・道中はその繰り返しでした。「どう下りようか・・・」と、考えているだけで、時間は刻々と過ぎていき焦りも感じます。
P1130466.jpg


何度か高い崖を下り、そろそろ疲労もピークに達してきたころ(出発してから約3時間)、突如、目の前に湯気が見えてきました。「香草上の湯」です。一瞬これで険しい道のりは終わりかと思い、顔がほころびました。・・・が、しかーし!最も難関だったのは、この「香草上の湯」の崖を下るポイントだったのです。神様は簡単に絶景温泉に辿り着かせてくれませんでした。
「ちょ・・・ちょっと待ってよ~
P1130475.jpg
※上から下をのぞいた図。ここが一番つらかったです。


結局、藪をこぎながら滝を大きく巻き、何とか到着。河原に下りると、湯気の中に、ブルーの美しい滝つぼと乳白色の湯だまりが見え、もう、大興奮でした!滝と温泉の色のコントラストが本当に本当に綺麗で。まさに、感動の一瞬でしたよ(*'▽')
P1130479.jpg


辺り一帯は硫化水素の香りが漂よっています。先人が造った湯船でしょうか?腰まで深さもあり快適に入れそうです。温度は約50℃ありましたので、沢水を注ぐ工事だけしました。
P1130489.jpg


源泉が湧いている岩の切れ目。
P1130551.jpg


「はいったどー!」
やっとこさ、沢の水を混ぜ香草温泉((」*´∇`)」(」*´∇`)」上の湯)に入湯。
先入観ってだめですね。今まで想像していた香草温泉は浅くて快適さは望めないと思っていたのですが、意外や意外!快適でした。ただひとつ驚いたのは、その酸性度!傷口という傷口がぴりぴり沁みるのです。
P1130566.jpg
※pH1.58(ご参考)、泉温:49.6℃


このお湯、ぴりぴりするけど、やめられない・・・
P1130577.jpg


滝つぼから、3分ぐらい下ると、河原にもう一つの湯船がありました。香草温泉(No.9の湯船)です。51.3℃。滝つぼの脇湯船より高めです。
P1130591.jpg
※pH1.58(ご参考)、泉温:51.3℃


この湯船、深さはそこそこあったので、沢の水で適温に調節すると最高に気持ちよく、1時間ぐらいまったりしていました。道中が険しかった反動でしょうか?それとも、念願の香草温泉に浸かれたから?ここで入浴していた時、この上ない幸せを感じてしまいました。もう叫んじゃいそうなぐらい嬉しかった この喜びがあるから、野湯探訪はやめられません(^^♪
P1130607.jpg


香草上の湯から、少し下ると源泉が染み出しているポイントがあります。これが香草下の湯(別名No.3の湯船)です。お尻を浸けるぐらい。まともには入浴はできません。温泉の成分と藻でできた緑と白色のグラデーションが特徴的でした。
P1130658.jpg


すぐ横には、もうもうと温泉の水蒸気をあげる「天然のサウナ」がありました。洞窟の中には噴泉球みたいなものがあり、天井から温泉がしたたり落ちています。いやー、香草は神秘的です。全て温泉が造った自然の産物ですから。これを直に見ることができただけでも、来た甲斐がありました。
P1130670.jpg


「あー!なんて素敵なんだ。香草☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆」
理想すぎて、思わず、心の声が漏れてしまいそうです。


香草温泉に毒水橋から上がってきた場合は、最初の難関になる25mの滝です。この滝は右巻きにロープをつたって崖を登るらしいのですが、私はご存知の通り、上から険しい道を乗り越えてきたのと、崖下りなので全く難関には感じませんでした。というか・・・8割の体力を三段滝温泉から香草上の湯までで吸い取られてしまったと言うのが妥当です、はい(。-_-。)
P1130689.jpg


ま、道が険しかろうが、行ければいいんです。私は温泉をゲットできれば、それで大満足なんです。
P1130703.jpg


結局、朝から出発して草津国際スキー場近くの登山道へ出たのは夕方。7.5km、標高差793mの沢下りは、結局6時間かかり幕を閉じました。服も泥だらけだし、割と疲れた・・・でも、何とも言えない達成感に包まれていました。きっとこれがアドレナリンになり、次の目的地への活力になるんでしょう
P1130720.jpg

香草のはちゃめちゃ旅は、この夏の最高の思い出になりました。

あ、もしこの記事を見て香草へいかれる方がいらっしゃったら
下(つまり草津温泉側)の登山道から行くことを強くお勧めします★


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



2017.09.03

群馬_白根三段滝温泉



「やった!噴火警戒レベルが下がった♪」
インターネットの告知を見るなり万遍の笑みを浮かべる私。
この日をどれだけ楽しみにしていたことか・・・

今年、噴火警戒レベルが2から1に下がり、立ち入れるようになったエリアに
私がかねてから行きたかった野湯がありました。

その行きたかった野湯とは、
「白根三段滝温泉」です。

白根三段滝温泉は、香草温泉 上の湯(標高1736m)がある沢の更に上流、標高1911mにあるワイルドな湯滝のこと。
P1130215_20170903163215f10.jpg


沢筋を歩くこと22分。河原の一か所からほんわりと湯気があがっているのが見えます。「あ、あったー
P1130217.jpg


「着きました。念願の白根三段滝温泉♡」
この滝つぼのすぐ上流や、滝つぼの脇には、いくつもの源泉が湧き出ており、沢水と混ざって34℃のぬる湯になっています。ちょうど夏場や秋にかけて快適な入浴を楽しめる野湯です。
P1130278.jpg


滝つぼは深さも湯量も十分にあり、お湯にまみれて遊ぶことができます♪香草温泉ほどではありませんが、口に含むとほんのりと甘酸っぱい味。お湯の色も香草とは異なり、笹濁りっぽいです。
P1130290.jpg
※少し金気臭がし、キシキシした感触です。


湯滝は名前の通り、3段になっているのですが、この1段目の滝つぼが一番快適でしたよ。
P1130276.jpg


「インスタ映え」しそうな、ビジュアル良しの野湯に、終始大興奮でした。
(快適さ、見た目・・・バランス的にも大満足です。)
P1130308.jpg


この日の次の日、
白根三段滝温泉から香草温泉まで沢に沿って下ってみることにしたのですが、
想像以上に道が険しく・・・というか道がなく、とにかく大変でした。

その道中もレポします♪

続く。

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

2017.05.18

宮城_アブラ臭と豪快な自噴泉


先週末は八丈島に行く予定で、早朝に空港まで行ったものの・・・
強風のため全便とも欠航
島モード全快の軽装とリュックサック姿で、途方に暮れていたわたし。

「せっかくの週末なのに、おとなしく帰るなんて・・・涙」


半泣きで、出発ロビーに立ち、数分考えこんだ末、
気持ちを切り替え、進路を東北に変更♪♪

その潔い決断が良かったのか、偶然行った東北で素敵な野湯に出会いました。
山の中に人知れず湧く自噴泉。


物凄い湯気をあげ、高温で大量のお湯が川へと流れ落ちていきます。
源泉から川にかけては、析出物のドームなっていて見ごたえがありました。
P1080833.jpg


源泉が流れて出来た、黒い鱗状の析出物。
まさに自然がつくった芸術品なわけで、、こういうのテンションを高めてくれます。
P1080836.jpg


地表からボコボコと音をたて、70℃近くある湯が湧き出る源泉は地獄そのもの。
その温度の高さや湧出量にも驚きましたが、注目すべきは匂いです!
クレゾール臭(病院の薬品臭)のような強烈な香りが辺り一帯を覆います。
今まで様々な野湯に行きましたが、こんな特殊な香りがするのは今回がはじめて。
「アブラの森」と名付けてみます
P1080825.jpg
動画を撮ってみたよ。見てね↓
【動画】アブラ臭と自噴泉


何と小さな噴泉塔もあるじゃないですか
噴泉塔の先端からは、熱々の源泉が噴き出しており温泉の成分で鱗模様になっていました。実は、わたし・・・これが噴泉塔だと気づかず、ついつい手をついてしまい火傷しそうになりました
P1080844.jpg


いてもたってもいられず、早速、源泉と川の水が混ざるポイントを探しました。
70℃の源泉と冷たい川の水を混ぜ、適温の湯船にするのですが、これが、なかなか難しい・・・
P1080848.jpg


「冷たい・・・いや、熱い!」
を繰り返し叫びながら、漸くお湯にありつけました。かなり、プリミティヴな入浴を楽しんだという感じです。
P1080852.jpg


しかし、しつこいようだけど、温泉の香りは本当に強烈なんです。
アブラ臭がお好きな方だったら、この森が病みつきになるはず。
nhk_20170518232643a80.jpg



地表から高温のお湯が煮えたぎる様は、
見とれてしまうほど圧巻で、
東北の温泉力を改めて感じさせてくれる光景でした。

・・・鼻にツンとくる、香りもね。


.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+