2016.11.13

秋田_硫黄取り沢の湯(撮影篇)


またまた、2年ぶりに来てしまいました!


硫黄取り沢の湯


今年の野湯シーズン、ぎりぎりのタイミングでしたが、
急遽、秋田入りをし、11月初旬の晴天の日に決行。

今回は撮影が目的だったので、温泉写真家の大黒敬太さんとモデルのたかはしちあきちゃんと一緒でした^^
アプローチは、前回アップしているので割愛しますね。
硫黄取り沢の湯

硫黄取り沢は、深さもありゆったり浸かれて、温度(40℃)も適温なので来るたびに昇天してしまいます。かなり強い酸性で、口に含むとグレープフルーツみたいに酸っぱい。
P1010832.jpg

まずは、一番、お気に入りの湯滝で写真を撮っていただきました。ワイルドな湯気とガレ場。そして、美しいお湯の色・・・改めて見て、臨場感が違うなぁと実感。これだけワイルドに温泉が撮れたら楽しいだろうなぁ。ほんとに凄いです。
硫黄取り沢_cut


ちあきちゃんと二人で撮ってもらいました。
2しょっと


その後、30分の山登りを経て鬼ケ城火口湖へ。山の中腹から湯ノ沢を見下ろすと、自分が浸かっていたとは思えないぐらい小さく見えます。
P1010824.jpg


エメラルドグリーンに輝く、溶岩ドームです。
鬼ケ城3

相変わらず、ガスが濃い~
対岸の岩肌からは、危なそうな硫化水素の水蒸気がぶんぶん噴き出しています。ちなみに、温度は水みたいに低かったです。ここへ浸かるなら夏に来なきゃ無理だな('◇')ゞ
鬼ケ城火口湖


私が好きな硫黄取り沢で、撮影していただいて本当に幸せな一日でした。
ありがとうございました!
詳細は、改めて、ご報告します♪

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
スポンサーサイト
2016.11.08

秋田_一本松温泉たつこの湯(野湯)



今月は急きょ秋田に用事でいってきたりと、多忙な月でした('◇')ゞ
(コメントのご返信が遅くなってすみません。1つ1つご返信させていただきますね。)

秋田からは昨日帰ったのですが、ちょうど乳頭に泊まっていたので・・・

「そうだ、あそこへ行こう!」

と、いつもながらの思い付きで近くの野湯へ。


【朝8:30 黒湯駐車場スタート】
この日の秋田は気温0℃と極寒で、登山道の脇にある草には霜がおりていたり、
パラパラと雪が降ったり、野湯に行くにはぎりぎりなタイミングでした。
でも、その寒い気温のおかげで、ある恩恵があったんです(何かは後で^^)
P1010501.jpg

乳頭温泉の源泉地の脇にある登山道を歩きます。山肌の所々からもうもうと煙があがり荒々しい景色です。このあたりは川沿いに温泉が湧いていたりするんですよ。
P1010504.jpg

見てください、この霜・・・寒さが伝わりますか^^;
歩いているうちに、手袋をしていても指先の感覚がなくなってしまいます。
霜

川を2回横切り、約30分(距離1.45km/高低差131m)歩くと・・・
ありました目的の温泉です。


【朝9:00 一本松温泉到着】
乳白色ブルーに輝く「一本松温泉 たつこの湯」
たつこの湯と言うと、もう少し小ぶりなサイズの湯船を想像する方が多いと思うのですが、いつの間にか大きく立派になっていました。おそらく4-5人は余裕で入れるのではないでしょか?とにかく、野湯にしてはかなり快適なサイズです。
P1010528.jpg

早速、温度を測ってみると・・・「あ、あれ。まさかの適温♡」
夏場にくると、川の水を引いて混ぜないと熱くてとてもじゃないけど入れない熱々の源泉が、この日の低い気温で40℃まで下がっていたのです。ラッキー♡思わぬ恩恵を受けました。
P1010541.jpg


湯船の底は粘土状の泥が沈殿しており、足を入れると埋まっていく感じです。そして、泥の間からはぷくぷくと源泉が湧いて気泡が出てきます。源泉が湧いている部分はかなり高温で、足が火傷しそうになります。野湯に行くと往々にして環境設備工事(温度調整、深さ調整など)が必要だったりするのですが、何も手を加えないで快適に入れるのは幸せですね。
たつこ入る3

快適につき、1時間まったりコース決定ヾ(・∀・)ノ
たつこ入る2R


ほら、私が入ると徐々にお湯がグレー色に変わりました。いわゆる泥湯ですね☆彡これはこれで、お湯に丸みが出て肌に心地いいです。
グレーに


泥を体に塗って遊ぶのも、また楽し♪
どろ


お湯は他の乳頭温泉の宿とは異なり塩味や苦みはなく、ほんのり硫黄の香りがする優しい硫黄泉に感じました。1時間ぐらい浸かっていても湯あたりもしませんでした。
P1010630_2016110814331618a.jpg


私が入っている湯船のすぐ上には、もっと小さな湯溜まりがあり35℃ぐらいの温いお湯が底から湧いていました。ただ、この気温で浸かると凍えそうなので、観察だけで華麗にスルー。
P1010647.jpg

湯溜まりは、かなり浅いです。落ち葉がいっぱい。
P1010558.jpg


予想もしていなかった一本松温泉の適温入浴。
行きと帰りは寒さで辛いですが、その分、温泉のあったかさが身に染みます。
野湯は行く時期によって感じ方が違うなぁ~としみじみ思いました。

久しぶりにパワーチャージしたゾ (*≧∪≦)

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
2016.09.28

静岡の湯めぐり ~生簀風呂~



海に面した絶景の生簀風呂


50℃近くの熱い湯が溢れていました。
ニガリのような強い苦味と塩味が特徴的です。
恐らく塩化物泉でしょうか。

浸かると熱さで肌がビリビリします
P1370067.jpg


熱さで、飛び出た瞬間に横の赤い鉄屋根で頭を打ってしまったことはご愛嬌♪(ou(工)u)ノ
生簀


熱々の湯が豪快掛け流し。少し鉄分も含むのか赤茶けた部分もあります。
生簀3


近くのマンホールに三毛猫さんがいっぱい集まっていました♪
ねこ鍋ならぬ、ねこマンホール。
P1370032.jpg
訪問:2014年2月

生簀風呂・・・と言えば鯖石温泉、もう1回入りにいきたかったなぁ。

静岡のレポート未だ続きます +゚。*(*´∀`*)*。゚+

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
2016.08.18

栃木_御宝前(白湯山)その2



御宝前の続きです。


貯湯槽から沢沿いを更に下っていくと、突然一気に視界が広がり、目の前の光景に声をあげました。
山肌が一面、赤茶けた温泉の析出物で鱗状になっており、斜面を這うように温かい温泉が流れているのです!!

12:20 御宝前到着
「わー、やっと着いたど!」
登ってみた!

温泉の分厚い析出物の層がまるで何かの造形物のようになっていました。
自然の力って凄い!!見ているだけでも興奮します。
thumb_P1000269_1024.jpg

山肌を上に登っていくと、勢いよく温泉が溢れる湧出口と湯船のような窪みがあり、40度弱の温かい湯に触れることができます。
「さあ上を目指して、もう少し登ってみよう!!!」
上から源泉

地面が割れて出来た湧出口からは大きな音をたて温泉が湧いていました。
独特なグネグネした地形や赤茶けた色など、秋田の野湯「奥奥八九郎温泉」を彷彿させます。
thumb_P1000139_1024.jpg

「すごーい!!」
目の前には山と空の景色が180度が広がり、その壮大な風景に声をあげずにはいられませんでした。風景も素敵ですが温度も高すぎず、低すぎずで、ちょうどいいのが嬉しいです。
thumb_P1000155_1024.jpg

ごろりん・・・
thumb_P1000187_1024.jpg

お湯からは強い金気臭が漂い、手で掬うと赤茶けた湯の花が舞っていました。
ちなみに、私の湯浴み着も身体も湯の花でまっ茶色です
茶色い湯花


更に、下流に行ってみると・・・

温泉と川の水が混ざった湯滝になっている所がいくつかありました。
thumb_P1000223_1024.jpg

先ほどの山の上の源泉よりも温度は低く30度前後ですが、見た目はワイルドです!!
湯滝

この湯滝は一番のお気に入り
1人ぐらい入れるサイズの滝壺があり、かなり快適に入浴できます。また、川底から温かい温泉が湧いている場所があり、適温の場所を探しながら入浴すれば更に気持ちよく入浴できます。
湯滝2

近くには、温泉が噴き出しているタンクもありました。「ドドドーー!」っと爆音をあげながら。
thumb_P1000251_1024.jpg

噴き出した余り湯が下流へと流れていく光景は、「贅沢」そのもの
thumb_P1000265_1024.jpg

滞在時間1時間足らずでしたが、本当に幸せな時間でした。


御宝前。
場所によっては温度も快適、しかも眺めがよく、
山登りの疲れを100%拭い取ってくれる至福の野湯でした。

ここから30分ほど川を下れば、もっと壮大な「両部の滝(雌滝)」という温泉の混じった滝があるようですが、
予定の時間よりも押していたので、今回は引き返しました。次は、御宝前+両部の滝のコースで楽しみたいです。

那須には、これまで何度も訪問しましたが、まだまだ隠れた
魅力的なスポットがあるんだなぁ〜。

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
2016.08.17

栃木_御宝前(白湯山)その1


栃木県 御宝前(別名:白湯山)

お盆休みで栃木に帰省していた際、どーしても温泉に行きたくなり、あれこれ探しているうちに、
以前から気になっていた御宝前に行こうと、急遽、訪れてみました。

御宝前は茶臼岳の八合目に面したところにある温泉の湧出地。
昔から霊場として栄え、多くの参詣者が訪れた場所でもあります。
また、現在でも、この場所から板室温泉の別荘地まで引き湯しているそう。

御宝前までは決して整備された道がある訳ではなく、登山道から外れ道なき道を行くため、予め地図上で場所の目処をつけるなど前日に下調べをしてから行きました。いつもの弾丸デスヾ(・∀・)ノ


AM 9:36
スタート地点の沼原湿原駐車場。
白湯山まで最短ルートをとるため、ここから歩き始めました。
最近、この辺りで熊が頻繁に出没するそうで、登山口付近には熊注意を喚起する看板が幾つかありました。
thumb_P1000002_1024.jpg

北海道の林道でも散々怖い思いをしたのに、栃木にもプーさんいらっしゃるのね。。
念のため、熊鈴をリュックに付けておきます。
thumb_P1000009_1024_20160817110125bc8.jpg

林道歩き、最初は緩やかな坂道が続きますが、1つ目の分岐を越えると突然、ロープを掴んで登る急勾配が現れました。最近、運動不足で少し辛い道のりですw
ロープ

途中、怪しい送湯菅がありました。もしかして、この送湯菅を辿っていくと御宝前までの近道になるかもしれませんでしたが、今回は予め下調べした登山道を歩くことにしました。
送湯菅

薄暗い林道が長く続き、余り景色を楽しむことはありませんでしたが、途中、一カ所だけ視界が開けホッと一息。
茶臼岳

姥ヶ平下分岐到着!後もう少しで登山道を外れます。分岐から三斗小屋方面に更に下っていきます。
姥ヶ平下分岐

AM11:45
姥ヶ平下分岐を過ぎ、15分ほど下っていくと、突如、登山道の左側に涸沢が現れます。
そう、この涸沢が御宝前への次のルート。ここからは完全に登山道を外れ、沢沿いに下っていきます。
涸沢へ

巨石を下り、薮を掻き分け・・・・
たまに、蜘蛛の巣が顔に付いたり少し荒れ気味の道だったので手袋をして歩きました。
thumb_P1000084_1024.jpg

だんだん、息が荒くなりながらも「あともう少し!」と自分に言い聞かせ約30分歩いたその時でした。どこからともなく水の音が聞こえてきました。同時に、目の前に貯湯槽とポリバスらしきものが!
貯湯槽

それにしても、誰がこんな所までポリバスを運んできたのか、不思議。。温度は約30度。からなり温めで、しっかりとした金気臭と少し炭酸ぽい味がします。
ポリバス

温度

あと、もうちょっとで目的地に着く予感・・。
ゴールへの期待と、浴びたい衝動を抑え(笑)更に下降します。
thumb_P1000097_1024.jpg


その2に続きます〜(^-^)/


*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*