2016.05.26

霧島周辺の湯巡り。

鹿児島 霧島周辺を廻ったときの記録です。
この日は、トカラ列島に行く前日だったので、時間に余裕はなく数ヶ所だけまわりました。


◆ドラム缶の温泉

広い空き地に、ドラム缶がポツン。塩ビパイプから薄目の重炭酸土類泉らしき温泉がドラム缶に勢い良く注がれていました。
P1460031.jpg

炭酸も割と多く含まれているのでしょうか。浸かってみると清涼感も感じます。
温度は41℃~42℃ぐらい。この時は5月頃で少し熱めでしたが快適に浸かることができました。
P1460037.jpg

このドラム缶の淵に付いてる析出物・・・
段々、成長していっているんですね(*ノ∪`*) 円柱の周りがモコモコでした。
お天気もいいし、最高のスタートダッシュです。
P1460055.jpg


◆前田温泉
静かな住宅地の中にある、温泉銭湯です。昔は湯治宿として営業されていたんですが、現在は日帰りのみの受付となっています。浴舎の横の民家でお金を支払い、いざ。
P1460019.jpg

浴室は鹿児島の銭湯らしいシンプルなタイル張りの浴槽で、壁や湯船は人々に愛され綺麗に古びていました。こういう銭湯は心が弾みます。
P1460010.jpg
※源泉名:姫城96号、泉温:53.6℃、泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉、pH:7.8

つるつるの純重曹泉が2つに仕切られた浴槽に贅沢掛け流し。全く予習せずに入ったのですがかなり肌触りもよく良い印象でした。大きな浴槽はぬるめ、小さな方は熱めになっていました。
P1460009.jpg


◆析出物こってりの温泉
個人の方が管理されている温泉でお願いし、寸志を支払って有難く入浴させていただきました。地元のお姉さんも入りに来られていたので、記念に写真を撮っていただきました。
P1450944.jpg

薄っすら笹にごりがかった重炭酸土類泉らしき源泉が、壁に設置された2つのパイプの湯口から同時に注がれていました。茶色や黒の析出物が波模様を描いていて、それは美しいものでした。
P1450950_201605260825497c2.jpg

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
下の温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*
スポンサーサイト
2015.06.14

鹿児島 霧島温泉 旅行人山荘

最近ブログのペースがかなり緩々になっています。。。。
コメントくださった方、ほんと亀レスで申し訳ないです。
いま、色んなことに挑戦している最中で毎日があっという間に過ぎていきます。
何となく形になるまでは、これからも少し緩いペースで更新していくことになりますが、
どうぞ、お付き合いくださいませ


さて。鹿児島の温泉訪問記 つづき↓

「4年前にここに泊まった時ね、露天風呂の前の庭に野生の鹿がぴょんぴょん
飛び跳ねるのを見て感動したの。それ以来、もう一度、このお宿に来たくって
お父さんに、また来ようねってお願いしていたのよ。」


お風呂で出会ったお母さんは、嬉しそうに話してくださいました。
わたしは初めてだったのですが、露天風呂で一緒だった方の多くはリピーターの方でした。

霧島温泉 旅行人山荘

過去に何度か予約をしたけれど、満室で泊まれなかったお宿さんですが、
今回、トカラ列島に行く前の日に宿泊することができました。
150430-042138-P1450704.jpg

ホテルの敷地内には、緑やお花がいっぱい。
散策も楽しめます^^
150430-054024001.jpg150430-054423002.jpg

【赤松の湯】※貸切
大人気の森のなかにある貸切露天風呂です。
こんな森の中を浴衣で通っていきます。
150430-175330001.jpg

150430-175427001.jpg150430-175018002.jpg

実は、旅行人山荘さんに来たら、自然と一体化したこの赤松の湯に一番入りたかったのですが
2か月前に電話をした時点で夜の時間帯以外は、もう予約が満員!
どうしても入りたいので何とかお願いしてお掃除後の早朝の6時半に入れていただきました。(感謝、感謝です。)
150430-174152-旅行人山荘

露天風呂は宿から少し山を歩いた木立の中にポツンとあるので、
プライベート感というか、自然との一体感が格別でした。
乳白色の硫黄泉は、見た目よりもあっさりと優しい浴感で長湯向き!
150430-174738-P1450846.jpg


【ひのきの湯】※貸切
赤松の湯と同じ貸切の露天風呂です。緑に光る木々が綺麗でした。
150430-193129-P1450900.jpg


【大隅の湯】※男女別浴場
この露天風呂が冒頭で、常連のお客さんが言っていた野生の鹿が見られる露天風呂。
この日は雨上がりでガスが多かったですが、晴れていたら遠く前方に桜島と錦江湾を臨む絶景なんです。
わたしを含め3人ぐらいの女性が、終始無言で、遠くの景色見惚れていました。
150430-050514001_201506082159437ef.jpg


湯の花さわさわ・・・・・・
源泉は約100℃の蒸気と熱湯で、水を加えることにより温度調節されていて
日によって湯の華の量が変わるのも、このお湯の特徴だそうです。
150430-045125001.jpg
源泉名:丸尾温泉97号、泉質:単純硫黄泉、泉温:65.3℃、微硫化水素臭、


【錦江の湯】※男女別浴場
二日目の朝は、女性風呂が錦江の湯でした。
こちらも眺望は良かったですが、「大隅の湯」の方が少し開放感がありお気に入りでした。
150430-180912-錦江の湯

この日わたしが泊まったのは洋室の広いお部屋でした。
1人泊だというのにもったいないぐらい、ゆったりとしていました。
150430-043119002.jpg

すごく、癒されたのは雨上がりの鳥のさえずりと蛙の鳴き声。
客室の窓を開けた瞬間、なんだろう。。。この上なく深い癒しに包まれました。
150430-180639001.jpg
動画を撮ってみたよ↓
【動画】客室から聴こえる鳥の声

標高700mの丘に建つホテルの敷地内にはたくさんの自然があり、
小鳥のさえずり、美味しい空気、お花、緑の木々・・・・
それらが全て一体化しているような空間でした。

数年前に紫尾温泉に泊まって感じた、窓を開けるだけで癒される感覚
これって、本当に鹿児島の魅力だと思う。

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
「温泉ボタン」を押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

「霧島温泉 旅行人山荘」
住所: 鹿児島県霧島市牧園町高千穂字龍石3865
電話番号:0995-78-2831
料金:(宿泊)1泊2食/9,950円から22,950円(休前日1,000円増)
    (日帰り)500円
2014.03.02

鹿児島_吉松温泉_吉松ビジネスホテル

初めて吉松温泉に行った時、鶴丸温泉・原口温泉の濃厚モール泉に感動し、
前田温泉の風情に圧倒されていましたが、ここだけはロストしてしまってました。

「吉松ビジネス ホテル」

そして、昨年、念願の吉松BHに 漸く行くことができました!!(・∀・)

「ビジネス ホテル」という言葉で、みなさんが想像するであろう
鉄筋コンクリートの高層ビルとは、また違う外観で、例えるなら・・・
1階建ての公民館のような造りのホテルです。
P1320323_2014030222553643a.jpg
P1320373.jpgP1320379.jpg
※ビジネスホテルの棟です。部屋に1つ温泉がついています。



敷地内の別棟には極上の貸切温泉「岩ノ湯」があります
ピンクの壁が何だか可愛い雰囲気です
よしまつBH
P1320386.jpgP1320387.jpg
※別棟の温泉「岩ノ湯」。ホテルのすぐ横にあります。


岩ノ湯の看板犬はちょっとシャイなダックスフンドくん♪
人見知りなのか、ベンチの下に隠れていました。
P1320393.jpgP1320391.jpg


こちらが吉松BHの濃厚モール泉
色はお醤油かブラックのコーヒーみたいに濃い。
P1320328.jpg
源泉名:馬塚武雄、泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉、泉温:60.6℃、Ph:7.6


モール臭と、柔らか湯に包まれてやや興奮気味のわたし(^^;
いっつも書いてる温泉メモを書き忘れてお湯に浸ってました。
よしまつP1320350.jpg
P1320330.jpgP1320363.jpg


泉質では、吉松で鶴丸温泉か、こちらの吉松ビジネスホテルが一番好きだなぁと。
この温泉がたった200円で貸切とは、さすが鹿児島です。
よしまつBH2

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「吉松温泉 吉松ビジネスホテル」(よしまつおんせん よしまつびじねすほてる)
住所:鹿児島県姶良郡湧水町鶴丸335-8
tel:0995-75-3390
料金:(日帰り入浴)200円、(素泊まり)3000円~
2013.10.05

鹿児島_藺牟田温泉_下ノ湯

川沿いにポツン、と佇む瓦屋根の建物。
周りを山に囲まれ長閑な雰囲気。

「藺牟田(いむた)温泉 下ノ湯」

建物は比較的新しいものでしたが、''町の人に親しまれる共同浴場''
らしい、こじんまりとした雰囲気や風情が漂い、わたしの頭の片隅に残っていたところです。
P1210015.jpg


2匹のわんころがお出迎えしてくれます。
「ワンワン、藺牟田へようこそワン
P1210031.jpgP1210030.jpg


P1210028.jpgP1210029.jpg
※写真左:脱衣所の看板。加温循環なしの100%かけ流しが謳われている。


ブルーのタイル張りで陶器のような美しい浴槽には、
中性の単純泉 約45℃のお湯が勢いよくかけ流されています
P1210017.jpg
※源泉名:下ノ湯、泉質:単純泉、泉温:45℃、PH:7.1、無色透明、無味無臭


顔全体が析出物で覆われた「ライオン湯口」。
湯口の上に置いてあるコップで、飲用もできるようです。
IMG_0325.jpgP1210020_2013100520272040b.jpg


肌ざわりが柔らかくお湯に包まれていると心地よいです。
藺牟田


特に強い香りや味がする訳ではなく、本当にクセのない優しい湯ですが
その新鮮さゆえ、浸かっていると純粋に気持ち良く満足感に浸れました。
P1210018.jpg

「はぁぁぁ~え~、お湯やった

,。・:*:・゚ '☆,。・:*: ☆.。.:*・°
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 
 ブログランキングに参加してます!
応援よろしくおねがいします。
,。・:*:・゚ '☆,。・:*: ☆.。.:*・°

「藺牟田温泉 下ノ湯」 (いむたおんせん しものゆ)
住所:鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田 2652-2
TEL:0996-55-1111
営業時間:6時~22時
料金:150円
2013.06.02

鹿児島_米丸温泉

温泉の効能は数あれど・・・

こちらの温泉の効能は珍しいんだと思います。

「米丸温泉」

鹿児島中央駅から車で約30分ほど走った「姶良」(あいら)
という地域にある、地元の方に愛される温泉銭湯。
ずっと前から気になっていたので、嬉しくてかなりハイテンションになってしまいました♪

道路脇の細い道を入った奥に、ひっそりと佇み、
看板もないのでわかりにくいかもしれません。
P1200692.jpg
※道路脇にひょこっと現れる木造の看板。これは見逃してしまいそう。。


一応、嬉しいときは記念撮影
草木に覆われた、玄関までの細い細いアプローチが
「秘湯へようこそ!」と言わんばかりのムードを出しています。
P1200690_20130601225535.jpgP1200687.jpg


何を隠そう、こちらの温泉の効能はトゲ抜き!!
お湯に浸かると、(トゲはもちろん)体に入った異物が出てくるんだそうです。
「うそだー!?」・・・・って思っている方!証拠があるんです。
フロントに置かれている薬瓶の中にはお客さんの身体から出てきた
「長~~~いトゲ」が展示されているのです。こりゃ、凄いわ。
P1200659.jpgP1200651.jpg


P1200650.jpg
※脱衣所の入り口。効能が書かれた張り紙一つにいたるまでレトロです。


浴槽もヘビー級です!!
コンクリートの浴槽はカルシウムでコーティングされ丸みをおび、
所々、鉄成分で赤茶けています。壁に飾られた「赤い夕陽の入り江」の絵画や
「昭和の匂いプンプンのポスター」がレトロ銭湯の雰囲気を高めてくれます。
P1200666.jpg
※「赤い夕陽の入り江」の絵画は米丸温泉のお客さん自ら描かれたものだそう。


銭湯大スキ!
このポスターは特に気になりました。骨董品クラスですლ(╹◡╹ლ)
P1200669_20130602115820.jpgP1200686_20130602120919.jpg



浴槽の湯は44℃ぐらいに加温されており常に熱め。
舐めると少しだけ炭酸味があり黄褐色の湯から想像するよりも、かなり微弱な金気臭がします。
P1200676.jpgP1200680.jpg
※米丸温泉、泉温:30.5℃(浴槽44℃)、PH6.0、弱黄色微濁、微塩味・炭酸味、
微金気臭、成分総計4032mg/kg(Co2 919.6mg)


男湯に張ってあったのは「富士山と本栖湖」の絵画で、
こちらも街中の銭湯によくある富士山のタイル絵を思い出させ、何だか落ち着きます。
P1200682.jpg


そうそう、常連さんの中には農作業をされている方々が多いんです。

「この間、畑を耕している最中に大きなトゲが手に刺さってね、
体の中に入っちゃったのよ。それで米丸温泉に通っていたら、
突然、突然、太ももからトゲが抜けて出てきちゃったのよ!」

と、同浴していた常連のお母さんが嬉しそうに語られました。
私は未だ体感していませんが、やはりトゲ抜き効果は地元でも評判のようです。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンを押してね
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「米丸温泉」(よねまるおんせん)
住所:鹿児島県姶良郡蒲生町米丸3275
TEL:0995-52-0248
料金:360円
営業時間:9:00~18:00