FC2ブログ
2019.04.14

鹿児島_霧島温泉 旅行人山荘(再訪)





「森の中で、人間と自然が共存しているホテル」

宿泊をさせていただいて、
こんな言葉が一番に浮かびました。

ここでの主役は鹿たち、小鳥たち、木々や花。
「主役が人間」じゃない、そんな非日常が魅力なんです。


「旅行人山荘」さん


わたし、このお宿さんが好きでね。家族を連れての再訪です(^^)/
色々迷ったんだけど、霧島の自然の素晴らしさを感じてもらうには、やっぱり、ここしかないかなぁと。
P1050794_20190413220428124.jpg


P1050769_201904141208125f5.jpg

P1050771_20190414120813f51.jpg
※広大な敷地の中に3つある貸し切り露天風呂へは、専用の散歩道を通っていきます。自然を愛でながら。



【赤松の湯】
旅行人山荘さんで過ごす時間は、まるで「おとぎの国」。森の中にたどり着くまでの小道を歩くと、野生の鹿2匹が迎えてくれました。3年前に泊まった時は、野生の鹿に会えることをリピーターさんから聞いたのだけど結局会えず・・・(涙)だから、すごく感激しちゃいました。
P1050749_20190413225943099.jpg
※写真の向かって右と左端に野生の鹿さん、見えますか?



ちなみに!!!

鹿は入浴禁止ですぞ^^
P1050774.jpg


原生林に囲まれながら、ひとり、静かに、小鳥のさえずり、それと、お湯が流れる音を聴く・・・・「ふぁ~至福
P1050763-2.jpg


動画も撮ってみたよ。
至福の時間を一緒にどうぞ♪
↓↓↓↓↓
【動画】赤松の湯


朝の肌寒い気温に熱めの湯、身体が一気にシャキッと温まります。で、心地のいい硫黄のアロマ・・・・もう1分、1分が愛おしくて、45分の貸し切り時間があっという間に過ぎてしまうのが現実です。心の叫びは(もっと時間長くして~)でした。
P1050816-2.jpg



【錦江の湯(上)/大隅の湯(下)】※男女別浴場】
次にお気に入りなのが、男女別の浴場です。今回わたしが感動でしたのは湯舟から見上げる「満点の星空」!標高が高い分、星がとっても近く、美しく見えるんです。その輝き方も数も都会で見るのとは格段に違います。
P1050857-2.jpg
※源泉名:丸尾温泉12・13・14・15号 混合泉、泉質:単純硫黄泉、泉温:62.4℃、pH5.5、成分総計:259.8mg/kg、微硫化水素臭、酸味なし


毎回思います(あぁ星空って、どうして上手く撮れないんだろう。。。)ってね( ;∀;)
P1050843.jpg



【客室露天風呂】
そして、再訪で一番たのしみにしていたのがお部屋の露天風呂です(^^♪この露天風呂、大変人気でなかなか予約がとれなかったんだけど、奇跡的にキャンセルが出て泊まれることになりました。24時間かけ流しっぱなし!新鮮なお湯を思う存分堪能。
P1050828-2_20190413195710a5b.jpg


夕方、露天風呂に浸かっていたら、鹿の群れが餌を食べにデッキの真下にやってきたんです。思わず、カメラ取り出してパパラッチですよ!
P1050831.jpg

動画を撮ってみたよ^^↓
【動画】お部屋の露天風呂から野生のシカを眺める♪



やっぱり、自然が好きで、自然にパワーをもらいながら、
不調の時を乗り越えてきた私は、こういうお宿さんが好きだなぁと。
特に旅行人山荘さんは、自然と共存している感じがすごくいい。

再訪して、より、このお宿さんの魅力を

もっと、もっと、もっと体感した気分です★

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+



「霧島温泉 旅行人山荘」
住所:鹿児島県霧島市牧園町高千穂字龍石3865
TEL:0995-78-2831

スポンサーサイト



2019.04.10

鹿児島_お父さんのガラスブロック風呂。




源泉はこっちだよ。ほら、下から湧いているのが見えるだろ?」

「ほ、ほんとだ!!!すごーい。」
P1050369.jpg
※底からブクブクと自噴する湯。


鹿児島に入った初日の夕方、どうしてもある温泉が気になった私は持ち主の方に会いに車を飛ばしました。おもむろにコンクリートの蓋を開け源泉を見せてくださっている男性、この方こそ、持ち主さんです。
P1050370_20190409143219801.jpg


もともと旅館を営まれていたお父さんですが、15年前にお母さんと死別したことをきっかけに旅館は閉業され、今では温泉を自分のお風呂として使ってらっしゃるのだそう。先ほどの源泉からわずか数メートル先に建つ浴室がこちらです。
P1050401.jpg


この鮮やかなミカン色!!!もとは薄濁りの透明ですが、浸かった瞬間湯の華が舞って一気に色が変わります。このミカン色とガラスブロックの可愛らしい浴室に惚れて、ずっと浸かってみたいと捜していた温泉でした。だから感激もひとしお(#^.^#)
P1050393_201904091659079d4.jpg
※炭酸臭、金気臭の程よいアロマです。温度は適温の約40℃。


浴室の淵の析出物はハリネズミのような小さなブツブツ(突起物)でいっぱい。こういうの萌えます♡
P1050415_201904091429216eb.jpg


思わず、クンクン・・・しちゃいたくなる湯口。こちらも析出物こってりです!
P1050406.jpg


今はもう使われなくなった脱衣所の棚がなぜか寂しげ。
P1050420_2019041008485812f.jpg


浴室を仕切るガラスブロックの向こう側には、もう1つ同じような湯舟があります(旧女性風呂)。こちらはお父さんが浸かってらっしゃるお風呂なんだそうです。こんな素晴らしい温泉に毎日浸かれるなんて、なんか夢みたい。
P1050411_20190409143123f97.jpg


「また、明日友達を連れて、遊びに来させてもらってよろしいでしょうか?」

余りにいい湯だったので、次の日、合流予定だった仲間を連れてきてあげたいと思った、私。
ダメ元でお父さんに尋ねてみました。

「あ~、明日はおらんかもなぁ・・・。
・・・明日はパチンコいこうと思って、ハッハッハ!ま、来られるなら電話ちょうだい」

「はい(#^.^#)」

お父さんはそっと電話番号の書いた紙きれを私に差し出してくださいました。
初めて訪れても、温かく迎え入れてくれる鹿児島の人たち。

この「あたたかさ」が一番の旅の思い出だったりします

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

2017.12.22

鹿児島_指宿温泉 吟松



指宿 砂蒸し風呂から徒歩3分、海辺に面した道路沿いに
幾つか中~大型規模旅館が立ち並びますが、その中でもひときわ大きく目立つのが

「花の温泉ホテル 吟松」さん。

砂蒸し風呂「砂楽(さらく)」が目と鼻の先という好立地で、温泉も砂蒸し風呂から源泉を引いてらっしゃいます。
今年11月初旬に泊まってきましたので、その時のレポを^^
P1140890.jpg


こちらにお世話になろうと思った究極の理由は、こちらのお宿のウリのひとつでもある「最上階の露天風呂」。海を見ながらゆったりと露天風呂に浸かりたかったからなんです。お風呂からだけでなく、お宿の裏口を開けると「目の前が砂浜~~!!」っていう夢みたいなシチュエーションを楽しめるんです。なんか和むなぁ~。
P1140884.jpg


砂浜ではホットコーヒーを注いでくださり、お泊りのお客さんは無料でいただくことができます。
P1140880.jpg


涼やかな潮風を頬に受けながらいただく熱々のコーヒー、身体をほっこりと包み込む日差し・・・・しあわせだなぁ。
P1140881_20171221170821c6b.jpg


最上階にある露天風呂からは、錦江湾を一望できます。特に夕暮れどきに空に浮かぶ、薄いブルーとピンクのグラデーションはたまらなく美しいです。あ~、疲れも吹っ飛ぶ!
P1140746.jpg


くぅ~”(*>ω<)o 
たまらないねぇ。絶景×温泉。
P1140738.jpg
※泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:72.9℃、pH:6.4、成分総計:11,300mg/kg(カルシウム 487.6mg メタイケイ酸 296.3mg)


お湯は成分総計1万超えの濃いめの塩化物泉。なめるとちょっぴり苦みと塩辛さが口に残ります。
P1140731.jpg


露天風呂の次にお勧めしたいのは畳敷きの大浴場。10人は余裕で浸かれる大きな浴槽ですが、お湯がいたって新鮮でした。飲泉許可も取得されているようで、肌ざわり、香り・・・鮮度の高い状態でお湯を楽しめます。
P1140816.jpg


これだけ広い内湯で、何も加えない源泉かけ流しを味わえるのは、湯量豊富な指宿マジックなのでしょうか(*'▽')
P1140823_20171221161115fb3.jpg


貸切の家族風呂でも、この新鮮なお湯を楽しめます♪
朝一に溜めたばかりの湯は、ほんのりと黄色がかっていて本当に綺麗です。
「あーーーもう帰りたくない。」
久々に鹿児島の極上温泉に身を包まれた私は、既に帰りたくない病になってしまってました。
P1140863.jpg


朝食も夕食も超ボリューミーです。旅の朝にいただく豚汁がほっこり美味しすぎましたぞ♡
P1140872.jpg



吟松さんの素晴らしいのは、もちろん、露天風呂からの眺めもそうなんですが、
これだけ大きな規模の旅館なのにもかかわらず、
しかもこの日は3連休で泊り客が多かったのにも関わらず、
温泉が新鮮な状態で楽しめること!!

泉質重視な私は、やっぱり、これに尽きます。

前回の指宿を訪れた時は、共同浴場を中心に湯めぐりしていたので、
旅館のお湯は殆ど堪能せずに終わってしまいました。
そういう意味でも、今回、指宿温泉の質の高さを再認識する良い機会となりました。

。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「花のホテル 吟松」
住所:鹿児島県指宿市湯の浜5丁目海辺の天然砂むし温泉隣
TEL:0993-22-3231
2017.11.23

鹿児島_妙見温泉 忘れの里雅叙園(No.2)




雅叙園さんのメインイベントは何と言っても「ラムネ湯」!!


この温泉に入ることを一番たのしみにしていました。

前編で見ていただいた通り、雅叙園さんはガチの鄙び宿ではなく、ノスタルジックな演出のもと造れた洗練されたお宿さん。けれど、浴室だけは簡素なコンクリート造りで、湯治場風の造りになっています。そんなギャップも好感がもてました。
P1140435_201711231535419e5.jpg


36℃~37℃のぬるめの湯にゆっくりと浸かると、体中が炭酸ガスの泡に包まれます。そしてじわじわと、温かくなってくるのです。口に含むと、微かにえぐみもあります。炭酸泉の規定値には達していないかもしれませんが、炭酸ガスの特徴を十二分に味わえるお湯です。
P1140447_20171123143139437.jpg
※未分析のため分析書なし。


こんな感じで泡文字も。書けちゃいます。
P1140493.jpg


湯船の直下から源泉が湧いているので、湯がすこぶる新鮮なのはもちろん、湯量も豪快!絶えず湯船から洪水しています。炭酸・ぬる湯好きにはたまらな~い一湯なのです(*'▽')
P1140245.jpg


そして、余りにも気持ち良すぎてウトウトしていたら、あっという間に日が暮れ、あたりは薄暗くなっていました。ちなみに写真手前の湯船は「建湯(たけるゆ)」と同じ重曹系の泉質で、熱めの湯です。ラムネ湯と交互に浸かれば永遠楽しめるという・・・(あかん、これはいつまでたっても出れないわ )という訳で、テキトーレポになってしまってすみません!
P1140300_20171123173704f0d.jpg


夕食時間、別棟の食事処まで外のお庭を歩いていくのですが、途中、オープンキッチンがあり、野菜や鶏肉を焼く板さんの様子が見られます。
P1140341.jpg


ちなみに、お野菜は全て姉妹館「天空の森」の畑から獲れた新鮮なものばかり。色艶も良く、食べる前に「絶対、おいしいぞ~っ」って期待感を煽ってくれるんですね。
P1140333_20171123175331f0f.jpg


夕食のなかで一番感動したのは、シャキシャキ新鮮な鳥刺し!!!!!自家製の鶏肉を甘い九州醤油で食べると、忽ち、幸せな気分になってしまいました。
P1140351.jpg


雅叙園さんは、温泉、食事、ロケーション全ての点で
最高のお宿さんでした。

お値段が少々高くても、心から癒されたい方にはお勧めかと(*'▽')

私も最近お疲れなんで(笑)

ぴったりのお宿でした。

。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


2017.11.19

鹿児島_妙見温泉 忘れの里雅叙園(No.1)



チェックインからチェックアウトまで、随所で感動させてくれる
統一されたノスタルジックなコンセプト。

食事時間以外は人とすれ違うことのないプライベートな空間。

そして、何より嬉しいのは温泉が湯治場風の造りで本格派であるということ!!

「もっと、早く泊まっておけばよかった~」と、後悔したほど素晴らしいお宿でした。
妙見温泉 忘れの里 雅叙園


茅葺屋根はウェルカムドリンクをいただけるちょっとした喫茶と食事処。目の前には見事に苔むした屋根のフロント受付の棟や、宿舎が並び、その外観を見ているだけで、ちょっとタイムスリップしたような気持ちになれます。
P1140655.jpg


演出!?
・・・・かどうかはわからないですが、チェックインが終わると絶妙なタイミングで鶏の親子がお出迎えしてくれます。「あらあら、こんな小雨の降る中、ありがとう。」実はわたし、昔、ひよこから鶏に育てたことがあり、そんな経験もあり、かなりこのウェルカムシーンに愛着を覚えてしまいました。
P1140532.jpg


喫茶「不忘舎」という名前の喫茶です。ここで、お抹茶とヨモギのお団子をいただきました。
P1140650.jpg


中にお芋のあんが入った、この季節らしいお菓子。美味しんだ、これがまた( *´艸`)
P1140202.jpg


雅叙園さんの客室は全部で10部屋。そのうち、8部屋(殆どのお部屋に)にお風呂がついています。「部屋つき露天」って聞くと、壺湯っぽいひとり用の小さいサイズを思い浮かべてしまうのですが・・・
P1140305.jpg
※写真は露天風呂がついていない方の「光」というお部屋。


見てみてびっくり!!
湯船は3-4人は浸かれる広々としてサイズで、しかも、大きな窓ガラスからは自然が望めるロケーションで贅沢すぎるものでした。(これは贅沢だあー)ちなみに、雅叙園さんの源泉は全部で3つあり、お部屋の露天風呂の源泉は、車で5分先にある「にわとり牧場」から引かれている57℃の熱めの湯。この時期だからでしょうか、湯船ではちょうどよい温度でした。
P1140219.jpg


わたしは、何はともあれ「温泉」です
温泉は宿舎から河原に向かって徒歩2-3分のところに泉質違いのものが2つあります。どちらも貸切になるので、チェックインするやいなや(いつものことですが)小走りでお目当ての温泉に向かいます。余談ですが、温泉に目覚めてから、「チェックインしてからゆっくりお茶ー!」なんて、到底できてない体になってしまいました(笑)温泉が頭に浮かんできて、温泉に呼ばれているかのように無意識に浴舎に走ってしまうのです。。。
P1140227.jpg


まずは、民芸調で洗練された浴舎「建湯(たけるゆ)」から!源泉は客室露天風呂と同じ57℃の熱い湯とお宿の敷地にある37℃のぬるい湯を混ぜて42℃ぐらいの適温になっています。ちょうど冬場には心地良い温度で、浸かると「あー気持ちいい!」と、至福のため息がこぼれてしまいました。
P1140412.jpg
※泉質:ナトリウム・カルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉、泉温:48.8℃、pH6.3、成分総計:2703mg/kg(メタイケイ酸231.4mg、遊離二酸化炭素659.4mg)


炭酸ガスと土類を含む重曹泉と、この周辺らしい泉質。安楽温泉や妙見温泉でよく目にする、温泉の成分で出来た小さなイボイボが気持ちを高めてくれます。 (熱めの適温、ちょっぴり炭酸のえぐみのある風味・・・・あぁ、妙見の湯に浸かれる休日・・・しあわせだあぁ)と、何度来ても感激してしまいます。
P1140417.jpg


すぐ横が川ということもあり、涼しい風とせせらぎが耳に心地い空間です。
P1140424.jpg


ちょっと暗いですが、こちらが隣の浴室。不思議なことに雅叙園の温泉は随時、空き状態で殆ど人とすれ違うことはありませんでした。ですが、温泉は随時大量かけ流し状態・・・いつみても無人の湯船から豪快に溢れるお湯を見て、なんだか神秘さえ感じました。
P1140401.jpg


さあ、次は、雅叙園さんで一番楽しみにしていた
炭酸ガスでしゅわしゅわ泡に覆われる、あの温泉・・・

「ラムネ湯」です(^^♪

今回はとっても興奮のお宿だったので、レポは2記事にわけまーす!

。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+