fc2ブログ
2023.09.26

富山_高天原温泉_高天原山荘 ②雲ノ平山荘~高天原山荘


何とか門限の16時までに、雲ノ平山荘に到着しました。この辺りの景色、本来は素晴らしいのですが、小雨でガスってて、何も見えません…( ;∀;)
P1260916_20230925160703acc.jpg


さて、雲ノ平山荘に何故泊まりたかったかと言うと、1つ目は山小屋とは思えないオシャレな空間を味わいたかったから。「雲ノ平食堂」では、食事に留まらず、デザートやワインまでバラエティ豊かなメニューをいただくことができます。木目調の温かみのある食堂は、まるで、東京都内のカフェにでも来たかのような雰囲気です。
P1260942_202309251611082da.jpg


本棚にも本がズラリと並べてあって、ここで景色を眺めたり、読書を楽しんだりできるんです。
P1260944.jpg


2つ目の理由は、山荘名物の「石狩鍋」が食べてみたかったから。中に大きなジャガイモと鮭が入っているのですが、食べ応えがあり、お出汁も本当に美味しかったです。横に座っていたお母さんたちも「うん、美味しい」と納得のご様子♡それにしても、今日はよく歩いたのでお腹の減りも尋常じゃない…。
P1260963.jpg


【AM6:30 雲ノ平山荘出発】
翌朝高天原に向けて出発です!標高が高いからでしょうか…次の日もガスガスww 木道でスリップしなように気をつけて歩きます。高天原山荘へは、約2時間半で着いちゃうはず。朝早く高天原温泉に到着し1日を堪能することも、雲ノ平山荘に泊まった理由でした。
P1270078.jpg
※2日目は道のりも短く、足取りも軽やか。


途中、ハシゴを2-3か所下りていくのですが、下りなので全くしんどさを感じません。高天原山荘から雲ノ平山荘に登っていく人たちとすれ違うたび、「何でこんなに早く高天原に行くんですか?もっと●●岳とか見所あるのに…」と、首を傾げられました。その度に「温泉に浸かれればいいので…。」と説明するわたし( ´艸`)どんな素晴らしい景色があろうと、1分1秒でも早く温泉に浸かることが優先です (笑)
P1270091.jpg


あと500m!!!憧れの高天原にこんな近距離まで近づいていることに感激です✨もう、休憩なしで一気に行きますよ。
P1270206.jpg


【AM9:18 標高2125m 高天原山荘到着】
そして!!ついに、ついに、高天原山荘到着。いや~、長かったなぁ。赤い屋根が見えた瞬間、声を上げて喜びましたよ。
P1270736.jpg


小屋に着くと、10時からのチェックインということで、すぐさま河原の露天風呂へ。「からまつの湯」は小屋から20分下ったところにあります。(これが割と遠い…(;^_^A) 河原には①男性(兼混浴) ②女性用 ③混浴の3つのお風呂があり、女性は全て入浴できちゃうという、女性に嬉しい宿なのです!!! 
IMG_9074-2.jpg
※河原の開放感バツグンの空間に露天風呂が3つ鎮座する。


まずは、開放感ナンバー1の混浴露天風呂から!いや、このピーカンの空とミルキーグリーンの湯のコラボ、もう最高じゃないですか。お湯はちょっぴり苦味があり、硫黄の香りが強いです。実はこちらの源泉は、前日から新しい源泉に変わったそうで、注ぎたては黒色をしていたのだとか。不思議ですよね、温泉って。場所によっても特徴がさまざま。
P1270696.jpg
※ 源泉名:高天原温泉、泉質:未掲載、泉温:57.8~62.5℃、pH:6.2、湧出量:毎分69ℓ
※ 上記は昭和62年の分析書のため参考まで。


お次は女性風呂です。河原に暖簾がゆらゆらと…いい感じです。
P1270769.jpg


まさかの、男性風呂より広~くて、ゆったり♡行くのは険しいけど、実は高天原温泉って女性に優しい宿なんですよ。温度は40℃弱、かなり温めでいつまででも浸かっていたい衝動にかられます。
IMG_9595.jpg

IMG_9067.jpg
※湯船から空を見上げる、しあわせな瞬間。


ちなみに、男性風呂はこちらです。四角い湯船。女性風呂の建屋と並んで河原にあります。
C098CDCE-FF20-4074-A913-73F20E89BFB9.jpg


「かんぱーーーい」
いや~、本当にいい湯でした。小屋に戻るともう15時ぐらい。喉も乾いたところで、小屋前のテラスで集っていた他の宿泊者さんと一杯。こんな秘境にわざわざ歩いてくる人たちの集まりだけあって、年齢も性別もバラバラだけど、みんな個性強めで話がおもしろい(人の事言えないけど 笑)単独で来てる人も多く、尚更、会話が盛り上がります。
P1270764.jpg
※山はこの瞬間が楽しい♪


夕暮れ時。小屋にオイルランプが灯ります。電気がこないので、高天原の夜はランプの灯で過ごす。やけに落ち着くんですよね。ランプだけだから、宿泊者が寝る時間も他の山小屋に比べて早いのには驚き。殆どの方が暗闇の中、19時半には就寝されてました。
IMG_9082.jpg
※オイルランプが灯る食堂


山ごはんは、ハムカツ、天ぷら、ゴマのパスタ、煮物など。それにお蕎麦。ボリュームもあって、どれも、おいしゅうございました♪
P1270852.jpg
※ボリュームたっぷりの夕飯


夕食後、小屋前のテラスに出ると不思議な景色に遭遇。っ夕日で照らされ山肌が薄っすらオレンジ色に染まってます。それを見つけた宿泊者たちがテラスで写真を撮ったり、眺めたり…。いいなぁ、ゆったり流れる山時間。
AFA9514E-56EB-4ACD-A75B-D818B34D0D9E.jpg
※夕刻、一瞬だけ愛でることが出来たオレンジ色の光


帰りは、行きとコースを変えて大東新道から帰りました。大東新道は戦前に高天原一帯で鉱石を岩苔乗越~鳥帽子~七倉に運び出していた大東鉱業が昭和30年代に切り開いた登山道。4つの沢を超え、ハシゴの上り下りのあるルートで簡単ではないですが、黒部川沿いを歩いていくので、私にとっては何とも爽快なコースでした。
4FFD05BB-E75D-4142-9A23-F81B042BE9D1.jpg
※河原の登山道。巨石にスプレーで目印を書いてくれているので迷うこともなく歩ける。


ちなみに、帰りのコースタイムですが、
6:05高天原出発→11:20薬師沢小屋→15:00太郎平小屋→17:20折立登山口でした。

そりゃ~もうね、1日目の雲ノ平山荘までは、本当にしんどかったです!!
でも、その分、朝から夕方までゆっくりと高天原のミルキーブルーの湯を堪能できたこと、それは狙い通りでした\(^o^)/
また、いつか、再訪できる日まで…


「温泉ボタン」を押して応援してね!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村



「高天原温泉 高天原山荘」
住所:富山県富山市有峰 字黒部谷割国有林112林小班
連絡先:076-482-1917
スポンサーサイト



Posted at 20:50 | 富山の温泉 | COM(3) | TB(0) |
2023.09.24

富山_高天原温泉_高天原山荘 ①折立~雲ノ平山荘


❝日本一遠い温泉❞と言われる「高天原温泉」へ行ってきました!

高天原温泉は、標高2125m、北アルプスの奥深くに建つ山小屋温泉。ルートは色々あるのですが、どの登山口からも、たどり着くには途中1泊しないといけないほど距離があるので、山屋さん、温泉屋さんにとって、言わば憧れの地なのです。

かれこれ10年前から「行こう、行こう」と思いつつ、最低でも3泊4日という長い休みを取らないといけないということで、日程調整が難しくタイミングを逸していました。

で、今年やっと実現できたわけです✨歩き始めは、富山県の「折立登山口の駐車場」。駐車場までは19時20分までに亀谷連絡所のゲートを通過しないといけないので、夕方には富山市内に入ってレンタカーを借りて向かいました。

1日目は、折立駐車場→太郎平小屋→薬師沢小屋→雲ノ平山荘という行程。ハードな旅の始まりです。
P1260645.jpg


【AM3:30 標高1371m 折立登山口出発】
未だ朝が明けていないのでヘッドランプを付けて登ります。
start.jpg


ここから1870mの所までは、岩ゴロゴロと土の登山道の急な坂が永遠続きます。意外にも、この登りでお腹が気持ち悪くなり胃薬を飲む…。いつもだったら何てことないのに( ノД`)シクシク…前日、車中泊で1時間しか寝ていなかったことが原因か…。
P1260687.jpg
※登山口から2時間ぐらいでベンチや椅子が。ここで漸く朝日がのぼり始めました。


更に登っていくと、朝が明けました~!見てください、この澄んだ青空✨向こうに見えるのは「有峰湖」です。ここから太郎平小屋までは、こんな感じで空に近い登山が続きます。
061A0427-86EC-48D9-B013-C8752E428C5C.jpg


この辺りで、身体も快調に♡♡ 太郎さん待っててね。
IMG_8648.jpg


【AM8:10 標高2330m 太郎平小屋到着】
ちょうど太陽も昇って、明るく涼しさも感じられる太郎平小屋に到着です。休憩もしっかりととりながら、折立から徒歩約4時間半、何とかコースタイム内。ここから高天原温泉まではスマホの電波とはサヨウナラ、下界との通信ができる最後の地でもあります。
E72ED763-49E4-4981-86E9-5E656BBABD3A.jpg


太郎小屋は未だお昼の時間ではなかったので、コーヒーだけをいただき、ホット一息休憩タイム♪はぁ、身体にしみるね~(*´Д`)他にも、カップラーメンやお菓子、ジュースもあって充実、充実!
P1260738.jpg


太郎平で20分ほど休憩した後、薬師沢小屋に向けて下っていきます!この辺りは、帰りが怖くなるぐらいの急な下りでした。
P1260749.jpg
※薬師沢までは下りが多いので行きはラクラク。


雲ノ平経由で薬師沢方面から登ってきたご夫婦と、すれ違いざまに言われた一言。「雲ノ平まで行くの!?ほら、正面に見える平な台地と突起した尾根、あれが雲ノ平よ~。行くまでに、その笑顔がなくなるわよ~( ´艸`)」と。「え、え、え、あんな遠い所までどうやって登るの!?怖すぎ。」と、何時間も先に恐ろしい行程が待っていることに気づいた私。びくびくしちゃいました。
P1260752.jpg
※正面の平な台地が「雲ノ平」だそう。


道中、山の妖精「オコジョ」とも出合いました。環境省指定の絶滅危惧種なんですって。希少な動物も見れて、いい予兆♪
IMG_9135_20230924150947ac3.jpg


【AM11:10 標高1912m 薬師沢小屋到着】
さぁ、最後の中継地点となる「薬師沢小屋」まで到着。薬師沢小屋は黒部川源流に建つ一軒宿で水が豊富。登山者の方々はここで水を汲んだり、お昼のうどんや持参のお弁当を嗜んでいました。
FC894D88-56AE-4CF2-B933-27E641F8C887 (1)


玄関には沢水で冷やされたジュースやビールが冷やされていたり、湧き出る蛇口から水汲みが出来たり…。久々の水場、、身体が潤います。今年は多くの山小屋で水不足が問題になっていたので有難い限りです。
P1260818.jpg


P1280108.jpg
※優しい出汁の薬師沢小屋 特製うどん


小屋で30分休憩をとり、腹ごしらえできたところで、いよいよ雲ノ平への「直登」へ。まずはハシゴをつたって小屋の真下の河原へと下ります。ここから高天原までは、①雲ノ平までの直登②黒部川沿いを歩く大東新道 合計2つのルートに分かれます。私は1日目、雲ノ平山荘に泊まるので①を通ることになるのですが、個人的に健脚出ない方は②の大東新道をお薦めしたいです(;^_^A 理由は…
P1260854.jpg
※ハシゴ、高所恐怖症なら絶対コワい…


この「直登」!直線距離では3km(実際にはもう少しある)ほどですが、一気に636m標高を上げていかなきゃいけません。今回、一番辛かったのがココです。道中ずっと薄暗いし、景色もない。ただただ岩を両手、両足使ってよじ登る…。苦行でした。
P1260855-2.jpg


映えスポットもないので、カメラはほぼ出さず…ひたすら登りますぜ~~
P1260861.jpg
※「岩」→「はしご」→「岩」の世界のはじまり、はじまり。


撮ったのはこの一枚だけでした。皆さまには、この写真からしんどさを感じとっていただければと。。
IMG_8729.jpg
※苔むした岩がまたツルツル滑って怖い!


直登を超えた「雲ノ平」付近は長~い木道が続きます。
DCF4E983-227D-421D-9D06-0E654B35D424.jpg


【PM16:00 標高2552m 雲ノ平山荘到着】
直登を4時間歩き続けると、木道を経て目の前に赤い屋根の小屋が!!「あ~、着いたぁ(感動)」。折立から歩くこと、実に16時間!!やっと、今宵お世話になる山小屋に到着です。なんか、今日は1日中歩いてたような気がする。ああ、なんて日だ!!笑
P1260907.jpg
※丘の上に建つ「雲ノ平山荘」。どこから歩いても遠い、❝日本最後の秘境❞と言われる雲ノ平に建ちます。


次に続く…。


「温泉ボタン」を押して応援してね!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
Posted at 15:40 | 富山の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2015.10.15

富山_祖母谷温泉_山小屋 祖母谷温泉

阿曽原温泉から下山し、疲れた足腰を癒すのに2泊目はここにしました。
欅平駅から歩いて30分の川沿いにある

「山小屋 祖母谷温泉」

祖母谷温泉は、近くの河原に''祖母谷地獄''と言い約80℃もある源泉地帯があり
その源泉地帯から、それぞれ露天風呂、内湯に湯を引いておられます。
その湧出量は圧巻で、祖母谷温泉だけに留まらず、徒歩15分先にある名剣温泉さんにも
お湯を供給されているんです。名剣温泉さんは2011年に入浴しましたが、
その時も硫黄の香り漂うつるつるのいいお湯だった記憶で、今回もすごく楽しみでした。
P1010714_201510151648592a2.jpg

宿から約5分歩いた先にある''祖母谷地獄''。
歩いて橋をわたる時、激しい噴煙が河原から上がっている様子が見えます。
宿に泊まって、露天風呂と野湯が一度に楽しめるなんて贅沢!
P1010507.jpg

P1010613.jpgP1010610.jpg

早速、宿に到着。
阿曽原温泉から下山した2日目は朝から激しい雨が降っており、レインコートを着るも
頭や顔はびしょぬれ。手ぶくろも雨水で濡れ・・・宿に着いて、物腰柔らかで優しい
ご主人が出迎えてくださり、何だかホッとしました
P1010608.jpg

【男性用露天風呂】
温泉に浸かりながら山の緑や紅葉を愛でることができる開放感抜群の露天風呂です。
P1010674.jpg
※源泉名:祖母谷温泉、泉質:単純硫黄泉、泉温77.5℃、pH:7.7、湧出量373ℓ/分
 成分総計793.8mg/kg(H2S:1.2mg/kg、HS- 5.1mg/kg、S2 O3 2- :2.3/kg)

露天風呂のお湯は、全て''祖母谷地獄''から引かれタンクに水を加えて調節されたもの。
加水はしていますが、依然、濃厚な硫黄臭、また消しゴムのような湯の華が舞い、
源泉の特徴がしっかりと伝わるものです。
P1010663_201510151650370f9.jpg

湯の華は白いものと、このように少し黒ずんだものが混ざっていました。
P1010704.jpg

P1010687.jpg

湯船からの視界。青くて広い空に心が洗われます。
P1010694_20151015211802636.jpg

【女性用露天風呂】
男性用露天風呂のすぐ裏に女性用の露天風呂があります。
男性、女性露天はどちらも同じタンクにブレンドされてから湯船に注がれるのですが、
心なしか女性露天の方が、湯の華が多く、硫黄臭も濃く感じましたので、
浴感はこちらが一番良かったです。不思議・・・若干源泉の割合が多いのかな。
P1010586.jpg


【内湯】※1つしかないので男女貸切制
ここは良かった!露天風呂とは異なり、源泉地から(タンクに溜めずに)直接パイプで
湯船に注がれるので、より源泉そのものの特徴を堪能することができます。
熱すぎる場合はカランで水を足せばいいんです。
P1010569.jpg

源泉の投入量も相当多く、お湯が湯船からあふれ出ています。
P1010561.jpg

【祖母谷地獄】
河原の底からプクプクと熱い湯が湧き、掘れば掘るほど熱くなる自然の源泉地帯です。
一帯は物凄い水蒸気に包まれ、目の前は視界をさえぎるような白い煙。
急にワイルドな世界に切り替わります。。
P1010614.jpg

横の冷たい川の水を混ぜながら適温化し、自分だけのMY露天風呂をつくります♪
「わあ、楽しい
手をくわえない自然の温泉はやっぱりいいです。
私が作ったミニ露天は、約40℃ぐらい。なかなか快適な温度を保ってます。
P1010628.jpg

この湯だまりが宿のお風呂の源泉です。ここから温泉がパイプで引かれてます。
湧出する源泉の量が多いからか雨が降っても殆ど温度が変わらないようです。
P1010620.jpg

最後に・・・
いい意味で大きく期待を裏切ってくれたのがお宿の夕飯。
厨房でご主人と息子さんが丸めては、揚げる連携プレーの手造りコロッケ、
宿の近くで採れた3種のキノコでとったお出汁が、絶妙すぎるキノコ汁(風味づけに煮干出汁)
そして富山で採れた新米と言い、山小屋で地物をふんだんに使った
美味しい食事をいただけるなんて、思ってもいなかったので感動でした。
P1010584.jpg

「キノコ汁は、祖母谷温泉近くで採れたものなんですよ!お出汁もキノコでとってます。
ぜひ、味わってみてください。お替りしたい方は、言ってくださいね♪」


素材の説明もご主人のお仕事。
丁寧な説明に、美味しい食事がより一層美味しく感じます。

自然に湧く良質な温泉と、心のこもった手造りの食事・・・
この2つがあったら本当に何も要らないなぁと改めて再確認できたお宿で
山小屋というよりも、ホスピタリティの詰まった民宿のような雰囲気ですね。
かなり心のツボに入ってしまいました・・・また、絶対に行きたい。

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
「温泉ボタン」を押してね
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

「山小屋 祖母谷温泉」
住所:富山県黒部市宇奈月町黒部奥山国有林内.
TEL: 0765-62-1038
営業期間:6月27日~ (2015年度は11月7日まで)
営業時間:午前10時~午後4時
料金:大人500円 、1泊2食9500円
Posted at 21:12 | 富山の温泉 | COM(7) | TB(0) |
2015.10.13

富山_阿曽原温泉小屋(露天風呂&食事)

阿曽原温泉 温泉・食事編デス

阿曽原温泉への道は前の記事にも書いたように、
ハシゴなどの上り下りがあり険しいのですが、

小屋から露天風呂へのアプローチだって険しいんです。
急な山道を谷の方へと下ったところにあり、この時ばかりは
「どれだけ脚を酷使するんだろう?」と思っちゃいました
P1010415.jpg

大体歩いて5分ぐらいかな。露天風呂が見えます。
P1010407.jpg


源泉はほんの僅かに硫黄臭がしますが、殆ど無臭に近いです。写真の後ろに見える
トンネルのような物(「高熱隧道」)の奥には、源泉のプールがあってそこからホースでお湯を引いています。
P1010371.jpg
源泉名:阿曽原温泉、泉温:90℃弱、泉質:単純温泉


「高熱隧道」のブルーシートの中を覗くと物凄い蒸気で前が余り見えませんでした。
立ち込める焦げたような硫黄臭。熱気。ちょっと恐いです。
P1010412.jpg


私がいいなぁと思ったのは、川へ向かって源泉を掛け捨てている、
このお湯使いの贅沢さ!これって、なかなかないですよね。
P1010438.jpg

ちょうど目の前は山の稜線です。
ちょっと、早めの秘境の紅葉を楽しみます。
P1010365.jpg

湯船から眺めると視界はこんな感じです。
登山で疲れた足はお湯に浸して癒し、日頃の疲れはこの景色で癒します。
P1010386.jpg

こんな山奥で、この日、この瞬間に一緒にお風呂に入っている偶然にご縁を感じるのでしょうか。
入浴客同士会話が弾みます。「どのルートから来られたんですか?」「阿曽原は初めてですか?」
などなど・・・・。山小屋では、初めて出会う人との会話が醍醐味だったりしますよね
P1010435.jpg

そして、18時。夜ごはんの時間です♪
阿曽原温泉では、お客さんが少ない時は鯵フライ。混んでいる時はカレー。
と献立が客の入りによって違うんです。で、この日は楽しみにしていた名物鯵フライ★ 
「豚汁もな、40人分作ったからお代わりしていいからね」
ご主人の低い声が食堂に響き渡り、みんな笑顔^^
P1010447.jpg
※山小屋だからと言ってあなどれない阿曽原温泉の美味しい食事。豚汁は甘めの味噌が最高。


もともと山岳部の部長で、富山県警山岳救助隊で活躍されていたという山小屋のご主人。
山のガイドも慣れていらっしゃっていることもあり、今年から阿曽原温泉まで案内するツアー

「日本一危険な温泉ツアー」を始められたそうです。
「今年は県内の60歳~上は80歳台の登山愛好家が応募してくださり、すぐ売り切れたんだよ。
来年はもっと県外の方とか幅広い人に参加してもらえたらなぁ」
と、笑顔でご主人。
P1010460.jpg
※この新たなツアーの記事は富山版の朝日新聞にも掲載されたそうです。


人も大らかだし、笑顔に溢れていて
ご飯も美味しい。
露天風呂のお湯は鮮度もよく開放感にあふれている・・・
本当に、こんなに遠くまで来れて良かったなぁと改めて思えた温泉でした。
P1010419.jpg


.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
よろしければ、ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

「阿曽原温泉小屋」(あぞはらおんせんこや)
住所:富山県黒部市宇奈月町黒部奥山国有林地内
TEL 0765-62-1148
営業期間:7月中旬-10月末
宿泊料金1泊2食 9,500円
Posted at 18:47 | 富山の温泉 | COM(8) | TB(0) |
2015.10.13

富山_阿曽原温泉小屋(道中いろいろ)

週末はトロッコに乗り継ぎ、欅平から徒歩でいく山の温泉「阿曽原温泉小屋」へ行ってきました。
もともと、この3連休に欅平駅~阿曽原温泉~仙人温泉~欅平駅という行程を組んでいたのですが、
色々事情があって仙人温泉が例年よりも早く閉まってしまったので、仕方なく

欅平駅~阿曽原温泉~欅平駅に組み替えました。
欅平駅から、阿曽原温泉までは徒歩で約4.5~5時間かかると言われており、長い距離に加えて
ハシゴをつかっての急な登り、高さ300mほどある崖の際を歩く「水平歩道」など、その行程は険しいことで知られいます。

金曜の晩から魚津で入り、土曜の朝いちばんのトロッコで欅平に到着。
リュックの中の荷物を最小限にし、準備完了。「さぁ~、登るぞ!」

【AM9:00】 欅平駅出発
朝一のトロッコに乗り込み、スタート地点に到着。既に登山客の姿が。
P1010228.jpg


いきなり、急なハシゴです。。。
「はぁはぁ。」息を荒げながら、一段一段足をかけながら登ります。
「心臓破り」って言葉が一番しっくりくるかな。
P1010233.jpg


ここからは、断崖絶壁をくりぬいてできた水平歩道を歩きます。
水平歩道は思っていたよりもきちんと整備されていたのが意外でした。
毎年手すりをかけたり、道の脇に丸太を設置したり・・・・
雪崩の多いこのエリアでは、毎年欠かさず関電の方が補修されるんだそうです。
既に、大雨によって緩んでいる手すりもあったほど。毎年張り替えは必須なんですね。
P1010253.jpg


ほら、こんな感じで鉄線の手すりが岩に張られているからこれを握りながら
谷と反対側を歩けば安全です。
P1010244.jpg


これは「志合谷」のトンネル。抜けるのに約5分ぐらいかかるのですが、
中がまた寒い!足元は沢水が常に流れていてぬかるみを踏んで歩きます。
横には見たこともないような大きな雪渓が残っていました。
雪渓がこの時期溶けないのは珍しく、今年は異常気象みたいです。
P1010293.jpg
※トンネルはヘッドライトと手袋をつけて歩きます。


一番、わたるのに注意が必要のは「大太鼓」というスポット。
絶景撮影ポイントでもありますが、実際は渡るのに夢中でそんな余裕は出ないかも・・・
P1010300.jpg

足を踏み外すと、この谷底に~
P1010297.jpg

ただ恐怖ばかりではありません。
見てください!色とりどりの紅葉に囲まれた登山道。
この美しい景色を間近で見れるだけでも歩く価値はありますね。
P1010478.jpg
※写真の山肌に水平に掘られた黒い筋が登山道です。


「きれい~
歩き出すたび、何度もつぶやいてしまいます。これから冬にかけもっと色づくのでしょう。
P1010470.jpg

高さ50mぐらいある壮大な滝にも出会いました。
思わず、立ち止まって見上げてしまうほどの絶景。お水も冷たくて美味しいんです。
P1010487.jpg


阿曽原温泉に着く最後のアプローチに出てくるのは、
急降下のハシゴ!足を踏み外さないようにゆっくりと下へ。
最後の最後で膝をいたぶる難所なのかも^^;
P1010312.jpg


そして、、、少し歩き疲れたその時。
まっすぐ先にキャンプ場とプレハブ小屋のような物が見え
P1010336.jpg

【PM12:40】 阿曽原温泉小屋到着
あ~、やっと着いた
休憩なしにここまでハイペースで歩いてきたので、片道3時間40分と予想外に所要時間
が短かったのでした。「お疲れ様!」
太くて低い声の山小屋のご主人が窓から顔をだして声かけしてくれたのがなんだかうれしかった。
P1010346.jpg
P1010421.jpgP1010319.jpg


玄関では、2食か1食か、それとも素泊まりか聞かれます。
私は2食分の宿泊料金を支払い指定のお部屋の場所を教えていただきました。
P1010342.jpgP1010339.jpg

「今日はガラガラだから、広い部屋に3組だけでゆったり使えるよ!」とご主人。
どうやら、人気の登山ルート「下の廊下」が今年は閉鎖でお客さんが少ないようです。
P1010428.jpg
※部屋に置いてある分厚い毛布と敷布団、枕を自分でセットします。ちょっと肌寒いお部屋です。


まあ、初日はこんな風にハイペースで行ったせいか疲れもそれほどひどくなく、
山小屋へ到着して即効、露天風呂に行ったり、本を読んだりして過ごしました。
次は楽しみにしていた、露天風呂にいきます。
P1010348.jpg

つづく・・・

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
よろしければ、ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
Posted at 17:37 | 富山の温泉 | COM(8) | TB(0) |