2016.02.13

山形_新高湯温泉 吾妻屋旅館

『昔は宿の下にあるロープウェイで頂上まで一旦登り、
物資を背負いながら、中腹に建つこの宿まで下りてこなきゃならなかったんです。』


ご主人が事前にお電話で教えてくださったとおり、
ロープウェイの乗り場から宿までの大よそ1km雪の上り坂は想像を超えるものでした。

この日はお泊りだったので、お宿の車に乗車させていただいたのですが、
後部座席から前方に見えるのは、ひたすら雪の壁と急なスロープ。
乗っていて「私の運転では到底これないな・・・って改めて実感します。

P1040244.jpg


着いたのは「新高湯温泉 吾妻屋旅館」さん。標高1126mにある山の一軒宿です。
P1040253.jpg

車を下りた瞬間、下界との気温差に驚き!米沢駅周辺では積もっていなかった雪が
2mぐらいの壁になっていてツララも凶器になりそうなほど、分厚い
P1040366.jpg

お宿に着いたのは午後4時過ぎ。日暮れを迎えようとする瞬間。
慌ててチェックインを済ませ、リュックサックを投げ捨てるようにして露天風呂へと直行しました。
相変わらず、温泉に行くとじっとしていられないなあ。
P1040320_20160213140529961.jpg


P1040263_20160213140634b95.jpg


◆栗の根っこ風呂
まずは、宿から階段を数段下りたところにある大きな木の切り株をくり抜いてできた
露天風呂に向かいました。湯船の広さは1人用の小ぶりな分、
注がれる源泉は絶えず溢れ、新鮮なお湯をたんまりと堪能ですることができました。
P1040269.jpg
※カルシウムー硫酸塩泉、pH:7.1、泉温:50.7℃、成分総計:1237mg/kg
※石膏臭が漂います。


マイナス数℃で入る、熱々の温泉は何とも言えない有り難味があります。
浸かった瞬間、「ジ~ン」と身体の芯まで温まり、細かい湯の華が舞いちりました。
P1040291.jpg

こちらは木の幹を縦半分の割って出来た露天風呂。
足を伸ばせば簡易な寝湯になる縦長のサイズがちょうどいいです。
余りにも外が寒すぎて、今度は湯船から出るのに覚悟が要ります。
P1040285.jpg
「ああ、ずっと浸かってたい


◆眺望露天風呂
・・・・とは言いつつも、眺望風呂だけは入っておきたい一心で
根っこ風呂から雪の階段を更に下がったところにある、こちらの広い露天風呂へと移動♪
P1040275.jpg

湯船のお湯は完全な掛け流しで、パイプから出る一定の湯量でしか注がれないため
根っこ風呂に比べてかなりぬるめの温度でした。(39℃ぐらいでしょうか?)
また、温泉独自の香りや特徴も根っこ風呂の方が顕著に感じられました。
P1040390.jpg

目の前には白い雪化粧した山々の稜線。
そして、ほんのりピンク色がかった空。
まさに絶景そのもの
「平日にこんな贅沢していいのかなぁ・・・」
P1040278.jpg


◆貸切風呂
宿の源泉はどれも裏手の山の200m先から引かれているそうですが、
こちらの貸切風呂だけは微妙に源泉地が他と異なるようです。
P1040441.jpg

その違いは沈殿している湯の華の量を見ればひと目で分かります。
一度足を踏み入れると大量の湯の華が舞い、お湯が一気に白濁しました。
ゴムのような硫化水素臭もし「ガツン!」と浸かり応えのある湯。
お湯の特徴的には、ここが一番好きだな~と。
P1040464.jpg

そして夜がふけていきます・・・
P1040304.jpg

夕食は地元の山菜や手造りこんにゃくなど素朴な田舎料理をいただきます。
わたしは、量が少なめのプランで予約したのですが丁度良い量でしたし、
何より、天ぷら&刺身のオーソドックスな旅館の食事じゃなく、素朴で一つ一つ丁寧に
作られているので大満足でした。お米も甘くて美味しい~^^
P1040325.jpg

◆内湯
翌朝入った総ヒノキの内風呂がまた、萌えました
年月が経ち黒ずんだ木造の柱や湯船が湯治場の風情を高めてくれ、
お湯が大量に掛け流されているところも豪快で気持ちいいのです。
P1040526.jpg

熱めの湯に包まれながら、薄っすら漂うお湯の香りを楽しでいると
またまた、幸せをかみ締めちゃいます
P1040500.jpg

新高湯温泉さんは、お料理も浴室もお部屋の造りも素朴な山小屋風のお宿さんでした。
余計な演出などがない分、豊富な温泉資源を「これでもかっ」ってぐらい
味わうことができる。

雪などアクセスの困難さもあるのでしょうか、冬はお客さんも少なめで「秘湯」の雰囲気
が増しているのも良かったです。
ゆっくりと流れる時間のなかで、思う存分温泉に向き合えるお宿さんでした。

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
「温泉ボタン」を押してね
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

「新高湯温泉 吾妻屋旅館」
住所 :山形県米沢市大字関湯の入沢3934
TEL: 0238-55-2031
料金:私は1泊2食12,420円のコースで泊まりました。
スポンサーサイト
Posted at 14:20 | 山形の温泉 | COM(6) | TB(0) |
2013.02.02

山形_赤倉温泉_ひやま温泉 お湯センター

雪がしんしんと降り積もる
赤倉温泉街を横目に橋を通り過ぎると、少し外れたところにポツンと一軒
日帰り施設兼お宿の「ひやま温泉山荘 お湯センター」さんがあります。

ここへ来るときは、何故か毎年「真冬」。
私の頭のなかの赤倉温泉は、豪雪の景色以外ありません
小国川沿い_R
※橋から見渡す赤倉温泉街


厳密には「ひやま温泉」という名前ですが、
赤倉温泉の一部のお宿さんなんです。
すぐ近くには赤倉温泉スキー場もありゲレンデ帰りのお客さんも
よく温まりに来られるそう。
ひやま山荘_R
※上写真:玄関。てか、雪で何もかも真っ白!!(笑)


見てください!車に積もった雪の層!
デッカイ雪の帽子みたいに、ん~1m以上はありました。
玄関に入ると寝起きの番犬ナナちゃんが出迎えてくれます。
P1170465_R.jpgななちゃん_R

で、これがお目当て。
むひひ(*´艸`*)(*´艸`*)
P1170456_R.jpg

全長約20mの泳げる露天風呂
さすが、「お湯センター」と言うだけある!スケール大。
ぷーる_R


もともとホテルのプールだった所を今のオーナーが買い取り、
岩魚を飼うための生簀にして、その後、人間が入る温泉に進化したとさ。
人間(プール)→魚(生簀)→人間(温泉)という深い歴史を持つ温泉でございます。
頭に雪_R


お湯はね、しっかりとした石膏臭と微硫黄臭
のする新鮮で、柔らかいお湯。
お水を一切加えずにこの広い露天風呂を埋めてるのがすごい。
P1170419_R.jpg
※源泉名:日山温泉2号源泉、泉質:カルシウムー塩化物・硫酸塩泉、泉温:66.7℃(浴槽内40℃弱)、
PH:8.4、優しい印象の赤倉のお湯のなかではしっかりと香りや味を楽しめます。


特に、この消化ホースのような珍湯口から出てくるお湯の香り!
最高でした。アチチだけど、手にすくって飲泉すると少~し塩辛い。
P1170402_R.jpg湯口_R


この日は東北でも珍しいぐらいの猛吹雪だったので、
ちょっと景色に目を奪われると頭には白い綿帽子ができます
手で払っても払っても、また帽子ができる・・・そんな感じ。
プールから見上げる_R


露天風呂で遊んだ後は、身体を暖めに43℃の内湯です。
浴室内は温泉のアロマが効いたスチームが充満してほっかほか。
内湯_R

さらさらと湯船から耐えず透明のお湯がオーバーフロー
気持ちいいぐらい綺麗なお湯です。
P1170411_R.jpgさらさらとオーバー_R


オーナーのお母さんは山形は尾花沢生まれの大阪にも長く住んだことが
ある方。と~っても気さくな方で話が盛り上がりました。

ご夫婦で東北旅行中に赤倉温泉のお湯に恋して
こちらの山荘を買い取ったそう。

試行錯誤して出来たプール風呂は、
豪雪の東北では珍しい冬期もやってる開放感抜群の露天風呂
貴重な体験が出来ました。

ありがとうございました(o゚∀゚)ノ
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
上のボタンをぽちっとお願いします m(._.)m
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「赤倉温泉 ひやま温泉 お湯センター」
住所:山形県最上郡最上町富沢834-5
電話番号:0233-45-2816
料金:500円
営業時間:10:00~17:00

Posted at 11:01 | 山形の温泉 | COM(3) | TB(0) |
2012.06.29

山形_肘折温泉_丸屋旅館

山形の湯めぐりの追憶ですー

肘折温泉
肘折温泉は周囲を山に囲まれた盆地にあり、
日本でも有数の豪雪地帯でもあるんです。
もっとも雪に馴染みのない私・・・
道中、背丈の倍ぐらいある雪の壁に圧倒されます。
P1280743_R.jpg

ここの温泉地、もう一つ魅力があって
今でも昔ながらの湯治宿や、湯治客を対象にした朝市
などが残っているんです。

この日宿泊したのは丸屋旅館さん。
明治創業の老舗旅館でありながら、女性が喜ぶような
レトロモダーンな内装と木造3階建が特徴的なお宿さんです^^
P1280855_R.jpg
※上写真:丸屋さんの概観。

レトロ&Cuteな備品たちー
P1280850_R_20120629000654.jpgP1280863_R.jpg

【館内】
廊下のところどころに和紙や木で造られた
可愛らしい灯があり、1つ1つのデザインも違うので見ていて飽きません。
P1280848_R.jpgP1280988_R.jpg
P1280845_R_20120628205510.jpgP1280841_R.jpg

【お部屋】
お部屋は寝室とコタツのあるお部屋、2つに分かれており
嬉しかったのは、既にお布団が敷かれてあったこと^^
さぁ、今日も温泉入ってゴロリと寝るぞ!
P1280766_R.jpgP1280763_R_20120628210031.jpg
※写真左上:こけしが付いた可愛らしいルームキー。

【内風呂:檜葉の湯】
初めて入った肘折の湯。
絹のようなきめ細かい肌ざわりで、そこには繊細さがありました。
想像していたより、強いクセのない印象です。
P1280868_R.jpg
※源泉名:組合2号泉、泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉、泉温:84.6℃
(浴槽内約42℃)、PH:7.4 、色:茶褐色濁りの半透明、香り:ごく僅かな鉄、
味:薄っすら塩味、鉄味、感触:湯上りはさらっとしています。
※温度が高いため加水

【露天風呂:綿乃湯】
朝風呂で行ってみましたが、
湯船からは、しんしんと降り続ける雪の塊が
朝の日差しに照られ、なんとも幻想的な世界でした。
んで、数分間目を瞑ってみました(眠気でウトウト^^;)
P1280873_R.jpg
P1280878_R.jpgP1280880_R.jpg
※写真右上:露天風呂からの眺め。なんだか幻想的です。

【貸切風呂:幸鶴の湯】
P1280976_R.jpg

肘折の温泉街をサンサク。
これも楽しいです。
レトロな郵便局やお土産屋さんに感激しながら、長靴でざくざく雪の中を歩く。
P1280955_R_20120628215756.jpgP1280935_R.jpg
路地裏に共同浴場がありました。
近くの居酒屋さんにお声がけして入浴~♪
P1280962_R_20120628220034.jpg
P1280971_R.jpgP1280966_R.jpg
P1280947_R.jpg
※源泉名:組合2号泉、泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉、泉温:84.6℃
(浴槽内約46℃)、PH:7.4 、※温度が高いため少しだけ加水。

水で殆ど埋められていない一番湯だったので、
温度は3分間もじっとしっているのがやっとの熱さでした!
でもその分鉄の香りが主張する、つっるつる、すっべすべの重曹泉らしい感触

「肘折の湯の特徴」がよく分かる湯でした。
つづく

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
今日からまたお出かけしてきます。
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
Posted at 11:07 | 山形の温泉 | COM(8) | TB(0) |
2012.04.08

山形_銀山温泉_柴田屋旅館&共同湯「おもかげ湯」

やってきました銀山温泉

銀山の温泉街に入れば、
「時が止まったかのようなノスタルジックな世界」
が目の前に現れます。

橋・建物・灯りの造りなど、
山奥とは思えない程 趣き深く、洗練されているんです!

「1度でいいから、雪の銀山温泉」に行ってみたい。
去年の暮れから密かに抱いていたミッションでした。

ちなみに^^;
この日は豪雪。雪の塊が土手から川に滑り落ちていたり、
家屋が雪に飲み込まれそうなほど。
P1280293_R.jpg

到着したぜ~い♪
P1280285_R.jpg銀山にきた_R

宿泊先の柴田屋さん到着♪
能登屋さんなど有名旅館と同じ銀山のメインストリートに建つ
ご夫婦で経営される小規模なお宿です(1日に数組しか予約を受け付けない)
安価でお部屋も清潔、立地も抜群に良いのが宿泊の決め手となりました。
柴田屋_R
お部屋_R下駄_R


念願の場所に遂に来たという嬉しさと興奮で、
部屋にじっとしていることが出来ず・・・早速ではございますが^^

ぎんざん・さんさく!

【共同浴場「おもかげ湯」】
地元の方が主に使われる共同湯です。
9時~17時の間であれば、一般客も50分間の貸切制で入浴できますよん♪
P1280332_R.jpg
おもかげ入る。_Rおもかげ湯口_R
※ナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉、泉温:63.4℃(浴槽内44.1℃)、泉温:63.8℃
PH:6.6、色:微白濁の透明、独特のしっとり感があり、塩味と微かに硫黄臭のする湯でした。
銀山温泉のお湯の特徴が強く感じられる一湯です。


【温泉旅館「能登屋」さんのライトアップ】
「千と千尋の神隠し」と表現している観光客の方もいました^^
横で「ふんふん、分かる!」と頷きます。
のとや_R
らんぷ_RP1280334_R.jpg
しばた屋さんから_RP1280409_R.jpg
幾ら歩いても感動が止まない
銀山の夜景です。


【柴田屋さんのお風呂】
銀山温泉の楽しみ外湯巡りが終わったら、待望の宿湯へ
P1280472_R_20120408135655.jpg
P1280468_R.jpgP1280474_R.jpg
P1280490_R.jpgP1280493_R_20120408130332.jpg
2階にある「貸切湯」は何とポリバス!
この小さな浴槽で源泉を独り占めできるのがい~んです
夜からカランの蛇口を少しだけ緩めておけば、
次の朝には適温の極上湯に入れるってわけです^^

柴田屋さんの湯も(おもかげ湯)と同じ共同源泉が張られているのですが、
微硫黄臭に鉄の香りが強く、色も濁っていたり、
析出物が多かったり、特徴が少し異なるように感じました。
しかし、こちらも熱めのいい湯です^^

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「銀山温泉 柴田屋旅館」(ぎんざんおんせん しばたやりょかん)
住所: 山形県尾花沢市大字銀山新畑441
TEL:0237-28-2162
料金:(宿泊 ) 8500円~
営業時間:日帰りのみ不可
Posted at 15:55 | 山形の温泉 | COM(20) |
2012.03.22

山形_羽根沢温泉_共同浴場

加登屋食堂。

ここで、中華そばを食べたのが旅の始まり。
P1280520_R.jpgP1280522_R.jpg
※左上写真:加登屋食堂の暖簾。右上写真:お昼の中華そば。


お腹が満たされると、タオルを持って
川沿いへ♪

3月下旬だというのに、雪が溶けるどころか一面銀世界!
景色に気を奪われながら川沿いを共同浴場に向かって歩きます。
P1280524_R.jpg
「羽根沢温泉 共同浴場」
僅か5軒ぐらいの宿が並ぶ山間の小さな温泉地にあり、
とっても静かな雰囲気。

羽根沢温泉は、1919年石油の試掘を行ったところ
温泉が湧いた!というのが始まりだそう。


共同浴場の入り口です。
ひょこっと現れるトタン製の入り口!
それに温泉マークの暖簾!!
組み合わせが何故かそそりますよね。
P1280526_R.jpgP1280525_R.jpg
※左上写真:男女の脱衣所前にあるベンチ。


一見何の変哲もない共同浴場の湯船なのですがね~。
湯船の中を歩くだけでも滑って転びそうな「にゅるにゅる感」
そして、「油臭っぽい独特の香り」を感知。
ふ~む。インパクト大です^^;
P1280533_R.jpg
源泉名:羽根沢温泉 共同浴場、泉質:ナトリウムー炭酸水素・塩化物温泉、泉温:47.2
(浴槽内44.3℃)、PH:8.4、色:少し白濁した透明、味:程よい塩味に微硫黄
(とっても飲み易い!)香り:微油臭、特記:●感触はにゅるにゅる ●黒や白の湯花が浮遊
●成分総計:3848mg/kg、炭酸水素イオン:1636mg/kg 、硫化水素イオン:1.9mg/kg

湯ぐち_R

ゼリー状の湯花がいっぱい!
私はこれを「くらげ」と呼んで、捕まえてました(笑)
くらげ_Rはねざわ入る縦_R
※上写真:くらげ捕獲の瞬間。


実は行く前までは、それほどリサーチはしておらず、
特段、大きな期待は抱いてなかったのですが・・・

行ってみて、
これまで余り出逢ったことのないタイプのいい温泉に
出逢うと、なんだか嬉しくなります。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「羽根沢温泉 共同浴場」(はねざわおんせん きょうどうよくじょう)
住所:山形県最上郡鮭川村大字中渡1321
TEL:0233-55-2539(羽根沢温泉旅館組合)
営業時間:8時~17時(冬期10/1-3/31)、8時~18時(夏期4/1-9/30)
料金:大人200円
Posted at 01:27 | 山形の温泉 | COM(18) | TB(0) |