fc2ブログ
2016.01.16

大分_国東半島の湯巡り。

2015年春に行った、大分県は国東半島の湯巡り。
なかなか、体力勝負な湯巡りでした。
纏めてレポします~★


◆富貴寺温泉 蕗の薹

地元の方々の手によって運営されている宿です。
地元産の野菜や合鴨、お蕎麦を使った農家料理が有名で、本当は1泊2食したかったのですが、
夜には仲間と宴会があったので1泊朝食付きで予約しました。昼食や宿泊で入浴が可能です。
P1440970.jpg

温泉は土類系で、少しだけ金気臭がします。
さらっとしていて優しい肌触りです。
P1440899_201512061559320fc.jpg
※源泉名:富貴寺温泉、マグネシウム・カルシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉、泉温:32.6℃


蛇口からは、自分で好きなだけ加温の源泉と非加熱の源泉を混ぜて
楽しめるようになっていますよ。
富貴寺温泉2


基本は「温泉目当ての私」ですが、朝食に出た素材が全て新鮮で美味しく忘れられません。
地元の玉子や竹の子、蕨など全て食材は、地元の方からおすそ分けでいただいたもの
なんだそうです。「彩り」を見ても分かると思いますが、本当に美味しいんです^^
P1440956.jpg

食堂は全て木づくりで、窓からは豊後高田のほのぼのとして田舎の風景が臨めます。
ここで、食事をとっているだけでも都会の喧騒から離れて「ホッ」と一息つけそうです。
P1440941.jpg


◆拍子水温泉 姫島村健康管理センター

翌朝は、フェリーに乗り込み姫島に渡りました。
姫島でお目当ての温泉は、1軒。しかも港でレンタル自転車を借りて約20分こがないと
辿りつけません。フェリーの時間の兼ね合いで姫島では僅か50分の滞在時間で、
往復+入浴をせねばならず・・・これはこれで、弾丸ツアーでおもしろかったです。
P1440982.jpg

『休憩なしで20分疾走。自転車、しんど~い
P1450068.jpgP1450048_201512061620564f7.jpg

姫島に着いてから、観光もせずひたすらレンタル自転車を全力でこぎ続け
汗びっしょりで漸く目的の温泉施設へ。
『やれやれ、大分で運動すると思わなかったよ
P1450035.jpg

駐車場には、池があり物凄い勢いで源泉が湧き出ていました。
湧出口から直接すくって飲泉してみると、サイダーを飲んだ時のようなシュワシュワ感と
炭酸味、金気臭がしました。
P1440998.jpgP1450043_20151206192041287.jpg

浴室では、たくさんのおばあちゃんが楽しそうに集っていました。
邪魔にならないように、そっと湯に浸かります。
浴槽は2つに仕切られ加熱・非加熱の源泉を両方楽しめるように造られています。
炭酸ガスの含有量は1600mg/kgもあるので、1分もすれば手足に泡がつきました。
P1450006.jpg
※源泉名:拍子水温泉、炭酸水素塩泉、泉温:24.9℃

『もう帰るのか? また姫島にきいやー!』
『はい、また、絶対ゆっくり来ます!』

フェリーの関係で滞在時間僅か10分だったのがなんとも申し訳なかったですが、
地元のおばあちゃんは皆さん歓迎してくださり、姫島の方の温かさを感じながら浴室を後にしました。


◆国見温泉 あかねの郷

宿泊もできる温泉施設。周りを山に囲まれ、自然に浸りながらゆったりするのは格別でした。
P1450127.jpg

硫酸塩泉らしい、お肌に吸い付くようなしっとり感のあるお湯でした。
ほんのり金気臭と微硫化水素臭がして源泉自体の特徴も楽しめます。
どうしても気になったのは、これだけお湯が良いし自然も満喫できるのに、
休日にしてはお客さんが少ないこと。ある意味「秘湯感」があって良かったです。
国見温泉あかねの郷
※源泉名:国見温泉あかねの郷、カルシウムー硫酸塩泉、泉温:39.2℃

P1450129_20151206202923ac5.jpgP1450136.jpg
※写真左:ちょっと臆病な愛犬カボス君。
※写真右:お昼ご飯が美味しかった~。


◆夷谷温泉

国東半島の中心にあり、奇岩や怪石が無数にむき出しになり連なっている
「夷耶馬」という景勝地の近くにある日帰り温泉施設です。この辺りも山深かった~。
P1450121.jpg

赤茶色のお湯が印象に残った夷谷温泉。
こちらも硫酸塩泉で、しっとりするお湯で口に含むとしっかりとした金気味がしました。
P1450093.jpg
夷谷温泉


◆国東六郷温泉 花いろ温泉

1,130mg/kgの炭酸泉です。こちらの源泉浴槽ではしっかりとした炭酸の特徴が楽しめて
凄く良かったです。24.2℃と30.9℃の源泉槽があるのですが、
39℃の方は浸かれば浸かるほど炭酸ガスで清涼感と共に温かさが増してきます。
炭酸ガスで血流がよくなっているのがよく分かる一湯でした。
P1450194.jpg
※とっても人が多い人気の施設だったので、源泉槽のショットだけ

1つだけ、贅沢を言わしてもらうなら
姫島にもう少しゆっくり滞在したかったです。。。(涙)

温泉に浸かりながらお母さんたちとゆっくり話したかったなぁ

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
「温泉ボタン」を押してね
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
Posted at 13:23 | 大分の温泉 | COM(7) | TB(0) |
2014.11.27

大分_天ヶ瀬温泉 山と革 金木犀さん(古園湯)

天ヶ瀬温泉 の散策。

その後、天ヶ瀬の町を散策してみました。
天ヶ瀬温泉の革工房の金木犀さんで小さなお財布を購入し、気さくなご主人とお話しした後
敷地内にある温泉に入れてくださいました。

茂みに隠れてポツンと建つ古い木造の浴舎。
天井付近には湯抜きもあり、昔ながらの共同浴場のたたずまい。
地元の方も入りに来られる共同浴場ですが、お昼まで誰もいらっしゃらなかったので
邪魔にならないように、暫しの間お邪魔しました。
P1390225.jpg

窓からちらっと中を覗くと、底にこんもりと白い湯の華が沈殿していて、
上半分が透き通っていて、なんとも言えない美しさでした。
「うわ、、綺麗!」と思わず声を出してしまいます。
P1390156_20141124094112e36.jpg

お湯に浸かると、「ほわっ」と湯の華が舞い、忽ちお湯が乳白色に変ります。
お湯は43℃ぐらいの熱めで、硫化水素臭が少し強め。単純硫黄泉だそうです。
「こんなに濃厚な硫黄泉もあるんだぁ、天ヶ瀬温泉は深いなぁ」と改めて感動しました。
P1390184.jpg
※分析表は非掲載


湯の華1つ1つは綿毛のような形をしていて、凄く細かいです。
ほんわり広がります。本当に素敵
P1390197.jpg

男女1つの湯船と、脱衣所と一体化した浴室がまた風情があります。
こういう共同浴場の造りは、東北や伊豆、長野などの古い共同浴場でよく見かけますが
本当に、毎回、良いなぁと思います。
141116-002315.jpg
141116-002301.jpg141116-002227_20141127225918542.jpg



ちょうど、窓の外を飾っていた紅葉も、赤く色づいていて絵になります。
浴舎や外の景色に惚れ惚れし、お湯に触れてまた笑顔になります。
141116-000624.jpg

わたしが買った赤い小銭いれ。本当の革製なのに、500円でした。
よし、これに小銭を入れて銭湯をまわろう
141116-091541_20141127223610f54.jpg

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
「ポチ」っと押してね
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「山と革金木犀さん」
住所:日田市天瀬町桜竹439-1
Posted at 22:42 | 大分の温泉 | COM(5) | TB(0) |
2014.11.24

大分_天ヶ瀬温泉 みるき~すぱサンビレッヂ

久々の天ヶ瀬温泉

大分県産業科学技術センターさんからのご依頼を受け、
アドバイザー役として、天ヶ瀬温泉の旅館
「みるき~すぱサンビレッヂ」さんへお招きいただきました。

みるき~すぱサンビレッヂさんは、昨年8月に新源泉「2号源泉」という
中性の温泉が多い天ヶ瀬では珍しい、アルカリ性のお湯を掘削され、
従来よりも、ますますお宿をより良いものにされるよう、
全社的に取り組んでおられるお宿さんです。

2号源泉の肌触りがまた「ぬるぬる」でおもしろい(後でじっくり紹介しますが)
余り「ぬるぬるする」イメージのない天ヶ瀬の湯のイメージを覆すインパクトでした。
P1380899.jpg


お宿の前につくられた、源泉の滝。
ここで、そのぬるぬるの2号源泉の感触がわかります。
P1380892.jpg
※お宿の前には飲泉所や手湯、源泉の滝などがあります。


【2号源泉:岩風呂 和みの湯】
(女性専用内湯&女性専用露天・混浴打たせ湯)


みるき~すぱサンビレッヂさんには飲用の温泉として1号源泉、
浴用として、2号源泉、3号源泉 合計3本の源泉があるのですが、
わたしはまず最も気になった2号源泉の感触を味わいたく岩風呂へ行きました。
P1380907.jpg

岩風呂の最も奥にある、打たせ湯です。(ここだけ混浴スペース)
私の心に残ったのは、ぬるぬる感と無数の白い湯の華そして、柔らかい硫化水素臭。
女性専用露天風呂から更に奥の「打たせ湯」に行くと、更に、さらに
そのお湯の個性が強くなってくるのが分かります。打たせ湯付近のお湯は最高でした。
P1380918.jpg
※2号源泉、泉質:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉、泉温:94.9℃、pH:9.0、成分総計:1265mg/kg

全身を覆う保湿ローションのように、まとわり付く感じが良いのです。
打たせ湯も、せっかくなのでチャレンジしてみました。
P1380938.jpg

天ヶ瀬の湯の中でも、こちらの源泉は94度もありかなり熱い!
その高温のお湯を滝など高低差で落とすことによって温度を下げられています。
100℃近くの熱い湯は、別府でもそうですが温度を落とすのに一苦労なんですね。
P1380965_201411232349427c8.jpg

先ほどの混浴 打たせ湯から壁を隔てて隣は男女別になっているわけです。
P1380913.jpg
※女性専用 露天風呂

岩風呂の内湯。内湯にも白い湯の華がたくさん舞っていました。
露天に比べてかなり熱めです。
P1380911.jpg
※女性専用 内風呂

【3号源泉:たまゆらの湯】
続いて3号源泉を使っている貸切露天風呂へも行ってみました。
丁度お湯を溜められたところだったため、お湯が熱めで少し加水されている途中でしたが、
それでも、ゴムが焦げたような天ヶ瀬独特の硫化水素臭がしっかりと漂い、
湯の華でお湯の色が薄っすら白濁するような見事なものでした
こちらの貸切露天は源泉からの距離が近いため、フレッシュなお湯を楽しめるようです。
P1380997.jpg
※3号源泉、泉質:単純硫黄泉、泉温:65.1℃、pH:7.1、成分総計:889mg/kg

【3号源泉:展望大浴場】
3号源泉を2Fに引いて使用している展望大浴場の湯。
同じ3号源泉で比べると、貸切風呂の方が香りも湯の華も濃厚です。
P1390073.jpg
P1390082_20141124091704a21.jpg


【夕食】
夕食では、この天ヶ瀬産の椎茸を原木からもぎとって焼いていただきました。
このサービスは「お客さんに少しでもご当地の味をいただいて欲しい」という想いから、
お宿の方のアイディアで始まったそうです。
P1390023.jpg

この椎茸が、また肉厚たっぷりで、ふわふわで美味しかった♪
私はお鍋でも、真っ先に椎茸を食べるぐらい椎茸好きなので、この企画嬉しくって
P1390022.jpg

他にも、本当にたくさんのお料理をいただいたのですが、
中でも、特にお気に入りだったものは「揚げたての天ぷら」と「日田米と秘伝のお味噌」
お味噌は余りに美味しすぎて瓶詰めにして持って帰らせていただきました。
P1390055.jpgP1390049.jpg
※左上:YOOMI'S特性 日田米 with お味噌お味噌は豆板醤と雑魚入りの逸品!


夕食後には、お宿の庭に飾ってあるLEDのイルミネーションを鑑賞しました。
従業員の方のアイディアで、始まったこの時期ならではの光の世界。
プールサイドから見るとブルーの光が水面に反射して、美しいドレープ状に
IMG_0008.jpg

久々に、美味しい食事を食べて、極上のお湯にたっぷり浸かり、綺麗な物に触れ
睡眠をたくさんとったシアワセな1日でした。
こういう1日が、最大のリフレッシュになったりします。

みるき~すぱサンビレッヂさんの従業員の方々は常にお声をかけてくださり、
気遣いもしてくださるので、滞在中は本当に居心地良く過ごさせていただきました。
ありがとうございました!

~おまけ♪~
次の日、お宿の方と大分県産業科学技術センターの先生方と
一緒に記念写真。 素敵な出会いに感謝です
P1390142.jpg

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
「ポチ」っと押してね
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「天ヶ瀬温泉 みるき~すぱサンビレッヂ」
住所: 大分県日田市天瀬町赤岩108-1
TEL:0973-57-3461
Posted at 01:34 | 大分の温泉 | COM(6) | TB(0) |
2014.04.19

大分_堀田温泉_夢幻の里 春夏秋冬



『私は、ここを別府一の温泉にしたいと思ってるんですよ』

ちょうど、庭の草木の手入れをされていたご主人の言葉が印象的でした。


堀田温泉『夢幻の里 春夏秋冬』
昨年の11月26日(イイフロ)の日にリニューアルオープンされたので、
別府温泉祭りの参加を兼ねて立ち寄ってきました。

敷地内は色とりどりの自然に囲まれており、それに、濃厚な乳白色の湯・・・
名前の通り「幻想的」な雰囲気の漂う温泉でした。
夢幻の里外観ひき


貸切湯までの小道は、特に幻想的でした。
川沿いには幾つもの桜が植えられ、道にはみ出すようにして菜の花が咲いています。
菜の花桜の小道
P1400974.jpg


敷地内には、2つの男女別露天風呂と
5つの貸切湯があり、どれに入るか選ぶことができます。

湯舟やロケーションよりも一番真っ白のお湯に浸かりたかった私は、
とにかく幾つか試してみることにしました



【夢幻の湯】
緑と白のコントラストの美しさに息を飲んだ女性専用の露天風呂です。
本当に綺麗でした。湯舟を囲う岩には「苔」が覆い、一層お湯の色を美しく魅せます。
係りの方によると、以前よりもお湯の色が濃くなったそうです。
夢幻の里女性2
※源泉名:夢幻の里、泉質:単純硫黄泉、泉温:138℃ 
※造成泉(高温の蒸気に水を通すなどの手法で作るお湯)で、濃い硫黄臭が印象的でした。


P1400986.jpgP1410015.jpg
※「夢幻の湯」のすぐ横に大きな源泉やぐらが建ちます。


【滝の湯】
貸切湯の中で絶好調に色が濃かったのが、こちら
小川が手に届きそうな場所にあり、「せせらぎ」が心地良かったです。
夢幻の里貸切
P1400939.jpgP1400932.jpg


【月の湯】
滝の湯よりも少し色は薄めですが、こちらも乳白色になっていました。
月の湯


最後は、おまけで、工事中の貸切湯。
工事が順調に進めば今年の4月中にはオープンする予定だそうです^^
湯舟から自然の滝が臨めるようで、立ち湯みたいな深い湯舟もあるようです。楽しみ♪
滝

「夢幻の里 春夏秋冬」
季節の変化にともなって、いろんな景観が見られるんだと思うのですが
なかでも私は「春」に来れて良かったなぁと。

この桜を見たら、きっとそう思うはずです^^

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「堀田温泉 夢幻の里 春夏秋冬」
住所: 大分県別府市堀田6組
TEL: 0977-25-1126
料金:男湯&女湯 700円(※貸切湯は料金設定別)
営業時間:10:00~22:00 ※冬場10:30~21:00 
※18時以降は要予約
Posted at 12:51 | 大分の温泉 | COM(3) | TB(0) |
2014.04.17

大分_鉄輪温泉_ちくぜんや山荘

「ちくぜんや山荘」

久々の別府で、お世話になったお宿さんです。

鉄輪温泉街から少し外れた閑静な住宅街にひっそりと建ち、
一見民家のような佇まいなのですが、

外観からは余り想像できないお風呂の種類の多さと、
独特な湯舟の造りに惹かれ
すっかりお気に入りのお宿となりました。

別府に遊びに来たら、またお世話になりたいなぁ。
P1410206.jpg
※写真:ちくぜんや山荘さん外観。細くて急な階段の先にお宿があります。


「いらっしゃい!今日はずっと雨、残念だね~。」
お宿の前に着くと、優しそうな女将さんが傘を持って迎えに来てくださいました。
P1410208.jpgP1410211.jpg


ちくぜんや山荘さんの露天風呂。
周りを竹格子に囲まれていて、手造り感が溢れているが良いです(・∀・)
この日は一日雨だったので湯小屋のまわりの緑も一層、艶やかに美しく見えました。
P1410232.jpg


そして、そして。一番浸かりたかった一人用の露天風呂
湯口の塩ビパイプは分厚い析出物に覆われ真っ白になっています。
源泉はその昔、旅館として営業されていた「楽天荘」の源泉からの引湯だそう。
ほんのりと塩味がする優しい食塩泉でした。
P1410212_20140416222026618.jpg
ちくぜんや山荘露天ガビガビぱいぷ
※源泉名:楽天荘、泉質:ナトリウムー塩化物泉、PH:3.6、泉温:94.6℃
※無色透明・無臭・微塩味、成分総計:3,694mg/kg


こちらは大きな岩造りの露天風呂。
この湯舟に浸かっていると、竹格子の隙間から緑の木々が見えます。
シトシトと降り続く雨のBGMも響いてきます。
何とも素敵なシチュエーションでした。
P1410216.jpg
ちくぜんや露天_大P1410283.jpg


私が泊まったお部屋のすぐ横にある内湯です。
こちらも、コンクリート造りで飾り気のない素朴な見た目がとても好きです。
ちくぜんや山荘内湯


お部屋は、清潔感があって広かったです。
大きな窓からは、別府の温泉街を一望できました♪
P1410227.jpg

別府に来たらお宿は素泊まりで、大体外食するケースが多いのですが、
この日も素泊まりで、夕食は仲間と一緒にスーパーでお惣菜を買って持ち寄り、
知人のお家で集いました。

いい温泉と、素敵な方々との出逢いもあり
今回も、本当に楽しい時間でした!
別府でご一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました

*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
温泉ボタンを押してね!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「ちくぜんや山荘」
住所:大分県別府市鉄輪東10-5
TEL:0977-67-0008
料金:素泊まり3500円~
Posted at 00:25 | 大分の温泉 | COM(4) | TB(0) |