FC2ブログ
2020.02.09

神奈川_仙石原温泉 富士箱根ゲストハウス




『子供と温泉』・・・・
これは私にとって、なかなか答えが見つからない永遠のテーマです。

いいお湯にも浸かりたい!
人目を気にせずゆっくり落ち着いて入浴したい、できれば貸し切りで!
日帰りで気楽に行きたい!

なんて、色々あるリクエストを全て叶えてくれそうな温泉に行くのですが、
大抵の場合は、「癒し」どころか「疲れ」を感じながら帰ってきます(;゚∀゚)=3ハァハァ

首都圏に引っ越してからは、アクセスは良い。でも、肝心の温泉が芋洗い・・・
とか多々あります。で、その度に、「もう、子供と温泉はいいや・・・」って挫折感に浸るパターンね💦

でも、やっと全てを叶えてくれる温泉を見つけました♥♥

せっかくなんで、新しいカテゴリー「子連れで行きたい温泉」つくりました。
子連れでものんびり過ごせる温泉宿や施設をピックアップしていければと思います

P1100220-2.jpg


その♨は、仙石原温泉にある「富士箱根ゲストハウス」。海外からの常連さんが多い人気のゲストハウスで、大涌谷から引く2つの源泉をかけ流しでいただくことができます。以前からその存在は知っていたのですが、実際に足を運んでみるとそれまでのイメージが大きく変わりました。もちろん、いい意味でね^^
P1100214.jpg


木々に囲まれた静かな場所にゲストハウスはありました。私がドアノックすると、気さくで品の良さそうな奥様が出てこられ、『日帰り入浴?今日は人もいないし、通常は1時間だけど、2時間ぐらいゆっくりと浸かっていいわよ。』と、ホスピタリティ溢れるお言葉。その後、お風呂や源泉の説明までしていただきました。
P1100208.jpg


本当のところ、この段階では未だどの温泉施設で入浴するか迷っていたので、露天風呂の予約可能時間帯だけでも確認しようと思ってお伺いしたのですが、女将さんの温かいご対応に惹かれ即決しちゃいました。箱根はやっぱり温泉地としてのブランドがあるので、(土日の「日帰り入浴」なんてお願いしたら冷たくあしらわれないだろうか・・・)とか、やや不安がありましたが、ココは違いました。どこか田舎の一軒宿に泊まりに来たかのような歓待です。
P1100199.jpg
※玄関に飾ってあった露天風呂の予約表。泊まりは内湯は無料で露天風呂のみ有料。



「気持ちいい~~!」

東京から1.5時間で、乳白色の湯に浸かれる幸せですよっ(´ω`人)源泉は3種類ある大涌谷源泉のうち2号線と3号線をミックスさせてたもの。湯舟の底には、粘土状になった白い湯ノ花がどっさりと溜まっていて、温泉情緒を高めてくれます♪
IMG_2935.jpg
※源泉名:大涌谷温泉(蒸気合成混合泉 2号線、3号線) 、泉温:60.6℃、泉質:酸性-カルシウムー硫酸塩・塩化物泉


道路から少し入った静かなロケーションにあることから、周りがとっても静か。しかも、ネットで見るより、湯舟が広い!!!!!この広い湯舟を1050円/h で貸し切れるなんて、そりゃあコスパはいいでしょう。箱根の穴場温泉ですね。
P1100093.jpg



P1100177.jpg
※お風呂場には、英語の注意書きがたくさん貼ってありました。



空が青くって、空気が美味しい+゚。*(*´∀`*)*。゚+ ちびっこ達も大喜びです。
P1100155.jpg


今でこそ「インバウンド」という言葉が一般的になり、温泉地で外国人を見かけるのは普通になりましたが、お宿がゲストハウスを創業されたのは「1984年」。約30年も前から、この地で海外からのリピーターを抱えていらっしゃいます。

その歴史は、お部屋のショーケースに大量に飾ってあった世界各国のお客さんから頂いたお土産(人形や置物)が物語っていました。

『お湯はいかがでしたか?また泊まりでも是非いらしてくださいね♪』そう言って、宿から離れた駐車場まで私たちを追って駆け付けてくださった女将さん。そのあったかさに、心も解れたような気分です。
E13C123A-FE75-4956-80F6-8A29F5FB4DCB_202002092253265b6.jpg



*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


『箱根仙石原温泉 富士箱根ゲストハウス』
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原912
TEL:0460-84-6577

スポンサーサイト