--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.04.29

析出物がつくる造形美



熊本の温泉めぐり、続きです。
こちらの温泉にも行きたくて、訪問できるのを楽しみにしていました。

もと旅館だったこの建物、現在は半壊状態で空き家となっていますが、地元の方にお話しを伺うと、今でも地元の常連さんの希望で浴室のお湯だけは出し続けられているとのことでした。

近くのタクシー会社の方いはく、過去に何度か、最寄りの駅からお客さんをこちらの温泉までお送りしたことがあるそうで、その時は、一瞬、行き先を疑ったそうです。
玄関

玄関からそろりそろりと中へ入ってみました。
こちらは廊下です。歩くたびに床がギシギシと鳴り響き、天井も剥がれ落ちた状態でした。
潰れた廊下

脱衣所の入り口いは「男湯」「女湯」と書かれた張り紙が貼ってあり、今でも常連さんがいらっしゃることがうかがえます。入浴料を置いて早速入浴させていただきました。
P1510892.jpg

湯口からは、静かにちょろちょろと生ぬるいお湯が出ています。温度は36~37℃ぐらい。かなりぬるめで、夏場に入るのには気持ちいいのかもしれません。少しつるつるした感触で、香りは殆どしませんでした。
入る

湯船の淵には鱗状の析出物がこってりと覆い、丸っぽい形に変化しています。
泉質よりも何よりも、私は析出物が作り出す造形美に心が弾んでしまいました。
本当に素敵♪
P1510901.jpg

湯口付近も、このようにこってりと。
少し朽ちた竹筒の湯口がいい味を出しています。
P1510838.jpg

私が一人で入っている間は、結局、誰もお客さんは来られず終始貸し切り状態でした。
周りのBGMはお湯が注がれる「ちょろちょろ・・・」という音だけ。
のんびりと出来た半面、余りに静まりかえっていたので、ちょっとだけ怖さも感じました。
出来れば、地元の方と一緒にお話しながら入りたかったなぁ。
P1510895.jpg

(人´∀`).☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・
温泉ボタンを押してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.
スポンサーサイト
Posted at 11:49 | 熊本の温泉 | COM(2) | TB(0) |
2016.04.22

熊本_湯の児温泉 竹下共同浴場&中村温泉


湯の児温泉の湯巡り 続きです。


◆湯の児温泉 竹下共同浴場

湯の児にある共同浴場。
地元の方がメインで入られる温泉ですが、地元の方にお願いすれば入れていただけます。

お昼の12時頃から、お湯を溜められており未だいっぱいになるまで時間があるので、
暫し、近くの公園でひなたぼっこしながら待ちました。

湯の児温泉街の平日のお昼はとても静かです。
P1510962_2016042122023935a.jpg

お湯は無臭で、口に含むとほんのり甘く、炭酸水素塩泉らしい程よいつるつる感があります。
40℃前後の適温で、浴感はこの日湯の児で廻ったなかで最も心地よかったです。
P1510966.jpg
泉質:ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、源温:45.8℃ ※分析書非掲載。ネットから引用。

何と言っても、所々壁の塗装が剥がれている渋い浴室がたまりません。浴室は古いけど温泉は新鮮で新しい。このギャップ・・・なんだろう、浸かっているだけで嬉しくなります
P1520004_2016042122375416e.jpgP1510980_20160421223753086.jpg

浴槽の外側には、茶色くなっており湯の児温泉らしい鱗状の析出物がこってりと付いていました。
湯を注ぐ

男性の浴室です。こちらも塗装は剥がれ年季の入った浴槽がまた、激シブでした。
湯を注ぐ2

地元の方が入られそうだったので、
早々と退散しましたがもう少しゆっくりしたい気持ちもあり後ろ髪引かれる思いで去りました


◆湯の児温泉 中村温泉

竹下共同浴場のお湯がたまるまで、公園のベンチで1人座っていると、、前方の温泉マーク入り浴舎から地元の人たちがお風呂セットを持って出たり入ったりする光景が目にはいりました。なんだか妙に気になったので、入ってみるとことに。近くの中村酒店さんでお金を払うと、空いた時間で50分ほど貸切にしてくださいます。
P1510960.jpg
※源泉名:中村温泉源、泉質:ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、泉温:46.8℃、pH7.1
湧出量170ℓ/分、成分総計:2007mg/kg


2つある浴槽のうち、私は広い方を選びました。中の浴槽はタイル張りで貸切にするにはもったりないぐらい広く、熱々の温泉(約43℃)で溢れています。こんなお湯に毎日入りにこれるなんて・・・裏のアパートの住人の方々が羨ましいなぁ。
P1510949.jpg

お湯は鮮度は良かったですが、私には少し熱めで足を突っ込んだだけで膝下が真っ赤になりました。
それでも、せっかく来たのだからとお湯に浸かって暫く堪能。
P1510934.jpg

こちらも太いパイプから、ドバドバ温泉が出っ放し。湯の児のお湯の使い方は贅沢です。
P1510935.jpg


(人´∀`).☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・
下の温泉ボタンを押してね↓
今から東京行ってきま〜す♬
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.

「竹下共同浴場」
住所:熊本県水俣市湯の児温泉4099-1
営業時間:15時~19時
入浴料:200円

「中村温泉」
住所:熊本県水俣市湯の児1213
TEL:0966-63-2278
営業時間: 10時~22時
入浴料:50分 1000円
料金:200円
Posted at 13:59 | 熊本の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2016.04.21

熊本_湯の児温泉 露天舟湯


熊本の湯めぐり、続きです。

5年ぶりに、湯の児温泉にも行ってきました。
最後に訪れたのは2011年の春。

たった数年の間に湯の児温泉街には、新しい大型ホテルが出来ていたり、
洞窟風呂で有名な「山海館」さんが廃業していたり・・・
状況も少し変わったように感じました。

今回は時間もあったので、周辺をぶらぶら散策。
前回入れなかった温泉にも行ってきました。
P1520509.jpg

「湯の児温泉名物 舟湯」です 
この舟の形をした湯船は昭和4年頃から地元の人たちに親しまれてきた歴史ある湯で、
今はもう廃業された「三笠屋さん(現:海と夕やけさん)」の源泉を引いてお湯を張ったいたんだそうです。余りに天気が良かったので、どうしても浸かりたくなり近くの商店のお母さんに頼んで湯を張っていただきました。
P1520525_201604190152104c5.jpg


お湯は無色透明、無臭でさらっとした肌触り。ほんの少し塩味がする優しい湯です。
投入量はそれほど多くないので、お湯がいっぱいになるまで約2時間かかりましたが、
海が透き通っていて本当に綺麗だったので、舟に寝転びながら景色を楽しむことができました。
P1520520_20160419020816877.jpg
※分析書未掲載。ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉、51.3℃(泉質、温度は旧三笠屋の分析書より)

P1520534_201604190137202b9.jpg
※「海と夕やけ」さんと湯を分配しているため、互いに時間調整しながら溜めていきます。

P1520498.jpg

「これ、あったほうが絵になるでしょ?」
お母さんがそう言って、舟の舳先に「旗」は刺してくださいました。なんか、かわいい (*≧∪≦)
P1520529.jpg

舟湯に入りながらお母さんとおしゃべり。

「三笠屋さんと山海館さん湯の児の2大ホテルが廃業してしまった今、温泉街はとても静かになってしまったの。何とか私がこの舟湯と商店を続けていかないと湯の児がもっと静かになってしまうからね・・・」

と、話すお母さん。その表情は力強くもあり少し寂しげにも感じました。

湯の児には、確かに観光客向けのお茶やさんやお土産屋さんはないですが
個人的には、温泉も、この観光地化されていない静かな雰囲気も大好きです。

また何年後かにここを訪れよう。


(人´∀`).☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・
温泉ボタンを押してね ↓↓ 
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.



「湯の児温泉 露天舟湯」
場所:海と夕やけさん横の海水浴場
※営業は基本夏期がメイン(夏期以外でも天気のいい週末にお湯を張ることもあるそうです。)
※水着着用。

Posted at 00:04 | 熊本の温泉 | COM(6) | TB(0) |
2016.04.18

熊本_吉尾温泉 高野屋&公衆浴場

「吉尾温泉」

こちらのお湯は心地良すぎて、ゾッコン。
温泉地を離れるのも嫌になったぐらいです。いつか1泊してみたいなぁ。

旅館2軒と共同浴場1軒、それから商店や温泉病院はありましたが周りは殆ど山。
「温泉街」というよりも「山里」と言った風景でした。

芦北エリアには過去何度か足を運ぶ機会はあったのにも関わらず、
吉尾温泉は立ち寄る機会を逃していたので今回とても楽しみにしていました。

■吉尾温泉 高野屋
P1520367.jpg

到着するなりネコちゃんがお出迎え。最初はまん丸い目でこちらを見て警戒していたネコちゃんも、私が悪い人ではないと分かってくれたのか先導するように玄関まで案内してくれました。
P1520369.jpg

浴室に入り、一番びっくりしたのは湯船から洪水のように溢れ出て排水溝に吸い込まれる凄まじい湯量でした。「おお~、凄い 新潟の某温泉施設で「源泉掛け捨て」なんて看板を見たことありますが、まさにそれでした
湯船5
※泉質:単純温泉、泉温:41.7℃、pH8.3、成分総計:403mg/kg、湧出量:140ℓ/分


排水溝へと、ゴロゴロ吸い込まれるお湯・・・神秘的だ・・・・。
P1520418.jpg

38℃ぬる湯で、総硫黄僅か0.8mg/kgながらしっかりと硫化水素臭が漂い、誰もが文句なしに「気持ちいい」と答えそうなお湯でした。別の温泉地で例えると、和歌山のゆりの山温泉や、熊本の湯浦温泉、青森のほとけ沢温泉とも特徴が似ています。
入る2


洗濯機のホースみたいな太い筒から、惜しげもなく湯が出続けています。
これだけ小さな湯船に毎分140ℓの掛け流しとは贅沢です。
P1520404.jpg

浴室のすぐ前は川になっており、昼間から河鹿の声が耳に心地いいです。熊本や鹿児島の山間の温泉地にくると聴こえるこのBGM、、、たまらなく好きなんだなぁ(*ノェノ)
P1520420.jpg

■吉尾温泉 公衆浴場

高野屋さんから川を挟んで斜め向かいにある公衆浴場。
真横が川という立地。高野屋さんと同じく周りの環境が長閑です。
P1520489.jpg

受付は無人なので、篭にお金を入れておきました。
P1520446.jpgP1520447.jpg

浴室までは、長い螺旋階段を下りていきます。薄暗くて、静かで、ひんやり・・・ちょっと恐い。
P1520484_20160418141613751.jpg

浴槽は1人入れば、ぎゅうぎゅうになりそうな小さなもので、湯船の底のパイプからやや控えめに源泉が投入されていました。独特のつるつるとした感触と微かな硫化水素臭がします。底は湯の華でしょうか?ぬるぬるっとします。香りの強さや、お湯の鮮度は高野屋さんの方が顕著かなと思いました。
P1520474.jpg
※泉質:単純温泉、pH:8.2、泉温:38.6℃、成分総計:415mg/kg(H2S 0.3mg/kg)、湧出量:30ℓ/分

吉尾温泉も、地震の被害はなく通常通り営業を続けられているようです。
素晴らしい自然環境と、新鮮なお湯に癒されました。
落ち着いたら、次は高野屋さんに泊まりできたいです。

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
温泉ボタンを押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

■吉尾温泉 高野屋旅館
住所:芦北町大字吉尾18
TEL:0966-83-0108
営業時間:10:00~20:00
料金:日帰り入浴:300円、1泊2食:7000円~

■吉尾温泉 公衆浴場
住所:芦北町大字吉尾24-3
営業時間:7:00~19:00
料金:170円
Posted at 15:07 | 熊本の温泉 | COM(6) | TB(0) |
2016.04.17

熊本_湯の鶴温泉 鶴水荘

湯の鶴温泉で1泊させていただいた「鶴水荘」さん。

街の中でも、一際新しくモダンな外観のお宿さんです。
P1520196.jpg

地元の方のお話では、もともとあった旅館を若いご夫婦が改築されリニューアルオープンなさったそうです。
共同浴場でお話しした地元の方々は、鶴水荘さんでの入浴をお勧めしてくださいました。
P1520202.jpg

お部屋の窓からは・・・
P1520041_20160415222518eb6.jpg

川に面して建つ、湯の鶴温泉街の旅館が一望できるんですね。個人的に川に面したお宿というのは大好きで、夜になると必ず窓を開けて夕涼みします。川のせせらぎを聴きながら眠るのは最高の保養になるものです。
P1520040.jpg

■川ん湯
浴室までのアプローチは木造の階段を下りていく構造になっており、古い湯治宿を思い出させてくれます。
P1520286.jpg

高い天井と木の湯船は昔ながらの共同浴場の風情がたっぷり。少し熱めの、つるつるとしたお湯は鮮度抜群で浸かると身体ごと清められるような気分になります。
P1520292.jpg
※アルカリ性単純温泉、泉温:53.3℃、湧出量:94.5ℓ/分

湯船の底に腰をかけながら撮った1枚。
P1520316.jpg

実は、凄く楽しみにしていたのは川ん湯の内湯のドアを開けた所にある、1人用の露天風呂だったんですが・・・・
生憎、湯船に亀裂が入って湯が漏れてしまうということでこの日は湯が張られておらず
露天風呂は空っぽでした。 ( ノД`)ガーン。
「この湯船に浸かりながら湯の鶴温泉街を見渡したかったなぁ・・・」
P1520298.jpg

■岩ん湯
名前の通り、底に大きな岩が敷き詰められている広めの湯船です。
湯口からだけでなく天井部分からも源泉が落ちるように注がれ常に湯は溢れています。
アルカリ性単純温泉のクセのないお湯ですが、鮮度は極めてよく「毎日入るならこんなお湯がいいなぁ」と実感しました。
P1520212.jpg

P1520215.jpg

夕食はご夫婦がつくられたバラエティ豊かな創作料理の数々を味わいました。
正直、昔ながらの温泉街のお宿で想像していたのは湯治食のようなシンプルなったものだったので、ここまで凝られたお料理の品々を見た時は嬉しくなりました♪
P1520243_20160417160938654.jpg

朝食で出されたお米、また小鉢サイズのお惣菜も美味しかったです。
P1520343.jpg


■山ん湯 ※貸切
宿のベランダから階段を上がると湯の鶴の山々を一望できる貸切制の露天風呂があります。
予め、お宿の方に景色が綺麗な早朝の時間をおさえていただきました。
P1520271.jpg

山ん湯のつるつるのお湯にゆっくり浸かりながら、緑の木々や鳥のさえずりに癒されます
こんな朝風呂は贅沢だっ(´ω`人)
P1520282.jpg
P1520042_20160417153619712.jpg

■石の湯&陶の湯 ※貸切
その他にも貸切のお風呂が2つあります。宿泊者だけでなく日帰りでも利用できるようです。
P1520329_20160417153751f85.jpgP1520330_20160417153752c91.jpg

~湯の鶴温泉街 散策~
街の中をてくてくと歩いていると、レトロな建物や商店がありついついカメラのシャッターを押してしまいます。まるで、この温泉街だけ時が止まったかのようなレトロ空間でした。

次回はぜひ入ってみたい四浦屋本店さんの大浴場。暫くの間休業中なので外から撮影。
P1520352.jpg

喜久屋さんの旧館。こんな古い建物がそのまま残っているのが素晴らしい!
P1520364.jpg

湯の鶴温泉 鶴水荘さん。
外観やお部屋は和モダンで敷居の高い雰囲気はありますが、
ご家族で経営されているので、アットホームな雰囲気が漂い妙に落ち着きました。

これは、湯の鶴温泉全体に言えることかもしれませんが、
お宿や共同浴場1軒1軒の湯量が豊富で、微弱ながらお湯の香りの違いを楽しめるのも
大きな魅力だと思いました。

私が湯の鶴温泉を発った2日後に起きた地震の状況があれから気になっていましたが、
鶴水荘の女将さんいはく「鶴水荘」さんはじめ湯の鶴温泉街は、
幸いにも、影響はなく通常通りの営業をされているとのことでした。

これからGWに向け、湯の鶴温泉街の景観は益々美しくなり良い時期になると思います。
あくまで、道路や交通機関などが通常どおり再開、復旧すればの話ですが、
たくさんの方に足を運んでいただきたいという気持ちをこめて記事を書きました。

「湯の鶴温泉 鶴水荘」
住所:熊本県水俣市湯出1565 
TEL: 0966-68-0033
料金:(宿泊) 1泊2食9,975円~、(立ち寄り)大人500円、貸切風呂 2,000円
営業時間:11:00~19:00

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
温泉ボタンを押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪
Posted at 15:58 | 熊本の温泉 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。