--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.04.14

和歌山_ドバドバのご厚意温泉



大好きな仲間たちと和歌山を廻った時の記録。


こちらの持ち主の方に、ご厚意で入れていただきました。
個人のお宅だとは思えないスケールに正直、驚きを隠せませんでした。

10人は余裕で入れそうな大きな湯船に、毎分366ℓで温泉が湯船へと注がれているのですが、
この広さで、溢れるか?

湯口のドバドバ加減を見ていただければわかるかと(;^_^A
P1470468.jpg


ダムの放水・・・?のような勢いです。
P1470499.jpg


湯船に入っている間も、(当時・・・)体験したことのない豪快な湯量に顔がほころびっぱなし。35℃の単純硫黄泉は、人肌ぐらいの温度とやわらかい硫黄の香りもリラックスさせてくれます。
P1470533.jpg


気がつけば、「これでもか?」と言わんばかりの勢いで、床は洪水していました。床を歩くと、足の甲近くまでお湯がかぶってしまう・・・
「西の古遠部温泉」・・・と言う表現が正しいかもです。
P1470531.jpg


もう一つの浴室には風情のある檜造りの内湯がありました。こちらも数分で、瞬く間に浴室内がお湯で溢れかえっています。
P1470613.jpg


このエリア独特のすべすべで柔らかいお湯を暫し楽しみます。
P1470609.jpg


とにかく、浴室のゴージャスさにお湯の豪快さにもビックリの入浴体験でした。
P1470596.jpg


この日は気温30℃以上の真夏日だったので、幾ら人肌ぐらいの温度と言っても湯上がりは汗が止まりませんでした。
帰りに美味しいスイカをいただき、水分補給を暫し(ありがとうございます
P1470623.jpg


で、こちらのお宅を出て、屋外の幾つか温泉を仲間と廻ったのですが、
忘れもしない・・・その後、熱中症にかかってしまい倒れちゃいました


OMG・・・
こちらのお宅の温泉の凄さも含めて、今ではいい思い出です



.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!
↓↓↓

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
スポンサーサイト
2017.03.21

1年ぶりに・・・(^^♪



和歌山の湯めぐりの途中、オーナーのご厚意でこちらでも入浴させていただきました。
前回の訪問は4月でしたがその時の記録はこちらです↓

前回訪問記


まるで洗濯機のなかで入浴しているかのようにざぶざぶと溢れるお湯と、
ぬるめの温度がちょうど心地よかったのを記憶しています。


今回は3月ともあって、若干、温度が冷たく感じましたが、
それでも、やっぱり豪快・完全放流のインパクトは変わらずでした。
P1040488.jpg



湯船からは緑色に輝く窓が見えて、見た目にも美しいおふろ。
円柱の真ん中から、あたたかいお湯が出ています。
床には湯船からのオーバーフローの湯がしたたり落ち、波模様。
おんせんG2



この日は、午前中に幾つかの有料温泉施設も廻ったのですが塩素臭が強くちょっぴりガッカリでした。その反動もあったのか、オーナーのお湯に入れていただき、なんだか身体ごと清められるような思いでした
P1040434.jpg



おまけ

那智勝浦の街中でパイプから温泉が自然に出ている場所です。今回、偶然、朝10時半ごろ近くを通りかかり、お湯が出ている光景に遭遇しました。(お湯が出るのは一定の時間限定です。)ちょうど温泉で洗濯をしているお母さんを見かけ、なんだけほのぼの♪しっかりした玉子臭がして、ぬるめ。この辺りの温泉の良さを改めて実感しました♪♪
P1040417.jpg

熊本の満願寺温泉、岡山の奥津温泉、長野の沓掛温泉などもそうですが、
人々の生活のなかに温泉が自然に溶け込んでいる・・・・
これって、わたしにとってはすごく新鮮で、貴重な文化だなって思います。
P1040421.jpg



この場所、観光マップにも載っているんで、
こちらの近くに寄ったら行ってみてください(*'▽')


♪♪-----
ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!!

にほんブログ村
♪♪-----


2017.03.19

ご厚意温泉(濃厚な湯の華)


和歌山の湯めぐり日記。

以前、入浴させていただいた施設所有の温泉です。

10人ぐらいは余裕で入れそうな大きな岩づくりの浴槽がひとつ。
今から20年ごろ前からあったらしいのですが、
当時と殆どを形を変えず、ひっそりと存在していました。
P1040598.jpg


お湯はぬるめの33.4℃で、塩ビ管からお湯が自噴でこんこんと溢れています。
P1040495.jpg


排水溝のまわりには、毛足の長い湯の華がべったりと覆っています。
ちょっとカラフルな色じゃないですか。
長年の蓄積を感じさせれくれます。
P1040501.jpg


桶に溜めてみると、こんな感じですぐに溢れるぐらい勢いがいいです。
P1040584.jpg


このときは、施設の方の時間の都合で、持参の桶に溜めて源泉直で入浴させていただきました。
ほんのわずかに硫黄の香りがして、口に含むと甘い味がします。
桶は狭いですが、柔らかいすべすべのお湯に触れているだけで、ありがたいです。
施設3


ほんとに、いいお湯を
ありがとうございました



ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!!

にほんブログ村

2017.03.16

和歌山_行きたかった秘湯。

和歌山の温泉力を改めて実感する一湯でした。

ず〜っと会いたかった温泉

今回、所有者の方のご厚意で入れていただきました。
P1040684_20170316224426343.jpg


40℃弱ぬるめの温度、硫黄の香り
何より強烈な勢いのかけ流しに、もう笑顔がとまりません
入る1


直径10cmぐらいある太い塩ビパイプが湯口がわりになっていますが、
それでもお湯の勢いは留まるところを知らず。
パイプ2


湯船からあふれる量も、留まるところを知らず。
オーバー


排水溝も渦巻きながら、お湯が流れています。
P1040671.jpg
【動画】お湯が溢れる様子 ←動画を追加したよ。見てね。


「ムヒヒ・・・」が止まらない(*´艸`*)♪
P1040665.jpg


やっぱり、和歌山の温泉はすごい。
もう、昇天しちゃいそうでした


:*:・・:*:・♪*☆*♪:*:・・:*:
ランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!!

にほんブログ村
:*:・・:*:・♪*☆*♪:*:・・:*:

2016.08.11

和歌山_夏山温泉&ゆりの山温泉



夏休み

久々に和歌山の温泉に行ってきました。
時間が余りなく、家族との旅行だったこともあり、たくさん巡るということは出来ませんでしたが、
好きな温泉に入って、改めてお湯の良さを実感できた旅でした。

以前にレポしているので、今回温泉の詳細は割愛しますね。


夏山温泉 もみじやさん
和歌山で大好きな温泉の一つです。ドバドバ×適温×つるつるの優等生な温泉。
何と今回、もみじやさんに初めて訪れた時に同行していた友人に7年ぶりに会う
というハプニングもありました。しかも脱衣所で・・・
DSC00382.jpg

いつきても、贅沢だな~と思うお湯の豊富さ。
ライオン湯口から溢れる湯を眺める・・・このアングルが好きです。
以前よりもお湯がつるつるしているような気がしました。
P1060865.jpg


ゆりの山温泉さん
夏山温泉よりも低めの37℃のぬるめの温泉が楽しめる日帰り施設。
こちらも、かなりご無沙汰してました。
DSC00375.jpg

この日は朝いちで貸切状態でした
浴室の扉を開けた瞬間、広めの四角い湯船から温泉が溢れている光景はプールのよう。
仄かに漂う硫化水素臭を楽しんだり・・・抜群の浴感に改めて感動しました。
人の記憶って、薄れるものですね。やっぱり再訪って大事。
DSC00346.jpg


コンクリート枡の温泉
海岸に面したコンクリートの壁から出る温泉は枡の中に溜まって溢れていました。
温度はかなり温め。32~33℃かな。昔は地元の方が海で遊んだ帰りによく入ったそうです。
この温泉が気になり現地まで行ったのですが、入浴はパス 誰か一緒に入りましょう
P1060899.jpg


*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
明日から涼しいところへ
いってきます~

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。