FC2ブログ
2018.08.14

栃木_那須湯本温泉 雲海閣


ただいま栃木に帰省中です。
あ、久しぶりにアソコに行ってみよう♪」


と思い立ち、やってきたのこちらのお宿。
「那須湯本温泉 雲海閣」さんです。
P1170912.jpg

「階段の下は、昔、雲海閣の全身でトキワ屋っていう旅館だったんだ。今の女湯は、その時代からあった一番古い浴室でね、小さな浴槽にドバドバと硫黄泉がかけ流されてるんだよ。うちで一番いいのは女湯だ♪」玄関の扉を開けた時から、物凄い笑顔で温泉のことを色々と説明してくださるお父さん、この方こそ、雲海閣の古くからの常連でもある湯長さんです。
P1170913 - コピー


脱衣所入り口。「ゆ」の暖簾がいい味出してます。
P1170962 - コピー


その湯長さん自慢の女湯がこちら。那須湯本らしい、木造で2つに仕切られた風情ある湯舟です。こちらの湯舟、もともとは混浴だったようですが今は女性専用になっています。
P1170946 - コピー - コピー
※源泉名:鹿の湯、行人の湯 混合源泉、泉質:酸性ー含硫黄ーカルシウムー硫酸塩・塩化物泉、泉温:68.4℃、pH:2.5、透明微白濁、苦み、酸味、硫黄臭


何がいいって、この白濁の硫黄泉だよねぇ~(^^♪ちょっぴり酸味と苦みのあるお湯は、湯の華がふわふわと舞う濃い乳白色。温度はかなり熱め。加水せずに何とか浸かろうと試みましたが、やっぱり熱すぎて挫折したわたしΣ(゚д゚lll)仕方なく、地元のおばあちゃんにホースをお借りし加水させていただきました。
P1170935 - コピー


湯口に差し込んである「木の棒」には、穴が開いていて、そこから温泉が出てきます。実はこの棒、穴のサイズが小さいものから大きいものまで種類が幾つかあり、湯長さんは、この棒を変える事で浴槽内の温度を調節しているのだそうです。この独特な温度の調節方法は先代の湯長さんから引き継いだ「職人技」なんだとか。
P1170929 - コピー


女湯よりも浴室が広く、日当たりのよい男湯です。男湯を覗かせていただいたのは初めてで、思わず湯長に「こっちの方が広いし、明るいし、良さそうですね」。なんて言っちゃったんですが、「いやいやいやいや・・・浴槽が小さいからこそ、新鮮なお湯が楽しめるんだよっ!」と、すかさず突っ込みが。湯長は断然、女湯推しでした(-∀-)
P1170969 - コピー - コピー


雲海閣さんには、もう1つ温泉があるんです。湯長さんいはく「明礬泉」という事なんですが、温泉分析書が掲載していないため詳細は不明。お湯は無色透明で、適温、浸かるとすべすべした肌ざわりがいいです。
P1170984 - コピー


「良かったら、那須の美味しい水を飲んでいきなさい。水ぐらいならごちそうしますよ♪♪」帰りに湯長が冷たい氷水をもってきてくださいました。湯治で連泊されていたお兄さんも含め、皆で湯長の温泉談義を拝聴。誰よりも「新鮮なお湯」に拘る湯長さんの熱意がよくよく伝わる貴重なおはなしでしたよ(*^^)v
P1170981.jpg


いや~、再訪すると、1回目に聞けなかった貴重なお話しが聞けたり、
なかなかいいこともあるもんだ(*^^)v

雲海閣さんは、そのお湯の良さから多くの温泉ファンに支持されていますが、
その背景には、先代から引き継がれている、湯長さんのお湯に対する拘り、
そして、お人柄があるんだなぁと。

そう実感しました


*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「那須湯本温泉 雲海閣」
住所:栃木県那須郡那須町湯本33
TEL :0287-76-2016


スポンサーサイト
Posted at 14:28 | 栃木の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2018.08.07

栃木県_板室温泉 水清館


随分、更新さぼってました

まずは近況報告を!

私事ながら5月に次男を出産しまして。
それ以来、殆ど自分の時間がない日々を過ごしておりました
(うーん、これだけ自分の時間がないっって焦ったのは人生で初めてかも 笑)

もちろん、温泉へも満足に行けずの数か月でした。
ずっと♨我慢していたので、耐えきれなくなり・・・
命の水を求めて「板室温泉」へいってきましたよ♪(o・ω・)

栃木県の山間にある小さな湯治場「板室温泉」
(国民保養温泉地ですぞ♡)

昔から「湯治に来られた方が帰りには杖を置いて帰られる」と言われるほど、
治癒力の高い温泉として知られているのですが、ここ数年、廃業される旅館さんも
少なくないためか(?)温泉街は鄙びたというよりも少し寂れた雰囲気も感じます。

今回わたしが訪れたのは、昭和50年から板室で温泉ファンや湯治のお客さんに
「非加熱かけ流し」で極上のお湯を提供し続けてらっしゃる湯治宿さん「水清館」さん♪
P1170888_20180806090251477.jpg
※木造平屋建ての湯治宿っぽい佇まいもググっときます♡


なぜ、こちらを訪れたかって理由はコレにつきます。浴室の鮮やかで古めかしいタイル!!!レトロな豆タイルの浴室は他にもよく見かけますが、水清館さんのは浴槽の淵や底など微妙にデザインが違っていて可愛いんです。澄みきった透明のお湯をごしに眺めるタイルがまた綺麗で・・・・✨
P1170884.jpg


現在たった3軒のお宿さんで利用しているという45℃の源泉は、ぬるめのイメージが強い板室温泉の中でも温度高め。夏場はちと熱めに感じますが、鮮度がよく、(ずっと湯舟の中に居たい♡)という衝動に駆られます♪無色透明の素朴なお湯ですが、湯口付近ではほんのりと温泉の芳ばしい香りが漂うのもいいです。
P1170805.jpg


「24時間自噴しっぱなしですから、いつでもおはいりくださいね。」
優しい笑顔のご主人のお言葉に甘えて
「よーし今日は1日まったりするぞー!!!」
心の中で宣誓。チェックインを済ませてからはまったり温泉三昧でした。
P1170802.jpg


渡り廊下を奥へと進むと・・・・
P1170874_20180806164026468.jpg


「長寿湯」。創業当初からあった内湯とは別に、新しく建てられた露天風呂があるんです。外履き用スリッパ履き替えていくでー。
P1170861.jpg


木造の高い天井やどっしりとした柱は重厚感があり、こじんまりとしたお宿の規模からは想像もしなかったぐらい立派です。
P1170852.jpg


ちょっと虻が多かったのでゆっくりはできなかったけど(;^_^A 夏の露天風呂の宿命ということで。。。
P1170833_20180806164024ba4.jpg


ちなみに、お宿にはクーラーはありません。全室扇風機で対応というこで、暑がりの私に我慢できるか心配でしたが、2階だったこともあり、夕方には外の風が心地よく涼しいぐらいの気温になっていました。(湯治部員としては未熟だなぁw)
P1170907.jpg


お夕食は、なかなかのボリューム。自家製のお味噌を付けて食べるお茄子が特においしゅうございました☆
P1170866.jpg

地震をきっかけに湯量は大きく減ってしまったんだけど、
昔は、(単独源泉で)1分間に700ℓの湧出量があったんだよ。」

帰りがけ。
わたしが温泉好きだということを知ったご主人がココロを開いてくださったのか
お宿のこと、温泉街のこと、いろいろと教えてくださいました。

(えー!今でもこれだけたくさんのお湯が溢れているのに、まだ減ったほうなの!?)
内心、ちょっと驚いたわたし。

大量に自噴する湯もそうですが、加えて・・・
人が手を加えなくとも快適に浸かることができる絶妙な温度、
肌あたりが良く、少し滑りのある感触、
心癒される山間の立地、

これだけの好条件が揃っているのに安価で宿泊できるのも、
「ものすご~くレアで贅沢な温泉地」なんじゃないかなぁと思いました(*^^)

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


「板室温泉 水清館」
住所:〒325-0111栃木県那須塩原市板室841-217
TEL: 0287-69-0173
Posted at 09:42 | 栃木の温泉 | COM(8) | TB(0) |
2018.01.01

栃木_塩原温泉 あかつきの湯(はつゆ♡)



新年あけまして、おめでとうございます

今、栃木の那須塩原にいます。
今年はここで新しい年を迎えました。
昨日からの雪がふりつもり那須高原のほうは、一面まっ白です。

今年の初湯・一番湯は「塩原温泉 あかつきの湯」でした。
もともとは塩原で温泉にはいくつもりじゃなかったのですが、首が痛くてマッサージついでに偶然立ち寄ったところ・・・・
意外や意外、お湯が素晴らしかったのです。

地元の方にはすこぶる人気のある日帰り施設のようですね。
P1150489_20180101143706c0b.jpg


特に素晴らしいのが露天風呂のお湯。大型の施設でありながら塩素を加えず、そのままかけ流しされていることもそうなのですが、クレゾール系アブラ臭、にゅるにゅるの極上湯なのです。この気持ちよさには、思わず声をあげて喜んでしまいました。
P1150539_201801011437095fd.jpg


内湯も同じく、源泉100%かけ流しのようですが浴槽が狭い分、露天風呂のほうがにゅるにゅる度が強いように感じました。
P1150561.jpg
※源泉名:塩原温泉、泉質:アルカリ性単純温泉、pH:9.2、泉温:68.4℃、成分総計:867mg/kg、
※特記:にゅるにゅる、アブラ臭、モール泉


べっこう色に輝く美しいお湯の色も目を癒してくれます。
P1150544_201801011437111ef.jpg


目の前に広がる青い空・・・この極上の湯に包まれながら眺める空は一層美しく見えます。
P1150550_20180101144700904.jpg


内湯はね、冬場恒例の湯気でもくもくパラダイスで撮影できませんでした・・・😱(汗)!写真は寝湯で、他にもう1つ大きな浴槽と水風呂があります。
P1150495.jpg


「塩原温泉」って一言でいっても、泉質のバラエティは奥が深いと思う。奥塩原新湯温泉の硫黄白濁系もあれば、光雲荘さんのような塩化物泉もあり、あかつきの湯さんのようなモール泉もあり・・・。最近訪れる度に発見があります。
P1150541.jpg


棚ぼたで、いい湯に出会いました。

みなさんの「初湯」はどちらですか(^^)/
明後日から私は、豪雪地帯に移動します♪


。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   

温泉ボタンを押して応援してね!

にほんブログ村

.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   

「塩原温泉 あかつきの湯」
住所:栃木県那須塩原市関谷1689−1
営業時間:10時~22時
料金:800円(平日)、1000円(土日)
Posted at 15:01 | 栃木の温泉 | COM(3) | TB(0) |
2017.12.03

栃木_塩原温泉 光雲荘


さて、日本地域温泉学会@塩原の続き。

研究発表がある会場は、ホテルニュー塩原さんだったのですが、

せっかくなので、以前から泊まってみたかったお宿さんにお世話になることにしました。

「塩原温泉 光雲荘」さん

塩原温泉では貴重な広~い露天風呂が特徴で、以前から一度行ってみたいと思っていた所。また、地元でもお料理や温泉など、すこぶる評判が良いようで(実際、那須塩原にお住まいの知り合いの方からも光雲荘さんを勧められました^^)光雲荘さんは、私の中では気になるランキング上位のお宿でした。
P1150153.jpg


館内は改築を繰り返されているようで館内も綺麗です。塩原温泉については、ホテルや建物がやや古びたところが多いという印象をもっていましたが、光雲荘さんは違いました。
P1150052.jpg


じゃじゃん幸運になれのか!?
P1150034_201712030848518f9.jpg


「おお!広~いっ
お宿自慢の解放感抜群の露天風呂です。規模は異なりますが、ぱっと見た時、島根の長楽園さんのお風呂を思い出しました。
P1150113.jpg
※男性用露天風呂

P1150021.jpg


露天風呂は、御覧のとおり湯船が大きいため、たっぷりお湯を溢れさせるため、温度や泉質の異なる「自家源泉」と「町営温泉(門前)」2つの源泉を使用されています。
P1140986.jpg
※源泉名:光雲荘源泉、泉温:73.2℃、泉質:ナトリウムー塩化物炭酸水素塩泉、成分総計:2205mg/kg(メタケイ酸516mg/kg) ※分析書が平成6年度のものなのでご参考まで。


特に特記したいのは、光雲荘源泉。メタケイ酸は500mg/kg以上含んでおり、かなり美肌が期待できそうな、そんな嬉しいお湯♡この辺りでは大丸温泉のメタケイ酸含有量(319mg/kg)が多い方だと思ってました。少し金気臭がし、すまし汁のような絶妙な塩味が印象的でした。温泉卵つくったら美味しいだろうなー(笑)
P1150012.jpg


前方の木造の壁の向こうが男性露天だよ。
P1140972.jpg


内湯は熱い光雲荘源泉に、敷地内から湧く20℃台の鉱泉をブレンドし温度調節されています。キュッキュッとする肌ざわり、香りなどは内湯のほうが、露天風呂よりも光雲荘源泉の特徴が味わえるように感じました。
P1150003.jpg


足湯にある源泉の壺。足湯も光雲荘源泉がベース。程よい塩味で温泉卵をつくれちゃいます。
P1150040.jpg


宿泊者限定の貸切り風呂も完備されています。朝はこちらで、まったりん(*´ω`) 貸切風呂って、往々にして、大浴場よりも新鮮で香りが良かったりするのですが、光雲荘さんの場合、大浴場は広くさの割に十分にフレッシュなお湯を楽しめるのでここでは敢えて浸からなくても良いかもしれません。
P1150101.jpg


さて、夕食♡♡
お料理は1泊12000円にしては、ものすごい量でびっくりでした。わたしのお気に入りは、名物「石焼き樽」で食べるお蕎麦!この樽の中に熱い石が入っていて、お出汁が熱々なんです。冷たいお蕎麦を浸して食べると「鴨せいろ」みたいな感じで最高でした
P1150090.jpg

ちなみに、あとで知ったのですが、光雲荘の社長様は塩原温泉観光協会の会長さま。
(学会懇親会でも約70人もの学会員の前で、スピーチされていました。)

そんな重要なお立場の社長様自らも、朝晩ともにお宿のロビーに立たれておられ、
お客さんの案内をされているのですが、わたしにも温泉のことを丁寧に説明してくださったり、
とっても親切でお優しい方でした。もちろん他のスタッフの方もね。

光雲荘さんは割と大きな規模の旅館さんですが、その中にも
「オーナーの顔が見える」というアットホームな雰囲気があり、本当に良かったです。


。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

「塩原温泉 光雲荘」
住所:那須塩原市塩原2340-1
TEL:0287-32-2414
料金:日帰り入浴600円(14時~20時)、1泊2食 税別12,000円~
Posted at 08:50 | 栃木の温泉 | COM(0) | TB(0) |
2017.12.02

栃木_奥塩原新湯温泉 むじなの湯



先日は、第30回日本温泉地域学会が栃木の塩原温泉であり、参加してきました


奥塩原新湯温泉では新湯爆裂火口などの視察をしたのですが、視察の合間を見て、4年ぶりに懐かしの「むじなの湯」共同浴場へGO(*'▽')

新湯温泉地区には、むじなの湯、寺の湯、中の湯、3つの共同浴場があるのですが、時間の関係で全部浸かるほどの余裕はなく、中でもお気に入りのむじなの湯を選びました。

石の階段を下りると、

ほらほらほら♡

ありました♡♡
P1140937.jpg


くぅ~っ、このアングル、しびれますね。
石の階段に挟まれ、ひっそりと佇むこの湯小屋に哀愁を感じます。
P1140929.jpg


黒光りした木造の床や天井はとってもいい味出してます。本当に静かで浴室から入浴客たちがお湯をかぶる音しか聴こえてこないんです。こういう瞬間も萌えますね。
P1140927.jpg


文字がかすれた「むじなの湯」の看板も
P1140932.jpg


しっかし、熱かったですわたし、自分の限界でだいたい入浴温度がわかるんですが、むじなは加水しても軽く45℃はあったと思います。「む・・・・、むじなの湯って、こんなに熱かったっけ?なんて呟き(いや叫び)ながらかけ湯をして熱さに慣らしていると、先に入ってた地元の方が、お水を少し足してくださいました(涙)いや、ありがたい。
P1140909.jpg
※むじなの湯 ※泉質:酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩泉


ちなみに、むじなの湯は湯船奥の霊岩から源泉が染み出しており、湧き出たばっかりの新鮮な湯を味わえるのが特徴です。浴槽直下で自噴しているなんて本当にありがたいわたしがむじなの湯を選んだ理由は、まさにここのポイントなんです。お湯は酸性、お湯の熱さと相まって、お肌がビリビリと刺激を受けているのが分かります。
P1140918.jpg
※熱さに耐えながらパチリ


むじなの湯からあがると、体にしっかりと染みついた硫黄臭^^
さっきまで寒かったの体も、ポカポカ温まったように感じました。

那須湯本にある宿泊者・地元専用共同浴場「滝の湯」や「河原の湯」も風情たっぷりで良かったすが、
新湯温泉の共同浴場もなかなか素晴らしいです。
こちらは、一般開放なんでもっと入りやすいしね。


。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   
ブログランキングに参加しています。
温泉ボタンをぽちっと押してね★

にほんブログ村
.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

「むじなの湯」
住所:那須塩原市湯本塩原
営業時間:7時~18時
料金:300円




Posted at 15:50 | 栃木の温泉 | COM(6) | TB(0) |