FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.14

長野_穂波温泉元湯(共同湯なので日帰り)

一折り、湯巡りを終え「さあ帰路につこう!」としていた私。
何気なく、道の駅から湯田中駅までの雪道をプラ~っと歩いていたその時!

突き当たりに、突如、ヤグラのようなものを発見!!

「ん?あれはもしや、、、共同浴場じゃないの??」
もしかして★もしかするとの可能性に顔がにんまり。

こんな棚ボタ的な出逢いが穂波温泉元湯でした。
P1070076_R.jpg
穂波地区は比較的観光客にも開放的な湯田中・渋温泉とは違い、かなり敷居が高い地区。
ドアにはしっかり施錠され、一般客が自由に入れないようにシャットダウンされています。
(地元の方はカード型のICカードをドア付近にあてる事により入れるようです。)

中から楽しそうにハシャグ子供達の声が・・・
「う~。これは入ってみたい
P1070072_R.jpgP1070074_R.jpg
概観の写真を撮ってみたり、その楽しそうな声に聞き入っていると
お昼の湯浴みに向かう途中だった地元のお婆ちゃんが、洗面器片手に歩いて来られました。
話しかけて見ると、「一緒に入りなさい。」と優しく声を掛けてくださいました。

わーい。ありがとうございます

そして至福の入浴・・・地元の方3人ぐらいとご一緒していたので写真は控えました。
湯舟は4人入れば一杯の長方形のタイル製(淵は大理石でツルツル滑ります)。

底は結構深く、床に膝まづいたら肩下ぐらいまで湯が迫ってきます。
お湯はさらりとした、激熱の湯(ほんまにグッと歯を喰いしばりたくなります。)
思わず、水道の蛇口に手がいくのですが、

「水は金なり。みんなで節水に心がけましょう。」

との張り紙が目に入ったので、源泉温度のままでちょっとの間耐えてみました。
P1070071_R.jpg
泉質:含硫黄・ナトリウム・塩化物泉、泉温:93℃(浴槽内も45℃ぐらいあります!激アツ。)、PH:7.8、無色透明・無味無臭(分析上は含硫黄らしいのですが
硫黄臭は全くしませんでした。)


わたしが、湯舟で熱さに耐え静かに入浴している姿を見たのでしょうか?
40代半ばの地元民らしき女性が「蛇口、ひねって水だしちゃえ!」と小声でいいながら、
ジェスチャーで合図してこられたので、

「助かった~(汗)
お言葉に甘え、適温まで調節させていただきました。

穂波地区と星川地区での外湯は難しいと諦めていましたが、
またまたHaPpYアクシデントのお陰でよい湯をいただくことが出来ました。
合掌


下の2つのボタンをクリックくださいませ。
(^0^)「温泉」と「アヒル」のボタン!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
「穂波温泉元湯」(ほなみおんせんもとゆ)
TEL:〒381-0401長野県下高井郡山ノ内町湯田中温泉穂波
スポンサーサイト
Posted at 16:20 | 長野の温泉 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。