--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.30

心に残った浴室。

皆さん

「湯船や建築に感動した浴室」
ってありますか?
共同浴場ファンの皆様なら何となく共感してもらえるかと。

私も、そんな浴室に出会いました。

太く、そして、少し白い粉のふいた古い木造の柱がたてれた浴室・・・
壁に埋め込まれた水槽(中にはお魚)・・・
共同浴場にも共通する風情があるんですが
またそれとも違う、特別なオーラがありました。

「す・すごい
湯殿を見た時、素直な心の声が漏れてしまったほど。
現在は、積極的に営業はしておられないのが残念ですが、
ここ数年で最も感動したものでした。
P1250888_R.jpg
※泉質:塩化物泉、泉温:67℃(浴槽内は適温41℃から42℃)、
無色透明・無味・無臭、感触:つるつる感はなく、さらっとしています。
保温効果が高く湯上りはポカポカ。特記:黒っぽい細かい湯花もあるよ。


細かく敷き詰められたミニタイルの湯船はしっかり磨かれ、
ちょろちょろと透明の食塩泉が注がれています。
本当に、一滴一滴がと~っても新鮮。
P1250838_R.jpgP1250839_R.jpg
P1250859_R.jpgP1250841_R.jpg
高い天井に向かって「はぁ~っ」って、叫びたくなります(笑
一人だから、、、それもありやね

こちらは女性専用。
誰も居ない湯船に、美しい湯がコンコンと注がれ
溢れていく姿を見ていると、何だか寂しい気分になりました。
P1250907_R.jpg
P1250883_R.jpgP1250909_R.jpg
※左上写真:塩分の結晶でしょうか?欠片を舐めるとショッパイです。
右上写真:白いケロリン♪レアものらしい。


いつまでも、残ってほしい。
こんな、すばらしい温泉を守り続けてくれた女将さんに感謝です。

2011年の閉め湯として、心の奥に留めておきたい。
そう強く思いました。


☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
今晩は、みんな忘年会でしょうか^^
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト
Posted at 00:16 | 長野の温泉 | COM(12) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。