fc2ブログ
2012.08.04

花山温泉をもっと楽しもう!(再訪)

先日「関西最強の温泉」と
言われる和歌山の「花山温泉」に行ってきましたよ。

この日は、ある用事があるため、蝉も未だ鳴き始めていない
早朝4:30に起き、眠たい目をこすって自家用車を和歌山市内へ走らせました。

夏の朝、青い空を眺めながら
音楽をかけ運転するのは幸せを感じます♪

P1030604_R.jpg
※上写真:花山温泉概観


朝6:40、オープン前の花山温泉。
いつも多くの常連さんで賑わう温泉だけに
こんなに、誰もいない浴室を見るのは初めて!!
P1030611_R.jpg
そう、この日は色々なご縁があって・・・
花山温泉さんの「入浴チケットの撮影」に参加させていただいたんです。


「わ~、ちょっと、ちょっと
見てください!
カルシウムの白い膜で一面覆われる神秘的な湯船。
朝一番の湯だから味わえる珍しい体験。
この膜を楽しみに来られる常連さんも多いのだそう。
P1030648_R.jpg

41.5℃の大浴場に一面白い膜。
P1030624_R_20120804084909.jpg

露天風呂はもっと真っ白!!
P1030685_R.jpg

その薄い膜は指で突っつくと壊れ、
手のひらで掬うとケーキをコーティングするお砂糖のように、
シャリシャリとした感触で崩れていきます。
手すりは「エクレア」みたい
P1030661_R.jpg
※写真上:炭酸カルシウムでエクレアのようになった手すり。
P1030674_R.jpgP1030682_R.jpg
※写真左上:朝一、貴重な白い膜の中で撮影です。
※写真右上:手の平にのせると少し黄色っぽい色が付いてるのが分かります。


ちょっと面白いものを♪
さて、問題 何て書いているかわかりますか?

はなやま カルシウム アート 1
P1030640_R.jpg

はなやま カルシウム アート 2
P1030646_R.jpg
湯面に指で絵が書けちゃいます。


【温泉の送水パイプ】
花山温泉の大浴場へ行くまでの通路にある、
透明のパイプは、温泉の送水パイプです。
炭酸ガスの勢いで、温泉が地面の下から上へ一気に送り届けられます。
P1030700_R.jpgP1030706_R.jpg

【館内の源泉汲み場】
今まで味わったことがないぐらいの強烈な
エグサと炭酸味、塩辛さ、鉄の味・・・・
喉に通せない程、色んな味が混ざり合うのをココで楽しめます
P1030698_R.jpg
※上写真:湧きたての源泉は透明なんです。
1時間ほど経つと酸化し、キャラメル色へ変わります。

【源泉掘削地】
帰りに施設から少し離れた所にある
源泉地を見に連れて行ってもらいました。
温泉櫓が建っているその下にある、
太い金属のパイプをつたって温泉が地下~地上へ上がってきます。
P1030714_R.jpgP1030715_R.jpg
※地下500mより掘削自噴。


「プシューッ!」
パイプの蛇口を捻って
源泉が噴出す、その勢いを見せてくださいました。
P1030724_R.jpg
生まれたての温泉は、顔を近づけると息が苦しくなるような
豊富な炭酸ガス、それから気泡
を含みます。

少し舐めてみると分かるのですが、
源泉汲み場よりも更に濃厚な成分の味がします。

世の中には、ご飯と炊いたら美味しい温泉なんかもありますが、
・・・こちらの温泉は別(><)

よほどの信仰心がないと、食事には使えません~。

濃厚な温泉の味はスゴイ(≒マズイ)。
改めて花山温泉の威力を感じました。

花山温泉のマネージャーさん、それから大好きな温泉仲間のみなさん。
一日ありがとうございました!!!
貴重な体験をすることが出来ました。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪
☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆

「花山温泉」(はなやまおんせん)
住所:和歌山県和歌山市鳴神574
TEL:073-471-3277
営業時間: 8:00~23:00 ※定休日:毎週木曜日(祝日の場合は営業)
料金:1000円(8:00~)※17:00からは600円 
スポンサーサイト