fc2ブログ
2012.08.11

おばあちゃんの湯。

「明日来ればいいじゃない?待ってるから♪」

おばあちゃんからそう言われ、
「あ、あしたですか~!?」と焦りながらも、
次の日、どうしても行きたくて、やっぱり行ってしまいました。

その昔、自然に湧いた温泉を鉢の中に溜めていたそう。
おばあちゃんのご両親はそれを桶に汲んで、
自宅まで持って帰り「我が子(おばあちゃん)の産湯」としても使ったそうです。

そして今はおばあちゃんが湯守。
誇らしげに温泉と家族の絆の話をしてくださいました。
P1040128_R.jpg

しっかりした硫黄の香り(ゆで卵みたいな)、
鼻を近づけると微かに漂う金属系の香り。
暑いので、ぬるめの34℃掛け流しが丁度心地いいです。
P1040105_R_20120811002650.jpgP1040164_R.jpg
※湯船の底は鉄で茶色になってます。

ん~、いい湯だな♪
P1040185_R_20120809000004.jpgP1040163_R.jpg

入浴後、おばあちゃんとご近所の方々でテーブルを囲みました。
わたしはお酒が強くないのでアイスクリーム
お父さん達は缶チューハイで乾杯~!

みなさん、温かく迎えてくださることが嬉しいです^^

この晩の出来事は、今でも夢かと思うぐらい、
記憶に刻み込まれた時間でした。

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
みなさん素敵なお盆休みを
お過ごしくださいね

☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆☆*:;;;;;;:*☆
スポンサーサイト