fc2ブログ
2014.08.24

北海道_長万部温泉_長万部温泉ホテル

「長万部温泉ホテル」

日帰りもやっている人気の温泉ホテルです。
見た目はホテルというよりも「町の温泉銭湯」と言った方が
何となくしっくりくるかもしれません。

こちらは、泊まると1万円以下で、蟹1杯がまるまる出てくるなど
お食事もボリューミーでかなりお値打ちらしいのですが、
今回スケジュールの兼ね合いもあり、私は日帰りでいってきました♪

長万部外観


玄関に入って、スリッパに履きかえようとしたその時!!
目の前に大きな、大きなラブラドールレトリバーが寝そべっているではありませんか。
しかもスリッパの上で(笑)
「いっぱい食べるんで、好きなものあげたらこんなに大きくなっちゃって」
寝ているワンちゃんを横目に女将さんが苦笑い しかし気持ちよさそう。
P1280434.png
※玄関で熟睡中のラブくん。常連さんは慣れていてラブくんを除けて入っていきます(笑)


脱衣所には、売店らしきブースもあり何故か洋服が売っていました。
これは興味深々だったなぁ。きっと近所の方が温泉ついでにお買い物をなさるのでしょう。
P1280421.png
P1280422.pngP1280423.png



浴室の中は益々「銭湯」の雰囲気でした。湯船は8の字形で温度別になっています。
おしゃまんべから

湯船からは穏やかに波模様をつくりながら溢れ出しています。
フロー

お湯は1kgあたり10,000mg弱の塩分を含む塩化物泉で口に含むと強い塩辛さと、
微かなアブラ臭が漂います。炭酸イオンも程よく含み少しつるっとした感触が特徴です。
P1280419.pngP1280412.png

その昔、天然ガス試掘中に偶然に天然ガスと一緒に温泉が噴出したのが始まりだそうですが、
毎分600ℓ とは通常イメージする「銭湯とか大衆浴場のクオリティ」を超えていますね。
おしゃまんべ逆
※源泉名:長温R6号、泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:49.6℃、pH:8.6
※湧出量:600ℓ /分、成分総計:10,090mg/kg


とってもいい湯でした。
「ばいば~い、ラブくん。また、くんね!」
P1280432.png
※帰りもやっぱり熟睡中のラブくん。


*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*☆
ぽちっとお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
☆彡*:;;::;; *:;;;;;;:**:;;;;;;:***:;;;;;;:*

「長万部温泉ホテル」(おしゃまんべおんせんほてる)
住所:北海道山越郡長万部町温泉町402番地
TEL:01377-2-2079
料金:(日帰り入浴)440円(素泊まり)4500円~
受付時間 :午前6:00~午後9:00(第2・4火曜日休み)
スポンサーサイト