2017.04.01

群馬_猿ヶ京温泉 猿ヶ京住民センター


「猿ヶ京住民センター」

有名な猿ヶ京温泉街のなかのだだっ広い田園にポツンと1軒建つ、地元の方メインの共同浴場です。
組合の方で管理されているお湯なのですが、組合員外のお客さんも300円支払って入ることが出来ます。
念のため、浴舎にいらっしゃった地元の方にお断りをし入れていただきました。

共同浴場には看板もなく、「温泉」とは大々的にうたっていないので
辺りの道を車で何周か走り、ようやく見つけたという感じです(;'∀')

でも、なんだか、そのひっそり感が逆に温泉への期待や好奇心をくすぐるんですよね。
P1040853.jpg


料金箱にお金を入れてっと・・・・♪
P1040849_20170401174625216.jpg


「うわぁ、いいなぁ~。(じゅるる・・・)」
扉を開けた瞬間、感激で一気に目が覚めました。浴室は、長野県の山田温泉の共同浴場を思い出させる昔ながらの共同浴場の造り。一言で言うと、正統派な共同浴場って感じです。
P1040796.jpg


壁や天井が全て木でできており、真上には立派な湯抜き・・・お湯に浸かっているとき何度も見上げては、その木の香りや趣を楽しみました
P1040833.jpg


手を加えられていない熱めの硫酸塩泉が惜しみなく湯船に注がれ、その鮮度や気持ちよさに思わず寝そべり全身をお湯を浸したくなっちゃいます。ちょっとお肌がキシキシとする肌ざわり。主に地元の方が使われる温泉は、使用する人数が限られるため、大抵どこの温泉地に行っても、殆ど手が加えられておらず、そのお湯の素性や良さが感じられるように思います。
P1040829.jpg

P1040811.jpgP1040804.jpg


朝から、誰もいない共同浴場で鮮度バツグンのお湯に浸かるシアワセ・・・余りの気持ちよさに考えていたことが吹っ飛び、頭の電源が「OFF」の状態になっちゃいました(*ノωノ)
P1040827.jpg


どのアングルでも栄えます、この浴室
P1040839.jpg
※源泉名:共有泉湯島、泉質:ナトリウム・カルシウムー硫酸塩泉、泉温:55.5℃、pH7.6


決して古いわけではないのですが、
趣のある浴室・・・
新鮮なお湯・・・・

共同浴場の良さを改めて感じさてくれる、
ありがたい、ありがたい朝湯でした。



ブログランキングに参加しています。
ボタンを押して応援してね!!


にほんブログ村


猿ヶ京温泉 猿ヶ京住民センター」
温泉街のなかにあります。

スポンサーサイト
Posted at 17:51 | 群馬の温泉 | COM(4) | TB(0) |