FC2ブログ
2020.05.09

宮城_適温になった湯沼



~2019年GWの振り返り~


宮城県某所。

この川沿いは、色々な浴感や香りを持つ個性豊かな温泉がたくさん湧いている不思議エリア。
オレンジ色もあれば、黒色もあり、アブラのような香りもあれば硫黄っぽい香りもあってバリエーションがすごい。

昨年のちょうど今頃は、世の中は平和な連休を迎えていて私もリュックにシャベルと浮き輪を入れ、野湯探索に来ていました。
河原からはモウモウと噴煙があがり、辺り一帯は硫黄や化学薬品っぽい香りがたちこめます。自然のサウナみたい。

P1050893_2020050917070897f.jpg


ちょうど私が手を浸けている場所は、底から気泡が湧いており湯溜まりになっていました。ボッケなんかも所々にあるので、登山靴を履いてきて良かった。
P1060096.jpg


ある沢筋からは41℃のお湯が流れ込んでいたので、岩をせき止め湯船を掘ってみました。
P1050934_202005091741236d9.jpg
※久々のおしんこどんさんとの再会。奈良女子・掘削隊の結成です♪


手造り露天風呂の出来上がり。こちらは無色透明の湯、快適です。
P1050982_20200509190109108.jpg


そんな訳で、それはそれは野湯パラダイスだったんですが、たった1か所どうしても浸かれず無念だった温泉がありました。それが、こちら。『緑色の湯沼』です。48℃の高温で底からボコボコと音をたてながら気泡も湧いていました。また忘れられないのが強烈な鼻をつく香り(一応アブラ臭とも言いますが、それを超越するキツさです。)
P1050890.jpg


このモンスターの強烈さに私は当時入浴を断念してしまいました。
P1050889_20200509184002f79.jpg
※実測48℃。



~2020年3月~

しかし、今年に入り、訳あってこの地を再び訪れモンスターに再会することに。今年も湯気たってる、たってる!熱そう・・・(怖)
IMG_3988.jpg


で、せっかく縁あって再訪できたんだからこのチャンスを逃すまい!と、恐る恐る浸かってみたのです。すると・・・わっ適温♡
P1050977.jpg


地殻変動でも起きたのか?はたまた低い気温が湯温を下げたのか?原因は分かりませんが、明らかに心地よいのです!温度で言うと42℃ぐらいでしょうか。底はふわふわの泥に覆われ温かく、まるで泥湯で有名な「別府保養ランド」に居るような感覚でした。
IMG_3989.jpg
※足がつかないので、枝にしがみついて撮影。

IMG_3934.jpg


結局、あまりの気持ちよさに、1時間ぐらいゆっくり浸かってました。
しかし、温泉というのは日々変化するものですね。
昨年、手を浸けて「熱っ」って叫んだのは一体なんだったんだろう?

湯浴み着は泥だらけになって、履いてきた登山靴はぐちょぐちょ・・・
帰りは大変だったけど、なんだか、達成感と笑顔が溢れた1日でした。

よし、いつかまた、東の別府保養ランドへいこう。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね(^^♪

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+


スポンサーサイト