fc2ブログ
2023.10.26

長野_東硫黄沢出合の湯(入浴篇)


【東硫黄沢 出合いの湯】
本当にありました、グリーン温泉✨ちょっと離れた岩の割れ目から53℃の源泉が流れ落ち、湯船では36℃程度のぬる湯になっています。10月初旬ですが、標高1600m付近の気温は冬に近い。肩まで浸かれるよう「寝湯」しないと肌寒く感じます。周辺は強い硫化水素が漂っていて、少し離れた場所のテント内に居ても臭いがするほど強烈です。
27884BD7-E2F8-4230-A8EE-1AE28BABC1F9.jpg
※泉温:53.4℃、pH5.7、強い硫化水素臭、苦味、エグミ、微酸味、色:グリーン


本当は東硫黄沢を遡上する予定にしていたのですが、なんだかんだ8時間ぐらい歩いて疲れたので、この日は夕方までずっと入浴。ここまでは調子よかったんですが、、、、
IMG_0278_20231025163934fcf.jpg
※私が浸かると一瞬でグリーンが泥湯の色に。


この後、天気予報が一変。暴風雨に見舞われ、夜から翌朝の9時までずっとテント籠りを余儀なくされました。湯俣川は一晩で河原の巨石が「ゴロゴロロ…」と転がるほどの激流と化していて本当に怖かった~。
IMG_9966.jpg
※テント場である高台から見下ろす濁流。ひとたび雨が降り出すと、昨日渡渉した川とは思えないほど変貌する湯俣川。


2日目の早朝もテントが吹っ飛びそうな激しい豪雨と増水でした。帰りの時間を考えると更に上流の「硫黄沢」へ行くことを諦めざるを得ない状況。残念だけど予定変更して伊藤新道をピストン。ただ、ラッキーなこともありました。翌朝11時、やっと雨が止み青空に変わると、「出合いの湯」が美しいブルーに変色していたのです♡美しい♡
0CEED42E-568E-454D-920B-AF091638C06A_20231025163908271.jpg


11時を回ると水量も早朝より随分と減りました。崖の上から見下ろすと、本当に神秘的な風景です。断崖絶壁の赤茶けた岩壁に白や緑の筋が何本もあり、ぬるめの温泉が染み出しているのです。ここは日本でも唯一無二の景色が見られる珍しい場所なのだと思います。湯俣川。本当に来れて良かった。
25F13A1F-F415-4131-BD1E-852AA7C09935.jpg


【東硫黄沢出合い 穴の湯】※仮称
「出合いの湯」の他にも、この周辺には何か所か温泉が湧いています。1つは「穴の湯」。河原のナメ床にあった窪みは1人用の湯船みたいになっており、中には乳白色グレーの湯が溜まっています。湯俣沢の温泉が凄いのは、こんな近距離に乳白色グリーン、ブラック、ブルーの微妙に異なる濁り湯を楽しめるところ。
3DDC31ED-0231-47A9-9990-6F56EAE62090.jpg
※実測:35℃、色:乳白色グレー


【東硫黄沢出合い 下の湯】※仮称
そして、湯俣沢を少し上った岩陰にもぬるめの湯が湧いていました。一番分かりにくい場所にあり、見つけるのが少し難しいかも。でもしっかりと温度もあるし、ブルーっぽく輝く「極上湯」ですよ♪
CEF54FBF-1D67-4161-AC0F-552F0135A21B.jpg


帰りは増水がひどかったら、三俣山荘→双六小屋→新穂高の登山道ルートを歩くことも考えましたが、増水の湯俣沢を下ることにしました。写真は伊藤新道沿い、増水時に使う臨時の道です。高さ10mぐらいある断崖絶壁に取り付けられたアルミ製の板は、両足を揃えて立つのが困難なほど幅が細い( ;∀;) 高所恐怖症のわたしが今回一番恐ろしかったのがココでした。同時に、こんな高いところに道作った方、尊敬します。。山屋さんは凄い。
6F588EF9-1876-4291-B204-3AE262B0B18B.jpg
※帰りの道中。正直生きて帰ることしか頭になかったw


「東硫黄沢 出合いの湯」
わたしにとっては、数年ごしの憧れの存在であったため、本当に心に残る経験になりました。目的地までは到達できなかったものの、こんな景色を見れて、こんな美しい色の温泉に浸かれて、しあわせとしか言いようがないです。

一方で、今までこんなに天気予報が一変した経験もなかったし、
これだけ増水した川を何時間も渡渉し、精神的にも肉体的にもヒヤヒヤすることはありませんでした。

今回は、自然の美しさ恐ろしさを一度に教えてくれる、
「湯俣川」の存在の大きさを痛感したのような気持ちになりました。
来年こそ、トレーニングを重ねて、今回、出合えなかった「秘湯」にリベンジさせてもらいます\(^o^)/


★★★★
「温泉ボタン」を押して応援してね!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
★★★★
スポンサーサイト