fc2ブログ
2023.11.16

群馬_宝川温泉 汪泉閣



群馬県と新潟県の境 みなかみ町にある「汪泉閣」さん。総面積400畳という巨大な露天風呂に、1分間になんと1800ℓ(ドラム缶10本分)の湯が惜しみなく注がれており、そのスケールの大きさは日本随一と言っても過言ではありません。

テルマエロマエなどの映画でもロケ地として登場したり、海外から多くのファンが訪れることでも有名。それ故、日中は日帰りのお客さんでいっぱいのイメージがあり、これまで立ち寄るのを躊躇していました。

で、今回、家族のお誕生日をかねてお泊りしてきましたー♪で、泊まった感想なんだけど、これまで抱いていたお宿のイメージと、いい意味で異なる部分も多かったので、今回はそんなギャップも含めて紹介していきたいと思います。


★お宿のエントランスはお泊まり客専用★
実は汪泉閣さん、宿泊客は(日帰り客とは別の)奥にある専用玄関から入るんです。なので、混雑することもなく静かな和風旅館の雰囲気を味わいながらチェックインすることができました。これは
宝川1


玄関を通り抜けロビーに入ると、全面ガラス張りのテラス。この窓から宝川沿いに色づいた紅葉を眺めることができ、本当に綺麗でした。例年は10月下旬にピークを迎えるそうですが、残念ながらこの時点では未だ6割。それでも充分に目の保養になりました。
P1310348.jpg


露天風呂を含め、館内はまるで迷路のよう!チェックイン時にいただいた地図を片手に露天風呂へGO♪4つの湯船のうち3つある混浴露天風呂では(事前に貸し出される)湯浴み着を着るのが入浴のルール。なので、家族みんなで入浴を楽しむことができるのも魅力です。女性専用の露天風呂(写真)もあり、女性だけでもゆったりとくつろげます。
P1310648_20231115141339be7.jpg


吊り橋を渡って小道を歩くと、川沿いにモウモウと湯気をあげる露天風呂が見えてきます。どの湯船も見渡す限り、圧倒的な開放感!山の木々や川が浸かりながら触れられそうな距離で、これぞ「温泉文化の原風景」と言った印象。最近、露天風呂に行くと(女性風呂は特に)目隠しで視界が狭くなっていて、景色を楽しめないことも多かったので、嬉しくて、嬉しくて…。
P1310721.jpg


魔訶の湯(混浴)
宝川温泉で一番有名な露天風呂で宿から一番手前にあります。人気だけあり、露天風呂は終始人で賑わっていました。お湯は自家源泉を4つブレンドした単純温泉ですが、湯口付近では硫化水素臭がしっかりと香って鮮度も好調でした。この湯船からは一番間近で紅葉を眺められます。
IMG_1243.jpg
※源泉:宝川1、3、4,5号泉、泉質:単純温泉、pH:7.81、成分総計:510mg/kg


般若の湯(混浴)
「魔訶の湯」のすぐ裏手にある混浴露天です。やや浅めで、ぬるめ。お子さんたちには大人気でした。
P1310633_20231115140724e35.jpg


印象深かったのは日帰り時間の露天風呂の一幕。おじいちゃんから小さなお子さんまで、いろいろな方が湯浴み着をはおって、川を渡ったり、点在する露天風呂をくまなく行き来されるんです。その1シーンがちょっとした「アミューズメントパーク」にも見え、わくわくしました。湯あみ着があるので、女性の方も混浴で楽しそうに湯あみされてました。
P1310599.jpg


子宝の湯(混浴)
こちらは、最も川に近く、その自然との一体感は他の露天風呂と比べて一線を画すものがありました。実は汪泉閣さんへ泊まりたいと思ったのも、この湯船の写真がきっかけでした。ただ、この日夕方から小雨だったこともあり、湯温はかなりぬるめ。この日は、女性専用の露天風呂でまったりくつろぐことにしました。
宝川2


★鮮度の良さが際立つ女性露天★
摩耶の湯(女性専用)
温度と言い、鮮度と言い、一番お気に入りで滞在していたのがここでした。湯口からは大量の源泉が注がれており、浴感も温泉のアロマも最高でした。そのすぐ近くに座りながら、しばし湯あみ。ああ、至福…。女性だけでこの湯を独占できるのは贅沢です。
宝川3


★日帰り入浴時間が終わると、湯治場の風情に★
私のお気入りの瞬間は、日帰り入浴時間が終わる16時半から。昼間のにぎわいが嘘みたいに、辺りは一気に静まりかえります。
宝川4
※露天風呂から宿へと向かう小道。木造の東屋にもランプが灯されます。


薄暗い中、昭和11年築木造2階建ての宿舎にオレンジ色の光が灯り、まるで東北の湯治場のような趣深い雰囲気に。泊まった人だけが味わえる至福の時間、本当に宿泊で来れてよかった✨
宝川5
※昭和11年築木造2階建ての第一別館


いや、本当に、午後4時ごろを過ぎると徐々に時が止まったかのような時間の流れになりました。わたし自身、人の多いお風呂が苦手で、混雑すると「お湯の良さ」、「個性」が時折わからなくなってしまうこともあり、静かに浸かるのは本当嬉しい。個人的には、汪泉閣さんは泊まりで来たほうが魅力がよりクリアに感れるんだろうなぁと思います。

次は食事や内湯のことを書きま~す\(^o^)/
つづく…


★★★★
「温泉ボタン」を押して応援してね!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
★★★★
スポンサーサイト



Posted at 14:43 | 群馬の温泉 | COM(0) | TB(0) |