fc2ブログ
2023.11.09

長野_湯股温泉 晴嵐荘



東硫黄沢からの帰り。その後…

2日目は、正午近くまで湯俣沢の大氾濫で水量が引くのをテント場で待ってから行動したため、時間はおしおし。一大目的の「硫黄沢」に行くことはできず、増水用に使う「桟道」を通って湯俣温泉まで戻ることに。

で、湯俣温泉に着いたころには、当たりは薄暗くなっていました。登山服は上も下もびしょ濡れで、寒いのなんのって…(やっぱり10月の増水はキツイ。)

河原の地獄から玉子みたいな香りがした時に「ああ、無事に戻ってこれた…」って、安堵感に包まれました。写真はプルプル震えながら、温かい野湯に入って冷えた身体を温めている様子です。
C71C9BEF-A63B-4E8E-A4FA-213B6BFAD4B6.jpg
※東硫黄沢から帰還し入浴。湯俣地獄の湯は「硫化鉄」で手足が真っ黒になります。一帯は鉄イオン多いのだそう。


地獄谷では70℃~90℃の熱水がボコボコと湧いています。今年は6月と10月2回湯俣地獄を訪れましたが、圧倒的に10月の渇水期の方が浸かれる野湯が多かったです。
9BCE90F5-3705-4FAF-81DA-6C2B00A86074.jpg


全身真っ黒+ずぶ濡れになりながら電波が通じる場所まで移動、地獄谷から徒歩ですぐの山小屋「晴嵐荘」さんに連絡をしたところ、未だお部屋に空きがあるということで、宿泊させていただくことに♡ 「晴嵐荘」さんは私がず~っと泊まりたかったお宿の1つで、ラッキーとしか言いようがありません。
P1300791.jpg
※昭和2年創業の「晴嵐荘」さん。当初は「仙人閣」という名前で対岸にありました。


ちなみに「晴嵐荘」さん、登山道の対岸にあるので、宿へ着くには「ジップライン」を使って川を渡るか、渡渉するしかありません。
P1300065.jpg


「ジップライン」とは、ワイヤーロープにベルトとハーネスを装着してぶら下がるアウトドアアクティビティで、こんなブランコみたいな物に乗ります。見た目より実際は高度があって、『「ジップライン」に乗るのも怖いし、渡渉するにも水流が強い…』なんて躊躇しちゃいましたが、伊藤新道を渡渉してきて服は既にずぶ濡れという事で、行きは渡渉を選びました。
4F5CE9E8-5745-47D8-847F-9EC835AFE269.jpg
※「晴嵐荘」さん前のジップライン。翌朝はこれに乗りました。


楽しみにしていたのが「噴湯丘カレー」!!!古代米を使ったライスが「噴湯丘」の形になっているんです。見栄えだけじゃなく、カレーも完全手作りでスパイスの味が効いていて、めちゃくちゃ美味しいのです。野営→生きるか死ぬかの渡渉の後だったからかな??山奥でこんな豪華な食べ物にありつけるなんて幸せすぎて涙が出そうでした。
P1300637.jpg
※「噴湯丘カレー」チキンもゴロっと入ってて贅沢!


で、お次の楽しみは今年リニューアルされたばかりのお風呂ですよ♪宿泊者は夜通し入れます。
8C5730BF-26B1-45E8-B4DF-DEE7BB8F0DBC.jpg


うひゃー!雰囲気ある( ;∀;)
レトロな豆タイルに3-4人は入れそうな円形の湯船。そこに、ミルクのような白濁の湯がかけ流されているではありませんか♡41.6℃の湯は適温で、肌あたりが優しいながらガツンと玉子臭を放つ中性の硫黄泉(総硫黄12.4mg)がまた気持ちいいの…昇天しそうでした。
B58BD8E2-9785-45D1-8D1C-AF6D79206A99.jpg
※泉質:単純硫黄泉、泉温:50.2℃、pH:6.4、成分総計:804.5mg/kg、湧出量:未測定


源泉はお宿のすぐ裏にあり、大きな窪みに湧きだした湯が溜まってます(掘削自噴)。湯船まで最短距離で引いてこられているのでとってもフレッシュなんです。自然に近い状態なので雨の多い時は湯温が下がるそうです。
178D61CA-6770-436A-8FF9-5270DF396CA9.jpg


続いて女湯です。基本的には浴槽の淵の色が異なるぐらいで男女共に同じ造りでした。
P1300684.jpg


外から見たお風呂場の様子。屋根の上に湯抜きがあり、いかにも長野の古い共同浴場のような佇まいでした。山小屋にしてこの風情は泣かせます。。
659B37EB-85BB-4E1B-A1B8-64829D30A782_202311082122378c3.jpg


気分爽快な翌朝。昨日は雨風で吹っ飛びそうなテントの中で怯えながら寝ていたのに、今朝はふわふわの布団で静かに目が覚め、用意された朝ごはん…それだけで「贅沢だなぁ。」としみじみ思うわけですよ。
P1300771_202311082122387ea.jpg
※おひつに入ったご飯がまた美味しい。


帰り際、支配人さんにご挨拶すると、面白いものを見せてくださいました。「湯股温泉晴嵐荘」と記載された昭和34年当時の木造の長椅子です。これだけ水害の多い高瀬川上流で、この宿を長年守ってきた先代たちの凄さを感じさせられるなぁ。
83DD0F70-8640-4A04-88FB-707792732BA9.jpg
※「湯俣温泉」の漢字は本来「湯股温泉」なんだそうです。



今年は念願の「晴嵐荘」さん宿泊、最高でした♪

食事や飲み物(アルコール類も提供)などのこだわりが素晴らしく、あの極上湯にも入れる…今まで訪れた温泉付き山小屋の中で、屈指の居心地の良さで感動でした。

そして何より、突然にも関わらず、へとへとの私を泊めていただき感謝しかありませんm(__)m



「湯股温泉 晴嵐荘」
住所:長野県大町市大町九日町2450
Tel : 090-5535-3667
営業期間:7月下~10月中

★★★★
「温泉ボタン」を押して応援してね!
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
★★★★

スポンサーサイト



Posted at 12:28 | 長野の温泉 | COM(0) | TB(0) |