FC2ブログ
2019.07.08

長野_白馬鑓温泉(アプローチ篇)




ささ、久々のアップですが。

6月29日(土)
不安定な天気の中、いってきましたよー、白馬鑓温泉!!

人生でこれだけ天気予報とにらめっこした日々はあったかと思うぐらい、
毎日毎日、白馬村の天気を追ってました。

午前中は曇り、昼からは雨が降る・・・という怪しい予報でしたが、
(午前中あれば何とか温泉にたどり着くだろう)ということでスタートをきりました。
温泉さえ浸かれれば、帰りはもう雨に濡れてもOKーー!な覚悟で。

天気のことがあり急いでいたので、猿倉荘で記念写真を撮るのも忘れてましたww 
OMG!!!山温泉で記撮なしって前代未聞だよー( ノД`)
P1060658.jpg


今年が例年に比べて雪どけが遅いのか、歩き始めて2時間ぐらいで所々に残雪が見られます。しかも、つるつるカチカチの、歩きにくいやつ。
P1060669.jpg


実は、今年5月に山に精通した友人と白馬鑓温泉に行く予定だったのですが、雪崩の危険性を理由に急遽中止にしたという経緯があったのですが、行ってみて納得。残雪が多く下がとけていて、上部がアイスバーンのやっかいな箇所が多いこと。それでも私はストックを地面に突き刺しバランスをとりながら前へと歩き続けました。
P1060681.jpg


2時間半で漸く中間地点の「小日向コル」へ。ここから、臨む白馬鑓温泉は豆粒のような小ささでした。(うわーーーー!まだまだ先は遠いのねっ(;´・ω・))何となく気づかされた感じです。。
P1060683.jpg


「小日向コル」・・・高山植物の宝庫でした!春から夏にかけての高山植物の代表「水芭蕉」の群生があちらこちらに♥お花を踏まないように歩いていきました。
P1060677.jpg


「クリスタルサンカヨウ」・・・雨に濡れると花びらがガラスのように透明に変わる珍しいお花です。こちらも、可愛かったー。
P1060674.jpg


後半は、杓子沢、落石沢、崩沢、鑓沢、湯沢と4つの沢(この時期は雪渓)を横切るのですが、この界隈が一番怖かった。生まれて初めて目の前で岩が落ちるのを目の当たりにしたり、傾斜45℃ぐらいの雪の壁をピッケルで足場を作りながら、よじ登ったり・・・・(ワイルドすぎるぜぇぇ。)夏の登山道も雪に覆われ見えないので、慣れていないととにかく、不安なのです。
P1060696.jpg
※この辺りからアイゼン走行開始。


見てください!この空洞!!雪の層がとけて下が空洞になっている個所が幾つもありました。気づかずに上に乗ってしまうと、崩落する場合があるので体重をかける前に足で蹴ってから前へ進みます。
P1060699.jpg


漸く、4つの沢を越え、後は標高200m差の雪渓を登るだけ!!・・・とは言え、ここは雪の上。高低差200mと言えども、結構な道のりで片道1.5時間はかかっちゃいます。視界が全部真っ白でランドマークがないでしょう?だから、自分がどこまで歩いたか距離感がわからないんです。
P1060720.jpg


「はぁはぁ(*´Д`)ぜぇぜぇ・・・・」
息が荒くなってきたその瞬間・・・・パッと後ろを振り返ると、雲が下に見えて、自分が結構な高さにたどり着いたことを認識。ちょっとだけ自分を褒めてあげたくなります。
P1060736.jpg


歩き始めて1.5時間、突如目の前に温泉の滝が!!!
P1060748.jpg


「わーーーーい!!♨はもうすぐかも~♪」
物凄い湧出量に期待が高まり私のテンションはマックスに。温かいお湯がざぁざぁと。白馬鑓温泉のお湯の豊富さを物語ります。こんな山の中腹に、どうしてこれだけのお湯が溢れているのか、とっても不思議な光景です。
P1060756-2.jpg


「温泉マーク」が私が誘う・・・
P1060746_20190708161720268.jpg


で!!!!!
もう、私の息使いがやばいぐらい「はぁはぁ」「ぜぇぜぇ」ピークになった頃、目の前に岩を積んでできた城壁のようなものが見えました。こ・れ・ぞ、白馬鑓温泉の湯船なのでした~\(^o^)/見た瞬間、(気持ちは)一気に湯船へと駆け寄りたかったけど、でもしんどくて走れないーーw ご想像ください。
P1060759.jpg


いよいよ天空の露天風呂とご対面☆彡
白馬鑓温泉(温泉篇)へつづく・・・・

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
温泉ボタンを押してね!

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/1053-ce70be8c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あら、素敵山ガール♪(笑)

小日向のコルから一旦下りて、また登り返すのがキツいですよね~(>_<)
Posted by はたぼー at 2019.07.08 17:16 | 編集
こんにちは!

登山ってただ歩いているだけなんですけどなんであんなに疲れるんですかねぇ。
走ったりしている訳ではないのにね。(笑)
でもあの温泉マーク、白い部分が笑っているくちに見えて可愛いですなぁ。
続編、期待してますよ〜!!
Posted by くぼ at 2019.07.08 18:58 | 編集
はたぼーさん

> あら、素敵山ガール♪(笑)

山Girl....だなんて、ありがとうございますw
はたぼーさんみたいに山を愛でる余裕はなかったですが^^

小日向のコルから一旦下りて、雪渓トラバースがつらかったです。
登山道が埋もれててないんですもんねー。冬山登山に慣れてないとつらい。
普段、野湯とか山の温泉で「危険」・・・なんて書かない私なんですが、
ちょっとほんとに「滑落したらやばい」って思いました。
Posted by YOOMI (金 裕美) at 2019.07.09 10:29 | 編集
くぼさん

こんにちはーーー!
> でもあの温泉マーク、白い部分が笑っているくちに見えて可愛いですなぁ。

温泉マークが笑ってるように見えるなんて、よく気づきましたね!!
確かに、そうやって見ると「可愛い♥」って思いました。
でも、実際、あの場にいた私は疲労のピークで、キュンキュン♥する余裕はなかったですw
Posted by YOOMI (金 裕美) at 2019.07.09 10:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する