FC2ブログ
2020.05.09

宮城_適温になった湯沼



~2019年GWの振り返り~


宮城県某所。

この川沿いは、色々な浴感や香りを持つ個性豊かな温泉がたくさん湧いている不思議エリア。
オレンジ色もあれば、黒色もあり、アブラのような香りもあれば硫黄っぽい香りもあってバリエーションがすごい。

昨年のちょうど今頃は、世の中は平和な連休を迎えていて私もリュックにシャベルと浮き輪を入れ、野湯探索に来ていました。
河原からはモウモウと噴煙があがり、辺り一帯は硫黄や化学薬品っぽい香りがたちこめます。自然のサウナみたい。

P1050893_2020050917070897f.jpg


ちょうど私が手を浸けている場所は、底から気泡が湧いており湯溜まりになっていました。ボッケなんかも所々にあるので、登山靴を履いてきて良かった。
P1060096.jpg


ある沢筋からは41℃のお湯が流れ込んでいたので、岩をせき止め湯船を掘ってみました。
P1050934_202005091741236d9.jpg
※久々のおしんこどんさんとの再会。奈良女子・掘削隊の結成です♪


手造り露天風呂の出来上がり。こちらは無色透明の湯、快適です。
P1050982_20200509190109108.jpg


そんな訳で、それはそれは野湯パラダイスだったんですが、たった1か所どうしても浸かれず無念だった温泉がありました。それが、こちら。『緑色の湯沼』です。48℃の高温で底からボコボコと音をたてながら気泡も湧いていました。また忘れられないのが強烈な鼻をつく香り(一応アブラ臭とも言いますが、それを超越するキツさです。)
P1050890.jpg


このモンスターの強烈さに私は当時入浴を断念してしまいました。
P1050889_20200509184002f79.jpg
※実測48℃。



~2020年3月~

しかし、今年に入り、訳あってこの地を再び訪れモンスターに再会することに。今年も湯気たってる、たってる!熱そう・・・(怖)
IMG_3988.jpg


で、せっかく縁あって再訪できたんだからこのチャンスを逃すまい!と、恐る恐る浸かってみたのです。すると・・・わっ適温♡
P1050977.jpg


地殻変動でも起きたのか?はたまた低い気温が湯温を下げたのか?原因は分かりませんが、明らかに心地よいのです!温度で言うと42℃ぐらいでしょうか。底はふわふわの泥に覆われ温かく、まるで泥湯で有名な「別府保養ランド」に居るような感覚でした。
IMG_3989.jpg
※足がつかないので、枝にしがみついて撮影。

IMG_3934.jpg


結局、あまりの気持ちよさに、1時間ぐらいゆっくり浸かってました。
しかし、温泉というのは日々変化するものですね。
昨年、手を浸けて「熱っ」って叫んだのは一体なんだったんだろう?

湯浴み着は泥だらけになって、履いてきた登山靴はぐちょぐちょ・・・
帰りは大変だったけど、なんだか、達成感と笑顔が溢れた1日でした。

よし、いつかまた、東の別府保養ランドへいこう。

*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+.
温泉ボタンを押してね(^^♪

にほんブログ村
*゚+.*.。   ゚+..。*゚+.。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/1083-0cdb2a47
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
YOOMIさん、こんばんは。ご無沙汰しております。
相変わらず、ワイルドな湯めぐりを続けていらっしゃるのですね。

本日は立ち上げたばかりのブログにコメントをお寄せいただき、ありがとうございました。本当に驚き、また嬉しく思いました。
HPを閉じた際、ある方から頂戴した「たとえ新規のレポがなくても過去記事は、今となっては知ることもできない当時の様子や湯使い、現状との違いを知るにもとても貴重な資料になります」というお言葉がずっと頭の片隅に引っかかったままで半年が経過していましたが、GWも終盤となった5/5の朝に急に思い立ち、見よう見まねでブログなるものに挑戦したところ、何とか形になりそうでしたので、自身の湯めぐりの足跡を記録に残しておくことにいたしました。

と言いましても、旧記事の焼き直した新鮮味のない内容ですが、たまに覗いていただければと思います。
Posted by 単純硫黄泉 at 2020.05.10 00:06 | 編集
単純硫黄泉さん、

こんにちは。

ブログを立ち上げようと思ってくださった事は私も嬉しいです。新規レポが豊富でなくても、単純硫黄泉さんのような県別の細かで美しい温泉レポートは、今少ないので貴重だと思います。最近のSNSへの流れもあるんでしょうけど、きちんとレポートされたHPは殆どなくなりましたから。

私が全国各地の温泉を精力的に廻りはじめた時も、膨大な量が県別に纏まっていて、且つ、細やかに書かれている温泉レポートを参考にしていました。単純硫黄泉さんのレポートもその1つです。特に、中国地方や近畿の穴場温泉宿などの情報を参考にさせてもらいました。

明日もまた私と同じように「温泉をたくさん廻りたいけど、どこへ行ったら良いか分からない。」という新規温泉ファンの人が出てこられると思うんですよね。そんな人たちにとって、リアルタイム投稿が中心で個人の嗜好が出るSNSでは正確な温泉情報は取れないので、単純硫黄泉さんの情報を有難く思われると私は思ってます。

・・・何より、私が単純硫黄泉さんとコミュニケーションがとれなくなるのが寂しかったのもありますが(^^ゞ
Posted by 渡辺裕美 at 2020.05.10 14:42 | 編集
男でも尻込みする恐ろしい沼ですが
ついに、この湯沼に入られたのですね
おめでとうございます、かつ、感服いたしました
わたしもこの湯沼には2回入ってますが、近くのオレンジ色湯エリアには入ってないので再挑戦したいものです
また、楽しい野湯のレポをお待ちしております
Posted by OJ at 2020.05.11 17:58 | 編集
OJさん

こんにちは~。
先日は楽しい旅をありがとうございました。
そろそろ野湯自粛も限界ですねーーーー(;'∀')(;'∀')(;'∀')
今、とっても行きたい新潟の計画も停滞しています。

この沼、OJさんでも尻ごみされましたか?(笑)
去年は見た目どおり、温度が地獄沼レベルだったんですが今年の適温度にはびっくりしました!
「押すなよ、押すなよ・・・」と、ダチョウ倶楽部さんのネタ並みのリアクションで入りましたが、
その後は快適天国でした✨

オレンジの湯壺は温度的には快適ですから、これに比べればいつでも入れますね!!
Posted by 渡辺裕美 at 2020.05.15 09:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する