2010.10.09

石川_石引温泉_亀の湯

つぎは、某雑誌社さんの取材で訪れた「石引温泉 亀の湯」さん。

金沢の有名銭湯の定休日は平日が多く、しかも施設によってバラつきがあるので
もし遠方から来て短期間で湯めぐりするなら、効率良く廻らないと難しいんです。

そんなことで、
この日も金沢駅に着いたのが、夜遅く。
翌日、定休日という事もあって、駅に着くなり亀の湯さんに直行・・・・


いつもなら、この流れなんですけど


「まずは。腹ごしらえ!」ということで、
元金沢在住のソムリエ仲間の誘導で、地元で圧倒的な人気を誇ると言われる回転寿司屋さんへ・・・。
(こんなこと言っちゃ怒られるかもしれないけど)見た目は普通の、回転寿司屋さんに
     長蛇の列!  

答えはネタの良さと価格なんよね~。

のどぐろ、ぼたん海老、トロ・・・地元で水揚された新鮮なネタがぐるぐる回って夢のよう。
皿を取るたびに顔がほころび、その名の通り ♪もりもり♪ いただきました。
morimori2_R.jpg もりもり_R
ほんと、しあわせ


で。 たどり着きました。亀の湯さん
初めて概観を見た時は、大きな造りに銭湯と言うよりも、ボーリング場みたいな印象を持ちました。
いしびき看板_R いしびき玄関_R

いざ、風呂場の最奥にある、亀の甲羅型の半露天風呂に直行♪
35℃の源泉をそのまま、加水、加温せずに掛け流しているんです。
湯舟からは、もったいないぐらいのお湯が、ざあ~、ざあ~と外へ流れ出ます。
亀の湯_R

フラッシュ付きで撮影すると見えるでしょ。モール泉という太古の植物の有機物が
含まれているお湯で、ウーロン茶色なんです。
かめの湯アップ採用_R

湯口。ここからドバドバ源泉が湯舟に落ちてきます。
P1080758_R.jpg

ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉。
温度は35.2℃(源泉温度そのままです!)
PH8.2
湯に浸かると程よい滑りと柔らかい感じ、湯をあがると肌はさらさら。
まさに炭酸水素塩泉の美肌の湯らしさが手にとるように感じられる。
私が金沢で湯めぐりした中で、お湯は一番のお気に入りでした。

湯舟から見える「亀の石造」からも源泉が出ているよ。
かめの湯とかめ!_R

内風呂が込んでいる割に、半露天は結構、空いているのでほぼ貸切状態。
後に、2人ぐらい地元のお母さんが入ってこられました。

金沢市内に在住、こちらの湯が好きで石引温泉に長年通われているお母さん。

私達がよく知っている「山代、山中・・・」あたりの温泉地は「高級。観光客が行く。」
というイメージが強く、普段入浴には、石引温泉など、金沢市内の良質な銭湯に通われるそう。

なるほどな~。たぶん関西人が地元の名湯有馬温泉に行く感覚とは違うんだとうな。
↑関西人の有馬率は高いんです!

金沢のお母さんは旅行好きらしく、
日本全国津々浦々の旅行話を聞かせていただきながら長ーーー湯しました。


特に女性でお肌に興味がある方。
亀の湯に入れば綺麗になれること間違いなしです!金沢美人のルーツねッ




ブログランキングに参加しています。
下の2つのボタンをクリックしてね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
「石引温泉 亀の湯」(いしびきおんせんかめのゆ)
住所:石川県金沢市石引2-15
TEL:076-262-4126
営業時間:12:00~24:00
料金:大人420円

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/110-115624cf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ここ大好きよーー!

露天風呂は最高!!

お肌しっとり乾燥知らずの温泉よね~。

そうそう、金沢マダムって銭湯でアカスリというか、

お肌をよくゴシゴシしていない?

多分普通のお湯だったら、きっとカサカサになっちゃいそう。

金沢に沸くモール泉のおかげだと読んでいるのよ。
Posted by ドン at 2010.10.09 18:03 | 編集
ドンさま

さすが、ドンさん!金沢銭湯もチェック済みですね♪

銭湯でアカスリされてる方?
わたし、お湯に浸ってほわほわしてて、見落としてたかも~(@ o @;)/

ただね、金沢の女性のお肌は(例え、お年を重ねられていても)
ゆで玉子の白身みたいに、つるっとしてるなぁというのが印象でした!
ただモール泉って希少なんですよね~。東京の一部と金沢ぐらい??
Posted by YOOMI at 2010.10.09 23:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する