--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.30

岩手_国見温泉_石塚旅館

東北紀行。

次は温泉好きには、言わずと知れた岩手の名湯「国見温泉 石塚旅館」さん。

盛岡から秋田に向かって車を走らせると途中にあります。
国見温泉には、石塚旅館さんの他にも幾つかお宿はあるようですが、ここが著しく有名。
国見外観2_RP1040013_R.jpg


旅館の裏にある、木造の脱衣所。ここをくぐりぬければ、有名な混浴露天風呂です!
この辺りは、一帯自然で本当に静か。近くには沢の滝もあり、
まさに自然の中にポツンと露天風呂が溶け込んでいるって感じの風景です。
混浴露天_RP1040078_R.jpg


そして、その脱衣所の建物をくぐると・・・




クリームソーダ色のお風呂
P1040051_R_20101030153841.jpg

すくい上げると、すーごい量の湯の花が。
どっさり・・・ しかも、混入物一つないさらさらの砂浜の砂みたい。
湯舟を歩くと「ざく、ざく・・・」湯の花を踏む感触が伝わってきます。
まるで海の浅瀬を歩いているみたい。
P1040066_R.jpg湯の花こんもり_R

国見温泉は泉質 含硫黄ーナトリウム・炭酸水素塩泉。PH6.8、源泉温度49.8℃
浴槽では42℃ぐらいに調整されていて、ちょうど入り易い温度です。

何を隠そう、鉄分の多い温泉に入った後でここの温泉に入ると、
化学変化で爪やタオルが真っ黒になるんです。
ほら!この通り実験成功。←ってゆうか、知らないうちになってた(汗)
白いタオルが真っ黒に
注意書き_Rタオルも黒_R


国見温泉は、色もさることながら、匂いや味にも強い個性があります。
私は国見温泉の臭いを「ツーんと鼻をつくような墨汁の臭い」と例えたのですが、
こちらは、あらゆる例えがあるようで・・・「硫黄の匂い」「国見臭」だとか、
インパクトの強い匂いに、皆さん様々な表現をされているようです。

味も強いえぐみがあり、一杯でもうギブアップ。青汁?
P1040058_R_20101030154643.jpg夜の国見で入浴2_R

石塚旅館では、人生2回目となる(1回目は後の記事に出てくる大沢温泉!)
自炊部屋での宿泊にチャレンジ。

■自炊棟(旅館の裏手)
P1040083_R.jpg

本当いうと旅館部希望だったんだけど、旅の予定を色々調整してから
予約したら、直前すぎて自炊部しか空いていなかった。

女将さんから「女の子、大丈夫かしら?」なんて少し心配されつつも、
お部屋の宿泊予約をとっていただきました。

旅は、ゆるゆるが楽しいもの。

ここで、急遽、ポジティブシンキングに切り替え、リアル湯治を味わう!
そうそう、こんな経験は滅多にない

早速、「YOOMI’S自主的調理」。
あんまし健康的じゃないかもしれないけど、今晩は焼きそば&きりたんぽ。
焼き蕎麦_RP1030931_R.jpg
私の他にも、岩手から来られた家族連れの方など、もう1組いらっしゃったので、
少しお話しさせていただきながら、優雅な(!?)夜のひと時が過ぎていきました。
 

お風呂は、メインの混浴露天風呂のほかに、女性専用の中浴場(内湯・露天各1)とか、
P1040097_R.jpg P1040090_R_20101030161653.jpg

男女別の大浴場(内湯のみ)とかもあって、混浴が苦手な方でも、
この素晴らしい国見温泉のお湯を、ゆったりと楽しむことができますよ。
雑誌やネットなどでは、混浴露天風呂が注目される事が多いですが、
大浴場も想像以上に広く、湯舟も立派でした。
P1040103_R_20101030161950.jpg

国見温泉 石塚旅館さんの凄いところは、
湯上りも体中ほかほかよく暖まる
適度に体が疲れて、夜、熟睡できる、
嬉しいお湯です。

湯に浸かったら、きっと、よく分かると思います。
「薬師の湯」と言うのに相応しいお湯だということが。

下の2つのボタンをぽちっと押していただけますか
ブログランキングに参加しています♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


「国見温泉 石塚旅館」(くにみおんせん いしづかりょかん)
住所:岩手県岩手郡雫石町橋場国見温泉
TEL:090-3362-9139(衛星電話)
営業期間:5月初旬~11月10日
※11月11日から5月初旬までは冬期休業
料金:1泊2食付き9,075円~(トイレなし)10,650円~(トイレつき)
   自炊は2,085円~(布団つき)

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/118-e400742e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
絶対東北への温泉はお金ためてゆっくりじっくりいきた~~~~~~~~い!

☆YOOMI☆羨ましいです~。

自分まで行った気持ちになりますよ♪
Posted by ume at 2010.10.30 20:35 | 編集
硫黄泉かな?緑色やね!最高やね!
Posted by 温泉マン at 2010.10.30 21:25 | 編集
ん~~~。。。国見温泉♪
ここはいつか絶対行きたい温泉場だわ~。。

色つきだとグリーンの湯が一番テンションが上がるのよね。
引き込まれるというか…
国見臭(笑)をまとってぬくぬくお布団にくるまりたーい♪^^
国見温泉、ステキすぎるぅ~~♪♪♪
ほかの旅館はどうなのかしら??

Posted by まぁこ at 2010.10.30 23:07 | 編集
いい色だ~、浴感もいいのね~。
温泉って色んな色があるんだな~。
Posted by ドン at 2010.10.31 21:03 | 編集
umeさま!

東北、行ってください!ぜひに。
私、最近東北の温泉にハマッテます。
本当に個性豊かな温泉がたくさんあるんですよ。
国見温泉もその一つ。
夜に貸切状態で露天風呂から眺める星や月は
たまりませーーん。

Posted by YOOMI at 2010.10.31 22:43 | 編集
温泉マンさま

あ!コメントありがとうございます~
硫黄泉成分が多いみたいですよ。
確か、この前の神戸の授業でも紹介されていたような・・・?

そうそう、湯めぐりいきましょー。
Posted by YOOMI at 2010.10.31 22:45 | 編集
まぁこ!

確かに。緑の温泉はワクワクするもんね!
まぁこも気に入ること間違いなし。
国見入った後、女性の爪とは思えないほど、
爪が真っ黒になってた。。
(さすがに恥ずかしくてログには載せれなったけど)
国見は一度は経験しておいたほうがいいかも!

Posted by YOOMI at 2010.10.31 22:49 | 編集
ドンさん

先日ドンさんがUPされてた
長野の熊の湯温泉も緑ですよね!
あそこも行ってみたいんですよね。
熊の湯も、
国見みたいな強い臭いがするのかな??
Posted by YOOMI at 2010.10.31 22:51 | 編集
やぁん☆

絶対お金ためる~~~~!

今度お天気さえよければ、ようやく岩間ですよ!!
11月3日です♪

晴れて~~~~。熊さんも来ないで~~~www
Posted by ume at 2010.11.01 11:34 | 編集
umeさま!

ついに、ついに、待ちに待った運命の日がやってきましたね!

> 晴れて~~~~。熊さんも来ないで~~~www
↑このコメント、ウケました!!

わたしも安全に、umeさんが山の秘湯を満喫されることを
願ってますよ!
v-525v-525よけに、
鈴をつけて登ってくださいね。
レポ楽しみ♪あ、源泉でつくるカップラーメンもオススメ!!
Posted by YOOMI at 2010.11.01 15:05 | 編集
YOOMIさん、こんにちわ~♪
実は私も10月17日に、国見温泉を訪問してました
露天風呂の湯花、私も同じく両手ですくっていました
ちょっと凄いよね
なんせ露天風呂の下がふわふわしてましたよ

ここの硫黄臭は凄いですね、旅館の数百m前から温泉臭が漂っていました。
タオルみごとに黒くなってましたね
爪も見たかったな・・・アハハ
Posted by バカボンパパ at 2010.11.03 09:58 | 編集
バカボンのパパさま

10/17に!?結構ニアミスです。
私は、次の週末11/23に泊まりましたよ~!17日は花巻に居ました。
なんか変な感じですね。

石塚旅館さんは、今回廻った温泉の中でも、かなり個性派で印象に残りました。
お風呂で出会った数人の方とお話ししましたが、
やはり皆、温泉好き!(しかも強度の。。。)

意外だったのは、夜の混浴露天風呂が何故か人が居なくて
貸切だったこと。かなりラッキーでした。ぜひ再訪したいです!
Posted by YOOMI at 2010.11.04 13:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。