--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.06

青森_古遠部温泉 (日帰り)

人生で初の青森に入りました。

青森の美味しいもの、食べた~い。
温泉の前には、腹ごしらえです。


まずは道の駅でりんごを購入。プラスの試食。
P1030855_R.jpgP1030852_R.jpg

そん次は味噌ラーメン。みちのくの甘い味噌うまし。
締めは焼肉。
湯巡りってお腹減るんですよね。
だから、こういう時は解禁するんです。
P1030808_R.jpgP1030839_R.jpg

古遠部温泉
青森の国道をちょっと山の奥のほうへ入っていくと現れる源泉秘湯の宿。
温泉をこよなく愛される(温泉通・マニアな方)には、有名な温泉です。
P1030816_R_20101106201402.jpgP1030819_R.jpg


湯量が豊富で有名な古遠部。
噂によると、かなりのドバドバ系らしく、床に寝そべれば湯舟から溢れ出す湯が体を包み、
トドみたいになれるらしい

宿の裏側からは、大量の廃湯が崖を流れていく様子が見えます。
よーし、トドになるぞ  
P1030818_R.jpgP1030826_R.jpg

ふぁあ~。 何なの、これ?
どこまでが湯舟でどこまでが床か、分からなくなるくらいのオーバーフローっぷり!!!
今にもケロリン洗面器が流れ出すよぉぉ!

味、すごくしょっぱいです
それと、鉄の匂いが少し、色は薄っすら緑がかってます。
ほんと源泉の噴出す勢いだけで圧倒されます。
古遠部ふろ_R
源泉名:古遠部2号源泉
泉質:ナトリウム・カルシウムー塩化物泉・炭酸水素塩・硫酸塩泉。
源泉温度:43.6℃
PH:6.77
湧出量:478L/min


ここに擬音を付けるなら「ザザ~ッ、ザザザーーーッ」な感じ。
家庭のバスタブだったら、カランの蛇口閉め忘れで大洪水
P1030825_R_20101106204046.jpgP1030822_R.jpg

帰りに、脱衣所で古遠部の常連であり、農家を営むお婆ちゃんと一緒でした。
このお母さんの自負、それは。
古遠部に通い続けて早20年。80歳代になる今まで一度も病気をしたことがないこと。
「ここの温泉、ほんと効くから。凄いよ~、足も腰も痛いなんて思ったことないべよ。
わたすは!!」(東北弁)

強い東北なまりで、古遠部温泉について、たくさんのことを教えてくれる、このおばあちゃん。
大好きな古遠部温泉について語ると力が入るようで、とっても幸せそうでした。
ありがとうございます。
P1030830_R.jpg
↑古遠部温泉の番犬ワンちゃん。

この日、本人ハウスでお昼ね中だったので。
↓ ZZZZ・・・
P1030813_R.jpg




ここにもありました。地元の方々に愛され続ける実力派温泉。
お湯よし。秘湯情緒たっぷり。
次、青森行くときは宿泊決定です。

下の2つのボタンをぽちっと押していただけますか
ブログランキングに参加しています♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


「古遠部温泉」(ふるとうべおんせん)
住所:青森県平川市碇ケ関西碇ケ関山1-467
TEL:0172-46-2533
料金:旅館:1泊2食付6300円
アクセス:(電車)弘前から奥羽本線の普通利用で約20分、津軽湯の沢駅下車。
      そこから送迎車を利用で10分前後。
      (車)東北自動車道碇ヶ関ICより国道7号、282号、さらに林道を利用で約15分。




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/123-9d59f1a4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
いいねえ!!青森。一回行きたいです~。とりあえず来月は大分に冬ごもりしてくる!
ストレス発散、発散!!
Posted by よし@温泉マン at 2010.11.07 03:03 | 編集
湯船に入って、出て、寝そべって~!!
やりたい!!
こりゃ、芯から温まる温泉で健康増進にはもってこい!ね。


にしてもYOOMIちゃん。

肉、

焼す過ぎよーーーーーーーーーーーーヽ(`Д´)ノ
Posted by ドン at 2010.11.07 07:19 | 編集
YOOMIさん、おはようございます!
今はまだ青森でしょうか?
寒いとは思うけど温泉があるから大丈夫だね。
青森というと昔、津軽三味線のライブを聴きながら、
津軽の地酒を飲んでご機嫌だったことを思い出し
ました。
Posted by おケイ at 2010.11.07 08:08 | 編集
ドン姉さん

突っ込み、ありがたく頂戴します!
確かに、よく見ると「焦げてるやん~~(+ _ +)」でした。

とりあえず撮影そっちのけで、ガツガツ食べて
気がまわってませーんe-68
Posted by YOOMI at 2010.11.07 12:46 | 編集
よし@温泉マン さん

コメントありがとう!大分こそ、いいやん。

冬ごもりは、やっぱ大分(九州全般)がいいのかな?
関西、以東の山の宿は積雪の影響で、既に冬期休業だしね。
わたしも冬眠する温泉、見つけようー
Posted by YOOMI at 2010.11.07 12:50 | 編集
おケイさま

東北からは、もう帰ってきました。
「津軽三味線のライブを聴きながら、津軽の地酒」・・・
渋い!それこそ至福の時間ですねー。

私は、あんまりお酒が強くないので
「津軽で温泉に入って、津軽ロマン(新米)を食す」
でご機嫌でした。←お子ちゃま!

Posted by YOOMI at 2010.11.07 12:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。