--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.08

秋田_駒ケ岳温泉(お風呂篇)

たぶん、東北の記事を幾つか見てくださっている方は、
「どれだけ、続くの!?」

って思ってる・・・?
ま、そう言わずにね。
まだ続くよーついてきてね。

次は、また秋田に戻ります。(気分でごめんなさい。)
秋田県 駒ケ岳温泉。

乳頭温泉卿からアルパコマクサを越え田沢湖方面に20分程車で走るとある温泉卿。
ちょうど、夢巡りでお世話になったバスの運転手さんに伺ったところ、
乳頭温泉は観光客の方がいく温泉としたら、駒ケ岳温泉は地元県民が通う、
いはばジモ専にあたるらしい。
概観_R玄関_R


乳頭温泉との距離は離れているんだけど、駒ケ岳温泉の泉質は、肌に優しい弱酸性の湯。
乳頭の仕上げ湯(仕上げ湯:酸性が強い温泉の後に入る、優しいお湯のこと)とも言われるよ。

そう、ここは何を隠そう、あの乳頭で人気な「鶴の湯さん」の姉妹宿。
(知らない人の方が多いかも)
宿泊者限定の渓流沿いの貸切露天風呂が綺麗と聞いて、午後3時のチェックインと同時に早速、行ってみた。

貸しタオルが入った篭は、一部屋一個づづ。この篭を持って宿から繋がる屋外通路を渡るの。
親切な宿のお兄さんが説明の後に一言。
「貸切露天風呂、未だ誰も入ってないですよ。お客さんが一番風呂です
P1020994_R.jpgP1020961_R.jpg

古い木造の湯小屋。建物の向う側からは、渓流のせせらぎが聞こえます。
ほんと、誰も未だいないみたい。うしし・・・
湯小屋_R



「わぁ、めっちゃ綺麗!」

湯舟は10人ぐらいでも入れる広さ。川や森に囲まれ、まさに森林温浴!
こんな広くて、景観の完成度が高い温泉を貸しきりできるなんて、誰もが、
この部分に感嘆すると思います。


ブナ林の中の贅沢な森林温浴
右の露天_R
泉質:含硫黄ーカルシウム・マグネシウム・ナトリウム、源泉温度:56.8℃(使用位置は40℃ぐらい?)、PH:5.9(肌に優しい弱酸性)湧出量:360L/分(湯量も豊富!)、色:半透明のミルキーブルー、匂い:優しい硫黄臭、味:ほのかな硫黄の味で、例えると白湯に硫黄の粉を加えたような・・・。
お湯をかき混ぜるとたくさんの湯の花が舞います


これだけ渓流と湯舟の距離が近いと、水しぶきと共に冷たい風をじっくり感じる事が出来る。
湯舟からは、川上から川下まで見渡せます。
渓流_Rぷかぷか_R


・・・見上げれば、森林浴を一層楽しませてくれる、ブナや杉の群れ。
P1020973_R.jpg露天からの景色_R


手の届きそうな渓流(写真左下)
渓流の音に負けないくらい、コンコンと湧き続ける源泉(写真右下)
小鳥のさえずり
気持ちよくって、もう寝ちゃいそうです。。
P1020967_R.jpg湯口_R


内湯の大浴場はかなり広いです。打たせ湯なんかもありました。
こちらは、日帰りのお客様も入れるようです♪
内湯_RP1030001_R_20101108184812.jpg

さて!
駒ケ岳温泉の楽しみは、もう一つあります。
「夜の鶴の湯ツアー」
夜8時に、駒ケ岳温泉から乳頭温泉 鶴の湯さんまで専用バスで乗せていただき、
ランプが燈る夜の鶴の湯を楽しむという趣旨のツアー。
もちろん、夜8時は、宿泊者限定のお時間なので、混雑することもなさそうです。

「鶴の湯は、夜が幻想的なんです!鶴の湯ツアーはツヨクお勧めします!」
宿の方の力強いご提案を受け、早速わたしも鶴の湯ツアーに参加することに・・・
P1030035_R_20101108192202.jpg

続きは、次で。
Stay tuned!

下の2つのボタンをぽちっと押していただけますか
ブログランキングに参加しています♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/124-b57a8fc7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
これはまた、
よだれが出そうな内容だこと。

待っているわよ。
でもあんまり美味しそうな物を載せると、
暴れるかもしれないから、よろしくね。



Posted by ドン at 2010.11.09 10:47 | 編集
ドン姉さま

励ましありがとうございまっす!
おいしいもの出てくるんですよー
ここのお宿の御飯は今回の旅の中で一番美味しかった。

ラモ江亭のおにぎりと玉子焼きも相当
美味しそうだったけど(笑)
Posted by YOOMI at 2010.11.09 14:44 | 編集
ここは「ももしろ」という宿ですか?
白濁した鶴の湯に似た泉質でした。

Posted by 郡司 勇 at 2010.11.13 21:01 | 編集
郡司さん

コメントありがとうございます!
そうです。「旧名:ももしろ」が経営不振になり、
現在、鶴の湯さんが駒ケ岳温泉として経営をされているそうです。

郡司さんの講演で「渓流沿いのワイルドな露天風呂」として
ももしろを紹介されているのを見て、インスパイアされました♪
お湯も柔らかく、眺めも凄くよかったです!!
Posted by YOOMI at 2010.11.13 22:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。