2010.11.13

青森_八甲田温泉_遊仙(日帰り)

青森県 八甲田の田代平にある高原の温泉宿「遊仙」。
地元では日帰り温泉施設としても人気があるようで、この日は日曜日ということで、
家族連れで大賑わい!
P1030856_R.jpg


今日の目的は「貸切ラムネ風呂」です♪
ラムネ風呂は、貸切のタイプと、通常の入浴客に開放しているタイプがありますが、
「貸切ラムネ風呂のほうが、源泉に近く泡つきがいい」という情報を聞き、
早速、貸切ラムネ風呂のある白樺荘のほうへ直行してみました。
P1030886_R.jpgP1030883_R.jpg


・・・・と、こんな張り紙が。
二酸化炭素(炭酸ガス)を多く含んでおり、浴室に溜まってしまうと危険なため
「浴室の窓については必ず開放して通気をよくしておくように。」との旨。

ええ、そんなに!?
P1030866_R.jpgP1030875_R.jpg



じゃん。こちらです!
源泉温度が低いため、炭酸ガスが気化せず新鮮な形で湯舟に注がれる。
だからでしょうか?浴室に入ると、息苦しくも感じます。

【貸切ラムネ風呂】
P1030881_R_20101113093124.jpg
源泉名:八甲田温泉、泉質:酸性・含硫黄ーカルシウム・アルミニウムー硫酸塩・塩化物泉
源泉温度:39.8℃、PH2.40

入浴すれば、炭酸ガスの作用で最初は湯が冷たく感じつつも、長湯すると血流がよくなり、
体がほかほか温まるのが感じられます。私もついつい1時間ぐらい長湯。

次は、炭酸ガスパワーをYOOMIの手で証明します!






それ。
P1030879_R.jpg
湯舟に浸かって10秒数えれば、体中あわあわ・・・
天然のラムネ水

肌をゆっくり撫で、気泡を除去しようとすると、プチプチ・ふわふわ・・・柔らかい。
まるで「石鹸の泡まみれになった体を撫でている」ようにね。

よいしょ。
P1030877_R.jpgP1030878_R.jpg
蛙の卵みたいでしょ?


左は細かく散乱する湯花。
それと右は白いぬるっとした湯花が付着する湯口。
P1030872_R.jpgP1030873_R_20101113093857.jpg




貸切ラムネ風呂は1時間1,500円。
その他、大人500円払えば、男女別大浴場・露天風呂・(貸切じゃないほう)ラムネ風呂
なんかにも入れます。

まずは遊仙に着いたら貸切ラムネ風呂に入ることをお勧めします♪
お湯も新鮮で、気泡の付き方が違う。
それを考えれば1,500円/1h の価値は十分あります

ぜひ。あなたも泡まみれの世界に。


下の2つのボタンをぽちっと押していただけますか
ブログランキングに参加しています♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


「八甲田温泉 遊 仙」(はっこうだおんせん ゆうせん)
住所:〒030-0955 青森県青森市大字駒込字深沢766-2(田代平)
TEL :017-738-8288 / FAX 017-728-3827
アクセス: (車)東北自動車道の青森ICで降りて、国道7号線のバイパスを東へ行く。
        浜田交差点で右折して国道103号線を南下。
        萱野茶屋を過ぎて、左折して雪中行軍遭難者碑の方向に行く。
        碑の茶屋の前を右折し県道40号をしばらく行くと八甲田温泉の入り口になる。
 
      (鉄道)JR青森駅からJRバス十和田湖行きで1時間、
          八甲田ロープウェイ山麓駅下車、タクシーで20分(送迎あり)

※11月中旬~4月上旬まで冬期の営業休止
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/127-f06e4e40
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
7日に行ってきました。蔦温泉泊まりです。
ここの泡付きラムネ湯は素晴らしいですね。

近くの廃屋湯にも行けました。

Posted by 郡司 勇 at 2010.11.13 20:55 | 編集
郡司さん

郡司さんも、遊仙に行ってらしたんですか!?
葛温泉も行ってみたかったんですが、今回は行けませんでした。
(次にTRYします♪)
「遊仙」のラムネ風呂の泡付きの凄さには、本当に感動しました。
貸切ラムネの方は意外に人も少なく、ゆったり入れましたし。

近くに廃屋湯もあったんですね・・・次は下調べしていかなきゃ。
郡司さんから教えていただいた東北の温泉、すごく良かったです。
ありがとうございます。
Posted by YOOMI at 2010.11.13 22:50 | 編集
10秒数でこのアワ付きですか
何分か入っていればアワがつく所には行っているのですが、10数秒は凄すぎです。

私なんかは足のすね毛に「海ぶどう」のようにアワがつくのね・・・アハハ
楽しい時間が過ごせたのでは・・・うらやましいぞ
Posted by バカボンパパ at 2010.11.14 09:40 | 編集
バカボンパパさん

コメントありがとうございます!
「温泉メイドの海ぶどう」・・・いいですね(笑)
「遊仙」の海ぶどうは、ものの10秒ですぐ出来上がります。

青森には、探せば幾らだっていい温泉あるって聞きましたけど、
私が行ったのは、ほんの少しなんでしょうね。
制覇するのには、凄い時間かかりそう!

Posted by YOOMI at 2010.11.14 20:24 | 編集
おーーー!

やはり泡付きの温泉って何だか興奮するわよね!!

温度は低めでも温まるし…

浴槽の底が「すのこ」っていうのは、
いい温泉が多い。

っていうのが我が家の定説wwww
Posted by ドン at 2010.11.15 00:31 | 編集
ドン姉さま!

> 浴槽の底が「すのこ」っていうのは、
> いい温泉が多い。
> っていうのが我が家の定説wwww

ほ~。興味深いですね。
確かに言われてみればそうかも・・・。
あと私は「いい温泉かも!?」と思っちゃうのは
飲用のコップが浴槽に置いてあるとか、「宿主がやけに商売っけがない」とか笑
Posted by YOOMI at 2010.11.15 13:28 | 編集
おお~~っ、郡司さんからの直コメだ!


画像でもわかるように、ここは人が来ない分いつも鮮度抜群なんだよね。
また来年、今度は泊まりで行くといいよ♪

>「宿主がやけに商売っけがない」とか笑・・・
そんなとこならいっぱい知ってますよwww




Posted by もら at 2010.11.16 23:07 | 編集
もらさん

コメントありがとうございます!
うーん、もらさんならマニアの温泉
いっぱい知ってそうですもんね。

近々東北温泉道 いきなり上級篇をお願いします(笑)
行くところは、廃屋湯・ポリバス・イケス風呂 限定で(笑)
たぶん、希望者募ったら結構行きたい方いらっしゃると思います。
ふふ。
Posted by YOOMI at 2010.11.18 10:57 | 編集
迷ったんだけどね~
私たちは真冬の八甲田ホテルに行きました。
酸ケ湯からのお湯を引いていました。

こっちも言っておくべきでした!


というか?
あ、あの郡司さんからコメントが届くのですか?
恐るべし…YOOMI師匠ぉ
Posted by 如水 at 2010.12.12 13:04 | 編集
如水さん

八甲田ホテルはまだ未湯です。
遊仙のラムネ風呂は、次の青森計画にぜひ
入れてください♪泡・泡いい経験になりました。

遊仙のお湯は酸ヶ湯とは大分個性が違いました。
酸ヶ湯も記事アップする予定です♪
Posted by YOOMI at 2010.12.13 10:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する