2010.12.01

青森_小泉温泉_山田温泉旅館

津軽湯巡りの際に素泊まりでお世話になった山田温泉旅館。
こちらは、強くカルチャーショックを受けた処。

このお宿、ガイドブックにはのっていないんだけど、
北東北に詳しい温泉ツーの方にこっそり教えていただきました。
早速宿泊することに( ^ s ^ )
P1030851_R.jpg



冒頭で言った「カルチャーショックを受ける」その理由、
なんと、こちらの温泉旅館、見た目は何の変哲もない普通温泉旅館に見えますが。
旧館に宿泊すれば、
1室に1つづつヒバ造りの源泉風呂が付いてくる隠れ家温泉なんです!
たった6畳のシンプルな和室にテーブルとTVとポット、そして・・・
「加水なしの源泉客室風呂」 蛇口をひねれば、ドバドバと新鮮な源泉を独り占め!
P1030837_R.jpg



旅館から渡り廊下を歩くと、山田温泉の日帰り入浴施設(大浴場)がありますが、
番頭さんが居て、お菓子やタオルの販売があり、
地元の方が通われる「古き良き銭湯」っといった雰囲気。
この日も小さい子供連れのお母さんと一緒に入浴しました♪
P1030843_R.jpg
源泉名:小泉温泉、泉質:ナトリウム-塩化物、源泉温度:65.2℃
(源泉温度の使用位置44℃ぐらい。結構熱めでした)
※炭酸水素(606.3mg/kg)やメタケイ酸(231.4mg/kg)も入っており、
美肌系の女子にうれしい温泉



旅館内部には、宿泊者限定の男女別中浴場もあるので、こちらでもまったりできるよん。
P1030845_R.jpgP1030850_R.jpg




色は透明がかった茶褐色。湯上りは、さらっとした感じでした。 
P1030849_R.jpgP1030847_R.jpg


余談ですが・・・
こちらの温泉の支配人らしき方が「ツル多(鶴田町のツル?)はげます会」という、
ハゲ頭で相撲をとったりユニークなイベントを催すことで全国のハゲ頭の方を励ます会、
の会長さんだそうで、脱衣場や玄関に記事を取上げた新聞の切り抜きが貼ってありました。

掲載記事の写真を撮るのは忘れてしまいましたが、
ぜひ、山田温泉に行かれた方はご一読を。


「小泉温泉 山田温泉旅館」(こいずみおんせん やまだおんせんりょかん)
住所:青森県北津軽郡鶴田町大字鶴田字小泉460-6
TEL:(0173)22-6666
料金:
(公衆浴場日入浴)350円 ※6時~22時まで
(旧館一泊素泊まり)3500円~
アクセス:陸奥鶴田駅から徒歩約13分


ブログランキングに参加しています。下のボタンを押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/134-5554a146
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あっ!「ツル多はげます会」・・・!! 

ここだったのねー! 笑笑笑

鶴とツルっ のかかり言葉と思われる。 笑



しかしまぁ、、、最近音沙汰ないと思ってたらまた東北?
悠々自適に楽しんでるわねぇー☆
怪我なく帰ってきて何よりだわよん 笑
Posted by まぁこ at 2010.12.02 10:56 | 編集
まぁこ

ツル多は、「鶴」と「ツルッぴか」のかかりなん?
あんまり、温泉以外に興味がわかなくて、
よく調べてなかったんだ。。(反省)

東北、めっちゃ楽しいよ。
好きな鄙び系の共同浴場(宿)がいっぱいあるし。
いっつも最終日に帰りたくなくなる(笑)
Posted by YOOMI at 2010.12.02 12:49 | 編集
愛青森の如水も知らない…
よさそうな宿ですね?
行こッ!

YOOMIさんも「ヒバ」の魅力を知ってしまったのね?
私たち夫婦はヒノキよりヒバ派です。
といっても青森しかないですけど…

2月こそは知床流氷ツアーを予定していましたが
今ね?
青森湯巡りに変更計画中です!
雪の津軽をお届けしますよ♪
Posted by 如水 at 2010.12.10 18:24 | 編集
如水 さん

この旅館の近くに焼肉兼ラーメン屋さんが
あるんですけど、ここも美味しかったです。

すみません!!
檜とヒバの魅力の違い・・・そこまでは、よくわかりません。勉強しときます。

青森は是非是非、教えていただきたいエリアです。
ジモ専も、数多く存在し「人々の生活に温泉が
溶け込んでいる」そんな印象です。

湯旅の感想また聞かせてくださいね。
Posted by YOOMI at 2010.12.13 10:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する