--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.01

福島_川口温泉_玉縄の湯

今度は、木賊から車で1時間30分ぐらい北上したところにある川口温泉。
川沿いの細いあぜ道を入ったところにある、少し孤立した共同湯。
この辺りには珍しい、適温(若干ぬるめ)の源泉が掛け流されています。

立地条件からくる秘湯感からか、温泉ファンにはぬるめの湯好きが多いからか、
温泉好きの中では、結構人気があるみたい。
P1040736_R.jpgP1040741_R_20101201192755.jpg
左上)玉縄の湯 概観 右上)協力金箱。ここに寸志を入れて入浴できます。



「ふ~、気持ちいい。この温泉サイコー!」と、思わず安堵の声がもれる。
湯舟に浸かると、金気臭がある40℃ぐらいの適温の湯がじっくり旅の疲れを癒してくれる。
鉄系の析出物が浴槽にぺっとり付いていて、その錆びれた感じも好き。
ついつい、次の湯巡り計画をすっぽかして
長湯してしまう「時間忘れの湯」

P1040757_R.jpgP1040761_R_20101201123346.jpg
泉質:ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉、源泉温度:41℃(使用位置:40℃ぐらい?)、PH7.4
色:少し白濁、味:少ししょっぱい
左上)玉縄の湯 女性専用風呂 右上)玉縄の湯 男性専用風呂



「玉縄の湯は少し泡がつくよ!」と。温泉好きの方から前情報をいただき楽しみにしていた私。
規定値には達しないけど、微量の二酸化炭素ガス(33mgと記載)を含んでいるみたい。
ほら!写真では分かりにくいけど、ぽつぽつ細かい気泡が付いてくるよ。
P1040752_R.jpgP1040750_R_20101201124708.jpg



この洗面器は、なんか可愛らしいから撮影(笑)
赤褐色に色づいた湯舟や床に光沢のベールで覆うように、湯がオーバーフロー。
これも味があってよいの。
P1040751_R.jpgP1040748_R.jpg

地元の方々は、やはり熱い湯がお好きで他に行くからか、
時間が夕食時だったからか、こちらの温泉も貸切でした。

熱めの湯の花・木賊に入った後に玉縄に入ると、
より一層~~「ぬるめの湯に長湯する幸せ」が噛締められる。

今回廻った中でも抜きん出て好きになった、至福の温泉。

「川口温泉 玉縄の湯」(かわぐちおんせん たまなわのゆ)
住所:福島県大沼郡金山町川口
日帰り入浴:寸志 
営業時間:16:00~21:00(※月、水、金は休み)
※営業時間が短いのでご注意。



ブログランキングに参加しています。下のボタンを押してね。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/138-9fe6552b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ここは毎日やっている訳ではなく、PM 4:00~PM 9:00 火・木・土・日曜だけのオープンでしたので、私は訪問3回目でやっと入浴できた所なのね
ぬるめで良い温泉ですね。

春に近くの大塩温泉の季節限定露天風呂で一緒だった青森から来たご夫婦とここでも一緒だったのですが、旦那がそろそろ上がるぞと言ったら奥さんが、良い温泉なので上がれませ~んと壁ごしに話していました。
思わず、この幸せ者~なんて叫んでしまった・・・・アハハ
Posted by バカボンパパ at 2010.12.02 06:38 | 編集
パパさま

コメントありがとうございます。
川口の時間間違ってました。(修正しときました!)
湯質はぬるめで泡つきで、凄く気持ちよかったです!
ご夫婦(奥さん)の気持ちもよくわかりますよ。

今回は、たつみ荘まで足をのばしました。
来年、雪が溶けたら大塩の季節限定露天(自然のぺリエ風呂?)
に泊まりたいです!

しかし福島県たのしい~~

YOOMI

Posted by YOOMI at 2010.12.02 09:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。