2008.11.10

島根_お婆ちゃんち

こちらは、島根県内某所。

山に囲まれた小さな集落に知る人ぞ知る温泉があります。
なんでも、一人暮らしのお婆ちゃんの自宅の中にその温泉は湧いているのだとか!?

最初から言っときますが、このお婆ちゃんの家は温泉旅館でもスーパー銭湯でも、何でもありません。普通の民家なんです。

温泉マニアは、ど~してもその幻の温泉を一目見たくて、手土産を持って朝早くからその民家を目指して車を走らせました。

確か、、この辺だけど。。温泉の煙すら見当たらないし、人っ子一人いません。
こんなところに本当に温泉婆ちゃんの家はあるのでしょうか??
P1030173.jpg




あ!!ここに違いない。そこは昔ながらの木造平屋の家屋でした。
私たちは、ドキドキしながら家屋の中に居るであろうお婆ちゃんを呼びました。
「ごめんくださーーい。」
おばあちゃんち



「はーい!足が痛くてそこまで行けんから、こっちまできてください。」・・・と奥からお婆ちゃんらしき人の声が。早速、網戸をそろりと開け中に入って見ると、コタツの中に温泉婆ちゃんが座っていました。
「実は、こちらのお家に温泉が湧いていると聞きまして・・・」と、こちらを訪ねた趣旨を話すと、快くお婆ちゃんは「じゃあ、見るだけじゃなく、あんたら、お風呂に入っていきんさい!」と言ってくださいました。ラッキー絵文字名を入力してください
早速、お邪魔します!!

P1030177.jpg

お婆ちゃんの亡きお父さんが昭和の初期に温泉を掘り起こしたのが発端だとか。それからというもの、2階の空き部屋に近くの学校の先生が下宿したり、温泉本に掲載されたりで有名になっていったとか。これまでにも日本全国から、お婆ちゃんの所有するお宝温泉に一度入ってみたいと多くの人が訪れるみたいで、お婆ちゃん自身お客様慣れした受け応えでした。普通だったら家に突然見知らぬ人が現れてお風呂入らせてなんていったらドン引きですよね(笑)

ありがとう、おばあちゃん。


「ほれ、その風呂場の中を覗いてみんさい。」とお婆ちゃん。木でできた、ドアをそろりと開けて見ると
Oh !! What a hell is this??表情12汗P1030178.jpg



何だこれは、、、、!!!??
P1030179.jpg



あまりの衝撃に私も友人も「すごーい!」「すごーい!」しか言葉が出ませんでした。
だって、岩のてっぺんから、わんさかわんさか湯が湧き出て下に流れ落ちていて、付近にはサビのような赤褐色の濃厚な湯の花がコッテリ付いていて、まさに本格的な温泉だから・・・これは想像以上。
P1030180.jpg


これが湯口です。豊富な湯がポコポコ湧き出てるんです。
P1030189.jpg



早速、湯の花をすくい上げてみましたが、匂いは鉄臭く泥みたいな感じでした。
湯の花
実は、このお風呂は、底に湯の花が付着し過ぎて入湯は出来ないみたいで、この湯をパイプで引いて隣の風呂場で入浴しているとのこと。湯は温度が低すぎて加温しないと入れないため、お婆ちゃんは隣の部屋の浴槽に湯を貯め、ボイラを炊いて温めてくれました。浴槽も湯の花色に変色していて、マニアにはタマラナイいい感じでした。湯はさらっとしていて、PHは7.4。温度は31.4度。無色透明で、しょっぱくて酸味がある味でした。湯質はナトリウム・カルシウムー塩化物、炭酸水素塩。ラドンも含有します。それにしても。。。人んちのお風呂に入っているのもなんか変な気分です。
P1030196.jpg


正真正銘の温泉分析書だって保持されております。
ぶんせき


ゆっくり湯浴みを楽しんだ後は、お婆ちゃんが入れてくれたコーヒーとお菓子で1時間くらいお話をしました。お婆ちゃんはこの自慢の温泉のお陰で、全国各地の人々と知り合い、お便りが届き、ある時は、湯治目的の同居人が出来たそう。温泉と一緒に歩んできた歴史を楽しそうに私たちにお話しをされるその表情は、生き生きとし、本当にお幸せそうでした。お便りの数も実際に見せていただきましたが、凄かったです。皆「お婆ちゃんお元気ですか?今度遊びに行かせてください。」と、定期的に手紙を出されているようでタンスの中に沢山保管されてありました。

「私、何歳だと思う??当ててみぃ。」とお婆ちゃん、
「80歳ぐらいですか?」と、私たち。

「いいや、私は今年で88歳!80歳ぐらいで死にたいって神様にお願いしてたんだけどね~。
気づいたら88歳になってたよ。ウフフ・・・uttori-sq
「ええ・・・!本当ですか。」

どう見ても88歳には見えない肌艶と落ち着いた話し方をされます。

温泉パワーは凄いなぁ。湯で体を癒すだけでなく、人と人とを結びつける。。

それで、またお婆ちゃんは元気になる。日々。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/14-f8683d90
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
やっぱまたおばあちゃんに会いに行きたいね!!!
来年絶対いこ~~~♪

ブログ見れば見るほどまた島根に行きたくなるわ~~~>▽<

次はipot忘れないようにしたいと思います★
Posted by ma at 2008.11.19 23:04 | 編集
>maさま
おばあちゃんち、また行こう。島根行きのバスはしーんe-464としててかなり静かやったからねー。あそこに乗ってる人たちはヘビーユーザーちゃうかな?i-pod忘れずに!!次は有福温泉と湯抱温泉で!
Posted by YOOMI at 2008.11.22 00:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する