2010.12.04

福島_湯倉温泉_湯倉共同浴場

奥会津の湯巡りを始めて、
それぞれ風情はあったけど、中で最も特に「素敵だなぁ」と思ったのが湯倉共同浴場。

周りはお店や自販機すらない。渓流と一軒の旅館(鶴亀荘さん)だけ。
孤立した立地条件にあるからか、周りはとっても静かで湯治には打ってつけの場所。

某女性温泉ライターの方が書籍で、同共同浴場の地元のお年寄りの方々と入浴し
微笑んでいるのを見て「こんなシチュエーションに遭遇したらいいなぁ」とも密かに願っていた。
只見川_R

小さな敷地に車を止め、足場の悪い坂を下ったところに共同浴場があります。
ん~。この木が茂った中に共同浴場があるのですが、これも秘湯感漂い何か、そそる
湯倉概観_R


脱衣場は、付近の共同浴場に比べて設備も整っていて綺麗な印象です。
畳敷きで、休憩用のテーブルや椅子もあるしね。籐(とう)で造られた脱衣用の篭なんかもある。
湯倉浴室_RP1040865_R.jpg


「奥会津共同湯人情物語」ここにあり。共同湯に詩か、渋いなぁ。
きっと、この浴場に通う人達の中で、多様な人情ドラマがあるんだよ
冒頭には、しっかり「100円以上入れてね!」って追記してあるのも笑えます(笑)
d1f9_R.jpg美和一句_R
※上写真)湯倉共同浴場の壁には入浴客が書かれたであろう「詩」が貼ってあった。




扉を開けたとたん「もわんッ」っと、
前が見えなくなるくらいの湯煙に包まれます。
10人ぐらい入れる大きめの湯舟、淵は赤褐色に染まっていい味だしてます。

湯倉共同浴場は地元で「熱い湯」で有名。
(今だから言えますが、湯口から湯をすくおうとして指焼けどしました
だから、かけ湯をしながらゆっくり浸かります。最初はじっと我慢。
5分ぐらいすればもう心地よくなってしまいます。
湯倉風呂全体_R
泉質:ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉、源泉温度:61.3(浴槽では44℃)、
PH:6.9、湧出量:68.7L/分、匂い:金気臭、味:少し塩と鉄の味、色:深い緑



湯倉共同浴場は地元で「熱いこと」で有名。
ここに来る前に、明らかに地元民ではなく何も知らなさそうな私に、
地元の方は「湯倉?あそこの湯はやめときな。お姉ちゃんは熱くて入れねぇべよ。」
と話かけてこられました。
でも、実際湯舟では44℃ぐらいまで冷却されて意外と入り易いのが印象。
湯が流れる_R湯倉湯口_R



途中、埼玉県から遥遥「湯倉共同浴場の湯は良い」と聞きつけて、
駆けつけてこられた男性と一緒でした。
その男性も温泉が好きで関東近郊の日帰り温泉を転々とされているようです。

熱い湯に腰をゆっくり掛けながら一言、
「いや~。昨日も、大型の入浴施設に行ったけど、俺はやっぱり風情があって、
地元の方と触れ合える、ここみたいな共同浴場がいいなぁ。」と男性。

「確かに!分かります。でも、今日は私達(他府県居住者)だけですけどね 笑」と私。

地元の方のピークは朝一か農作業を終える15:00ぐらいがピークなのか?
この日は、この男性と温泉談義に花が咲きました。

故郷に帰ってきたような湯浴み時間でした。


「湯倉温泉共同浴場」(ゆくらおんせん きょうどうよくじょう)
住所:福島県大沼郡金山町本名字上ノ坪
営業時間:8:00~22:00
料金:寸志

↓下ボタンへのクリックを、心よりお待ちしております↓
Your click makes a thousand smiles !!

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/143-c67a52f8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
福島の共同浴場はレベルが高そうですね?

飯坂温泉の鯖湖湯に入ったことがありますが
YOOMIさんがおっしゃるように
地元の方との会話が忘れらえません。

ただ…
熱くて熱くて1分持ちませんでした。
湯尻に座って
湯桶で温泉を浴びるのが精いっぱいでした(笑)

この2つのお湯も熱かったんじゃない??
Posted by 如水 at 2010.12.10 18:12 | 編集
湯倉も熱かったですよー!
(ちなみに飯坂温泉はもっと熱いみたいですよ)

でも奥会津の共同湯は44℃ぐらいが多かったので
湯倉に着いたころには、
もう体が慣れちゃってたのもありました。

一番高温で入るのが苦労したのが
湯の花温泉 天神湯でした。
Posted by YOOMI at 2010.12.13 10:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する