2010.12.09

福島_高湯温泉_ひげの家(お風呂篇)

高湯温泉 「ひげの家」さんに行ってきたよ。
寒い。寒い。ほんとに寒い!

吾妻山麓の標高750mの山の温泉街。山の温泉街と言っても寂れた雰囲気はなく、
大型の路線バスも走る観光地的な印象を受けました。

この温泉街、周りは見る限り古い大型旅館が多いのですが、
「客室14室でこじんまりとし、ぴかぴかの綺麗な門構え」だけに、ひげの家は一際目立ちます。

泊まってみて感じた事。決して鄙び系のお宿ではありませんが、
湯の良さや景観など、温泉好きにも大変満足のいくお宿だなぁという印象です。
P1050216_R.jpgP1050205_R_20101209120520.jpg
何故、ここのお宿に泊まったかと言うと、お風呂だけでなく「食事が美味しい」
と定評があり、某雑誌の人気ランキングで第2位を獲得していたから。
あと「日帰り入浴不可」だって情報を聞いたので。これは泊まる価値ありと思いました。

鄙びたお宿もいいですが、たまには女の子が好むような
綺麗なお宿も泊まってみたいこの頃です


人気の秘密その①は、このお洒落な内装でしょう。
こちらの女将さんが大変勉強熱心な方らしく、宿の雰囲気を考え、
わざわざヨーロッパまで出向きアンティーク家具などを調達されているようです。
P1050087_R_20101209142333.jpgP1050071_R_20101209142447.jpg

玄関の前には、大きな窓、アジアン風のソファがあり、高湯の自然が見渡せる
バルコニーにも出られるんです。朝の珈琲はここで決まりだな。
バルコニー_Rデッキ2_R

宿のお庭にある星見台です。
窓から差し込むオレンジ色の光、ベンチを照らす白い光・・・・
夜の星見台を散歩すると、とっても幻想的です。
星見台とベンチ_R星見台_R


さて。そろそろメインいきましょうか。
人気の秘密その②は、贅沢な造りのお風呂。

ひげの家さんのお風呂は全部で4つです。
高湯温泉周辺には泉質の似た16箇所の源泉がありますが、うち、こちらのお宿では
「滝の湯」・「仙気の湯」の2つを引かれています。
P1050219_R_20101209141940.jpg
※上の写真は滝の湯源泉


美しい星見台の眺めと同じように星空と渓谷を望む事ができるお風呂があるんです。
こっち、こっち♪
階段降りる2_R星見風呂_R


木製のドアを開けると・・ちらり。
P1050041_R.jpg

【星見風呂】※貸切
原生林のライトアップを楽しめる貸切露天風呂
星見風呂全体2_R
色:半透明のミルキーブルー、味:熱湯にレモン汁を加えたような酸味、匂い:強い硫黄臭
酸性のお湯だったので、30分入ると肌の弱い私はぴりぴり刺激を感じました。

露天風呂に迫るようにある渓谷のライトアップ。あ、よく見ると星が写ってる!!!
余りに美しかったので、星見風呂に浸かりながら写真を撮っちゃいました。
ライトアップ_R眺め1_R
ミルキーブルーの湯に包まれ体は一気に暖まります。
顔には高湯の冷たい風。
「明日は雪が降るのかなぁ?」頭の中が真っ白になり、心のゆとりを感じます。
P1050022_R.jpgP1050027_R.jpg


まだまだあるよ


【仙気の湯】※男女別内湯
内湯の「仙気の湯」は檜風呂で男女左右対称の造りになっています。
露天風呂ほど開放感はないですが、シャンプー・リンスやシャワーも設備されており、
寝る前の最後の仕上げ湯はここにしました。
仙人の湯_R仙気の湯2_R
泉質:酸性ー含硫黄ーカルシウムー硫酸塩泉、源泉温度:48.5(浴槽は44℃ぐらい)、PH2.8


【月見風呂】※男女入れ替え制
こちも20人ぐらい入れる大きなお風呂でした。女性専用タイムは限られているので要チェックです。
P1050004_R.jpgP1050007_R_20101209121440.jpg


【滝の湯】※男女入れ替え制
オレンジ色に燈るランプ、中世ヨーロッパ風の絵画、総檜のあったかみのある壁・・・
お金持ちのお屋敷に遊びにきたような、脱衣場が印象的でした。

お風呂も20人ぐらいは入れる大きなサイズ。温度もここが一番適温で、
ついつい、ここで1時間ぐらい浸かっていました。浸かってたのは私1人。
周りが余りにも静かで、ちょっと怖くもありました(笑
P1050113_R.jpgP1050099_R.jpg
泉質:酸性ー含硫黄ーカルシウムーアルミニウムー硫酸塩泉、源泉温度:51℃(浴槽内42℃)、PH2.8


さあさ、いよいよ人気の秘密その③期待の食事
続きは次でね。

↓クリック・・・してね↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/148-8902ba2c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
YOOMIさまっ、お久しぶりです。
このひげの湯さんの乳白色の温泉に入って
みたいと思いました。
こじんまりとしたいいお宿ですね。
私も一応、「日本秘湯を守る会」の会員なんですよ。

Posted by おケイ at 2010.12.09 18:59 | 編集
おケイ さま

コメントありがとうございます。
ひげの家、いいでしょ?女の子同士(3-4人)のグループが
多かったです。御飯も美味しいんですよー。(あ、先に言っちゃった。)
美食家おケイさんに是非お勧めしたい宿なんです。

> 私も一応、「日本秘湯を守る会」の会員なんですよ。
そう、前から気になってたんですけど。。
ブログ上では込み入ったこと聞けなくて(汗)
実は、お宿を経営されていたりするんですか?
Posted by YOOMI at 2010.12.09 23:27 | 編集
なかなかいいお湯のようですね♪

セルフ撮りはまぁまぁ合格だな(笑)

こっちは、巨匠と呼ばれるその日まで頑張ります\(^O^)/
Posted by 永遠の36歳(=^・^=) at 2010.12.09 23:36 | 編集
永遠の36歳(=^・^=) さま

16歳じゃなくて、永遠の36歳。
I see who you are !!!
セルフ撮り・・・
これは敢えて不合格とさせていただきたい!
寒くって、ぷるぷる震えながら撮ったんだもーーん
(@ o @;)密かに言い訳。

はい!巨匠。
Posted by YOOMI at 2010.12.09 23:57 | 編集
どれも良いお風呂ね~

高湯温泉(ここ)はチェックしてましたよ?
なかなか行くようになれなかったんだけど
やっぱり良いですね~
うっとり、しっとりです。


↓たくさんの記事に少しずつコメント入れますね?
お暇な時に読んでくださいne!
Posted by 如水 at 2010.12.10 17:52 | 編集
ゆげの家に泊まったのね
料理の評判は良いみたいですね
ここは、日帰り入浴ができないので泊まるしかないのよ

お隣の玉子湯さんとは、たしか親戚だったような
高湯の硫黄泉は好きなんですが、臭いがなかなか抜けないのよ
家族からは、洗濯物を一緒にしないで・・・なんて迫害をうけてます・・・アハハ

次の食事編を楽しみにしてますね
Posted by バカボンパパ at 2010.12.12 21:01 | 編集
パパ。

コメントありがとうございます!!
そうそう。ひげの家は日帰りが出来ないみたいですね。
でも、後で聞いたら高湯の源泉はどこの宿も硫黄泉で、
泉質は殆ど一緒って若旦那さんが言ってました。

> 高湯の硫黄泉は好きなんですが、臭いがなかなか抜けないのよ
> 家族からは、洗濯物を一緒にしないで・・・なんて迫害をうけてます・・・アハハ

パパの私生活がちょっと想像できて笑ってしまいました。
私の湯浴着は未だに硫黄臭プンプンです。
冬に湯巡りして、帰る途中の車の中で充満する
硫黄の香り、たまりません。←明らかにヤバイ笑??

Posted by YOOMI at 2010.12.13 09:17 | 編集
如水 兄さん。

たくさんコメントありがとうございます♪
さっき長野から帰ってきて嬉しかったです。

高湯はいいですが、PH値が低くて刺激があり
体がぴりぴりしました。優しい湯がお好みの
如水さんの奥様は好きになられるかなぁ?

やっぱりチェック済みでしたか。
東北温泉よく行かれてるだけありますね~!
Posted by YOOMI at 2010.12.13 09:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する