2010.12.19

愛知_永和温泉_みそぎの湯(日帰り)

愛知県内にある普通の「商店」。
商店_R

その商店と併設されるように、
宗教名が記載された旗が掲げられたお寺の本堂のような建物が!
一体なんだなんだ。
旗_R礼拝堂_R


では、ちょっと寄ってみましょう。
ズーム





ギャー。怖いマネキン
近寄ってみると、お店によく設置されている来客用のブザーが何度も鳴りだします!
「ピンポーン・ピンポーン・ピンポーン」・・・でも人の気配はありません。
人形_R


「霊観不動教会・・・会員以外の方は200円です」・・・??
ひとまず、無宗教の私がこちらの会員ではないのは確かなので、
神棚の前にある紙製の箱に200円を入れてみた。
会員は100円_Rみそぎ料_R


そして、本堂とお隣の民家の壁との間にある、細い路地を奥へすすみます。
奥へ・・奥へ。怪しいライトが私を照らします。
路地_R


と、
目の前に出てきたのは青色のトタン製の小屋。
張り紙には大きく「霊観不動教会 信者専用です 天然温泉かけ流し」
の文字。えらく信者使用にこだわるな。。

下駄箱には既に何人かの信者らしき方の靴がいれてあり、奥から話し声が聞こえます
もしかして、中で説法をされているのかドキドキしながら耳を傾ける。
みそぎ湯入り口_R信者張り紙_R






「あら、奥さん、この前のお大根どうやって煮たの?」
「ちょっとお醤油をたらして、お酒いれるだけなのよ。」
「それだけで美味しく出来ちゃうの?」
「そうなのよ~。今年は大根が少し辛くて美味しいの、やってみて。」



恐る、恐る浴室の中へ入ると、そこには、
黒く変色したコンクリート製の素朴な湯舟が3つと、そこに浸かりながら話す
近所のお母さん達2人の姿が。今晩の夕食のおかずについて意見交換しているようですが、
あまりに、薄暗く、古く、不気味な雰囲気の中での他愛もない会話だったので、
私には二人の姿が滑稽にうつりました。
みそぎ湯中_R
泉質:ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉、泉温:48.5℃(手前浴槽40℃、
奥2つ浴槽42℃)、PH7.7、匂い:微かに硫黄臭、味:薄っすら金気と硫黄の味。
※湯舟には茶褐色の細かい湯花が散乱します。


こちらが最奥にある2つの湯舟ね。
どっちの浴槽にも湯口が1つづつ付いていて新しい湯がどんどん掛け流されていました。
奥の湯舟×2_R


家庭用のホースから湯舟へ、トクトク・・・と、
勢いよく注がれるのは紛れもなく「温泉」です!
と!
ここでまた張り紙を発見。「湯を触った人は入湯禁止」だそうです。
ホースから_RP1050261_R.jpg


見えるか見えないか微妙な程、汚れた鏡・・・(左下写真)
四角に3つ穴の空いた天井・・・(右下写真)
この手作り感漂う浴室に、ホンモノの(=良質の)温泉が湧いている。
ギャップがまた、たまりません!!!
一応かがみ_Rトタンに穴_R


最後に私は手前の一番ぬるい浴槽に浸かりながら、お母さん達に話し掛けてみました。

「すみません。お母さん達は、もしかして・・・信者さんですか?」と私。

「あら、私達は信者でも何でもないわよ~。笑笑!!
関係ないけどね、近所だから、いつも夕方になると、ここの温泉に入りに来てるわ。」
と、1人のお母さんが大笑いしながら応えてくださいました。


よくよく話を聞いてみると、こちらのご主人が熱心に信仰されている方だそうで、
温泉の常連さんが心地よく入浴できるように(つまり、マナーの悪い部外者に対して
魔よけとして)「信者しか入浴できません」というような脅かしの張り紙をあちこちに貼っておられるそう。

ふぅ。それを聞いて何となく安心した私。
しかし、「みそぎの湯」。
口に含んでみると成分の味や香りもしっかり残っており、
明らかに新鮮さな感じがする良い湯でした。

皆でみそぎ湯の信者になっちゃおう!


毎度すみません。
「アヒル」と「温泉」のボタンを1回づつクリックしていただけますか。
ありがとう~ございます♪

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

「永和温泉 みそぎの湯」(えいわおんせん みそぎのゆ)
住所:愛知県愛西市大井町浦田面686
アクセス:(電車)JR関西線永和駅よりタクシー10分 、(車)東名阪自動車道蟹江ICより10分
営業時間: 7:00~21:30 (休業日は要問い合わせ)
日帰り入浴の料金:大人一名あたり 200円

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/153-117bb42e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
つぎは西方の湯に行ってみよう!
Posted by 永遠の16才 at 2010.12.21 11:14 | 編集
永遠の16才さま

コメントありがと~。
あの個性的な香りがすると噂のところね***
でも、あの香りにハマル方も居るみたいよ。

よし、じゃあ。
名誉幹事に今年も酒の陣(新年会ver.)お願いしときます♪

Posted by YOOMI at 2010.12.21 11:57 | 編集
つぎは西方の湯に泊まってみよう!
Posted by 永遠の36歳(=^・^=) at 2010.12.21 21:42 | 編集
私も、名古屋に来てから週1回から2回は伺う温泉のひとつです。

それにしても、ブログ写真見てると雰囲気がとてもよく出ていて、YOOMIさんの写真のテクニックにも脱帽です。

私のカメラではこんなに綺麗に撮れません(涙)

あっ、それと、お寺の温泉もリサーチしておきます。
Posted by 温泉大好きおとこ at 2010.12.22 00:32 | 編集

永遠の36歳(=^・^=) さん

なんか、
永遠の○○の方からのコメントが続くな・・・??
だったら、わたしも永遠の24歳ぐらいになりたい(笑)

と・・・泊まりですか!?
わたしにいつも課題を与えてくださり、ありがとうございます。
鋭意検討します(@ u @;)
Posted by YOOMI at 2010.12.22 01:05 | 編集
温泉大好きおとこ さん

みそぎの湯、自然に入って気持ちいい温泉でした。
お寺の温泉リサーチもお願いします♪
と~っても気になります。

写真はテクニックなんかじゃないんですよ!
ご存知だと思いますが、私の片腕
ミラレスのお陰です、あは(汗)
Posted by YOOMI at 2010.12.22 01:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する