2010.12.22

長野_上諏訪_平温泉(外来客入浴不可のジモ専)

長野上諏訪にある「湯小路」(ゆこうじ)という通り、ご存知ですか?
その名の通り、数々の一般共同湯、ジモ専、個人宅がそれぞれ温泉を所有している地区。


今年の夏に、少し寄り道がてらこの辺りを散歩したのですが、
一際、目立つ建物がありました。
「平温泉」
地元の組合員さんだけが会費を払って使用する地元専用の共同浴場です。
付近を探索していたら、偶然、こちらの組合長さんとお会いし、
「入っていきなよ!せっかくだから。」と特別に許可をいただき「もらい湯」させていただきました。
P1050369_R.jpg


それが、こちら。
レトロな雰囲気漂う、鄙湯。
ここに入りたくて・・・でも入れなくて、何度、後ろ髪引かれる思いで帰宅したことか。
天井がすごぶる高く、コンクリート製の湯舟がやたらと大きいのが印象に残りました。
P1050336_R_20101221165022.jpg
泉質:単純泉、PH:8.41、泉温:82.0℃(浴槽内約40℃ぬるめに感じました。)
※掲載されいた昭和53年の分析表を元に記載。


お言葉に甘え暫しの至福温浴を楽しみました。
あまりの感激に入浴中、顔がほころびっぱなしです
P1050341_R.jpg平入った_R



平温泉は同地区内にある一般開放の共同浴場「大和温泉」と源泉が同じ。
(分析表には単純泉と書いてありましたが)硫黄成分が多く、
薄く黄緑がかった湯が特徴です。うん、匂いも微かに硫黄の香りがします。
ほら、白く細かい湯花も歓迎の舞
P1050354_R.jpg平湯口_R


平温泉の浴室のあちらこちらに「お互いに挨拶をしましょう」など、
注意書きが掲げられていました。入浴客同士の輪を大切にする地元の方の配慮
が感じられ、公衆浴場にはあまり見かけない一面です。
P1050367_R_20101221172545.jpgP1050363_R.jpg


やっぱりジモ専の湯は新鮮でいいなぁ。
今日もいいお湯いただきました。
P1050368_R_20110328183935.jpg
組合長さん、地元の皆さん、ありがとうございます!!



いつも見てくださってありがとうございます!
「あひる」と「温泉」のボタンを押してくださいね。

1ぽち歓迎!
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/156-f8bd85da
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
初めまして。少し前の記事へのコメント、お許しください。
湯めぐりされている浴場の嗜好が少し似通っていて、時々拝読させていただいています。

それにしても、あの平温泉への入浴、実に羨ましいです。
あの浴場の外観、そして中の風情と佇まい、別府の共同湯にも引けを取らないものがありますよね。
私も一度で良いから浸かりたいという欲求に駆られました。

今後も、充実した紹介記事を楽しみにしています。
Posted by 単純硫黄泉 at 2011.01.13 23:40 | 編集
単純硫黄泉 さん

コメントありがとうございます!
同じ嗜好を持っている方からのコメントとても嬉しいです。
昨晩単純硫黄泉さんのHPを拝見し、平温泉の存在を写真に収められているのに気づきました!
やはり、湯小路に行くと淡いコバルトグリーンの木造浴舎は気になりますよね。
同じ源泉ではありますが、裏の大和温泉とは少し浴室の雰囲気や湯の感じも違い
かなり感激したのを覚えています。
(ちなみに隣のジモ泉「上湯」のほうが敷居が圧倒的に高く、
TRYしましたが、入れていただくことすら出来ませんでした。)

ところで、
「大地の恵みに癒しを求めて」のデザイン、凄い見やすいですね。
臨場感のある写真、成分分析の細やかさや見易さと言い。。。
アナログな私ですが、いつかHPを作ってみたいと思っていたので感動しました。
これからも、ぜひ参考にさせてください!!
Posted by YOOMI at 2011.01.14 10:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する