2010.12.24

秋田_乳頭温泉_ 孫六温泉(日帰り)

乳頭温泉の中でも黒湯と並んで山の最奥にある
孫六温泉。
同温泉卿にある大釜温泉から黒湯温泉まで続く山道をキャリーバックを引きながら
歩くこと25分、「あ~もう歩けない」と心身共にバテていた時、
突然、鮮やかなオレンジ色の紅葉と、黒光りする木造の鄙びた宿が視界に飛び込んできて、
余りの美しさに疲れが吹っ飛んだ宿。

湯巡りバスの時間の関係で10分も入浴できなかったので
ブログにアップしていなかったのですが、せっかくなので。

乳頭温泉卿には、数々の温泉宿がありますが、
孫六温泉は、再訪してゆっくり泊まってみたいと思う一湯でした。
孫六温泉が見えた!!_R

私が行った際、宿の目の前を婉曲に流れる渓流で1グループの外国人観光客の方々が
はしゃぎながら、写真撮影をしておられました。

のどかに揺れる木々、茅葺屋根・・・
「これが日本の故郷だ!」と言わんばかりの風景に、かなり感銘を受けている様子でした。
そりゃそうか・・・・日本に住んでいる私ですら、魅了されるんだから。
孫六温泉と先達川_R孫六玄関_R
(右上写真)宿の目の前にある渓流、(左上写真)フロント



浴場は・唐子の湯(男女別内風呂)・石の湯(混浴内風呂)・露天風呂(混浴2ヶ所、女性専用)
・打たせ湯(混浴)がありますが、最も有名な温泉といえば、、、

岩盤をくりぬいた「石の湯」(混浴)が有名。
ということで、まずは石の湯に入ろうと真っ先に浴室へ駆けつけたのですが、
先に一人旅らしき若い男性が入浴されており、

湯舟の狭さから、どーーー頑張っても、二人同時には入浴しづらく・・・
(向うも私が扉を開けると驚いた顔をしていた 笑)
まずは渓流沿いにある女性専用露天風呂に先に行くことにしました。


【女性専用露天風呂】
おお、渓流と湯舟の距離が近く「ざあざあ・・・」と川の上流らしい激しい音を聞きながらの湯浴み。
お風呂の囲いも申し訳程度。対岸から工事のおじさん達と目が合ってしまうくらいの開放感でした!
孫六湯口_RP1100266_R.jpg

白濁した灰色がかったブルーの温泉には小さな湯の花がたくさん。
孫六湯花_R露天からの目線_R
※泉質:?(分析表確認できず)、泉温:56.1℃、色:少し白濁した透明(色は都度変わります。)


【石の湯】※混浴内風呂
さっきの男性が居なくなった間に、混浴の石の湯に!!
石の湯の良さは、「湯治場の雰囲気漂う造り」でしょうか。
脱衣所から湯舟までの下り階段、素朴な石の湯舟、ケロリン桶(??)・・・
全てが自然に演出出来ているように感じました。
孫六石の湯_RP1100265_R.jpg
※泉質:単純硫黄泉、泉温:56.1℃(浴槽内:約44℃)、色:少し白濁した透明(色は都度変わります。)


【唐子の湯】※女性専用内風呂
こちらも、無色透明で微かに硫黄の香りがするぐらい、あっさりした湯でした。
孫六は強い酸性の黒湯、乳白色の鶴の湯とは違って全体的に主張が控えめな温泉に感じました。
からしの湯_R
※泉質:単純温泉、泉温:49.9℃(浴槽内:44℃)、色:透明


この後・・・
バスに乗り遅れそうになり、孫六温泉のバス停から
髪がびしょびしょのまま湯巡りバスに飛び乗ったのでした。。

お風呂よりも、
その思い出の方が鮮明に残っちゃたよ~。とほほ。


いつも見てくださってありがとうございます!
「あひる」と「温泉」のボタンを押してくださいね。
ぽち、ぽち歓迎!
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村



「孫六温泉」(まごろくおんせん)
住所: 秋田県仙北市田沢湖町先達沢国有林
TEL:0187-46-2224日帰り入浴 7:00~17:00
料金:日帰り入浴 400円
アクセス:秋田空港、花巻空港から車で約1時間30分

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/157-0e2972b9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する