2011.01.07

秋田_乳頭温泉_妙乃湯(日帰り)

乳頭温泉外湯めぐりの続き。(たまに登場します
たぶん、これまでに書いた記事は・・・

■鶴の湯
■孫六温泉
■黒湯温泉

・・・だったと思うので、次はあそこ。

キーワードは滝。金色の温泉。


「妙乃湯温泉」です。
乳頭温泉のバスターミナルから大釜温泉前を通って坂を降りると出会う女性に人気の高い1軒宿。
紅葉に包まれ、一層際立つ白い壁・・・・
玄関では和モダンな暖簾がゆらゆら・・・
なんかお洒落で目立つ。
P1020930_R_20110106122858.jpgP1020957_R.jpg


早速、湯巡り帳を宿の方に提示しお風呂へ。
ちなみに、妙乃湯さんは源泉2本(金の湯と銀の湯)。
全ての湯舟へは、入れなかったので一部だけ紹介しますね。


【妙見の湯】※混浴露天 金の湯源泉
先達川と滝をまん前にしての湯浴みは、他の温泉では出来ない体験になると思います。
ただ・・・その絶景に喜びのあまり、急ぎ足で湯舟に浸かろうとした私。
「あつ~っ!」
偶然かもしれませんが、ここの湯舟だけ極端に湯が熱くて(たぶん46℃はあった。)
足を突っ込むのにも精一杯でした。

「黒湯」や「鶴の湯」に男性のお客さんが多かったのに対し、
妙乃湯はカップルの率が高く、ちょっと気を使っちゃいました
P1020937_R_20110106122422.jpg
※泉質:酸性-カルシウム・マグネシウム-硫酸塩泉、泉温:56.3℃、PH:2.52、色:オレンジ色


【喫茶去】※写真左下、男女別内湯(金の湯源泉)
玉砂利がしかれたお風呂。足で踏みふみして血行促進。
床も小石で敷き詰められていて一番リラックスできました。

【岩風呂】※写真右下、男女別露天(銀の湯源泉)
女性更衣室を出てすぐ、サッシに囲まれたお風呂。
ここの湯舟だけウグイス色になっていました。
P1020950_R.jpgP1020934_R.jpg
※喫茶去の泉質:単純泉、泉温:37.2℃、湧出量:200リットル/分。PH:6.5、色:透明

お風呂に行く通路の途中に外へ出るドアがあり、
小道を通って薬師観音にお参りできるようになっています。
「今年もいい温泉に行けますように」早速、お参り
P1020951_R.jpgP1020952_R.jpg

源泉が2本(金の湯、銀の湯)もあり、
全部で7つぐらいの湯舟を楽しめるという点では良かったし、
館内も和テイストで統一されていて、
ちょっぴり黒川温泉の宿を連想させる、洗練されたお宿でした。

ただ・・(最近の湯巡りの傾向か?)
私の好みで言わしていただくと・・・造りこまれていなくていいので、
もう少し鄙び感とか素朴さが残っていてもいいかなって思いました。

追伸:今から山の温泉に出かけてきます~
皆さんよい週末をお過ごしくださいね!


下のボタンをぽちっと押していただけますか
ありがとうございます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

「妙乃湯温泉」(たえのゆおんせん)
住所:秋田県仙北郡田沢湖町字生保内字駒ヶ岳2-1
TEL:0187-46-2740
営業時間:( 日帰り入浴)10:00~15:00
料金:(日帰り)700円
アクセス:(電車)JR秋田新幹線 田沢湖駅より羽後交通バス乳頭温泉行き利用46分、妙乃湯温泉前下車すぐ
      (車)東北自動車道 盛岡ICより70分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/170-d790ff3e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
10月18日に私もここを訪問してました
旅館が小奇麗で女性に人気があるのがわかるような気がします。
ここはやっぱり露天風呂が良いですよね
熱かったですか、私ここ2回目なんですけどそんなに熱くなかったから偶然熱い時の訪問だったのでは

YOOMIさんのことだから、湯巡り帳で乳頭温泉全て制覇したのでは

Posted by バカボンパパ at 2011.01.11 09:30 | 編集
バカボンパパ。

そうそう、私は10/19に訪問。
パパとニアミスしていたかもしれない頃です(笑)
温度さえ熱くなければ、ゆっくり滝を見ながら妙の湯に浸かりたかったです。。
温泉のほか、玄関もお香の香りがしていい感じの雰囲気でした。

> YOOMIさんのことだから、湯巡り帳で乳頭温泉全て制覇したのでは
ずばり、そうです(笑)
Posted by YOOMI at 2011.01.11 19:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する