--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.15

長野_渋温泉_歴史の宿 金具屋(お風呂篇)

石畳の坂をひたすら上へ歩きます。
渋・石畳_R金具屋②_R
※左上写真:渋の石畳小道を上る私、右上写真:金具屋概観


行き先は、渋温泉「歴史の宿 金具屋」さん。

昭和初期の古い建物で国登録有形文化財登録されていることや
「千と千尋の神隠し」という映画に出てくるお風呂屋さんの
舞台ともなったことでもその名が知られています。

渋温泉の中でも一際目立つライトアップ!!
通りがかりの人数人がカメラでパチリとその立派な外観を撮影しています。
こ・・・こんな立派な宿に泊まれるなんて、ラッキー
金具屋①_R
上写真:金具屋玄関

広々とした畳・・・昔ながらの帳場・・・
玄関もこれぞ「日本の老舗旅館」といった感じで、概観通りの様子でした。
P1060197_R.jpgP1060420_R.jpg

お部屋まで続く木造の廊下の所々にステンドグラスがあしらってあり、
格式高さの中にも、可愛らしさや親しみ易さが。
P1060306_R.jpgステンドガラス_R


今日のお部屋は203号室「待月荘」。
昭和11年に建てられた歴史あるお部屋なんですよ~。
なんとなんと、今回の宿泊プランは!!

「温泉がとにかく好きな方へ・・・・待月荘宿泊プラン」
P1060427_R_20110114201822.jpgP1060199_R.jpg
このプランね、客室内に専用トイレ・露天風呂がない分、
他より少しだけリーズナブルに泊まれて、食事や館内のお風呂は普通のプランと同等のサービスが受けられるんです。温泉好きの方に超お勧め


さてさて、お風呂に行きましょうか。
金具屋八湯巡りの旅スタート

【浪漫風呂】
ステングラスとレトロなランプで装飾された女性らしいお風呂
源泉は、なんと湯舟の下僅か3Mから地表に湧出するという自然の恵みそのものです。
250年前から湧き続けてるんやって。偉い人も入ったんやろうね~。
ロマン風呂湯舟_Rロマン風呂ドア_R
お湯が「ちょろちょろ・・・」したたり落ちる音だけが聴こえて。
浪漫チックやわ~。
ロマンのランプ_R浪漫はいる_R
※源泉名:金具屋別荘、泉質:ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉
泉温:50.0℃(浴槽内約42~43℃)、PH:6.6、色:うっすら黄色、味:微かに鉄味と塩味。


【鎌倉風呂】
鎌倉時代の建築様式の浴室。ひょうたん型の石の湯舟が特徴的です。
こちらの湯質が一番お肌に優しくて好き
P1060398_R_20110114174950.jpg鎌倉②_R
※源泉名:鎌倉風呂(比良の湯と寺の湯の混合泉)、泉質:ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉、泉温:54.4℃(浴槽内約42~43℃)、PH:5.3、色:無色透明・微かな塩味と苦味あり。

【龍瑞露天風呂】
4Fの湯舟からの眺めはサイコ~
雪の帽子を被った山々を一望できる絶景ロケーションです。

こちらの展望露天と後に出てくる貸切風呂は、強めの硫黄の香りがするんです。
温泉に入って硫黄成分が結構たくさん(規定値近く)含まれていると硫黄反応が体に出る私。
レーダーですぐわかっちゃうんです。
展望風呂①_R
展望風呂の湯アップ縦_R展望風呂湯口_R
※源泉名:金具屋別荘、泉質:ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉
泉温:50.0℃(浴槽内約42~43℃)、PH:6.6、色:うっすら黄色、味:微かに鉄味と塩味。


【5つの貸切風呂】
※「美妙の湯」は貸切風呂は写真を忘れたため未掲載!!!

貸切風呂だからと言って、侮ってはいけません。
硫黄成分たっぷりで、小さな浴室に硫黄臭がぷんぷん。体に染み付きます。
(左下:子安の湯。右下:恵和の湯)
1人か2人用の小さな湯舟。
子安の湯_R恵和の湯_R
(和予の湯)
よく見ると船の形をしていて結構大きいです。
P1060324_R.jpg和予の湯(横)_R
(岩窟風呂)
ここは狭い洞窟になっていて、壁には天然の植物が顔を出しています。
薄暗くって、硫黄の湯気が充満していて異様な雰囲気・・・あ!いい例がった!
もしも、ビックリドンキーの中にお風呂があったら
こんな感じ??
岩窟風呂_R岩窟ランプ_R
源泉名:第一ボーリング・第三ボーリング、泉質:含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉、泉温:97.6℃(浴槽内約42~43℃)、PH:8.1~2、色:無色透明、香り:強い硫黄臭、味:硫黄と塩味


それでは、
お風呂篇はここまでにします。
ご飯もめっちゃ美味しいから、次もみてみてね

下の2つのボタンをクリックしてね。
(^0^)「温泉」と「アヒル」のボタン!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/179-a9150e28
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
金具屋さんにいかれたのですね!
今年一番に行きたい温泉宿は金具屋さんと思っていました。
YOOMIさんのブログを見て、今すぐにでも行きたくなりました~!
源泉ツアーもおもしろそうですね ^ ^
Posted by 温泉美人 at 2011.01.17 09:13 | 編集
温泉美人 さん

コメントありがとう!!

今年一番行きたい温泉が金具屋さんだったんだ。凄い偶然!
源泉ツアーには、ぜひ参加してみて欲しいですi-278

説明していただいた男性も、こちらから色々と質問すると、
凄く嬉しそうに答えてくださいますし、
ツアーの最後に温泉の成分の固まりもプレゼントされました。
(どうやた固まりをトンカチでかち割れば、入浴剤として使えるみたい。)
金具屋さんは、有名な旅館さんだけど、「館内ツアー」とか「源泉ツアー」
とか、ソフト面で努力されているので、凄く好感が持てるいい宿です♪
Posted by YOOMI at 2011.01.17 14:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。