2011.01.27

熊本_岳の湯温泉_白地商店の露天風呂(日帰り)

岳の湯温泉「湯けむり茶屋」の内湯で一風呂浴びて、

「さあ移動するか」と、車のエンジンをかけた途端・・・何か気になったことがありました。

「確か、この辺りに景色のいい露天風呂があったはず!」

数年前に発行された雑誌(J遊人)の「わいた温泉卿特集」で見た、
雄大な景色を一望できる「円形の露天風呂」のことが微かに頭に残っていて、
J遊人_R
※上写真:J遊人に掲載される露天風呂の写真

一旦エンジンを切り、辺りを散策。


そう、確かこの商店で鍵を借りるの!
「すみませ~ん。」
白地商店_Rキー_R
※上写真:蒸鶏工房 白地商店さん
早速、露天風呂の鍵を借りてしまいました

この辺り一帯は、大地から湧き出る温泉の蒸気を利用した
「蒸し地獄」(食物を専用の釜の中に入れて蒸し調理できる)を楽しめるみたいです。

専用キーをお借りし、白地商店の裏に広がる段々畑を上り、
露天風呂へ向かうも・・・畑や田んぼ、道の脇から、凄い勢いで湧く白煙に体がすっぽり包まれる。
前が見えないよ~。
前がみえない。_RP1070793_R.jpg
向うには、地元の方がMY地獄蒸し器で今晩の食事の支度をされる光景が。
おかずの「豆」を蒸されています。
まめを蒸す人_Rまめ_R


「うん。これは面白い!!!!!!!!!!」


散策していると、煙突から白煙をあげる
地元専用(鍵がかけられている)湯小屋を見つけたよ♪
共同湯_R穴からもくもく_R


段々畑を一番上まで上ると、白地商店さんの専用露天風呂があります。
P1070803_R_20110127133633.jpgP1070802_R.jpg


お借りした鍵で、トタン製の扉を開けると、
そこには「岳の湯の白煙地獄」を見下ろす露天風呂の姿が。
岳の湯露天風呂_R
※泉質:単純硫黄泉、泉温:90℃(浴槽内42℃)、PH:不明、
無色透明・無味、香り:うっすら硫黄。

露天風呂からの眺め。
山の至るところから上がる噴煙に、この集落一帯が燃えているようにも感じる。
露天風呂からの眺め_R

で。早速入ってみた
硫黄の香りが程よく舞う、透明の湯にゆったり浸かる♪
お湯加減も丁度いい。
ではいってみた。_R


聞こえるのは、「ゴウゴウ・・・」と湧く噴煙の音だけ
びっくりするぐらい長閑な共同浴場で1人、ポッツリ湯浴み、
は本当に癒されました。
(この辺り、ゆっくり宿泊して、もっと散策してみたい!)

私が雑誌(J遊人)の「わいた温泉卿特集」で見て魅了された
広い円形露天風呂が、コンクリートの細長い湯舟に変わっていたので、
その事について、後で白地商店の店員さんに伺ってみました。

少し前に、露天風呂の湯舟を改装したため、
今では「広い円形露天風呂の姿」はなくなってしまったようです。



噴煙もくもく・・・
下のボタンをクリックしてね!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「岳の湯温泉 露天風呂」(だけのゆおんせんろてんぶろ)
住所:熊本県阿蘇郡小国町西里岳湯
TEL:0967-46-4533(地鶏工房 白地商店)
営業時間:8:00~20:00
料金:200円 
※露天風呂の入浴は50分の貸切です。
※「露天風呂の入浴」・「蒸し地獄」の料金は白地商店さんに支払ってね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/188-205d1d4f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
岳の湯温泉は湯気がもうもうとして冬が似合いますね。
ここ「岳の湯噴水露天風呂」って勝手に呼んでました。
改装して一度に2組入れるようになったようですね…今度行ってみます。

あ!地元専用の共同湯…懐かしい♪
確か中には湯舟は一つだったかと…
私は地元の方にお願いしたら、すんなり入れましたよ~
Posted by くまのプー at 2011.01.28 05:47 | 編集
クマのプーさん。

そうそう、噴水風呂に入ってみたかったんです。
J遊人では、温泉に入りながら空を見つめる男性の写真・・・
「入ってみたい~」って思ってました( - q -)

地元専用の共同湯…お願いしたら入れるんですか?
いいなぁ~!あのぼろぼろの黒い壁、煙突からの煙、そそりますよ。
やっぱり、次はひとまず、ゆっくり宿泊できたいです!
Posted by YOOMI at 2011.01.28 09:02 | 編集
湧蓋山(わいた)の麓は
大きくないけど優秀な硫黄泉がポツポツとあります。
good job!です。
なかなか良質のお風呂だったでしょう?

Posted by 如水 at 2011.02.03 12:22 | 編集
如水 さん。

硫黄の香りがぷ~んっとして、でも肌触りは優しく
ナイス泉質でした。

しかしですよ!
やっぱり、岳の湯は泉質もさることながら
雰囲気がやばいです。あのモクモクと上がる
山の白煙!辺り一体、硫黄臭・・・

今回、次回はゆっくり宿泊して散策してみたいっ
て思ったNO.1でした。
Posted by YOOMI at 2011.02.05 14:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する