--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.28

大分_長湯温泉_ガニ湯(日帰り)

前々から、ずっと入ってみたいと思ってた温泉。

そう、道路から見える奇妙な形のあれ!
DSCN0470_R.jpgガニ湯遠くから。_R


大分県長湯温泉「ガニ湯」。
遂に入れました!
DSCN0471_R.jpg


その昔は、今みたいな人口の岩風呂ではなく、天然の軽石で出来ていたようで
その軽石から泡泡の炭酸泉が湧出していた姿を見て
「カニのような温泉」→「カニ湯」→「ガニ湯」となったよう。
(なんで、カニから、ガ二になったのかは、少し疑問だけど


川原へ突き出すように、どーん!
っと佇む湯舟。堂々たる出で立ちです。
ガニ湯湯舟_R
※源泉名:ガニ湯、泉質:マグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉、
泉温:37.8℃(浴槽内も一緒)、色:ウグイスっぽい色、味:少し塩味、鉄っぽい


念願のガニ湯に浸かる!
・・・なんか、宇宙船に乗ってるみたい(笑)
浸かり心地は・・・
温めの温度だし、底にいっぱい温泉の成分(泥っぽい)みたいなのが沈殿していて少し違和感あります。
ガニ湯の湯口_RDSCN0488_R.jpg
湯口からは「ゴボ、ゴボ・・・」と間隔をあけながら勢い良くスプラッシュ!


目の前は、風情のある木造のお宿「紅葉館」さん。
青い瓦屋根が美しいです。
足だしでみた_RDSCN0477_R.jpg



入湯できたことに、まず感動でした。



ブログランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンをクリックしていただけますか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「ガニ湯」(がにゆ)
住所:大分県竹田市直入町長湯
料金:無料
アクセス:(電車)豊肥本線豊後竹田駅からバスで約30分、長湯温泉下車、徒歩約5分
     (車)大分自動車道湯布院ICより約50分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/190-79b27af9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
オイラは、この時季、泉温が低いのでカニんやでぇ~(笑)

写真の撮り方…上手いね!
…今後のブログも楽しみにしています♪
Posted by くまのプー at 2011.01.28 16:27 | 編集
くまのプーさま!

> オイラは、この時季、泉温が低いのでカニんやでぇ~(笑)

→アッソーですか!高度なダジャレ、次回までに鍛えておきます(笑)
ガニ湯、楽しかった~。
あの忙しい湯巡りの中でも、とりあえず入っておきたい1湯でした。
いい経験になったっちゃ!
Posted by YOOMI at 2011.01.29 16:33 | 編集
っていうか、YOOMIさん?
よくガニ湯に入りましたね??
満願寺より勇気がいるような気がしますが?
360度まるみえだもんね?
凄いよ!

ガニ…
北部九州では
蟹が訛ってガニとかガネなんて呼ぶことがあるようです
Posted by 如水 at 2011.02.03 12:26 | 編集
如水 さん

>満願寺より勇気がいるような気がしますが?

そう言われてみれば・・・そうですね!
でも私、入ることだけ考えていて、
迷うことを想定していなかったから
難易度は感じなかったですよ^^

>蟹が訛ってガニとかガネなんて呼ぶことがあるようです

謎が解けました!!そういう事だったんですね。
めっちゃ気がかりだったんでスッキリ。
Posted by YOOMI at 2011.02.05 15:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。