2011.02.03

大分_壁湯温泉_福元屋(食事篇)

福元屋さんでは、1Fの広い食事処で朝晩いただきます。

そう、ここでもやっぱり仕切りなどはなく、
宿泊者が各テーブルに別れて、遠すぎず、近すぎず、
程よい距離間で一緒にいただくんです。
(こういう時、1人旅してると有難いんですよね~。)

洞窟風呂でご一緒したご夫婦とも、偶然テーブルが横でした♪


食事処は「昔ながらの百姓屋敷」みたいな雰囲気。
藁(わら)で作った龍の置物、日本酒コレクション・・・
ご主人さんの厳選した装飾品が和の情緒を高めてくれます。
P1070708_R.jpgP1070709_R.jpg
P1070556_R.jpgP1070557_R.jpg


■夕食
では、いっただきます!
P1070516_R.jpg

「大根としいたけの煮付け」「白和え」
煮付け_Rしらあえ_R

「地元刺身こんにゃく」「山魚のそばがきあんかけ」
酢味噌でいただく刺身こんにゃく・・・ヒンヤリ・プリンっ♪
地元刺身こんにゃく_R山魚のそばがきあんかけ_R

「豊後牛&夢ポークの炭焼き」「山芋茶碗蒸し」
豊後牛は、肉汁がたっぷりで柔らかい!
P1070539_R.jpgP1070531_R.jpg

九州で食べる新鮮なのは臭みも一切なく歯ごたえがいい、「馬刺し」。
それと「鳥ととうふのごぼう炊き」
馬刺し_R鳥とうふごぼう炊き_R

「山菜の天ぷら」と「川魚の塩焼き」。
天ぷらは、もちろん揚げたてのカリカリです!干し柿の天ぷらなど変わり種もあります。
山菜天ぷら_R川魚_R

「女将のお手製ブルーベリージャムをかけたヨーグルト」「味噌汁」
味噌汁_Rヨーグルトと地元ブルーベリー_R

そして・・・

一番感動したのが、これ。



お漬物なしでもイケてしまう極上「香り米」
独特の香ばしい匂いが食欲を掻き立てます。
P1070545_R_20110203113330.jpg香り米_R
このお米を食べると、周りの宿泊者の皆さんも、口々に。。。

「米旨いなぁ!お代わりしてもいい?」
「ん、これは旨いね~。夜おにぎりにしてよ!」
「こんなに美味しいんだから、オカズは敢えて要らない。たくあんさえあればいいね!」


凄い。白米だけで、こんなに多くの人を魅了するとは・・・
恐るべし「香り米」。

前代から続く自家製米の栽培。
「他では絶対同じ味は作り出せないって言われるんです。」
と、自信に満ちたご主人の一言。

夕食の香り米で、
私も夜食をお願いしてみました♪
P1070567_R_20110203115221.jpg
旅の夜食は解禁(笑)

■朝食
朝食は、生卵、豆腐、納豆、魚の甘露煮など。
飲み物に「九重高原のミルク」と、「福元屋の温泉水」が出てくるのも嬉しいです♪
P1070692_R.jpgP1070706_R_20110203120152.jpg

朝食で出されたお豆腐・・・
わざわざ、朝一番にご主人自らが約20km先の小国町の豆腐屋さんまで
車で買い付けに行っているそう。
最初から最後まで地元産に拘っているご主人・女将の努力に脱帽でした!

最後に。福元屋を勧めてくれたJ水さん、
ありがとうございます♪


香り米、また食べたいな (。-∀-)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

「旅館 福元屋」(りょかん ふくもとや)
住所:大分県玖珠郡九重町町田62-1
TEL:0973-78-8754
営業時間:通年。 (日帰り入浴)7:00~22:00
利用料金 :(宿泊)11,700円~、 (日帰り入浴)大人400円
アクセス:
(電車)JR久本本線豊後森駅から大分交通バス宝泉寺温泉入口行きで20分、壁湯下車
(車)大分自動車道玖珠I.Cより15分、九重I.Cより10分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/200-e05efc11
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
白米だけで多くの人を魅了… 私もその一人です♪

背伸びせず、奇をてらわず・・・
その土地で採れた食材を活かした”手料理”

そして、真心のこもったアットホームな接客と
ゆっくりと寛げる空間…

福元屋のホントの魅力は宿泊してこそ…♪
高級旅館ではないけれど、
いろんな癒しに包まれる素晴らしい宿だと私は思っております。。。
Posted by くまのプー at 2011.02.04 11:09 | 編集
ゆみちゃん、行きまくってるね!!
超うらやましいいいい~。

大分いいね!!
秘湯感漂うところもいっぱいありそうだし。

また一緒に行きたいね!
Posted by 百姓二年生 at 2011.02.04 22:41 | 編集
くまのプーさん。

プーさん、その通りだと思います!
「背伸びせず、奇をてらわず・・・ 」は特に
思いますね。ここの土地でお客さんを喜ばせること
は何だろう?と純粋に探求して出た結果が
「福元屋」のありのままの姿だと思います。

しかし、九重の道の駅からのドライビングさびしかった~。。
Posted by YOOMI at 2011.02.05 13:58 | 編集
百姓二年生 ちゃん

久しぶり~~⌒(+・∀・+)
コメントありがとうデス!!

最近は大分と熊本の温泉に行きまくってました(笑)
近々、OFF会を兼ねて、博士たちと温泉関連の某学習会
に行こうと思ってます。よかったら一緒にどう♪
積もる話をしよーよ!
Posted by YOOMI at 2011.02.05 14:03 | 編集
わ~、このお米を食べるためだけでも行きたいな!

今年の目標、「九州上陸!」

決定です^ ^ /
Posted by 温泉美人 at 2011.02.06 09:09 | 編集
温泉美人ちゃん

温泉美人ちゃんは。
自他共に認める「食」に対して想いや、拘りを持っているから
福元屋さんへ行くと、より新しい発見があるかもしれないね。

豊後牛、馬刺し、米・・・
九州でいっつも感動する不動の3品だよね~。
Posted by YOOMI at 2011.02.08 12:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する