--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.16

壱岐★美食の宿_平山旅館(お風呂篇)

「奥壱岐の千年湯」・・・
赤と白の綺麗な電光看板が掲げられているのを見て、
「ここだ、ここだ~。」と、嬉しくて顔がほころびました。

ネット、雑誌、新聞、文庫本・・・
色々な情報源を探って、「壱岐に極上・美食の湯宿がある」
と、最終的にたどり着いたのがここ。

湯の本温泉の中心街にある「平山旅館」。
平山外観7_R

宿を囲む木々と純和風の建物、それらを照らすライトアップ・・・
湯の本温泉の中でも一際、洗練されたお洒落な宿で、
きっと素通りは出来ないはず。
P1090049_R.jpgP1090239_R.jpg

石畳の小道を歩き、玄関の扉を開けると
「京都の料亭」を思わせるような、
木の香りが漂う癒しの空間がありました。
P1090241_R_20110216114105.jpg

係りの方に案内され、通されたのが
玄関から階段を降りたところにある別棟のお部屋「花」。
お香の香りに包まれ、更に期待が上がる!
「うんうん、いいね~
P1090052_R.jpg
それから・・・
更に更に嬉しかったのは、ウェルカムティーに添えられたお善哉。
旅の疲れには甘いものが一番。
旅行者の「つぼ」を得た有難い一品です。
ぜんざい3_RP1090063_R_20110216104850.jpg
P1090128_R.jpgP1090127_R.jpg

題名に「美食の宿」・・・
と書いているので早く食事も紹介したいところなんですが、
まずは、一風呂浴びてからにしましょう♪

【内湯】
離島の秘湯らしい、海の絵画が描かれた浴室です。
私、こういう、見るだけで浸かるのが楽しくなる温泉が好き
P1090156_R.jpg
※源泉名:湯の本温泉(独自源泉・自噴だよ)、泉質:ナトリウムー塩化物泉、泉温:66.5℃
(内湯:約42℃、露天:約45℃)、PH:6.6、
溶存物質(ガス性のものを除く)は、16.10g/kg!濃い~。

クジラの体が半分、雲になっていますが。。
P1090157_R.jpgP1090162_R.jpg

【露天風呂】
内湯から外に出ると、ほら!
★★「ジャングル風呂」★★
P1090191_R_20110216140502.jpg

ソテツがライトアップされていて、
(ちょっぴり寒いけど・・)夜は更にエキゾチック。
P1090150_R.jpg平山露天明_R
P1090145_R.jpgP1090169_R.jpg

内湯、露天風呂の他
「家族風呂」、あと、タンクに溜めた源泉の蒸気を
そのまま利用した「温泉蒸し風呂」などもあり、
宿泊して一日楽しめるバリエーションでした。

特に、温泉蒸し風呂は、サウナなどと違って、
自然の温泉のスチームだから、
じわ~っと体中にオレンジ色の水滴が付いて、
ほかほか暖まっていく・・・

その感触が何とも快適ですww

では、魅惑の食事篇へいきます。
・・・壱岐の新鮮な魚にロックオンです。
刺身_Rいか5_R


(●´∇)ノノ・:*:下のボタンをクリックしてね:*:・
・:*・∵.☆:*「あひる」と「温泉」・:*・∵.☆:*
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/217-a8d38369
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
お風呂は以前のままですね。
宿の雰囲気が良くなっています。
瀟洒な宿ですね。


Posted by 郡司 勇 at 2011.02.16 20:32 | 編集
郡司さん。

宿の方に聞いたら、
数年前(約10年前?)にリニューアルされたそうです。
お風呂はそのままの形で残されたんですね。
何故か、ジャングルみたいなお風呂が印象的でした♪

平山旅館は、
人気女性誌などにも、最近よく載っているみたいですが
実際行ってみて納得の宿でした。
Posted by YOOMI at 2011.02.17 12:04 | 編集
あ、貸切風呂の写真渡せば良かったね。
普段は貸切2000円するんだって。
宿泊者は自由に使えて時間制限無し。
しかもほぼ24時間いつでも使えるって最高だよね♪
Posted by ちえ at 2011.02.18 00:43 | 編集
ちえ ちゃん。

あ!いけない。
貸切風呂の事を忘れてた(へo へ;)
(貸切風呂+寝酒・・・笑?)

でも日帰りで、
2000円って結構なお値段するんだね。
だったら食事も美味しいし、泊まった方が断然お得だわ。

話変わるけど、壱岐の湯は濃厚だからか
体に「どっしり」くるよね~!
Posted by YOOMI at 2011.02.18 11:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。