2011.02.20

長崎_雲仙温泉_湯の里温泉

雲仙温泉街の一角「いわき旅館」のすぐ近くにある共同浴場です。
観光客というより、やはりこちらも地元の方が多く利用されていました。

この渋いTHE共同湯の風情・楕円形の湯舟に一目惚れ
早速行ってきました。
湯の里温泉概観_R

昔ながらの脱衣所。
地元のお母さんと小さい女の子が丁度入られていました。
湯の里温泉看板_R脱衣所_R

そうそう、これ。
白濁した湯が掛け流される楕円形の湯舟・・・
湯の里全体(採)_R
源泉名:雲仙温泉、泉質:酸性・含鉄(Ⅱ、Ⅲ)-アルミニウム・硫酸塩泉、
泉温 44℃(浴槽内42℃)、PH:2.3、色:白濁+グリーンがかったブルー、
味:微かに酸味。少し硫黄。香り:微かに墨汁のような匂い。

160cmの身長の私が、湯舟の中で立つとね。
何とオヘソぐらいまである深さなんです。
湯の里入る_R湯の里湯口_R
ヨーグルトジュースのような酸っぱくって、柔らかい湯。
体もよく暖まる優秀な湯です。
いい湯を所有している共同湯に行くと、いつも思う
「たった100円で、この湯に入れるなんて!贅沢~。」

■□■□おまけ■□■□
必見情報をひとつ^^
湯の里温泉のすぐ前に「雲仙焼きのギャラリー兼お店」があるんです。
純和風の瓦屋根が気になって入ってみました。
P1080931_R.jpg
ギャラリーから湯の里温泉を撮ってみたよ!
お皿や珈琲カップ、お茶碗など・・・
センスの良い陶器がいっぱいで意外や意外。
P1080927_R.jpgP1080924_R.jpg
奥には茶室もあり・・・
P1080922_R.jpgP1080926_R_20110220115056.jpg
たてたばっかりの、お抹茶をご馳走になりました
P1080932_R.jpgP1080933_R.jpg
湯巡りして、お洒落な陶器で目を保養して。
日本の「和」の文化を堪能できるお勧めのコースです

☆:.*.・。(*゚ー゚)(゚ー゚*)。・:*:・☆
ランキングに参加中です。
ぽちぽち、クリックしてね!!
☆:.*.・。。・:*:・☆・:*:・☆☆☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


□「湯の里温泉」(ゆのさとおんせん)
住所:長崎県南高来郡小浜町雲仙
TEL:0957-73-2576
料金:大人100円
営業時間:09:00~23:00(12月から2月08:30~22:30)
アクセス:(電車)JR長崎本線諫早駅より雲仙温泉行きバス利用 終点下車
(車)長崎自動車道諫早ICより国道57号線経由で約45km

□雲仙焼窯元
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙304
TEL:050-3424-2465(IP電話)
営業時間:9:00~18:00
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/227-aef087d2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
さすが、リサーチされていますね♪
素晴らしいお湯の雲仙の共同湯の中でも一番のお気に入りです。

新鮮なココのお湯は美容にも良いとされていますし、のんびりと良泉に浸かれば旅の疲れもすっきり。。。
ココに浸かった後に体が軽くなったのを思い出しました。

Posted by くまのプー at 2011.02.20 17:54 | 編集
くまのプーさん。

分かりますーーー!
ここ、湯がほんと良かったです。
某旅館の方に、私たちが湯の里に行くと言ったら、
「あそこは、うちの湯に入ったら入れないですよ
(自信満々!)」と、言われたんですよ^^
でも・・・!それで止めるわけには行かず、

「マニアなんで行かなきゃならないです(笑」
って返して強行しました。
結果的には行って正解でした。
Posted by YOOMI at 2011.02.21 09:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する