2011.02.23

佐賀_古湯温泉_元湯旅館 鶴霊泉(日帰り)

佐賀県で、心に残った温泉宿の一つが「古湯温泉 鶴霊泉」。

歴史も深く(斉藤茂吉が湯治をしたという伝説の湯!)
お料理にも定評があるということで、宿泊したかったのですが、
スケジュールが、かなりタイトだったため、仕方なく・・・・
日帰り入浴だけをお願いすることになりました。

車やバスの往来の多い、JR佐賀駅から想像も出来ないぐらい
ぐねぐね山道を車で走り、窓際に渓谷眺めながらながら快調なドライブ

・・・・だったはずなのですが、古くからの湯治場だけあって
「古湯温泉街」に到着するやいなや、道が急に狭くなり、
(毎度の事ですが、私。宿前の縦列駐車に大奮闘してました

そんな私を気にかけ、広い駐車場まで誘導してくださった若旦那。
ありがとうございます~
P1080406_R.jpgP1080408_R.jpg
P1080441_R.jpgP1080438_R.jpg

こちらが玄関です!
館内は、木造で、比較的新しく磨かれた雰囲気。

奈良の有名なお寺の住職さんや、温泉専門家の写真など、
数々の著名人の写真が貼られていました。
P1080439_R.jpg

美人で笑顔が綺麗な女将さんにエスコートされ、
地下1Fの温泉へ。。

【天然砂湯】
「ぽろろ~ん・ぽろろ~ん」と、一定の間隔をあけて
足下の砂から、気泡と共に自噴する神秘の湯「砂湯」♪
P1080416_R.jpg
※源泉名:富士町第2源泉(鶴霊泉)※自噴、泉質:アルカリ性単純泉、泉温:36℃
(奥の湯舟は源泉そのままの温度。手前は加温の40℃)、PH:9.28
色:無色透明、味:少し甘い、香り:無臭


「長寿・健康のために是非、ご飲泉を!」と、推奨する張り紙もあったので。。
どれどれ・・・まず、源泉を飲んでみる。
軟水のように口ざわりが良くて、微かに甘くも感じる
P1080427_R.jpgP1080425_R.jpg

ほら!砂を掬い上げてみたよ。
砂と言うか、「砂利」と言ったほうがいいかも。
湯舟の底には、いろんな色の小さな石が敷き詰められています。
P1080423_R.jpgP1080417_R_20110222234118.jpg

36℃ぬる湯の砂湯に入った後には、42℃の加温の湯舟で体を暖める!
こちらの湯舟は通常の造りで、「砂」などは敷かれてありませんが、
「ぬるい→あつい」の繰り返しが、また凄く幸せな気持ちになるんです。
P1080429_R.jpgP1080431_R.jpg
※写真左上:42℃の湯舟、写真右上:ぬる湯と熱い湯、交互に入ることを推奨する看板

「鶴霊泉」さんには、(日帰り入浴だったため)
少しの間しか滞在できませんでしたが、
女将や若旦那は、気さくで、本当に感じの良い印象でした。

独特の「砂湯」に浸かって、じっくり長湯を楽しみ、
美味しい御飯を食べ、下駄で古湯温泉街を散歩・・・

想像が大きく膨らみ、「いつか必ず泊まってみたい!」
と、強く思わせるお宿でした。

格式高く風情もあるお宿なので、
個人的には、両親(or お爺ちゃん、お婆ちゃん)を
連れてきてあげたいなぁ~と(^0^)

☆:.*.・。(*゚ー゚)(゚ー゚*)。・:*:・☆
「温泉」と「アヒル」のボタン!
至福温泉は、皆様からのクリックお待ち申し上げます。
☆:.*.・。。・:*:・☆・:*:・☆☆☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


「元湯旅館 鶴霊泉」(もとゆりょかん かくれいせん)
住所:佐賀県佐賀市富士町古湯875番地
TEL:0952-58-2021
営業時間:(日帰り入浴)10:00~19:00、(宿泊)通年
料金:(日帰り入浴)大人700円、
(宿泊):1万円前後から様々なプランがあるので詳細は、下のリンクで調べてね。
お宿HPプラン一覧

アクセス:
(電車)JR佐賀駅からJR九州バス古湯行きで45分、終点下車、徒歩3分
(車)長崎自動車道佐賀大和ICから国道263号・323号を古湯温泉方面へ12km
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/231-f098ea5d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
夏に、のんびり湯ったりしたい時、私はココか奴留湯温泉です♪

砂湯も良いですが、家族風呂のセンスもなかなか…
(ご覧になりましたか?)
湯船に浸かって障子を開けると間近には日本庭園。ライトアップされた夜はなお格別。。。
…ですが、私はお湯に揺られ大概イビキかいて寝てますけどぉ~(笑)

そうそう、古湯に立ち寄ると、もう一つ楽しみがあります。
鶴霊泉から歩いて1分の処にある『池の家』の白玉饅頭!
昔ながらの趣のあるお店で作られる白玉…モチモチ感と上品な甘さで、お勧めです。
Posted by くまのプー at 2011.02.23 14:13 | 編集
私も11月末に行きました。ここと熊の川温泉はヌル湯の双璧ですね。

Posted by 郡司 勇 at 2011.02.23 20:30 | 編集
くまのプー さん。

そうですね~!夏に、うとうとしながら浸かりたい一湯でした。
家族風呂は入ってないんですよーー(涙)
記事にも書きましたが、次は「泊まり」でゆっくり古湯を堪能したいです!

『池の家』の白玉饅頭??そんなんあるんですか!
さすがプーさん。美味しい情報までリサーチですね。
ますます、行きたくなります。
「大分の鳥天」・「古湯の白玉」は必須ですね!!


Posted by YOOMI at 2011.02.23 22:36 | 編集
郡司さん。

古湯に着いて、女将さんが少しお宿の説明をしてくださったんですけど、
「この間、郡司さんも来てくださったんです♪♪」
と、嬉しそうに教えてくださいました。

古湯も熊の川温泉もそうですが、全国的に有名な「嬉野」と、
又異なり「ひっそり佇む、山間の湯治場の風情」が良かったです!
Posted by YOOMI at 2011.02.23 22:44 | 編集
ぐ、郡司さん?
あの?
ここにはかようなVIPもいらっしゃるのですね♪
いいぞ!我らがYOOMI☆

ここまできましたか?
何か嬉しい心持ちです。
この辺のお湯は、特に夏、のんびり1時間以上浸かるのがなかなか良いです。
古湯温泉センターなる古い共同浴場もいいですよ♪
Posted by 如水 at 2011.02.26 08:07 | 編集
如水 さん。

そう、郡司さんには色々と良い湯を教わってます^^
有難いことです!

古湯について、後で思い出したんですけどね。
確か「古湯温泉センター」の記事を如水さん、
以前、書かれてましたよね??
行きゃ良かった~(ノ_・。)

佐賀は古湯・熊の川→嬉野→武雄→唐津
の順にまわりましたよ。
嬉野は湯は良かったんですが、敷居が高い感じが拭えず・・・
武雄が一番感動しました。唐津もぬるぬるの湯に
海の眺望が素晴らしかったです♪
Posted by YOOMI at 2011.02.26 10:19 | 編集
 YOOMIさん 

 元湯旅館 鶴霊泉は絶対にいい!私も、数回、行った。

 約25年前に、知人に教えたら、その家族の恒例の行事になったらしい。

 古湯は、確か、笹沢左保が一時、気に入って住んでいたんじゃ
なかったのかな?

 それと、熊本県の、平山温泉(平山旅館ではない)がいいから
機会があったら、是非、行ってみてください!
 九州自動車道の、南関インターをおりて、車で20分くらいかな?


Posted by くろさきなるみず at 2014.08.13 02:14 | 編集
くろさきなるみず さん。

こんにちは。コメントありがとうございます!!
元湯旅館 鶴霊泉、いいですよね!わたしも大好きです。
あそこのお湯をのんだとき、少し甘くて柔らかい口触りがしとても印象的でした。
あと、私は未だ泊まったことがないのですが、
「食事も美味しいので鶴霊泉は泊まった方が良さがわかる。」らしいです。
今度は、泊まりでいきたいなぁ。


平山温泉、昨年いくつかいきました。
「すやま温泉」や、平山の近くになりますが、
平小城温泉「城山公衆浴場」もよかったです。
ほんわり硫黄臭がして、温度がぬるめで最高でした。

Posted by YOOMI at 2014.08.15 13:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する