2011.02.28

長崎_させぼ温泉_ホテル万松楼(日帰り)

ほい!
これなーんでしょ?
P1080972_R.jpg


正解は佐世保バーガー。
街で人気の「BIG MAN」というお店です。

お昼ごろには、お客さんが殺到し、行列は店の外まで続きます。
ここに来たら本場を食べておこう!
P1080962_R.jpgP1080967_R.jpg
P1080969_R.jpgP1080965_R.jpg
※ガラスごしに、お兄さんが焼いてくれるのが見えるので待っている間も楽しいのです。

人気の定番メニュー「ベーコンエッグバーガー」を食す!
ベーコンも玉子も厚くて、食べるのに苦労しましたが、
やっぱり本場は美味しい!至福の車中食です♪


佐世保・・・
初めての訪問。

雲仙から佐世保まで車で約1.5時間。
インターを降りて、大通りを行きかう車やバスを見て、
久々に「都会に来た~」と、感じ印象深かったところでもあります。
九州温泉道がなかったから、きっと来れなかったと思います。

そして、本日の温泉は。
大きな通りから、細くて、かなり傾斜の激しい坂道を登ったところに建つ、
ホテル万松楼
P1080958_R_20110227000721.jpg

温泉は別棟(受付から坂を下ったところ)にあります。
受付で料金を払って、こちらの建物の5階にある、
露天風呂「弁天の湯」に入らせていただきました。
P1080956_R.jpgP1080959_R.jpg

5Fの露天風呂はホテル自慢のお風呂だそうで、
入ると、「え、こんなに~!?」って驚く程、ヌルヌルしています。
ヌルヌルというか、トロトロというか・・・
佐世保・唐津あたりの温泉は、強い’’滑り感’’があり、
実際どちらも入ってみておいて良かったなぁと。
P1080937_R.jpg
※泉質:ナトリウムー炭酸水素塩泉、泉温:43℃(浴槽内41.5℃)、PH:不記載、
無色透明・無味無臭(少し塩素臭)、感触:強い滑り
備考:炭酸水素イオン1680mg/Kg
P1080946_R.jpgP1080949_R.jpg
※上写真:湯口の付近は鉄成分ぽいので赤く変色してました。

高台から佐世保の町を見下ろす展望風呂♪
P1080940_R.jpgP1080951_R.jpg
弁天の湯の他に4Fローマ風呂「天ゆう」(ジャグジー風呂など)などもありましたが、
入浴客の方がいらっしゃったので撮影は控えました。

☆:.*.・。(*゚ー゚)(゚ー゚*)。・:*:・☆
ランキングに参加中です。
クリックしてね!!
☆:.*.・。。・:*:・☆・:*:・☆☆☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


「ホテル万松楼 」(ほてるばんしょうろう)
住所:長崎県佐世保市谷郷町5-32
TEL:0956-23-6171
料金:(日帰り入浴)大人1000円 ※貸切は別途500円
宿泊:(宿泊)一人1泊2食付和室利用13,000円~
営業時間:11:00~23:00 ※12/31、1/1-2、5/3-5は11:00~15:00
アクセス:(電車)JR佐世保駅よりタクシー5分 (車)西九州道佐世保みなとICより10分
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/237-2aec5edf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する