--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.01

奈良_洞川温泉_花屋徳兵衛

2010年春に訪れた洞川温泉。
これから春を迎えようとする、ちょうどこの季節に
この素敵な宿のことを思い出しました。

温泉地としての湯量は豊富とは言えませんが、
古くから大峯山の宿場町として栄えた
神秘的な雰囲気、落ち着き・・・
関西の秘境の中でも独特で、私は大好きです。
吉野の千本桜も素敵だけど、天川村(洞川)の桜も綺麗なんです!

「花屋徳兵衛」さん。
創業500年、当時の名残を美しいままで残す鄙びたお宿。
洞川では最も歴史が古い老舗旅館です。
P1070169_R.jpg

・・・・ここで、唐突ではありますが、
YOOMI’S「ドロガワ ノ スゴシカタ」を少しだけ紹介!


■カフェ「空」での一服♪ 
「豆乳ショコラケーキ」と「チャイ」は、甘さ控えめで美味しい~
可愛い手作りのアクセサリーや絵本も売っている和風のカフェ。
P1070193_R_20110227213155.jpgP1070195_R.jpg
P1070183_R.jpgP1070188_R_20110227213554.jpg

■「喜楽食堂 きらく九兵衛」で清流を眺めながら食事♪
洞川に訪問すると、いつも立ち寄る川沿いの食事処。
澄みきった川で泳ぐ鮎やアマゴを見ながら食べる「名水豆腐」は絶品です。
P1060836_R.jpgP1070204_R.jpg

食べ物ばっかりになってしまいましたが、
・・・あと、パワースポット天川神社訪問・みたらい渓谷へのハイキングなど。。
P1060826_R.jpgP1060827_R.jpg


挙げてみたら、いっぱいです。


お宿の中もレトロな造り。
関心するのは、綺麗に磨かれた木造の廊下です。
古いものを維持することの裏側には、日々の努力が必要ですもんね。
P1070109_R.jpgP1070110_R.jpg
古さの中にモダン・・・?
お洒落な談話室のソファーに座ってホッと一息。
P1070114_R.jpgP1070117_R.jpg
※左上写真:ジャズの流れる談話室、右上写真:客室も木造で昔ながらの雰囲気です。

お宿の庭から見えるこの桜の後ろの、高い丘の上に建物が見えるでしょ?
訪問時は工事中で、入ることは出来なった貸切半露天風呂「是空の湯」。
※2010年5月にオープンされています!
P1070159_R.jpgP1070164_R.jpg
※左上写真:庭にポツンと咲く桜、右上写真:比較的新しいデッキチェアつきの客室もあります

さて、増設された「是空の湯」の他に内湯と半露天風呂が2つ。
修験道の開祖である役行者(えんのぎょうじゃ)の弟子
を「前鬼」「後鬼」と呼んだことから、名前がついたんだそうです。

【後鬼の湯】※半露天風呂
怖い顔をした鬼の湯口のお風呂。
扉を全開にすれば、風がゆらり。
裏山に面した緑の庭園にも癒されます。
P1070065_R_20110227205559.jpgP1070068_R.jpg
P1070081_R.jpgP1070085_R.jpg
※源泉名:洞川温泉「新泉」(循環濾過)、泉質:単純温泉、泉温:30.7℃(浴槽内加温)、
PH8.2、無色透明・無味無臭、追記:炭酸水素イオン186.7mg/kg、
メタケイ酸100.8mg/kg

【前鬼の湯】※内湯
シンプルな石の湯舟です。
湯は柔らかくて、誰にでも馴染みやすいのが特徴。
P1070096_R.jpg

食事篇に続きます!

☆:.*.・。(*゚ー゚)(゚ー゚*)。・:*:・☆
天川村は春がお勧め。
☆:.*.・。。・:*:・☆・:*:・☆☆☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/241-baef7c79
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。