2011.03.09

青森_嶽温泉_山楽(日帰り)

出来るだけ頭に残っているうちに記事を書きたいので、
今朝まさに巡った温泉から^^

昨日の晴天と一転し、今朝は起きてみると大雪!
車に積もった雪をはらおうと、ワイパーを作動させる。
と、すると・・・

あれ??何かが変。
P1110415_R.jpg

ワイパーが(雪で)変形してしてる(笑)!!
P1110417_R.jpg

笑ってる場合じゃありません。
とりあえず「ワイパー変形号」と約10分格闘して
自力で直しました^^

気分を取り戻して嶽温泉へ!

まず最初の訪問は一番行きたかった「山楽」さん。
嶽温泉で350年以上もの長い歴史を持つ湯治宿です。
P1110475_R.jpg
まずは、宿の方から、こちらのお風呂が初めてかどうかを聞かれ、
私が初めてだと応えると、野天風呂について説明が一通りありました。

「野天風呂は内湯から一旦服を着替えて、50mぐらい雪道を歩いた所にあります。
湯は36℃ぐらいで温いです。まあ一度入ってみてください。
入浴料金は、(お風呂に)入られてからでいいですよ!
冬の野天風呂に入って、こんなのお金払いたくないッって、
なるかもしれないから(笑)。」
と、宿の方。

「入浴料金は入ってから・・・??」
かなり良心的なお言葉。
それほど、冬の野天風呂は入りにくいのかしら

そんな疑問を抱きながら、まずは内湯へ向かう。
「そうそう、この瓢箪風呂!ずっと、入りたかったんだぁ。」
P1110477_R.jpg
ぬるぬるでもなく、スベスベに近い。
まるで、指で砂金を擦るような、細やかな粒子の感触の湯。
正直、凄~く気にいっちゃいました
P1110488_R.jpgP1110482_R.jpg
※源泉名:嶽温泉(源泉は温めと熱めの2本を使用。野天風呂は温い方の源泉の配分が多く、
内湯は熱めの源泉を多く使用。)、泉質:酸性ーカルシウムー塩化物泉、泉温:46.9℃
(浴槽内約43℃)、PH2.12、色:半透明の白濁(野天風呂はミルキーグリーン)、
香り:微かな硫黄臭、味:プレーンヨーグルトみたいな酸っぱさ。

そして、いよいよ最後のミッションは!
P1110496_R.jpg

P1110533_R.jpgP1110530_R.jpg

ここ、ここ♪
P1110500_R.jpg

野天100人風呂。
うわ~。ミルキーグリーンの湯×雪見露天、幸せすぎる~^^
P1110527_R.jpg
ちなみに、こちらは混浴。
反対側は男性の脱衣所で、そこから男性が入って来れるシステムなのですが、
ひょうたん風呂と同様、誰もいらっしゃらなかったので湯浴み着なしでノ~ビノ~ビ占領♪
P1110525_R.jpgP1110519_R.jpg
野天風呂は、(内湯よりも)硫黄成分が多いよう。
墨汁のような何とも言えない硫黄の香り、白く舞う湯の花・・・
それらと戯れるのは至福の時間です。

ここは、やばい(*^▽^*)
「景色」「泉質」「温度」も全て、
好みすぎて、湯からあがりたくない衝動にかられます。
宿の方の最初の説明に、いい意味で期待を裏切られました。

YES!
ミッション達成。
P1110507_R.jpg

☆:.*.・。(*゚ー゚)(゚ー゚*)。・:*:・☆
嶽温泉は5月頃/秋
シーズンがお勧めなんだって。
☆:.*.・。。・:*:・☆・:*:・☆☆☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
「山楽」(さんらく)
住所:青森県弘前市大字常盤野字湯の沢9-1
TEL:0172-83-2136/(フリーダイヤル)0120-382136
営業時間:通年(日帰り入浴)9:00~19:00
料金:(日帰り入浴)300円(宿泊)全和室 7,50円~9,600円 ※1泊2食付・税込
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/246-709bd090
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
この季節の野天までのアプローチは、こんな雪壁の中を行くことになるのですね。
埋まったり、転んだり、風に飛ばされたりしませんでしたか?(笑)
それにしても、すんごい積雪ですね。

でも、ここは、それダケ温泉に浸かる価値のある処だったようですよね♪
Posted by くまのプー at 2011.03.09 14:10 | 編集
くまのプーさん。

>それダケ温泉に浸かる価値のある処だったようですよね♪
それ「ダケ」が言いたかったんでしょー。

今回の雪道歩きは大丈夫でしたww
山里の湯の二の舞はNo Moreです!
途中で雪壁に挟まれて埋まってしまうんじゃないか
と思いましたが、無傷で帰還しました(笑)
笑いの神は降りてこず。

Posted by YOOMI at 2011.03.09 14:22 | 編集
素晴らしいわ~。

粒子の細かい温泉かぁ~、入りたいーー!!

この先のレポートも楽しみにしているわ。


そうそう、
雪国ではワイパーを立てて駐車。
これは必須。
と北海道が長かった37歳児の言葉。

雪が少ない地方の育ちだと、知らないわよね~~^。^

それから、事後了解で申し訳ないけれど、
NPOみなとさんの説明。
コピーしちまいました。ごめんなさい。そしてありがとう。
Posted by ドン at 2011.03.09 15:21 | 編集
ドン 姉さん。

>>雪国ではワイパーを立てて駐車。
>>これは必須。

え・そうなの?やばい、知らなかった・・・
37歳児さん、勉強になります^^
「やってもたぁ!」と思って、
レンタカーだったので、一瞬青ざめましたよ。

NPOみなとの件、了解です♪
今までと入浴のルールが違うので、色々、表記には気使いますよね!私も色々考えた末に、掲載しました。
あの噴射級温泉を分かち合えてよかった(^^)
Posted by YOOMI at 2011.03.09 23:28 | 編集
寒い国まで行ってらしたんですね・・
寒さに弱いので、あまりうらやましくないな・・
しかし・・湯はおもろそうやな~~
でも、この時期は・・・いい・・

せっせと近場で湯遍路さんします!
またのお越しをお待ちいたしておりまする~~
Posted by ヒジカタくん at 2011.03.10 06:21 | 編集
ヒジカタくん

コメントありがとうございます~!

青森は寒かった!(あたりまえか^^)
お湯は個性的なんですけどね。
雪道の湯遍路はキツイです!

猛吹雪の日に高速を走っていたら、
気づけば除雪車と私の車だけ・・・(怖)

九州の湯遍路さん
来月再開します~^^



Posted by YOOMI at 2011.03.10 19:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する