2011.03.31

青森_岩木温泉(日帰り)

前の晩宿泊させていただいた近所の百沢温泉の方に、

「あの~岩木温泉ってご存知でしょうか?」
と、伺ってみたところ。

宿の誰かに聞いていただいたようで
数分ぐらいしてから、
「なんかね、神社の中に温泉があるらしいの。
シャワーもない、ほんとの温泉だけらしいけど、、」
と、一言。
宿の方も近くにそんな温泉があることを知らなかったようです。

早速、翌朝・・・
岩木神社の敷地内にある温泉を探しにいきました。
神社に車を止めて、鳥居をくぐって、
辺りを見回しましたが岩木温泉の古びた浴舎の姿は見当たりません。
岩木神社_R


おぉ~、カマクラ発見^^
「ザクザクザク」。。。
雪の中、リュックサックを背負いながら奥へ、奥へと歩いていきます。

・・・すると!
P1110470_R_20110331141827.jpgP1110471_R.jpg

お~、あった!これこそ、私が探していた「岩木温泉」。
そやけど、、やってるのかな?
岩木温泉概観_R

この概観と、中の渋い温泉の造りに魅了され絶対来たいと思っていた場所。
余りの嬉しさに1人で「やった!やったと、口ずさんでました。

とりあえず、岩木温泉の横の管理棟らしき民家に入浴可能か訪ねてみる。

・・・すると、中から男性が。

「あの。すみません。日帰り入浴させていただく事は可能ですか?」と、私。

「あ~、残念ですけど、、
浴室が故障してて、お客さんには開放出来る状態じゃないから、
今は、自分達用に使っているだけないんだよ。
わざわざお越しいただいたのにすみませんね。」と、男性。


ガーン
しかし、温泉探しをしていたら、こういうシーンは多々ある訳で。。。
落ち込むわけにはいきません。

「ご縁がなかっただけと、
心の中で言い聞かせました。

すると、半ば諦めモードの私を見て
男性が、浴室の中だけでも見せてくださると!!!
岩木廊下_R岩木脱衣所_R
※左上写真:岩木温泉廊下、右上写真:脱衣所


これこれ!
薄暗い浴室・・・
鉄で錆びれた半円の湯舟・・・
これが入ってみたかった湯舟ですぅ~~

入った方に伺うと、手前が熱めで奥が少し熱めの適温だそう。
岩木温泉_R
※上写真:湯舟。浴室はかなり広く、その中に湯舟がポツン。
湯の流れるパイプがむき出しになった渋い造りにキュンです。


丁度、ご家族用に湯を張っている最中でした。
温泉の析出物が付着して、まるで「珊瑚」
のようになったパイプから湯が注がれていました。
岩木温泉湯口_R
※泉質:カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉、泉温:54.2℃、PH:6.6
色:無色透明。近くの百沢温泉よりは薄めの印象。


鳥居をくぐり、
道路からは見えない隠れたところにある浴舎・・・

どのポイントをとっても「秘湯情緒」たっぷりの温泉でした。
いつか、入浴が出来る日が来るといいなぁ

「岩木温泉」(いわきおんせん)
住所:弘前市大字百沢字寺沢16-3
TEL:0172-83-2111
※現在(2011/3)は、浴室故障のため日帰り入浴不可だそうです。

あひるとおんせん。
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://shifukuonsen.blog94.fc2.com/tb.php/266-867714c1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
あんたも好きねぇ~(笑)

確実にアブノーマルな世界へ踏み入っているな^^
Posted by 永遠の36歳 at 2011.03.31 21:25 | 編集
永遠の36歳 さん

好きですぅ!
やっぱり、こういう超鄙びた温泉は大好きです。

今やアブノーマルかどうかも分からなくなりました。
ただ一つッ!!
原因は、あなたです(笑)
Posted by YOOMI at 2011.03.31 23:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する